地域おこし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この記事では地域おこし(ちいきおこし)、地域活性化(ちいきかっせいか)、地域振興(ちいきしんこう)、などと呼ばれるものごとについて解説する。

地域おこしと表現することにより、地域の住民、商工会、農協、漁協など地元の団体やそこに住む人々の主体性が強調される傾向がある。ほぼ同義語に、「地域づくり」がある。また、住みよい地域を形成していうための「まちづくり」も行われる。いずれも語感の固さを避けるため、「地域」以外はひらがな表記されることが多い。

町や街の場合はとくに「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。

概要[編集]

「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域地方)が、衰えた経済力や人々の意欲を向上させたり、人口を維持したり増やしたりするために行う諸活動のことである。

背景

日本では1960年代以降の重化学工業を主軸とした工業化に成功した一部の地域を除き、地方では人口流出が起き、労働力を必要とした大都市圏(特に道府県庁所在地政令指定都市および近接する地域)に産業人口が集中し、地方の町村では、以下のような過疎化の悪循環が深刻になった。

  1. 雇用が少ない
  2. 近代的な産業と娯楽が県庁所在地などの都市部にのみ集中する
  3. 都市部へ労働力人口が流出
  4. 郡部での地元産業(の働き手)が高齢化したことで衰退
  5. さらに人口流出が加速し、郡部がいっそう過疎化する、悪循環に陥る

農村山村漁村では、戦後の過剰人口の状態が原因で、都市部へ労働力人口が流出した。山村では燃料革命とも呼ばれる需要の激減、品質が悪いが安い外国産材の流入により急速に衰退した。

日本の経済において「地方の過疎」が語られる事がある

中心部の都市機能の衰退、郊外化ドーナツ化に加え、「大規模小売店」やショッピングモールの郊外への進出によって、周辺地域の小売店が経営の危機を迎えてしまい、寂れてしまった商店街が増えたりして、店じまいした店舗がかつての駅前商店街に軒を連ねて、いわゆる「シャッター通り」となり、その寂れた雰囲気が余計に客足を遠ざける一因となっている[1][2]

工業化に成功した地方においても、二度にわたる石油危機や急速な円高、目先の製造原価を下げて目先の利益を得ようとした愚かな経営者が国内工場を海外に移転させ、その結果、肝心の製造ノウハウが現地の外国人の職人や技術者などに知られ、流出してしまったことや、(その結果起きる)安さを武器にしたアジア諸国の追い上げ、等々により、自滅し、結果として日本の地域では空洞化現象がみられ、雇用の喪失や低賃金化に見舞われている。

こうした人口減少により、産業や地域活動の担い手が不足した。さらには、地元に伝わる伝統工芸伝統芸能踊りといった伝統的な文化活動の担い手や後継者不足も顕著になり、中には後継者不足から、文献すら満足に保存継承されず消失してしまう地方文化もある。

問題のまとめと対策の目的

つまり次のような問題が複合的に起きている。

  • 産業の衰退。経済的衰退。雇用の減少。
  • 人口の流出。人口の減少。
  • 地域文化の伝統の途絶

よって次のようなことのいずれか、あるいは複数、全部を目的としているのが地域おこしである。

  • 産業の創出や立てなおし。経済的な建て直し。雇用の創出や維持。
  • 人口流出の歯止め・回復。新規住民の呼び込み。子供のいる家族の呼び込み。
  • 地域文化の担い手の確保と継承。

主体[編集]

地域おこしの主体(企画者、実行者)は次のようなものがある。

  • 民間の団体
  • NPO
  • 企業
  • 行政組織(地方自治体
  • 産官民に学を加えた共同型のもの
  • 地域に関連した人たちの共同作業で遂行されるもの

なお2011年7月9日に大分県佐伯市で開催された「国道326号・10号沿線活性化シンポジウム」において、「観光カリスマ」の山田桂一郎[3]は「行政に頼ってはダメ」としたうえで、観光客には新たに開発し売り出した「商品」などではなく、地域のライフスタイル(地域の人々の暮らし)からえり抜いたものに価値を認めてもらう必要性があることを述べている[4]

