THE BLUE HEARTS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE BLUE HEARTS
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
ジャンル  パンク・ロック
活動期間 1985年 - 1995年
レーベル メルダック
1987年 - 1989年
EAST WEST JAPAN
(1989年 - 1995年)
事務所 ジャグラー
公式サイト メルダック
EAST WEST JAPAN
メンバー
甲本ヒロトボーカル
真島昌利ギター・ボーカル)
河口純之助ベース・コーラス)
梶原徹也ドラムス
サポートメンバー
白井幹夫キーボード
旧メンバー
望月正水(ベース)
英竜介(ドラムス)
山川のりを(ベース)
佐藤シンイチロウ(ドラムス)

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)は、日本のロックバンド1985年結成。1987年メジャーデビューし、1980年代後半から1990年代前半にかけて活動し、1995年に解散した。

ヒット曲は「リンダリンダ」「」「1000のバイオリン」「TRAIN-TRAIN」「情熱の薔薇」「人にやさしく」など。コード進行は3、4コードを主としたシンプルなものが多いにもかかわらず、オリジナリティ溢れる楽曲を多く作り上げた。

「ブルーハーツ」というバンド名の由来は、甲本ヒロトによると「意味は無く、誰もが呼びやすい小学生でもわかるような英語で、バンドの音楽性が見えないような名前」だからつけたとのこと[1]

概要[編集]

1985年結成。1987年にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビュー。解散後も、その楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに多く使われている[2]

ザ・ブルーハーツの詩は、NHK「人間講座」の「言葉の力・詩の力」(ねじめ正一講師)[3]中でも、その文学性が高く評価されている(なお、教材本文の講義は、2001年度前期のNHK教育テレビ「人間講座」内で放送)。

THE BLUE HEARTS』から『TRAIN-TRAIN』までの前期三部作は、ブルースをルーツとしたメッセージ性の強い、独自の日本語ロックの世界を構築していたが、イーストウェスト移籍後からの後期作品は、後のTHE HIGH-LOWSに繋がる様々なスタイルを取り入れ、メッセージ性を無視した楽曲も多い。

メンバー[編集]

愛称は「ヒロト」。低音の効いた太い声が特徴。たまに吹くブルースハープは独学で、高いレベルまで達しているが、ベントやトレモロなどの技術は「偶然できた」とのこと。演奏する曲によってギターを弾くこともある。テレビなどのインタビューで答えるのは、ほとんど甲本が担当。デビュー時は坊主頭だった。
  • 真島昌利 (ましま まさとし) - ギター・ボーカル(コーラス・リードボーカル)
愛称は「マーシー」。歌う時は叫んでいるかのようなしゃがれ声が特徴。他の3人に比べれば、テレビなどに出演してもあまり喋らず、表情を変えないことが多い。甲本とは、およそ半々の割合で曲を創り上げた。
愛称は「河ちゃん」。結成当初はバンドのマネージメントを行っていたが、半年ほどでベースが脱退したため急遽85年8月に正式メンバーとして加入。本名は河口宏之(ひろゆき)で、デビュー前は本名を名乗っていたが、デビュー直前あたりから「純之助」を使用する。ベース以外にも真島とともにコーラスを多く担当し、特に高音パートを担当し、曲に彩りを与えた。
愛称は「梶君」。元々はブルーハーツのファンで、ライブチケットのモギリなどをやっていた。その後ドラムの脱退を知り、ヒロトの自宅にしつこく電話してオーディションを受けさせてもらい、86年4月に正式メンバーとなる。モヒカンヘアーが特徴であるが、参加当初の髪型はモヒカンではなく角刈りに近いヘアスタイルであり、後期には長髪にして結っていたこともある。

サポートメンバー[編集]

ON TOUR 1989(1989年5月3日 - 同31日)から解散するまでの間、ライブレコーディングでキーボードを担当。真島の友人であった杉浦逸生の紹介でブルーハーツに参加。サポートでありながら、アルバム『HIGH KICKS』の歌詞カードでは顔写真付きで紹介されたり、『ミュージックステーション』にブルーハーツが出演した際は、演奏のみならずスタジオトークにもメンバーと共に並んで出演していたり、ライブ時には甲本ヒロトから5人目の仲間として紹介されるなど、ブルーハーツの中では正式なメンバーとしての意識があった。伝説のバンドめんたんぴんのメンバー(第4期-)で、浅川マキ南正人のバックを務めた事もある実力派だが、ピアノは全くの独学で、「ギターコードを鍵盤に乗せただけ」と、ファンクラブの会報で答えている。

