宇和島市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うわじまし
宇和島市
Flag of Uwajima Ehime.JPG
宇和島市旗
Uwajima Ehime chapter.JPG
宇和島市章
市旗・市章、共に2005年平成17年)8月1日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
団体コード 38203-5
面積 469.59km²
総人口 79,296
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 169人/km²
隣接自治体 西予市南宇和郡愛南町
北宇和郡鬼北町松野町
高知県四万十市宿毛市
宇和島市役所
所在地 798-8601
愛媛県宇和島市曙町1番地
北緯33度13分23.9秒東経132度33分38秒
外部リンク 宇和島市

宇和島市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宇和島市(うわじまし)は、四国の南西部、愛媛県の南部(南予地方)に位置する都市で、南予地方の中心都市。旧北宇和郡の一部と旧宇和島市の合併により発足。宇和島城を中心に発展した闘牛で有名な旧城下町である。

地理[編集]

地形[編集]

宇和海(宇和島城から)
宇和島市街(宇和島城天守から)

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

中央構造線より南に位置し、黒潮の影響を受けているため、気候は温暖な太平洋側気候である。

また、1927年7月22日に日最高気温40.2℃を記録している。

四国の中でもの開花時期が早いことで知られていたが、宇和島測候所が無人化されたことから、2006年から市が開花状況を独自に調べて発表している。

その他[編集]

津島町高田に「稲中(いなか)」、三間町に「土居中(どいなか)」という地名がある。

津島町の「嵐(あらし)」は、同名のアイドルグループの影響で、同地にバス停留所を置く宇和島自動車や、地元郵便局などに問い合わせが多い[1]

歴史[編集]

(※ 合併して新市になる以前の吉田町三間町津島町の出来事については、それぞれのページを参照。)

市制以前[編集]

市制発足から新市まで[編集]

新市以降[編集]

行政[編集]

南予地方の中核都市となっているが、産業経済面で芳しくなく、人口も流出を続けるなど、行政運営的には険しい環境にある。

市長[編集]

  • 旧市
  • 新市
    • 石橋寛久(いしばしひろひさ、旧宇和島市長): 2005年(平成17年)8月1日〜

国の行政機関[編集]

県行政機関[編集]

  • 愛媛県南予地方局
  • 愛媛県宇和島保健所
  • 愛媛県南予教育事務所

市の行政機関・公共施設[編集]

  • 宇和島市役所
  • 宇和島市立中央図書館
  • 宇和島市総合体育館

姉妹都市[編集]

国内[編集]

国外[編集]

経済[編集]

産業の現況[編集]

宇和島市は南予地方の中心都市であるが、平地が乏しいため、産業面の力は小さい。

水産業[編集]

リアス式海岸を生かして、養殖水産業(真珠ハマチマダイなどの魚類)が発達し、稚魚・餌料供給、資材供給などの関連産業も発達した。かつては、愛媛県の真珠養殖日本一の中心的存在となったほか、鯛類養殖では周辺地域も含めると日本一の産地となった。しかし、過剰生産による魚価の低迷や、真珠貝(アコヤ貝)の大量死などにより、業界もかつての繁栄は見られない。

製造業[編集]

製造業では、造船所が1社。自動車部品産業の進出もあり、地元から歓迎されたが、完成車組立工場から遠いため、輸送コストが不利であったため閉鎖した。園芸栽培や果樹栽培、水産業が盛んなことから食品工業も盛んである。

小売業[編集]

産業構成[編集]

  • 第一次産業: 水産養殖業
  • 第二次産業: 造船業・食品工業
  • 第三次産業:

本社を置く企業[編集]

工場・事業所を置く企業[編集]

  • メルシャン宇和島工場
  • 日清丸紅飼料宇和島水産工場
  • 東海シープロ宇和島事業所
  • シーティーアイ情報センター宇和島コールセンター

地域[編集]

人口[編集]

Demography38203.svg
宇和島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 宇和島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 宇和島市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
宇和島市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 111,648人
1975年 109,479人
1980年 110,920人
1985年 110,194人
1990年 105,030人
1995年 100,776人
2000年 95,641人
2005年 89,444人
2010年 84,212人
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

教育[編集]

大学[編集]

中等教育学校[編集]

高等学校[編集]

専修学校[編集]