[5]

地域おこし活動の手法[編集]

以下のようなさまざまな試みが地方自治体や各種団体・組織で行われているが、どこにでも有効な決定的な策というものがあるわけではない。その地域ごとの特色や立地、人口や産業の状況を判断し、独自性のある地域おこし施策の計画・実施が望まれる。他の地域の「もの真似」(サル真似)をすればするほど地域ごとの独自の特色がなくなり、同じようなものが増えた分、相対的に魅力が減ってゆく。したがって、他の地域と比較した場合の、自地域の特色、本当の強みを見抜く必要がある。

産業の創出・立てなおし
  • (農業地域)地域の農作物の品質向上・基準策定・地域ブランド化とその広報。新たな有望な農作物品種への挑戦と、成功した品種の地域内の農家への普及。
  • 企業の誘致(「企業に対する何らかのメリットの提示(用地確保、減税 等)」と「地元の人の雇用割合、地元枠のノルマの要求・確保・契約書のとりかわし」をワンセットで行う。ただ来てもらうだけでは、必ずしも地元の人の雇用につながらない。)
  • 観光資源の発掘・創出・再検討 →「#観光」の節で詳説。
    • 地元の特色を活かした、体験の場、コースの用意。地場産品の発掘・再発見・開発。地元の料理の観光資源化(地元の郷土料理・地元の家庭料理の旅行者・観光客向けの定番化。名物の活用。あるいはいわゆる「ご当地グルメ」の開発) 等々。
    • 伝統的の観光資源としての再位置付け。それの他地域への宣伝。
人口流出の歯止め。新規住民の呼び込み。
  • 都会の人の呼び込み
    • 子供を伴って転居してくる家族のための、家賃免除や家賃補助(およびそれの都会の人に対する広報活動※)
    • 子供を伴って転居してくる家族のために、引っ越し費用の補助を(一家族あたり、一定額 / 一定比率)行う。
    • 移住してくる人の住民税などの(一定年数の)免除。
    • (格安や、タダ同然で)持ち主が貸してもよいと考えている家屋の、行政によるリスト化と移住希望者への斡旋(およびそれの都会の人に対する広報活動※)
    • 都会から移住してくる人々専用の集合住宅(例えば2階建て程度で、8~20部屋(軒)程度の小規模公営集合住宅など)の用意。(特に都会からの移住者は、いきなり田舎住民の「古いしきたり」の中に、ポツンと一家族だけ放り出されること、それで「のけもの」にされたり「意地悪」をされたりする可能性についてはかなり警戒しており、そうした(もっともな)警戒心を充分に理解して差し上げて、転入してくる人の周囲に同様に都会から来た人がいて相互に情報交換したり相談できる環境を用意してあげたほうが、安心して引っ越してくる。)
    • 子育てのための施設(保育園・幼稚園等)の確保・整備。(および、それらの都会の人に対する広報活動※)
    • 子供の教育場所 (小学校・中学校・高校など)の確保・整備(および、それらの都会の人に対する広報活動※)
    • 地元の農業・漁業・林業などの仕事の募集のとりまとめ(および、それの都会の人に対する広報活動※)
    • 仕事(職)・金銭的メリット・育児施設・子供の教育場所・都会からの移住者の集合住宅 をパッケージ化(ワンセット化)して用意することも非常に効果がある。逆に、地元の人がそれらをパッケージ化しようとしても、もしも「アレが足りない」というものがひとつでもあったら、実は、都会から来ることを検討している家族の目線で見れば、それが障害になって来れない、という事態になっている。なので、本当に都会の人に来て欲しいなら、地域の側は、その足りない「何か」を用意するべく実際に行動を起こす必要がある。
(※ 何をするにしても、形式を用意するだけでは効果が無く、最後にしっかりと広報活動をし、ターゲットとする相手に知ってもらい、その人に実際に行動を起こしてもらえるか、というところに成否がかかっている。自分中心の目線ではなく、相手の目線に立ってどう見えるか熟慮した活動が必要。「Iターン」募集会場、「Uターン・Iターン」特集webサイトなどでの宣伝・告知、役所ホームページでの告知、メディアに対するプレスリリース 等々を複数行う。ひとつの宣伝手法だけを頼って、その上にあぐらをかくようではうまくゆかなくなる。)
  • 地元の若者の流出の歯止め。
    • 若者の就職場所の用意とそれの若者への紹介。積極的、かつ適切な「マッチング」(地元の“職場”と“若者”の「お見合い」の推進)。
    • 若者による新規の起業に対する積極的な応援・援助。(事業計画書作成の支援、起業に関する無料相談会(中小企業診断士などが相談相手になるもの)の開催、創業資金の援助、創業後の様々な補助金の支給 等々)
    • 農業・漁業・職人的な仕事 等々を営んでいながらも後継者がいないままに高齢化してしまった人と、地元のやる気のある若者との間の「縁結び」「とりもち」。老人にとっても若者にとってもメリットがあるような解決策・モデルケースの提示。場合によっては養子縁組の手助け。
    • 学業・就職などで一旦地元を離れた若者の最新の連絡先のリスト化、データベース化。および最新連絡先へ向けての、網羅的・複合的・何度にもわたる、Uターン勧誘。
    • Uターンしてきてくださる若者に対する、引っ越し費用補助、住民税免除(一定期間) 等の経済的メリットの提供。
その他、「箱もの行政」など
  • 都市開発、再開発
  • “目玉施設の整備” - 美術館博物館、総合(運動)公園・スポーツ公園などの整備・「箱物」の整備(ただし、「箱物」は、各地域の役人が安易に似たようなものばかりを乱立させてきた歴史があり、相対的に魅力が感じられないので人を引き寄せる力が無く、おまけに建造後の毎年の維持費(管理者の人件費、建築物の補修費、その他 諸々の関連費用)がかなり大きく、大抵は事前の利用者予測数が詐欺的なまでに誇大に見積もられていて、結果として長年に渡り大赤字になるのが一般的で、恒久的に財政の重荷になり、かえって地域衰退の要因のひとつにもなってきた。しばしば土建業者が裏で村長や役人と癒着して造ってしまおうとするので、逆に、本当に地域おこしをしたい住民にとっては、いかにしてこうした安易な箱物を造らせないように監視するか、いかにして差し止めるか、ということが、しばしば地域おこしが成功するかしないかの分かれ道となる。)
  • 姉妹都市、同名地域との交流
  • 情報インフラの整備 (情報格差の減少)

