永山則夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

永山 則夫(ながやま のりお、1949年6月27日 - 1997年8月1日)は、1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件警察庁広域重要指定108号事件)を引き起こした刑死者(元死刑囚)である。北海道網走市生まれ。明治大学付属中野高等学校定時制中退。

1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの間、獄中で創作活動を続けた小説家でもあった。1983年、小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞。

生い立ち[編集]

北海道網走市呼人(よびと)番外地に、8人兄弟の7番目の子(四男)として生まれる。3歳のとき、一家で郊外の呼人から市内中心部に引っ越す。父親は腕のよいリンゴの枝の剪定師だったが、稼ぎの大半を博打につぎ込み、家庭は崩壊状態。現在で言うところのネグレクトの犠牲者であった。母親代わりの長女は婚約破棄や堕胎から心を病み地元の精神科病院に4年間入院。

1954年(当時5歳)に、母親が青森県板柳町の実家に逃げ帰ってしまう。兄弟全ての汽車賃が出せないため、則夫を含む4人を網走に残したままの家出だった(後に書いたノートで母は悔いている)。残された則夫を含む4人兄弟は、漁港で魚を拾ったり、ゴミ箱を漁ったりして極貧の生計を立てていたものの、年少の則夫は始終兄や姉たちから虐待を受けていた。しかし、1955年、近隣住民が福祉事務所に通報したのをきっかけに、4人は板柳の母親の元に引き取られた。その後、母親は行商で生計を立て、兄弟を育てた。しかし、板柳中学時代に、函館福島に家出した。

1965年3月、板柳から東京集団就職する。渋谷の高級果物店に就職した彼は、北海道育ちのため「東北弁コンプレックス」も無く、接客を要領よくこなしていた。同店の当時の常連客には女優の岩下志麻もいた。やがて新規店を任される話が持ち上がるほどの信用を勝ち得る。しかし、過去の板柳での集団就職のための衣類の窃盗を店長が知った、と思い込んだ結果、自身が耐えられなくなりわずか半年で退職。香港密航を図るも失敗し、栃木県小山市に住んでいた長男に引き取られて、宇都宮市の自動車修理工場で働く。市内の肉屋で窃盗を働き捕まったが、家裁で不処分となった。その後も宇都宮市の牛乳配達店、守口市の米屋、羽田空港の「東京エアターミナルホテル」(寮は川崎市)など職と住所を転々とする。ホテルで働き始めた3か月後、横須賀米軍基地で窃盗を働き、保護観察処分となる。保護司の紹介で川崎市のクリーニング店で働くも1か月で辞める。

守口市の住み込みで働いていた職場では正社員登用の話もあったが、それに必要な戸籍謄本を本人が取り寄せた結果、本籍が「北海道網走市呼人無番地」だったため、当時有名だった映画の「網走番外地」シリーズから連想し、自分は「網走刑務所生まれ」だと誤解し、また、この戸籍謄本を提出したらそう思われるに違いない、と思い込んで提出せずに隠していた。この行動を雇用主が怪しんだ、と思い込み、雇用主の子息が東京の大学に進学したことを「自分の東京時代の身辺調査に向かったに違いない」と思い込み、本人が一方的に逃走するように退職している。

次男が保証人となり、新宿区牛乳配達店で働きながら勉学し、1967年4月、明治大学附属中野高等学校の夜間部に入学。しかし同年7月に不祥事で除籍処分を受け、牛乳店も辞める。その後、1968年熱海市で定期便トラックをヒッチハイクして神戸に向かい、二度目の密航を企てるも失敗、船内で手首を切って自殺を図ったが、横浜に戻される。同年2月に三男の紹介で杉並区の牛乳店で働きながら、同年4月、明大附属中野高校に再入学し、クラス委員長に選ばれる。同年5月、退学し故郷の板柳町に帰る。帰郷後、9月に長野県陸上自衛隊入隊試験を受けるが、不合格。10月8日、横須賀基地に侵入し、ピストルと弾丸50発などを窃盗。

初めての検挙は、横須賀米軍基地内での自販機荒らしで、この時は横浜少年鑑別所に収容され保護観察処分となっている。

身長が160cmほどと小柄で、目が大きく、若かった東京時代は、同性愛の男性に見初められたこともあった。

犯行後、中野のアパートに潜伏し、新宿歌舞伎町の酒場でボーイとして働き始めた。この頃、永山が新宿区の喫茶店ヴィレッジヴァンガードで早番のボーイとして働いていた時、ビートたけしが遅番のボーイとして働いていた。同店の客には、村上春樹や、のちに永山の足跡を追った映画『略称・連続射殺魔』を撮った足立正生らがいた[1]