過去に在籍したメンバー[編集]

  • 望月正水 (もちづき まさみ):ベース
愛称はマサミ。結成当初のメンバーであるが飲酒問題で体を壊し、半年ほどでバンドを脱退している。脱退後は自動車のレッカーマンとして働きながらTHE JUMPSの島キクジロウ等と共に「キャバレッツ」を結成。後に脱退し、NATIONALS(現在はMASAMI & THE NATIONALS)というバンドで活動中。
愛称はリュースケ。1986年3月に脱退しているが、1985年に無料配布されたソノシート「1985」で彼の演奏を聴く事が可能である(「1985」はベストアルバム『SUPER BEST』に収録されている)。脱退後は中村あゆみ織田哲郎のバックバンドやスタジオミュージシャンとして活躍していたが、現在は音楽活動から退いている。
愛称はのりを。元ザ・コーツ、グレイトリッチーズ、ディープ&バイツ、ノリオ&アイスクリームマン。望月脱退後、ほんの2ヶ月ほどサポートメンバーとして活動していた。脱退後DEEP&BITESを結成。同時期に忌野清志郎大島賢治・中曽根章友と共に2・3sとして活動。一時期真島のソロツアーにも参加していた。DEEP&BITES解散後はノリオ&アイスクリームマンを経て、現在はギターパンダというユニットで活動中。
愛称はシンちゃん。元THE POGO、KENZI&THE TRIPS、現the pillowsThe ピーズ。英竜介脱退後から梶原が正式加入するまで、サポートドラマーを担当していた。その際の音源はオムニバス盤『JUST A BEAT SHOW』にて確認することが可能である。

来歴[編集]

1980年代前半、それぞれのバンドの状態が思わしくなかった甲本ヒロト真島昌利河口純之助の3人は下北沢のバイト先で出会い、Traditional(トラディッショナル)というセッションバンドを行ったり、バンドの事について語り合ったりして飲んだり遊んだりしているうちにお互いを理解、信頼するようになっていった。

1985年の1月から、それぞれバンドを解散したり脱退したりしていた真島や甲本らは、本気でバンド結成のことについて考えるようになり、1985年2月に、真島と甲本の2人を中心として「THE BLUE HEARTS」を結成。同年4月に、THE BLUE HEARTSの初ライブを行うことになった。同年の夏に、彼らのマネージャーとしてバンドに関わっていた河口が前メンバーの替わりにベースとして参加し、翌年の4月ごろに梶原徹也が甲本に加入を懇願し、ドラマーとして参加した。結成当初は、渋谷ライブハウス(渋谷屋根裏)を拠点として多く活動していた。1986年、梶原が加入した頃から「面白いバンドがいる」と、話題になり始める。

1987年2月に、シングル「人にやさしく」を自主制作で発表。同年、メルダックよりメジャーデビューが決定し、1987年5月1日に、メジャーデビューシングル「リンダリンダ」を発売、同月に1stアルバム『THE BLUE HEARTS』を発表した。口コミなどで、彼らの評判は若者を中心に全国的に知れ渡るようになり、第二次バンドブームの先駆けとなった。この時期に人気のあったユニコーンTHE BOOMと共に「バンド御三家」と並び称されている。

半年後に発売した2ndアルバム『YOUNG AND PRETTY』も好調、そして1988年に発表した3rdアルバム『TRAIN-TRAIN』が50万枚を超えるヒットとなり、ドラマの主題歌などにも起用されるなど、一躍音楽界のトップシーンに登り詰めた。

しかし4thアルバム以降は、以前ほどの売れ行きは見せなくなった。その後3枚のアルバムを発表。1995年にラストアルバムを発表し、バンドは解散(詳細は後述)。

その後[編集]

1995年にブルーハーツを解散した後、甲本と真島は3人の新メンバーを加えTHE HIGH-LOWSを結成。晩年のブルーハーツでもその兆候はあったが、社会的メッセージというよりシュールな歌詞が多くなった。それでも躍動感あふれる曲を多く作り、固定ファンの期待に応えるだけでなく、新たなファンも獲得していった。こちらも10年後の2005年に活動休止したが、2006年に真島と再びコンビを組み、二人の新メンバーを加えザ・クロマニヨンズを結成し活動を再開した。

なお、ブルーハーツ解散後にメンバーがブルーハーツ時代の曲を歌うことはないが、例外的に甲本は一度、他人のライブの飛び入りで「僕の右手」を、真島はイベントで何度か「青空」を歌い、河口がSUMMER SONICで間 寛平らと共に「リンダリンダ」を、梶原が「THE 3 peace」として「リンダリンダ」を演奏した。