かつての「新産業都市」、「リゾート開発」、「ニューメディア」など、中央省庁の推進策に乗って特定の分野・領域に飛びつくとほとんどが失敗する。成功したケースにおいては、立地、時代背景、推進したリーダー、関係団体の協力、組織化などに恵まれたケースが多く、そうした要因を考慮せず成功事例をそのまま真似しただけでは地域色が出しきれず失敗に終わることもある。

観光[編集]

地域おこしには様々な方法があるが、ひとつは観光で、日本全国の人や世界各国の人に来てもらう、ということである。

「観光」というと、田舎の人は、田舎の発想で、ついつい「仰々しいものでないとダメだろう」とか 「(田舎の人が思う)街風でないと人が来ないだろう」などと考えてしまう人が多いが、そうしたその発想を根本的に捨てる必要がある。

地元の人にとっては「当たり前」で「何でもないこと」、例えば山々がある、渓谷がある、おいしい水がある、星空がきれい、畑がそこらじゅうにあって野菜がたくさんとれる、田があって春には田植えが行われ、夏の夜にはが舞い、秋には米の収穫が行われている、(海ぎわの村なら)漁師がをしている、魚が多い、(山ぎわの地域なら)山で林業を営んでいる人がいる、樹木がうっそうとしている、などといったことが、実は都会の人にとってはとても魅力的に見えている。[注 1]

