カラマーゾフの兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カラマーゾフの兄弟』(: Братья Карамазовы)は、フョードル・ドストエフスキーの最後の長編小説1879年に文芸雑誌『ロシア報知英語版』(: Русскій Вѣстникъ)に連載が開始され、翌1880年に単行本として出版された。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と併せ後期五大作品と呼ばれる。

この小説全体は、複雑な4部構成(1〜3編、4〜6編、7〜9編、10〜12編)の長大な作品で、信仰国家教会貧困児童虐待、父子・兄弟・異性関係などさまざまなテーマを含む。「思想小説」「宗教小説」「推理小説」「裁判小説」「家庭小説」「恋愛小説」としても読むことができる。

三兄弟を軸に親子・兄弟・異性など複雑な人間関係が絡む中で、父親殺しの嫌疑をかけられた子の刑事裁判について三兄弟の立場で向き合うことが本筋と目されているが、この本筋からやや離れたサイドストーリーも多く盛り込まれている。無神論者のイヴァンと修道僧のアリョーシャが神と信仰をめぐって論争した際に、イヴァンがアリョーシャに語る「大審問官ロシア語版ドイツ語版英語版」(ロシア語: Великий инквизитор、第2部5編5章)は、イヴァンのセリフ «Если Бога нет, все позволено»(神がいなければ、全てが許される) によって文学史的に特に有名な部分である。

この作品に題をとった映画や劇が数多く作られている。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。

あらすじ[編集]

地主フョードル・カラマーゾフの息子たち、性格が互いにまったく異なる3人の兄弟ドミートリイ、イヴァン、アレクセイ(アリョーシャ)の物語である。フョードルの殺害、また、その事件をめぐる裁判を描く。

直情的な性格の長男ドミートリイは、借金に悩み、遺産の相続や、グルーシェンカという女をめぐって父親と激しくいがみ合う一方、婚約者であり気位の高いカチェリーナからの借金もあって婚約破棄できずにいた。皮肉屋で知的な次男のイヴァンは、カチェリーナのことを愛しており、カチェリーナを冷たくあしらう腹違いの兄ドミートリイに憤る。皆に愛される性格の敬虔な三男アレクセイは敬愛する老僧ゾシマに導かれ、修道院での生活を始める。

フョードルの他殺体が発見されたとき、真っ先に嫌疑がかけられたのは、事件当日にフョードルの屋敷に忍び込んで使用人のグリゴーリイを襲って大怪我をさせたドミートリイであった。女性問題をめぐってフョードルと争っていたことや、殺害されたフョードルの傍にあった大金が無くなっていたが、借金を抱えていたのに大金を持っていたこともあり、ドミートリイへの嫌疑が深まった。

人々はドミートリィの父親殺しを信じて疑わない。だが、ドミートリイは一貫して無罪を主張する。婚約者のカチェリーナはドミートリィの有罪と考えているが、減刑のためにドミートリイに弁護士をつけている。ドミートリィに愛されたグルーシェンカはあくまでもドミートリイの無罪を信じている。末弟のアレクセイは、許婚のリーザから長兄ドミートリイの殺人嫌疑を理由に別れを切り出される中で、ドミートリィの無罪を信じている。一方でリーザは、アレクセイの次兄のイヴァンに惹かれていた。次兄のイヴァンは当初はドミートリィ犯行説を信じていたが、その後に別の結論にたどり着く。

裁判は進んでいくが、判決の前日には使用人のスメルジャコフが自殺、直後にイヴァンが精神病で発狂して寝込んでしまうなど、周辺では不穏な事態が絶えない。そんな中、ついに運命の判決が下る。

↑目次へ移動する

主要登場人物[編集]

