襟裳岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
襟裳岬(1977年)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
襟裳岬 風の館
襟裳岬 岩礁群
襟裳岬歌碑
襟裳岬 豊似岳から俯瞰
襟裳岬(2009年10月、国際宇宙ステーションから撮影)

襟裳岬(えりもみさき)は、北海道幌泉郡えりも町えりも岬に属し、太平洋に面する。北緯41度55分28秒、東経143度14分57秒。北海道の形を大きく表徴する自然地形の一つである。日高山脈の最南端で、太平洋に向かって南へ突き出した岬である。海上にまで岩礁群も伸びている。

地理[編集]

日高山脈の南端部に位置するものであり、沖合い7 kmまで岩礁が連なる。岬の周囲は高さ60 mに及ぶ断崖となっており、三段に及ぶ海岸段丘が発達している。眺望が開けており、日高山脈襟裳国定公園の中核を成す観光地となっている。

風が強いことで知られる。風速が計測できる全国900以上の山岳を除くアメダス地点で、年平均風速がもっとも大きいのが襟裳岬の観測地点である。1981-2010年の年平均風速は8.2 m/s。風速10メートル以上の風の吹く日が年間290日以上ある。

岬上の襟裳岬灯台は海抜73 mに位置し、光達22海里1889年に初点灯した。他に霧笛が備えられている。2009年4月10日までは無線方向探知局も備えられていた。沖合で暖流の黒潮(日本海流)と寒流である親潮(千島海流)とがぶつかり、濃霧が発生しやすいためである。また強風が吹きやすいことでも知られる。

地名の由来は、アイヌ語の「エンルム(enrum)」(岬)または「エルムン(ermun)」(ネズミ)などがある。

トピック[編集]

緑化事業[編集]

襟裳岬は江戸時代後半から海の岩礁に生えるコンブを求めて、人々の移住が始まった。明治になると開拓農民も加わり、人々は強風と寒さに耐えながら、暖をとるなど生きるために森の木を切り続けた。明治中期には材料として広葉樹がつぎつぎに切り倒され、ついに砂漠となった。砂が飛んで生活に支障をきたしたほか、コンブが生えなくなり、サケや回遊魚も来なくなった。つまり明治の森林伐採、放牧などにより実質砂漠化し(「はげ山」参照)、土砂で海が汚染されたことにより海産物の漁獲量が激減したのである。

そのため林野庁1953年以降治山事業を開始。まず、草本の種子を蒔き、風を防ぐため海藻で覆うことにより最終的に草本緑化を完了。その後、防風垣で覆った上でクロマツを中心とした植林が行われ、1999年度末で、荒廃地面積のほぼ89%にあたる170ヘクタールの木本緑化を終了した。

緑化の経緯は、NHKの番組プロジェクトXで取り上げられている(2001年3月放送、プロジェクトX全放送作品リスト参照)。

2006年9月には天皇皇后行幸啓があり、植林されたクロマツ林を見学されている。襟裳岬に立つ碑には、後に植林の苦労を偲び詠んた歌が刻まれている。

交通[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度55分28秒 東経143度14分57秒 / 北緯41.92444度 東経143.24917度 / 41.92444; 143.24917