たとえば、畑が多いなら、そこで「農業体験コース」を設定し、週末ごとに来てもらったり、夏休みに来てもらったり、秋の収穫期に来てもらう。夜は地元の民家に泊ってもらい、地元の家庭料理も食べてもらって、日中は畑作業を体験する、という盛沢山のコースを設ける、というのも都会の人には魅力的なものとなる。各農家が、インターネット上(独自サイトや、あるいは楽天などのネットショップ)で告知して、希望者に細かく選んでもらって、直接的に予約をとるという方法で運営することもできる。あるいは、地元の農協に、広告・受付窓口・調整役をしてもらうシステムにして、予約客たちを何らかの方法で複数の農家に振り分けてもらう、という方法で運営することもできるであろう。

たとえば、海ぎわで漁師が漁をしているのが当たり前の地域なら、漁協のメンバーで協力し合って、「漁業体験コース」を設ける。(上記と同様に)民家に泊め、地元の魚料理を出し、夜明け前から体験希望者たちを漁船に乗せて出港し、ちょっとした漁を体験させてあげる。それが、一般の人々にとっては、一生忘れられないような鮮やかな想い出になる。都会の人は、そうした体験・想い出のためだったら、それ相応の料金を払う。(漁法や運や漁師の腕にもよるが、あまりもうからない漁をしているくらいなら)むしろ体験希望者のグループを乗せて海に出たほうが実入りが良くなる。少なくとも、燃料代分まるまる損してしまうようなことは起きない。また、漁船のオーナーも、眼の前で人々が喜ぶのを見ていると、「はりあい」が生まれる。

地元の人が子供のころからなにげに食べている料理(地元の日常食、地元の家庭料理郷土料理)が、都会の人にとってはそれがとても珍しい、ということに気づく必要がある。地元の人がしばしば食べていて、ただの“素朴で質素な食べ物”のつもりでいて、「値段なんてつけられないから売り物になるはずがない」などと思っているものが、都会の人にとっては珍しいもので、一度口にしてみたい、ということになる。[注 2] 実は地元の人が売り物になるはずがない、と思っているものが、それを お盆[6]などにのせ「ごはん」と(また、他の一品を足して)「定食」の形などにして、地元の料理屋や、あるいは民家を少し改装した部屋などで出すと、立派に売れる。しかも地元の人が(地元の金銭感覚で)「せいぜい500円くらいしかもらえないでしょう?」などと感じていても、都会の人は都会の金銭感覚で払うので「1200円」や「1500円」などの値をつけても立派に売れるということが起き、(原価が安く、「地元のおばちゃん」の安い人件費でもマンパワーが確保できるので)立派に利益が生まれる。それをインターネットで広告したり、地元の観光局などから情報発信してもらう 等をすれば、やがてちゃんと商売が成り立つくらいにお客さんが集まってくる。

地域おこしを目的として「B級グルメ」などの名物を作り、イベントを行う手法もある。手法と結果も様々である[7]。うまくすればメディアに情報が乗り、話題の影響を受けて人がやって来るが、あまりに作為的なこと、「とってつけたようなこと」をしても、そのような「とってつけたようなこと」は他地域も簡単にできるので、すぐに同類の中に埋もれてしまい、長く人々をひきつける本当の力には、なかなかならない。 ご当地キャラクターマスコット)づくりと、それの広報への活用もあるが、最初のころは話題になった地域がいくつかあったが、それに便乗しようと多くの地域がもの真似(サル真似)をしはじめた段階で、ひとつひとつの地域にとっては、効果は小さくなった。