略歴[編集]

1982年
  • 甲本、真島、河口、新宿の歩行者天国のイベントで初めてセッションを行う。
1984年
  • 11月、甲本、真島、河口の三人は遊び仲間としてよく遊んでいた。
  • 12月24日、当時ヒロトの家だった笹塚の廃屋のパーティーで、THE BREAKERSの解散を決定した真島が、同時期に解散したザ・コーツの甲本に「バンド一緒にやらないか?」とブルーハーツ結成の話を持ちかける。
1985年
  • 1月5日、真島が数人の仲間とギターを片手に甲本の住家を突然訪れてそのまま住みついてしまう。同日の夕方、元ベース担当の望月も静岡より上京し甲本の家に住み着くようになる。
  • 1月25日、THE BREAKERS解散。
  • 1月後半、甲本、真島、望月の3人で原宿クロコダイルで行われたジョニー・サンダースのライブを観た帰り、代々木公園で一人ドラムの練習をしていた英と初めて出会う。
  • 2月、甲本と真島を中心に結成される。結成当時のメンバーは、Vo.甲本ヒロト G.真島昌利 B.望月正水 Dr.英竜介。
  • 4月3日新宿ロフトで初ライブ。チケットはドリンク付きで1,000円。
  • 6月、望月脱退、正式メンバー決定までの間、コーツ、グレイトリッチーズ、ディープ&バイツで活動していた山川のりをが一時的にベーシストとして参加。
  • 8月17日 渋谷屋根裏、それまでマネージメントを行っていた河口が正式加入。
  • 12月24日、都立家政スーパーロフト(現存せず)にて初ワンマン・ライブ「世界一のクリスマス」256人動員。全レパートリー21曲を演奏。
1986年
  • 3月20日、アトミック・カフェ・フェスティバル出演。プロバンドの中に混じりアマチュアバンドで唯一出演。
  • 3月21日、目黒鹿鳴館「Bright Lights Beat City」を最後に英脱退。
  • 4月19日、都立家政スーパーロフトから梶原が正式加入。
  • 5月19日テレビ東京“スーパーマガジン・すばらしき人生”でテレビ初出演。
  • 6月9日、目黒鹿鳴館にて2度目のワンマンライブ「人にやさしく」、489人動員。1985を除く全レパートリー24曲を演奏。
1987年
  • 1月、「ハンマーツアー」スタート。
  • 2月25日、自主制作シングル「人にやさしく/ハンマー」発表。
  • 5月1日、シングル「リンダ リンダ/僕はここに立っているよ」でメジャーデビュー。
  • 5月21日、 1stアルバム「THE BLUE HEARTS」発売
  • 5月21日、 ニッポン放送・オールナイトニッポン1部に出演。DJは爆風スランプサンプラザ中野
  • 7月4日、日比谷野外音楽堂にてライブ。チケットは即日ソールドアウト。3382人動員。
  • 10月1日、初の全国ツアー「ドブネズミツアー」スタート(全40公演)。
1989年
1990年
  • 杉浦逸生から白井幹夫を紹介される。
1993年
  • 10月25日、通算17枚目のシングル「夕暮れ」発売。事実上THE BLUE HEARTSとしての最後のシングルとなる。
1994年
  • 8月13日、長野県の科野の里歴史公園「あんずの里ロックフェスティバル」にて最後の出演。これが事実上ブルーハーツの最後のライブとなる。
1995年

解散[編集]

解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が新興宗教幸福の科学)に没頭し、スタッフファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。

活動休止中に甲本は別バンド「ヒューストンズ」、真島はソロ、梶原はドラマーズなどで活動。結局は解散を最終決定するも、レコード会社との契約が残っていたためにアルバムを一枚出すことに。ラストのオリジナルアルバム『PAN』がブルーハーツ名義にもかかわらず、中身がブルーハーツではないのはそのためである。そしてNHK-FMミュージックスクエアで「今後の予定は?」と聞かれて「解散です」と突然の解散発表。それから10年。2005年あたりから、元メンバーが公の場に揃って姿を見せるなど、再び交流が活発化している。