フョードル・パーヴロウィチ・カラマーゾフ
カラマーゾフ家の家長。強欲で好色な成り上がりの地主。前妻のアデライーダ・イワーノヴナ・ミウーソワとの間に長男のドミートリイをもうけたが、その後に駆け落ちされた。後妻はヴォロホフ将軍未亡人に養育されていたソフィヤ・イワーノヴナであり、次男のイヴァンと三男のアレクセイをもうけた。しかし、子をろくに養育しようとしなかった挙句ソフィヤには先立たれ、現在独身である。直情的かつ暴力的なドミートリイを恐れているものの、グルーシェニカを巡ってドミートリイと争っている。
ドミートリイ・フョードロウィチ・カラマーゾフ(ミーチャ、ミーチカ)
フョードルの長男。28歳。フョードルと前妻の子。退役軍人。放埒で堕落した生活から抜けきれない、直情型の人物。フョードルの企みによって、自分の全財産がどれほどなのか知らぬままありったけの金を使い込み、それによって婚約者のカチェリーナに借金をしてしまう。さらにグルーシェニカをめぐってフョードルと醜悪な争いを繰り広げ、それが最悪の結果を呼び起こす。
イヴァン・フョードロウィチ・カラマーゾフロシア語版(ワーニャ、ワーネチカ)
フョードルの次男。24歳。フョードルと後妻の子。幼い頃は、母の養育者の筆頭相続人で他の県の貴族会長を務めていたエフィム・ペトローウィチ・ポレノフに養育されていた。理科大を出た知識人で、合理主義・無神論を気取っている。「神がいるのであれば、どうして虐待に苦しむ子供たちを神は救わないのか?」とアレクセイに言い放ち、純朴なアレクセイの中にも悪魔が宿っていることを確信する。
アレクセイ・フョードロウィチ・カラマーゾフロシア語版英語版(アリョーシャ、リューシェチカ)
フョードルの三男でこの物語の主人公。フョードルと後妻の子。イヴァン同様、エフィム・ペトローウィチ・ポレノフに養育されていた。中学校を中退して修道院に身を預けた修道僧であり、純情で真面目な美青年。神の愛によって肉親を和解させようとする。ゾシマ長老の命で、彼の死後は還俗する。
スメルジャコフ(パーヴェル・フョードロウィチ)
カラマーゾフ家の使用人(コック)。「神がいなければ、全てが許される」というイヴァン独特の無神論に心酔している。てんかんの発作という持病を抱えている。幼い頃は猫を縛り首にする等の動物虐待をしていた。母は町の乞食女で神がかり行者と言われたイリヤー・リザヴェータ・スメルジャチシャヤで、彼女はスメルジャコフをカラマーゾフ家の風呂場で産んだ直後に死亡した。そのため、スメルジャコフはグリゴーリイとマルファの手によって育てられた。実の父親はフョードルなのではないかと町の一部の人々に疑われている。
リザヴェータ(リーザ、リーズ)
ホフラコワ夫人の娘。アリョーシャの女友達で相愛の仲。足が不自由で車椅子を常用している。
カチェリーナ・イワーノヴナ(カーチャ、カチェーニカ)
ドミートリイの元上司(中佐)の令嬢。ドミートリイの婚約者。長身で優れた容姿をもつとともに高慢で自尊心が非常に高い一方、体調が非常に悪くなることがあり、ホフラコワ夫人の庇護を受けている。
アグラフェーナ・アレクサンドロヴナ(グルーシェンカ)
妖艶な美貌を持つ奔放な女性。ドミートリイとフョードルのどちらともが狙う妖艶な美女だが、どっちつかずの態度を崩さない。かつては清純な娘で、婚約者に捨てられた過去がある。商人の未亡人であるモロゾワの家を借りて住んでおり、その親戚であるサムソーノフの仕事を手伝っている。
ゾシマ
アレクセイの修道院の長老。余命幾許もない。本名はジノーヴィ。幼い頃に8つ上の兄マルケルを病で亡くす。元中尉であり、軍人の頃にはアンフィナーシイという従卒がいた。現在はスヒマ僧(ロシア正教における高位の修道士)で聖人君子とされ、修道院には彼のご利益にあやかろうとする人でいつもあふれている。だが死後、彼の遺体によって一つの事件が起こる。長老アンヴロシイ、およびザドンスクのティーホンがモデルとされる[1][2]
スネギリョフ
元二等大尉。ドミートリーに飲み屋であごひげを引っ張られ侮辱された。
イリューシャ(イリューシェチカ)
スネギリョフの子。いじめられっこの中学生。いじめっ子のクラソートキンをナイフで刺すなど、負けん気の強い性格。いじめっ子のクラソートキンやスムーロフと石の投げ合いをしているときに、アレクセイに石をぶつけてしまう。カラマーゾフ家の人間ということで、当初はアレクセイを憎む。

↑目次へ移動する

続篇の構想[編集]