つまり、「とってつけたようなこと」ではなく、その地域の本当の強みを見出すことが必要なのである。例えば、北海道のニセコは上質の雪が大量に降る、という特徴があり、地元の人にとってはそんなことは当たり前で、雪なんて元々はどうでもよいもの、ありすぎて迷惑なものであっただろうが、他地域の人々にとってはその雪が魅力で、オーストラリアのスキーヤーなどまで、わざわざ飛行機に乗ってニセコにやってくるようになった。(なにもニセコの真似をする必要はないが)、要は、地元の人にとっては、ふんだんにある(ありすぎて困る)くらいのものが、他の地域・他の国の人にとっては、大きな魅力となる。 たとえば、普段から野生のイノシシやシカ等が多すぎて困っている地域ならば、逆にそれを活用して、イノシシやシカの肉を「野生動物のおいしい肉である」「フランスでジビエと呼ばれる高級な食材である」などということを前面に押し出して、料理を用意し、広報・広告し人々に堪能してもらうという方法がある。例えば和歌山県などでそうしたことが行われている[8]。(フランスでは野生の鳥獣を狩りで捕えて肉にしたものは「ジビエ」と呼んで、独特の美味しさがあるもの、一種の高級食材、などとして高く評価されているので、それに倣ったもの)。また、例えば、「オレの地域は、本当に何もない。畑にもならないような荒れ地ばかりが広がっていて、ただ激しく風の吹き抜ける音だけがしている」という場所ならば、逆にそれを活用して、風力発電機を何本か建ててみたり、あるいは大規模な風力発電所ウィンドファーム)を造り、売電を行うという方法もある。例えば、北海道のオロロン街道(稚内から留萌あたりまで、日本海側に面した数百kmの街道)、えりも町襟裳岬)、千葉県の銚子市の海岸の丘の上 等々等々 (挙げてゆくときりがないが)全国のそうした、荒れがちな土地で風ばかりが吹きぬけているような場所に風力発電機が美しく立ち並んでいて、電力を生みだし、経済的に貢献している。また、風力発電機を美しく立ち並べると、それを見にその地を訪れる人もいる。また、これは地域が活性化するだけでなく、さらに危険な原子力発電所を減らすことができるという効果があり、日本全体のため、人類のためにもなる。

高速道路の料金》が安くなると、週末ごとに全国の人々がそれぞれ 全国の他地域に向かって走ってゆく、ということが、様々なデータで明らかになっている。[9]無料にまでしなくても、週末ごとに格安料金や格安の定額料金システム[注 3]にするだけで、かなりの効果があることが判っている。

また、《ガソリン代》が安くなると、全国の人々の週末ごとの移動が活発化し、各地域へと訪れる人の数が増える、という事実が統計的に明らかになっている。 逆に言うと、《ガソリン代》が高いことは地域活性化の敵となる。[注 4]

誤った固定観念[編集]

以下は、地域おこしを語る際によく言われる言葉であり、条件に恵まれて成功したケースもあるが、成功事例を表面上真似しただけで、実情を把握せずにこうした固定観念にとらわれて地域おこしを行うと、政策を誤りかえって地域が衰退する場合もある[10]

  • 「県庁所在地や政令指定都市に名店が集中すれば、他の市町村もそれに刺激され、活性化する。」×
  • 「リゾート地に観光客を呼び込めば地域が活性化する。」×
  • 「観光客が泊まれるホテルを増やす。」×
  • 「道路や鉄道、空港ができて交通が便利になれば、地域は豊かになる」×(ストロー効果)。
  • 「パチンコ店やゲームセンターなどの娯楽施設を作れば若者が集まる」× (反面、治安が悪化し、それを嫌悪する人々が逃げ出し、人口流出が加速する場合も。治安面に配慮し出店に否定的な自治体も少なくない)。
  • 「工場を誘致すれば、人(作業員)が集まり、商店街も活性化する。」× (昼食などは工場内の食堂で済ませたり弁当で済ませ、また、品ぞろえが悪い地元商店街では買い物もしないので、結局、地元商店街にはほとんどお金が落ちない)
  • 「マンションやアパートを増やせば人口が増える。」× 
  • 「地域の製造業活性化すれば、雇用も増える。」× (もともと製造業が強くない地域が他の成功事例をマネしようとして、とってつけたように製造業に力を注いでも、うまくゆかない場合のほうが多い。また、日本の製造業・輸出産業 全体が沈みこんでいる時に、その分野に向かってもあまり効果が出ない、という面もある。また、自然が魅力の地域が、うっかり製造業の工場を誘致して自然破壊を行ったり公害を引き起こしてしまったりすると、観光的魅力は激減し、もともとあった観光産業の雇用が減ってしまい、総雇用数はむしろ減ってしまうことも起きうる。高度成長期の固定観念は捨てて、各地域の本当の強みを見出して、選択肢ごとの効果を、(行政にありがちな誇大な効果見積もりをするのではなく)冷静に試算する必要がある。)