このラジオ番組で行われた解散宣言の前に届いていたブルーハーツ集団(ファンクラブ)会報誌「BLUE-PARTS」には、号外として今回のラジオ出演の告知があり、「放送内で解散宣言をします」と明記されていた。1995年1月1日号には、「ブルーハーツ集団、解散」の告知があった。甲本はこの時、「ずっと続いているものを一旦リセットしたいと思って」と話していた。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 シングル名 レーベル
自主制作 1985年12月24日 1985 自主制作ソノシート・ライブ会場限定で200枚ほど配付
自主制作 1987年2月25日 人にやさしく 自主制作
1st 1987年5月1日 リンダ リンダ メルダック
2nd 1987年11月21日 キスしてほしい メルダック
自主制作 1988年7月1日 ブルーハーツのテーマ 自主制作
自主制作 1988年7月1日 チェルノブイリ 自主制作
3rd 1988年11月23日 TRAIN-TRAIN メルダック
4th 1989年2月21日 ラブレター メルダック
5th 1989年6月21日 青空 メルダック
6th 1990年7月25日 情熱の薔薇 イーストウエスト・ジャパン
7th 1991年4月10日 首つり台から イーストウエスト・ジャパン
8th 1991年11月28日 あの娘にタッチ イーストウエスト・ジャパン
9th 1992年3月10日 TOO MUCH PAIN イーストウエスト・ジャパン
10th 1992年10月25日 イーストウエスト・ジャパン
11th 1993年2月25日 旅人 イーストウエスト・ジャパン
12th 1993年5月25日 1000のバイオリン イーストウエスト・ジャパン
13th 1993年8月25日 パーティー イーストウエスト・ジャパン
14th 1993年10月25日 夕暮れ イーストウエスト・ジャパン

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル
1st 1987年5月21日 THE BLUE HEARTS メルダック
2nd 1987年11月21日 YOUNG AND PRETTY メルダック
3rd 1988年11月23日 TRAIN-TRAIN メルダック
4th 1990年9月10日 BUST WASTE HIP イーストウエスト・ジャパン
5th 1991年12月21日 HIGH KICKS イーストウエスト・ジャパン
6th 1993年2月10日 STICK OUT イーストウエスト・ジャパン
7th 1993年7月10日 DUG OUT イーストウエスト・ジャパン
8th 1995年7月10日 PAN イーストウエスト・ジャパン

ベスト・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

オムニバス・アルバム[編集]

リミックス・アルバム[編集]

トリビュート・アルバム[編集]

ビデオ[編集]

  • THE BLUE HEARTS (1987年3月21日) - メルダック
  • THE BLUE HEARTS LIVE! 〜1987.7.4日比谷野外音楽堂〜 (1987年9月1日) - メルダック
  • TOUR'88 PRETTY PINEAPPLE SPECIAL 〜2月12日 日本武道館〜 (1988年6月21日) - メルダック
    • 別名『ブルーハーツ、武道館を見学。』
  • ブルーハーツのビデオ VIDEO CLIP 1987-1989 (1990年1月1日) - メルダック
  • 全日本EAST WASTE TOUR '91 (1991年9月10日) - イーストウエスト・ジャパン
    • 通称『茶の間でドーダ』
  • ENDLESS DREAMS 〜THE BLUE HEARTS MEET THE MUTOID〜 (1993年7月10日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ブルーハーツのビデオ2 VIDEO CLIP 1990-1993 (1993年11月10日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ザ・ブルーハーツ凸凹珍道中 (1995年7月10日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ブルーハーツが聴こえない〜HISTORY OF THE BLUE HEARTS (1996年2月7日) - メルダック

DVD[編集]

  • 全日本EAST WASTE TOUR '91 (2002年4月24日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ブルーハーツのビデオ2 VIDEO CLIP 1990-1993 (2002年4月24日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ザ・ブルーハーツ凸凹珍道中 (2002年4月24日) - イーストウエスト・ジャパン
  • ブルーハーツのビデオ+幻のビデオ復刻版 (2004年5月26日) - メルダック
    • ビデオ『THE BLUE HEARTS』、『ブルーハーツのビデオ VIDEO CLIP 1987-1989』収録
  • THE BLUE HEARTS LIVE! (2004年5月26日) - メルダック
    • ビデオ『THE BLUE HEARTS LIVE!』、『TOUR'88 PRETTY PINEAPPLE SPECIAL』を収録
  • ブルーハーツが聴こえない HISTORY OF THE BLUE HEARTS (2004年5月26日) - メルダック
    • ビデオ版と内容が若干違う
  • THE BLUE HEARTS on TV DVD-BOX (2010年6月9日)- オフィスM4/ハピネット
  • THE BLUE HEARTS on TV (2010年6月9日)- オフィスM4/ハピネット

関連商品[編集]

書籍[編集]

