ジャパハリネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャパハリネット
基本情報
別名 ジャパハリ
出身地 日本の旗 日本 愛媛県
ジャンル ロック
活動期間 1999年 -2007年
レーベル トイズファクトリー
公式サイト ジャパハリネット
the official web site
メンバー
城戸けんじろ (ボーカル
鹿島公行 (ベース
中田衛樹 (ギター
りょういち (ドラムス

ジャパハリネットJAPAHARINET)は、日本のロックバンド。略称は「ジャパハリ」など。

概要・来歴[編集]

1999年愛媛県伊予郡松前町で、松山大学のバンドサークルのメンバーだった鹿島公行を中心に結成。鹿島は大学生ではなかったため知り合いがおらず、大学生だったにも関わらずサークル内に同じく知り合いがおらずポツンとしている城戸をバンドに誘ったことがはじまり。インディーズ時代から四国地方で人気を博し、「四国地方最強のロックバンド」とも呼ばれた。インディーズ時代から地元・松山でのライブは超満員。ワンマンをするたびに200人を超える観客を動員するほどだった。 一度も拠点を東京に移すことなく、松山で活動し続けている。

2004年に『哀愁交差点』でメジャーデビュー。その後も松山市を拠点におき、CDやDVD等をリリースし、年間100本程のライブ活動を行っていた。メジャーデビューアルバムはオリコン10位を記録しヒット。また、2004年には日本ゴールドディスク大賞で『ニューアーティストオブ・ザ・イヤー』を受賞するなど実力を発揮した。

ライブでは、「その時・その場所・その感情(スリーS)」をテーマに掲げている。

2007年6月13日、年内での解散をホームページにて発表。解散後の個々人の細かい活動は未公開。活動情報は随時ホームページで発表予定とのこと。

メンバー[編集]

2008年より上京し、ソロ活動を行っている。フジヤマルーキーのボーカルとして現在活動中。2012年4月~O.A中名古屋トヨペットTV-CM「86を楽しもう」篇
りょういちと共に、2006年より白石ひでのりをボーカルとし活動していたニッポリヒトというバンドとして活動。2009年より鹿島と白石のみで上京。2009年6月には新メンバー林大輔(gt)、笠原雄次(dr)が加入。現在、東京で活動を広げている。2012年9月23日の夜想昼夢 vol.5の新高円寺CLUB LINERニッポリヒト 2nd album「世界は時々、夢を見る」レコ発&解散ワンマンライブをもって解散。今後はアニメーションの世界で活動をするとのこと。(アメーバ 鹿島ブログより)
解散後は音楽の世界を離れ、理学療法士を目指し専門学校へ通ことが公表された。
鹿島と共に、2006年より白石ひでのりをボーカルとし活動していたニッポリヒトというバンドとして活動。2008年11月30日をもって同バンドを脱退している。2010年スーベニアというバンドでバンド活動を再開している。現在エフエム愛媛にて、MUSH UP(月~金13:30 - 16:55)、Narrowband Camp(毎週土曜日 24:00~24:30)をDJとして活動中。

バンド名の由来[編集]

ジャパン・ハリネズミ・ネットワーク」の略。けんじろが3区切りの歌手が好きなため(例:「長渕剛(長・渕・剛)」、「THE BLUE HEARTS(ザ・ブルー・ハーツ)」など)。

エピソード[編集]

  • メジャーデビュー前、M1グランプリ決勝進出で知名度が広がりつつあったお笑いコンビ、「麒麟」がDJを務めるYES-FM「オンスト」にジャパハリネットがゲスト出演し、初共演を果たす。これをきっかけに、麒麟田村は彼らのファンとなる。「直球フラストレーション」のPVにも出演。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. 満ちて来たる日々(2003年1月26日)
    It's a human road/少年の空/贈りもの/はりねずみな男/サブリミナル/心の音/路上(Instrumental)/栄華の花/夏の憧憬/光明
  2. 現実逃走記(2004年2月18日)
  3. 東京ウォール(2005年4月20日)
  4. 回帰線(2006年7月26日)
    J.H.N/少年バット/さらばし慕情/約束の場所/星霜のさくら/あの雲の向こう/マスタージャップ/オルガナイザ/金色の螺旋-コンジキノラセン-/抱擁レジスタンス/ベクトルが消えた夏/美しき儚きかな
  5. 夢色ロジック(2007年8月8日)
    流転の咲く丘/直球フラストレーション/ステレオロンダリング/アナログ模様/落陽/朽ちかけた淡い斜塔/僕らは今を生く/夢追い人/ラインを超えて/インダーソング/ロングロングシャドウ/百花繚乱
  6. 天国ベスト~BEST FIRE OF HEAVEN~(2007年12月5日)
    It's a human road/少年の空/贈りもの/心の音/夏の憧憬/光明/物憂げ世情/烈の瞬/絶望の風/蒼が濁ったナイフ/哀愁交差点/若葉咲く頃/遙かなる日々/帰り道/聖戦パラドックス/Tokyo Wall/少年バット/ベクトルが消えた夏/約束の場所/Value Added Network

シングル[編集]

