愛媛県立宇和島水産高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛媛県立宇和島水産高等学校
過去の名称 愛媛県立水産学校
愛媛県立水産高等学校
愛媛県立宇和島南高等学校水産課程
国公私立の別 公立学校
設置者 愛媛県
校訓 和敬・克己・勤勉
設立年月日 1945年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 海洋技術科・水産増殖科・水産食品科
専攻科 漁業科・機関科・水産増殖科
学期 3学期制
高校コード 38146C
所在地 798-0068
愛媛県宇和島市明倫町1丁目2番20号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛媛県立宇和島水産高等学校(えひめけんりつうわじますいさんこうとうがっこう)は、愛媛県宇和島市にある水産高等学校である。

水産実習船えひめ丸を所有している。2001年2月、4代目えひめ丸は、遠洋航海実習中にハワイ沖で米海軍原子力潜水艦グリーンビルに衝突され沈没し、えひめ丸に乗船していた実習生4名、教官2名、船員3名が死亡した。学校ではこのような痛ましい事故が二度と起きないよう、さらに事故を風化させないよう願いをこめて、事故の翌年から、事故の起きた2月10日を「えひめ丸追想の日」として、慰霊をしている(えひめ丸事故)。

設置学科[編集]

本科[編集]

  • 全日制の課程 
    • 海洋技術科
    • 水産食品科
    • 水産増殖科

専攻科[編集]

  • 全日制の課程
    • 漁業科・機関科
    • 水産増殖科

沿革[編集]

  • 1945年 - 愛媛県立水産学校(漁業科のみ、定員50名)として宇和島市に設置。
  • 1948年 - 学制改革により、愛媛県立水産高等学校に変更。
  • 1949年 - 高等学校再編成に伴い、愛媛県立宇和島南高等学校水産課程となる。
  • 1956年 - 愛媛県立宇和島水産高等学校として独立。
  • 1957年 - 漁業科(定員30名)、製造科(定員30名)、増殖科(定員20名)設置。
  • 1957年 - 愛媛丸(総トン数214トン)竣工。
  • 1962年 - 漁業専攻科(2年制、定員20名)設置。
  • 1963年 - 機関科(定員35名)設置。
  • 1966年 - 製造科、増殖科を水産製造科、水産増殖科と改称。
  • 1969年 - 漁業専攻科を専攻科(漁業科、機関科)に変更(2年制、定員各20名)、えひめ丸(総トン数407トン)竣工
  • 1981年 - 寄宿舎(906m²)竣工、えひめ丸(総トン数496トン)竣工
  • 1993年 - 漁業科・水産製造科・機関科をそれぞれ海洋漁業科・水産食品科・海洋工学科に改称。専攻科に水産増殖(定員10名)を新設。
  • 1996年 - えひめ丸(総トン数499トン)竣工。
  • 2001年 - 「えひめ丸」がハワイ沖で米国原子力潜水艦に衝突され沈没、実習生4名、教官2名、船員3名が死亡。
  • 2002年 - えひめ丸(総トン数499トン)竣工。
  • 2005年 - 海洋漁業科・海洋工学科の募集を停止。海洋技術科(定員35名)を新設。

歴代校長[編集]

愛媛県立水産学校および愛媛県立水産高等学校

  • 1945年 - 1949年 高橋広栄(愛媛県水産試験場長兼任)

愛媛県立宇和島南高等学校

  • 1949年 - 1951年 小西善次郎
  • 1951年 - 1951年 森善孝
  • 1951年 - 1956年 佐伯秀雄

愛媛県立宇和島水産高等学校

  • 1956年 - 1963年 黒田定雄
  • 1963年 - 1975年 安藤進
  • 1975年 - 1978年 河野藤男
  • 1978年 - 1985年 松宮鉄雄
  • 1985年 - 1988年 是澤一範
  • 1988年 - 1994年 石谷善英
  • 1994年 - 2000年 吉野常哉
  • 2000年 - 2002年 堀田家孝
  • 2002年 - 2005年 上甲一光
  • 2005年 - 2008年 玉井治樹
  • 2008年 - 2010年 今岡慎三 
  • 2010年 -  野上完治  

卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]