  • ドブネズミの詩 (1988年12月、角川書店ISBN 978-4-04-883230-4
    • 歌詞やインタビュー、ライブでのMCの語録など。
  • ブルーハーツのしおり (1990年3月、角川書店)ISBN 978-4-04-883255-7
    • メンバーが出演していたNACK5の同名ラジオ番組を本に起こしたもの。
  • ブルーハーツのしおり/ひと夏の経験編 (1990年9月、角川書店)ISBN 978-4-04-883262-5
    • 上記の第二集。
  • ザ・ブルーハーツ写真集 (1991年12月、ジャグラー)
  • 日曜日よりの使者の詩(2007年2月、G.B.)ISBN 978-4-901841-54-2
    • ヒロト作詞の曲の歌詞を載せたもの。未発表曲を除く139曲が載っている。

関連書籍[編集]

  • ザ・ブルーハーツ 1000の証拠 (1988年12月 JICC出版局)
  • 僕の話を聞いてくれ 吉本ばなな著 (1989年9月 リトルモア)
  • ハイロウズの掟-青年のかたち- 諸井克英著(2005年10月 晃洋書房)
  • 音楽誌が書かないJポップ批評41-ブルーハーツ/ハイロウズ ヒロトとマーシーの20年-(別冊宝島1265号 2006年3月)

パチスロ[編集]

  • パチスロTHE BLUE HEARTS(2008年8月 銀座
    • ブルーハーツをモチーフとするタイアップ機として発売された。販売台数は2009年3月末時点で約1万1千台[4]

パチンコ[編集]

  • CR THE BLUE HEARTS(2009年9月 奥村遊機
    • ブルーハーツをモチーフとするタイアップ機として発売された。

影響[編集]

彼らの残した影響は強く、2000年代前半に起こった青春パンクブームでブレイクしたバンドの多くが、ブルーハーツの影響を強く受けていることを公言している。音楽界以外にも、彼らから影響を受けたと語る有名人は多数いる。

  • 劇団 第三舞台の主宰・鴻上尚史は、自身がパーソナリティを務めた「オールナイトニッポン」内で、幾度となくブルーハーツ好きを公言しており、ライブにも度々足を運び、感想を語っていた。「1985」(鴻上曰くソノシート音源)をフルで流したり、88年2月12日の武道館ライブを見に行った日の深夜の放送では、その日披露されたばかりの新曲「青空」のライブ音源を流したりと、この番組でしか聴けない音源も多かった。後に自身の映画に「青空」を挿入歌として使用している。
  • 1989年、作家の吉本ばなならが『僕の話を聞いてくれ』という、ブルーハーツを絶賛する本を出した。吉本ばななは、「I Love ザ・ブルーハーツ」というタイトルで寄稿し、本の帯に「ブルーハーツは全員、丸ごとの自分をきちんと大事にしている。これは大変贅沢で、かなり素晴らしいことに違いない」と書いた。
  • 漫画家の森田まさのりは、メンバーをモデルとしたキャラを『ろくでなしBLUES』(週刊少年ジャンプ連載)に登場させた。また、「英雄にあこがれて」と題された回では、同タイトルのブルーハーツの楽曲(『YOUNG AND PRETTY』収録)の歌詞を作中で引用している。また、ヒロインの初恋の思い出の曲として、「リンダリンダ」を作中で引用し、1話作っている。
  • 2002年、香取慎吾主演のフジテレビ系ドラマ『人にやさしく』の主題歌と挿入歌に起用され、CDが再発。ブルーハーツをリアルタイムで聴いていない世代も多く聴くきっかけとなった。
  • 2004年、鴻上尚史が、ブルーハーツの楽曲19曲を使った音楽劇『リンダリンダ』を公演した。山本耕史松岡充SILVAらが主演。
  • 2005年、『リンダ リンダ リンダ』という映画が制作された。
  • 2006年、「ラブレター」の歌詞を基にして作られた映画、『ラブレター 蒼恋歌』公開。同年には、このほか「1001のバイオリン」や「リンダリンダ」も、それぞれ別のCMソングとして起用されている。
  • 2006年 プロ野球中日ドラゴンズ藤井淳志選手が入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めた2009年からはTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』を入場曲に使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ほかのインタビューでは、「ブルーハーツとはスケベな心という意味なんじゃ」と言ったこともある。
  2. ^ また日本の高校野球応援歌では、同バンドのヒット曲を取り入れる高校が数多く存在している。
  3. ^ 日本放送出版協会(2001年4月) ISBN 978-4-14-189046-1 発売日: 2001年4月
  4. ^ セガサミーホールディングス・2009年3月期決算短信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]