  1. 物憂げ世情(2002年7月27日)
    物憂げ世情/迂回路/哀情かっぽ/街
  2. 烈の瞬(2003年5月28日)日本テレビ系アニメ「エアマスター」OPテーマ
    烈の瞬/絶望の風/蒼が濁ったナイフ/楓鈴
  3. 哀愁交差点(2004年1月21日)
    哀愁交差点/崩れた未来の隙間から/わすれな小唄
  4. 遥かなる日々(2004年9月8日)TBS系列COUNT DOWN TVオープニングテーマ
    遥かなる日々/あるがために/流線と爆撃/遠きトモシビ
  5. 帰り道(2005年1月19日)
    帰り道/涙のハンカチ/コモレビ
  6. 金色の螺旋-コンジキノラセン-/美しき儚きかな(2005年12月21日)
    金色の螺旋-コンジキノラセン-/美しき儚きかな/悲しみ色
  7. 星霜のさくら(2006年6月28日)
    星霜のさくら/いつかの夕暮れ/蒼が濁ったナイフ
  8. INDER SONG(2007年4月18日)
    インダーソング/歩く虚像/ ピースメーカー

DVD[編集]

  1. 20020727 VHS・限定300本(2002年11月17日)
    It's a human road/はりねずみな男/少年の空/サブリミナル/心の音/栄華の花/贈りもの/物憂げ世情/光明/夏の憧憬/贈りもの(PV)
  2. white clothes day(2003年6月27日)
    It's a human road/はりねずみな男/哀情かっぽ/サブリミナル/少年の空/烈の瞬/栄華の花/心の音/夏みかん/夏の憧憬/絶望の風/贈りもの/光明/物憂げ世情
  3. 0727 ZeroNanaNiNana -Independence Day 2002-(2004年7月22日)
    It's a human road/はりねずみな男/少年の空/サブリミナル/心の音/栄華の花/贈りもの/物憂げ世情/光明/夏の憧憬/贈りもの(PV)/BENEFIT IMAGE
  4. white clothes day II SHIBUYA-AX(2005年1月19日)
    It's a human road/はりねずみな男/蒼が濁ったナイフ/ジオラマの花/ベクトルが消えた夏/崩れた未来の隙間から/流線と爆撃/遙かなる日々/若葉咲く頃/蹴り上げた坂道/遠きトモシビ/あるがために/哀愁交差点/贈りもの/光明/物憂げ世情/わすれな小唄
  5. WHITE CLOTHES DAY 3 -白炎隊-(2007年4月18日)
    J.H.N/少年バット/さらばし慕情/聖戦パラドックス/悲しみ色/鼓動の矛先/楓葉/対角線上のアリア/歩く虚像/抱擁レジスタンス/哀愁交差点/ジオラマの花/星霜のさくら/約束の場所/贈りもの/光明/物憂げ世情/インダーソング/It's a human road
  6. 極楽ビデオ~PARADISE VIDEO FLASH~(2007年12月5日)
    贈りもの/絶望の風/物憂げ世情/烈の瞬/哀愁交差点/蹴り上げた坂道/遥かなる日々/あるがために/帰り道/対角線上のアリア/聖戦パラドックス/金色の螺旋/美しき儚きかな/星霜のさくら/少年バット/インダーソング/流転の咲く丘/直球フラストレーション
  7. 百花繚乱(2008年1月23日)
    夢追い人/直球フラストレーション/ステレオロンダリング/流転の咲く丘/落陽/ラインを超えて/ロングロングシャドウ/帰り道/夏の憧憬/It's a human road/はりねずみな男/少年の空/ジオラマの花/心の音/烈の瞬/絶望の風/蹴り上げた坂道/蒼が濁ったナイフ/J.H.N/少年バット/聖戦パラドックス/遙かなる日々/星霜のさくら/哀愁交差点/インダーソング/贈りもの/光明/物憂げ世情/若葉咲く頃/Value Added Network/百花繚乱
    • DISC2「旅」前中後編

参加作品[編集]

  1. PUNK ROCK CAMP!!2(2002年12月11日)
    01.It's a human road
    02.夏みかん
  2. パンクロック・バトルロイヤル-ヘッドロックナイト・コンピレーション-(2003年7月9日)
    04.最果ソング
  3. エアマスター オリジナル・サウンドトラック(2003年7月24日)
    25.烈の瞬(TV size)
  4. MAD MONSTER(2003年7月30日)
    08.光明
  5. E.V.Junkie(2003年8月20日)
    09.物憂げ世情
  6. STREET ROCK FILE THE BEST 2(2004年7月22日)
    16.ジオラマの花
  7. CROSS-THE STREET(2004年12月16日)
    1-12.どうしようもない恋の唄(THE ROOSTERS カバー曲)
  8. LOVE for NANA~Only 1 Tribute~(2005年3月16日)
    10.黎明時代-レイメイジダイ-
  9. MAD MAGAZINE 3(2005年6月15日)
    05.ありがとう、そしてサヨナラ!(りょういち)
  10. sakura songs II(2008年3月12日)
    05.星霜のさくら

外部リンク[編集]