新しい手法[編集]

特区
2002年には行政改革により、従来の法規制の一部を緩和できる構造改革特別区域が制定できるようになったことから、全国各地で様々な「特区」が生まれつつあり、これらの特区内における様々な活動に、地域振興の期待が寄せられている。
詳細は構造改革特別区域を参照のこと。
地域ブランド化
一般に「地域ブランド」とも呼ばれる「地域団体商標」が2006年4月の改正商標法によって要件が緩和されたことで、「地域ブランド」による「地域おこし」が注目されている。これらでは従来地場産品の一般名称として利用されていた呼称を「商標」とすることで、他の地域で製造された類似品に同名称を用いられないですむ排他性もあり、類似品を廃することで地域的な産業の育成にも期待がもたれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田舎の人は、つい、「都会の人はコンクリートの建物が好きなのだろう」などと感じてしまっているが、それは大きな間違い、根本的な間違いであって、コンクリートの箱は好きでも何でもない(むしろコンクリートの箱は嫌いな人が多い)が、都会では土地の値段があまりに高いから、一軒家に手が届かなくて、しかたなく、一軒(一室)あたりの土地代が安くなるコンクリートの集合住宅(マンション)に暮らしているのである。本当は、一軒家に住みたがっている人のほうが多く、まわりに野や林があったらどれほどいいことか、と思っている人のほうが多い。
  2. ^ 都会の人は、わざわざ田舎に向かって走ってゆく時、「料亭の料理」や(田舎の人が想像しがちな)“豪勢な料理”のようなものや、海外風の料理を望んでいるわけではない。素朴な料理や、田舎らしい料理を望んでいるのである。たとば、が大量にとれ、地元の人が芋を日常的に食べているなら、(地元の人は、特に価値があるとは思っていない)その芋料理を数種類、地元の料理法・味つけ で出すだけで、都会の人にとっては、それが貴重で、嬉しいのである。
  3. ^ 距離に関係なく、一定の格安料金にする、というシステム。(移動にお金さえかからなければ)500km~1000km先の地域にでも走ってゆきたいと思っている人々が本当は潜在的に大量にいて、この定額の格安料金システムにすると、そのような人々が、一気に活発に行き来するようになる。
  4. ^ 往復の高速代とガソリン代だけで、1万円~2万円~3万円と財布から金が出てしまうようでは、ほとんどの人(日本人の大多数を占める中所得者層)にとっては負担があまりに重すぎて、行く気にならない。実際上、行けない。
  1. ^ 遠いが価値、巡れば納得 過疎地で輝く新観光名所 日本経済新聞 「地方都市の中心市街地は地盤沈下が止まらない」
  2. ^ 街が変わり、共同体が減る 「過疎化、少子高齢化、そして都市のドーナツ化現象」
  3. ^ インバウンド業界トップインタビュー 観光カリスマ 山田桂一郎
  4. ^ 「国道326号・10号沿線活性化シンポジウム」0982.tv記事(2011年12月13日閲覧)
  5. ^ なお、特定地域についての言及だがあくまで山田は(同シンポジウムにおいて東九州自動車道が開通し、国道326号・国道10号沿線の佐伯市・豊後大野市・延岡市で地域住民が何もしなければ観光客が吸い取られるだけになる危惧があるとし)、同地域にはすでに十分な素材・価値(観光資源)があり、住民がその価値を認めて客を細分化し取り込んでいくことが重要である旨を述べている(出典:「活性化連携が鍵-東九州道開通後見据えシンポジウム」夕刊デイリーWebヘッドラインニュース
  6. ^ ほどほどに 見栄えのするお盆
  7. ^ 東京都八王子市 「食」によるまちおこしの必要性(八王子ラーメンが利用されている)
  8. ^ [pref.wakayama.lg.jp/prefg/070400/zibiedetiikiokoshi.html] [1]
  9. ^ 民主党が高速道路1000円化や無料化や実施した時も、全国各地は大賑わいとなった。
  10. ^ 『ニッポンの地域力』 藻谷浩介 日本経済新聞出版 2007年9月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]