作者自身による前書きにもあるとおり、当初の構想ではこの小説はそれぞれ独立したものとしても読める二部によって構成されるものであったが、作者の死によって第二部(第一部の13年後の物語)は書かれることなく中絶した。続編に関しては、創作ノートなどの資料がほとんど残っておらず、友人や知人に宛てた手紙に物語のわずかな断片が記されているのみである。ドストエフスキー本人は続編執筆への意欲を手紙に書き表していたが、その3日後に病に倒れた。残された知人宛への手紙では、「リーザとの愛に疲れたアリョーシャがテロリストとなり、テロ事件の嫌疑をかけられて絞首台へのぼる」というようなあらすじが記されてあったらしいが、異説も出されている。この説を裏付ける要素として、ドストエフスキーが序文で、アリョーシャを本編から受ける印象とは全く異なる「奇人とも呼べる変わり者の活動家」と評していることが挙げられる。

この評は、1866年4月4日に起きた皇帝アレクサンドル2世暗殺未遂事件の犯人ドミトリイ・カラコーゾフロシア語版英語版に一致する。革命家ピョートル・クロポトキンは拷問を受けた体で絞首台に上ろうとするカラコーゾフの凄惨な姿を、現場に居合わせた知人からの伝聞として回想録の中で強い印象をもって記している[3]。カラコーゾフは、出版直後のニコライ・チェルヌイシェフスキーの長編小説「何をなすべきかロシア語版英語版」の影響を受けていた。この事件は「ヴ・ナロード運動」の先駆「土地と自由ロシア語版英語版」に影響を与え、ピョートル・ラヴロフらの機関紙『前進 Вперёд』の宣伝で勢力を拡大し、1879年に組織化されて「人民の意志」が結成されると、1881年3月13日に党員イグナツィ・フリニェヴィエツキ英語版によってアレクサンドル2世は暗殺された。

エピグラフで用いられている福音書の「一粒の麦」の喩えはカラコーゾフがロシア革命運動で果たした役割を暗示するとも読める。シベリア抑留による「改心」によってドストエフスキーに長く貼られて来た「反動的作家」という一方的なレッテルは、晩年、自らをニヒリズム運動を主導した革命家ネチャーエフの亜流と称している点も併せて一考察の余地があるかも知れない。

いずれにせよ、続編の真相は闇の中である。小林秀雄は「およそ続編というようなものがまったく考えられぬほど完璧な作品」と評している。

↑目次へ移動する

受容・評価[編集]

哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは、第一次世界大戦従軍時の数少ない私物の一つが本書であり「最低でも50回は精読した」と言っている。作家の村上春樹は「これまでの人生で巡り合った最も重要な本の3冊」として、F・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』とレイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』と並んで本書を挙げている。また、東京大学の教員を対象に行われたアンケートでは、全ての分野の本の中で『カラマーゾフの兄弟』が「新入生に読ませたい本」の1位に選ばれてもいる。

2006年から2007年にかけては、新訳(亀山郁夫訳)が古典文学としては異例のベストセラーになった[4]。ただしこれについては、その後、国際ドストエフスキー学会副会長・木下豊房から、余りに誤訳が多いなどの批判がなされた[5]。2006年には「スターリン論」を「大審問官ロシア語版ドイツ語版英語版」になぞらえた『大審問官スターリン』が出版された。

2008年宝塚歌劇団雪組で舞台化された。

正教会からの評価[編集]

フョードル・ドストエフスキーの作品は正教会側からも高く評価されるものであり、時には「正教の神髄の代弁」とまで評される。特に『カラマーゾフの兄弟』については、正教会における人間の救いについての基本的な考えが一応網羅されているとされる[6]

長老ゾシマのモデルが長老アンヴロシイ、およびザドンスクのティーホンであるとされるほか、「神の像と肖」といった概念や、「永遠の記憶」といった永眠者のための祈りなどの文言が、作品にも盛り込まれている。

↑目次へ移動する

「カラマーゾフ」という名前の由来[編集]

「カラマーゾフ」という名前は「黒塗りの」という含意を持つというのが通説である。「カラ(カーラ)」が黒(暗黒)を意味するのは、日本でもインド宗教における「カーラ」が「大黒天」と呼び習わされたり、「カラス」の語源を辿ると「黒い鳥」という意味に突き当たる点に見える。