  • 宇和島看護専門学校
  • 宇和島文化女子専門学校
  • 宇和島商業専門学校

中学校[編集]

小学校[編集]

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

高速自動車国道[編集]

三間IC
宇和島北IC

自動車専用道路[編集]

宇和島北IC
宇和島朝日IC
宇和島坂下津IC
宇和島別当IC
宇和島南IC
津島高田IC

一般国道[編集]

国道56号
国道320号
国道378号
国道381号

都道府県道[編集]

この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(愛媛県道346号蔣淵下波線の『蔣』)が含まれています(詳細)。
愛媛県道4号宿毛津島線
愛媛県道31号宇和三間線
愛媛県道33号宇和島停車場線
愛媛県道37号宇和島下波津島線
愛媛県道46号宇和島城辺線
愛媛県道57号広見三間宇和島線
愛媛県道268号宇和島港線
愛媛県道269号無月宇和島線
愛媛県道270号滑床松野線
愛媛県道271号玉津港線
愛媛県道272号河内立間停車場線
愛媛県道273号奥浦白浦線
愛媛県道274号吉田宇和島線
愛媛県道276号大内停車場線
愛媛県道277号伊予宮野下停車場宮野下線
愛媛県道278号伊予宮野下停車場務田線
愛媛県道279号西谷吉田線
愛媛県道282号小倉三間線
愛媛県道283号広見吉田線
愛媛県道286号御内下畑地線
愛媛県道287号嵐田之浜岩松線
愛媛県道290号喜路能登線
愛媛県道291号美砂子郡線
愛媛県道292号網代鳥越線
愛媛県道313号九島循環線
愛媛県道314号舟間伊予吉田停車場線
愛媛県道315号音地清延線
愛媛県道318号後柿之浦線
愛媛県道319号御代ノ川清重線
愛媛県道345号柿之浦下波線
愛媛県道346号蔣淵下波線

道の駅[編集]

[編集]

  • 宇和島港重要港湾
    • 沖合いの日振島戸島嘉島などの離島や、宇和島湾入口に位置する九島を結ぶ航路がある(盛運汽船が就航)。
    • 内港には、釣り客向けの船も多数繋留されている。
    • 水産実習船えひめ丸の母港であり、愛媛県立宇和島水産高等学校も港の近くにある。
    • フェリー航路があるため、カウント上同じ四国西部で国内貨物取扱量において宇和島港に勝る八幡浜港は貿易貨物がまったくなかったため重要港湾から外されたが、宇和島港は稚魚の輸出入があることもあって、重要港湾に位置付けられている。
    • 八幡浜 - 別府等のフェリーを運航している宇和島運輸は「宇和島」を冠しているが、これは宇和島が創業の地であるためで、現在は宇和島港からの航路は廃止しており存在しない。本社も八幡浜市に移している。

路線バス[編集]

高速バス[編集]

観光[編集]

宇和島城(国の史跡・重要文化財)
遊子水荷浦の段畑(重要文化的景観

名所・旧跡・景勝地[編集]

祭り[編集]

  • 闘牛(牛対牛):4月上旬、宇和島市営闘牛場
  • だんだん祭り:同、遊子・水ヶ浦地区
  • 南楽園ツツジまつり:4月中〜下旬、南楽園
  • 南楽園サツキまつり:5月中〜下旬、南楽園
  • 南楽園菖蒲まつり:5月下旬〜6月上旬、南楽園
  • 世界の風鈴展:6月中旬〜8月中旬、南楽園
  • 薬師谷そうめん流し:6月上旬〜8月下旬、薬師谷渓谷
  • 和船競漕:7月、津島町下灘地区[1]
  • 和霊大祭:宇和島うしおにまつり(7月22日7月24日
  • 夏祭り:7月下旬、市内各所
  • 宇和島産業祭り(じゃこ天カーニバル): 11月上旬
  • 亥の子: 11月頃

工芸品[編集]

  • 牛鬼張子
  • 牛鬼Tシャツ
  • 手染めのれん
  • 節句鯉幟

郷土料理[編集]

鯛めしの一例

文化スポーツ施設[編集]

宇和島市出身の有名人[編集]

政官界[編集]

学界・言論界[編集]

産業界[編集]

芸術[編集]

絵画・映像系
小説、詩歌系

スポーツ[編集]

芸能・論壇[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛新聞(2013年7月16日付、5面)

外部リンク[編集]