連続射殺事件[編集]

横須賀市の米軍宿舎から盗んだ22口径の回転式6連発拳銃で、1968年10月から1969年4月にかけて、東京京都函館名古屋で4人を射殺し、「連続ピストル射殺事件」(広域重要指定108号事件)を引き起こす。永山は1965年に起こった少年ライフル魔事件の現場近くで働いていたためにこの事件を目撃しており、これに刺激された犯行ではないかという見方もある[要出典]

1969年4月7日(当時19歳10ヶ月)に東京で逮捕された[2]1979年東京地方裁判所死刑判決1981年東京高等裁判所無期懲役に一旦は減刑されるが、1990年最高裁判所で「同じ条件下で育った他の兄たちは概ね普通の市民生活を送っている[3]」という理由で死刑判決が確定する。

この判決では死刑を宣告する基準(永山基準)が示された。

獄中での心境の変化[編集]

作家として[編集]

獄中で、読み書きも困難な状態から独学で執筆活動を開始し、1971年に手記『無知の涙』、『人民をわすれたカナリアたち』を発表した。この印税は4人の被害者遺族へ支払い、そのことが1981年の高等裁判所判決において情状の一つとして考慮され、無期懲役という減刑につながった(のち差し戻し審で死刑判決、最高裁の上告棄却により1990年4月17日に死刑確定)。

1980年かねてから文通していた在米日本人・和美(フィリピンと日本のハーフ)と獄中結婚。

1983年には小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞した。1990年には、秋山駿加賀乙彦の推薦を受けて日本文藝家協会に入会を申し込むが、協会の理事会にて入会委員長の青山光二佐伯彰一など理事の一部が、永山が殺人事件の刑事被告人であるため入会させてはならないと反対した結果、入会が認められず、それに抗議した中上健次筒井康隆柄谷行人井口時男が、日本文藝家協会から脱会するという出来事も起こった[出典 2]。なお理事長の三浦朱門とその妻曽野綾子は入会賛成で、江藤淳は反対の立場からテレビで中上健次と討論した。その一方、1996年ドイツザールラント州作家同盟には正式入会を果たしている。

獄中から手記や短歌を自ら発表する死刑囚は多い。しかし、自らの罪を認める一方で、自己の行動を客観的にふりかえるという手法で創作を行い、文壇において一定の地位を獲得するまでに至った永山は、死刑囚としては珍しいといえる。

また連合赤軍永田洋子死刑囚ら収監されていた多くの殺人犯に影響を与えた。

手紙[編集]

永山は獄中からたくさんの手紙を書いている。内容は獄中結婚した妻や支援者とのやり取りから本の読者からの悩み相談まで多岐に渡る。また永山は返信する文面を写していたため遺品の中には受け取った手紙と返信した手紙が対になって保管されている。手紙のやり取りの中で国家に対する心情から贖罪意識に変わる様子がうかがえる。

処刑後[編集]

1997年8月1日東京拘置所において永山の死刑が執行された。48歳だった。全国新聞はいずれも当日の夕刊の第一面で報じた。

生前、永山は知人に「刑が執行される時には全力で抵抗する」と述べていた。実際に処刑の際、永山が激しく抵抗したとする数人の証言がある[4]。このため、永山の死体は死刑執行後、速やかに火葬されたと言われている[5]。最期の言葉は「俺を殺したら革命が起きるぞ!!」だったという[6]

永山の死刑執行については、執行同年6月28日に逮捕された神戸連続児童殺傷事件の犯人が少年(当時14歳11ヶ月)であったことが、少なからず影響したとの見方も根強い。少年法による少年犯罪の加害者保護に対する世論の反発、厳罰化を求める声が高まる中、未成年で犯罪を起こし死刑囚となった永山を処刑する事で、その反発を和らげようとしたのではないか、とマスコミは取り上げた[7]

永山の告別式は東京都文京区の林泉寺で行われたが、遺族からは遺骨引き取り、葬儀ともに断られたため、葬儀は東京高等裁判所における差戻審、差戻後上告審で弁護人を担当した遠藤誠弁護士が喪主を務めて執り行われる形になった。永山の遺言もあり、遺骨は故郷の海であるオホーツク海に、元妻だった和美の手によって散布された(差戻し決定時に離婚成立)。

死後、弁護人たちにより「永山子ども基金」が創設された[8]。これは著作の印税を国内と世界の貧しい子どもたちに寄付してほしいとの、永山の遺言によるもので、貧しさから犯罪を起こすことのないようにとの願いが込められている。

主な作品[編集]

