ニューメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューメディアとは、科学技術の発展に伴い、従来のテレビ・ラジオ、新聞・雑誌、電信・電話などの既存媒体(マスメディア)にとらわれない新たな媒体として、1980年代初頭に主として当時の電電公社により普及が推進された新媒体のことをいう。

INSを中心とした高速度ネットワークを中心に、各企業・家庭に設置された新型端末を介して情報を得たり、発信したりということがコンセプトとなっている。

当時の代表的な設備やサービス[編集]

科学万博[編集]

1985年に開催されたつくば科学万博は、このニューメディアを実体験できる見本市としての性格が強かった。

その後[編集]

当時から現在のマルチメディアと同様、双方向性が謳われていたが、端末や通信料が非常に高価であること、端末の性能に起因する制約からコンテンツの利便性が既存メディアを超えるものにならなかったことから、CATV・パソコン通信・ファクシミリなどその特性を生かせるものを除き一般家庭への普及は進まなかった。INSについては、一部の大口顧客の企業内ネットワークとして活用されるに過ぎなかった。

1990年代に入り、高性能パソコンや高速のインターネット、また携帯電話が普及し、高速での情報送受信が出来るようなインフラが整備されると、莫大な投資をして整備されたINSではあったものの一世代前の技術となり見劣りが避けられず、現在では光ファイバーケーブルを中心とした情報網への投資に切り替わっている。

現在ではマルチメディアへ発展しているとも捉えられるが、その実態は、行政主体で莫大なインフラ投資をしてもそのコンテンツが貧弱であれば普及は進まないことを証明した。その後、インターネットを中心にマルチメディアは民間主体の投資で行われ爆発的に発展(その後のITバブル)したという違いがある。つまりビジネスモデルとして魅力のある提案をしていけるかどうかが成否の鍵を握っているといえる。