梶原徹也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梶原徹也
基本情報
出生名 梶原徹也
別名 梶くん
出生 1963年9月26日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
血液型 A型
学歴 高千穂商科大学
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
担当楽器 ドラム
活動期間 1986年 - 1995年
THE BLUE HEARTS
1997年 - 2002年
The 3peace
1999年 -
サルサ・ガムテープ
2005年 - 2008年
THE BIG HIP
2008年 -
(THUNDERBEAT)
レーベル CICADA PEAKS
共同作業者 THE BIG HIP
公式サイト 公式ブログ
リンゴ・スター
トッパー・ヒードン

梶原 徹也(かじわら てつや、1963年9月26日 - )は、福岡県福岡市出身のドラマー音楽プロデューサー大分県立大分上野丘高等学校高千穂商科大学卒業。既婚。通称「梶くん」。

概要[編集]

銀行員だった父親の転勤のため、幼少の頃は九州内を転々として小学校2年の時に大阪、中学3年まで兵庫県西宮市、高校の3年間は大分県で過ごす。中学・高校時代は卓球部であった。

大学時代は学生寮に住み、早稲田大学明治大学サークル(軽音楽研究会)などで常に3~4つのバンドを掛け持ちしていた。ライブハウスもぎりアルバイトをしていた時にTHE BLUE HEARTSに出会う。初代ドラマーの英竜介の脱退後、甲本ヒロトに電話をしてオーディションを受けた。その時の「ワン、ツー、スリー、フォー!」とカウントする声が大きく好印象だったため合格し、バンドに加入(オーディションの直前、当時のマネージャーから「そろそろ固定メンバーを決めてしまいたいんだ、ポイントはカウントの声だよ。」と聞かされていた)。

THE BLUE HEARTS後期からカリブ音楽(特にトリニダード・トバゴカリプソスティールパン)やラテン音楽に傾倒し、解散後は社会福祉法人「秦野精華園」の入園者や通園者によって結成された「サルサ・ガムテープ」のプロデューサードラマーとして参加。The 3peaceや、大塚愛バックバンド(『さくらんぼ』や『Happy Days』のPVにも出演)等を経て、2005年よりTHE BIG HIPでドラムとボーカルを担当していた。2008年12月よりソロユニット、THUNDERBEATの活動を開始。2009年4月より鼠先輩がボーカルを務めるバンド「THE SUPER RATS」でドラムを担当。

その他、元ECHOESの伊藤浩樹らとWarRock(ワーロック)というレーベルを立ち上げ、プロデュース活動なども行っている。

来歴[編集]

  • 1986年4月 - THE BLUE HEARTSに正式加入。
  • 1995年6月 - THE BLUE HEARTS解散。
  • 1997年春 - The 3peace結成。
  • 2002年 - The 3peace活動停止。
  • 2005年春 - THE BIG HIP結成。
  • 2008年10月 - THE BIG HIP活動休止。
  • 2008年12月 - ソロユニット、THUNDERBEAT活動開始。

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 2005年3月18日、梶原のセッション・バンドのライブにボーカル&ブルースハープで参加した甲本ヒロトから「昔は8ビートしか叩けなかったのに、こんなに上手くなりました」と言われる。この日のライブでは急遽、梶原が甲本に1曲だけサルサ・ガムテープとのジョイントを依頼し実現している。その時に演奏されたのが、THE BLUE HEARTSのアルバム『PAN』に収録されている梶原が作詞・作曲した「花になったかまきり」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]