  • 手記
    • 『無知の涙』合同出版(1971年)のち角川文庫、河出文庫 
    • 『人民をわすれたカナリアたち』辺境社(1971年)のち角川文庫、河出文庫  
    • 『愛か-無か』合同出版(1973年)
    • 『動揺記1』辺境社(1973年)
    • 『反-寺山修司論』JCA(1977年)
    • 永山則夫の獄中読書日記-死刑確定前後 朝日新聞社 1990
    • 日本 遺稿集 冒険社 1997
    • 文章学ノート 佐木隆三監修 朝日新聞社 1998
    • 死刑確定直前獄中日記 河出書房新社 1998
  • 小説
    • 『木橋(きはし)』立風書房(1984年)のち河出文庫- 第19回新日本文学賞受賞作品
    • 『ソオ連の旅芸人』昭和出版(1986年)
    • 『捨て子ごっこ』河出書房新社(1987年)
    • 『なぜか、海』河出書房新社(1989年)
    • 『異水』河出書房新社(1990年)
    • 『華』1-4、河出書房新社(1997年)
  • その他
    • 『死刑の涙』(1988年)

永山則夫を扱った作品[編集]

  • 映画『略称・連続射殺魔』(1969年) - 製作:足立正生松田政男佐々木守他。永山が生まれてから事件を起こすまでの足跡を追いながら実際の土地を訪ねて、永山が見たであろう風景の映像を繋ぎ合わせ、それにナレーションだけを被せる手法(「風景論」と呼ばれた)で、永山の人生を追ったドキュメンタリー。
  • 映画『裸の十九歳』(1970年) - 監督:新藤兼人、主演:原田大二郎
  • 土曜ワイド劇場『死刑囚永山則夫と母』(1998年8月1日) - 岡田義徳が永山則夫役を演じる。
  • 舞台『tatsuya -最愛なる者の側へ-』鐘下辰男-芸術選奨新人賞受賞。以下はハシモトタツヤ(永山則夫)役
1991年8月14~8月22日  千葉哲也
1992年8月26日~9月2日 塩野谷正幸(改訂決定版tatsuya)
1994年7月27日~7月31日 佃典彦
1999年9月2日~9月19日 KONTA(近藤敦)
2006年2月28日~3月5日 津田健次郎
  • ETV特集 死刑囚 永山則夫~獄中28年間の対話~」(2009年10月11日)- ディレクター:堀川惠子 制作統括:宮田興 出演:和美(永山の元妻)、新藤兼人ほか
  • 「ETV特集 永山則夫 100時間の告白~封印された精神鑑定の真実~」(2012年10月14日) - ディレクター:堀川惠子 制作統括:増田秀樹 出演:石川義博(鑑定医)ほか
  • 漫画『アンラッキーヤングメン』(大塚英志原作、藤原カムイ作画)では、特定している訳ではないが、Nというキャラクターとして登場する。

脚注[編集]

  1. ^ びーとたけしの新宿を歩く東京紅團、2004年2月28日
  2. ^ きっかけはセコム(当時「日本警備保障」)が侵入先に設置していた機械警備システム「SPアラーム」。警報を受けて駆けつけた警備員が永山と渡り合っている
  3. ^ 「しかし、長男は永山が逮捕される前に詐欺罪で逮捕され刑務所を出て以降消息不明。次男はその後定職に就く事もなくギャンブルに明け暮れ42歳で亡くなりました。妹は成人してから心を病んでしまいます。一緒に育った姪も行方が分からないままです。」[出典 1]という指摘も有る
  4. ^ 一例として大道寺将司『死刑確定中』太田出版、1997年12月、ISBN 4-87233-366-7 の、「九時前ごろだったか。隣の舎棟から絶叫が聞こえました。抗議の声のようだった。すぐにくぐもったものになって聞こえなくなったので……案じていました」がある。
  5. ^ 永山子ども基金編『ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの』東京シューレ出版、p.25など
  6. ^ 『悪い奴ら、最期の言葉』(鉄人社)、『解禁!暴露ナイト』(テレビ東京)など
  7. ^ 永山の身元引受人である井戸秋子は、「酒鬼薔薇事件(神戸連続児童殺傷事件)の犯人が少年だったと知ったとき、とっさに永山さんがやられるんじゃないかと思った」と述べている。(死刑は判決が出た順に執行されるものではなく、永山よりあとで確定して先に執行された死刑囚も存在する)。
  8. ^ 永山子ども基金公式サイト

出典[編集]

  1. ^ ETV特集『「永山則夫 100時間の告白」~封印された精神鑑定の真実~』、2012年10月14日放送
  2. ^ 創出版 月刊「創」1991年10月号 p.60 「暗く憂欝な出来事-文芸家協会入会拒否騒動の顛末」 加賀乙彦

関連項目[編集]