南宇和郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 四国地方 > 愛媛県 > 南宇和郡
愛媛県南宇和郡の範囲(緑:愛南町)
現在の南宇和郡 :市 / :町
拡大表示(SVGファイル対応ブラウザのみ)

南宇和郡(みなみうわぐん)は、愛媛県

人口22,128人、面積238.98km²、人口密度92.6人/km²。(2015年2月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の愛南町にあたる。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

柏村、菊川村、内海浦、長洲村、平城村、和口村、長月村、城辺村、緑村、僧都村、広見村、増田村、正木村、小山村、中川村、満倉村、外海浦、鵜来島、母島浦[1]、久保浦[1]、小矢野浦[1]

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年12月16日 - 郡区町村編制法の愛媛県での施行により、宇和郡のうち城辺村ほか15村2浦の区域に南宇和郡が発足。郡役所が城辺村に設置。
  • 明治14年(1881年
    • 「南宇和北宇和郡役所」が北宇和郡宇和島町に設置され、同郡とともに管轄。
    • 外海浦が分割して東外海浦・西外海浦となる。(15村3浦)
1.内海村 2.御荘村 3.城辺村 4.緑僧都村 5.一本松村 6.東外海村 7.西外海村(紫:愛南町)
  • 明治22年(1889年12月15日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足[2]。全域が現・愛南町。(7村)
  • 明治30年(1897年4月1日 - 郡制を施行。郡役所が御荘村に設置。
  • 大正12年(1923年2月11日 - 御荘村が町制施行して御荘町となる。(1町6村)
  • 大正12年(1923年
    • 2月11日 - 城辺村が町制施行して城辺町となる。(2町5村)
    • 4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和23年(1948年11月3日 - 内海村の一部(坊城成川・中浦・猿鳴・高畑・赤水および平山のうち字大島)が分立して南内海村が発足、一部(深泥および字大島を除く平山)が御荘町に編入。(2町6村)
  • 昭和27年(1952年
    • 4月1日 - 東外海村が町制施行して東外海町となる。(3町5村)
    • 9月1日 - 城辺町・緑僧都村が合併し、改めて城辺町が発足。(3町4村)
    • 10月1日 - 西外海村が町制施行・改称して西海町となる。(4町3村)
  • 昭和31年(1956年
    • 9月21日 - 城辺町・東外海町が合併し、改めて城辺町が発足。(3町3村)
    • 9月30日 - 御荘町・南内海村が合併し、改めて御荘町が発足。(3町2村)
  • 昭和37年(1962年1月1日 - 一本松村が町制施行して一本松町となる。(4町1村)
  • 平成16年(2004年)10月1日 - 内海村・御荘町・城辺町・一本松町・西海町が合併して愛南町が発足。(1町)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 記載は沖ノ島。
  2. ^ 読み方は「旧高旧領取調帳データベース」を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
宇和郡
行政区の変遷
1878年 -
次代:
(現存)