日本語訳[編集]

品切・絶版の訳書[編集]

  • 米川正夫訳 (河出書房新社、「全集 12・13巻」他、複数の版で刊行)
  • 小沼文彦訳 (筑摩書房、「全集 10・11巻」他、複数の版で刊行)、表記はカラマーゾフ兄弟
  • 原卓也訳 (新潮社、「全集 15・16巻」他)
  • 池田健太郎訳 (中央公論社、「世界の文学 17・18巻」1966年、のち中公文庫全5巻1978年)、表記はカラマゾフの兄弟
  • 江川卓訳 (集英社版「世界文学全集45・46巻」他)
  • 北垣信行訳 (講談社版「世界文学全集19・20巻」、講談社文庫全3巻他)、表記はカラマーゾフ兄弟 
  • 中山省三郎訳 (戦前の三笠書房版「全集」訳者、角川文庫全5巻のち全3巻で再刊、のち研秀出版1975)、表記はカラマゾフの兄弟
  • 原久一郎訳 (原卓也の父、旧新潮文庫全5巻)、表記はカラマアゾフの兄弟
  • 米川和夫訳 (米川正夫の四男、集英社の旧版「デュエット版世界文学全集. 28・29巻」)

関連書籍[編集]

第58回江戸川乱歩賞受賞作品。ドストエフスキーの死により書かれなかった『カラマーゾフの兄弟』の続編、十三年後の物語を、イワンが捜査官となって「フョードル・カラマーゾフ殺人事件」の真犯人を追うミステリとして描く小説。  
  • 高野史緒『ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か?』 (ユーラシアブックレット) 東洋書店 ISBN-10: 4864591105
乱歩賞受賞作の根拠となった原典テクストの瑕疵と、それが瑕疵ではなく意味のある手がかりであることを示した小論文。事件当日のタイムテーブル完全版やスメルジャコフの現代犯罪学的考察。

映像化[編集]

何度も映画化・テレビドラマ化されている。そのうち日本で劇場公開された記録や日本で放送される予定のテレビドラマ化のあるものを以下に記す。

カラマゾフの兄弟 (1921年の映画)[7] - ドイツ映画(原題:Die Brüder Karamasoff
監督:カール・フレーリッヒ
出演:エミール・ヤニングス(ドミートリイ)、ベルンハルト・ゲッケ(イヴァン)、ヘルマン・ティミッヒ(アレクセイ)、フリッツ・コルトナー(フョードル)
カラマゾフの兄弟 (1931年の映画) - ドイツ映画(原題:Der Mörder Dimitri Karamasoff
監督:フョードル・オツェプ
出演:フリッツ・コルトナー(ドミートリイ)、ベルンハルト・ミネッティ(イヴァン)、マックス・ポール(フョードル)、アンナ・ステン(グルーシェンカ)
備考:アレクセイが登場しない。1921年版で父親を演じたフリッツ・コルトナーがドミートリイを演じている。
カラマゾフの兄弟 (1958年の映画) - アメリカ映画(原題:The Brothers Karamazov
監督:リチャード・ブルックス
出演:ユル・ブリンナー(ドミートリイ)、リチャード・ベイスハート(イヴァン)、ウィリアム・シャトナー(アレクセイ)、リー・J・コッブ(フョードル)、マリア・シェル(グルーシェンカ)
カラマーゾフの兄弟 (1969年の映画) - ソ連映画(原題:Братья КарамазовыBratya Karamazovy
監督:イワン・プイリエフ(共同監督:ミハイル・ウリヤーノフキリール・ラヴロフ ※プイリエフ監督が撮影中に急死したため)
出演:ミハイル・ウリヤーノフ(ドミートリイ)、キリール・ラヴロフ(イヴァン)、アンドレイ・ミヤフコフ(アリョーシャ)、マルク・プルードキン(フョードル)、リオネラ・プイリエワ(グルーシェンカ)
少年たち「カラマーゾフの兄弟」より (1990年の映画) - ソ連映画(原題:МальчикиMalchiki
監督:レニータ・グリゴリエワユーリー・グリゴリエフ
出演:ドミトリー・チェルニゴフスキー(アリョーシャ)、サーシャ・スホフスキー(イリューシャ)、アリョーシャ・ドストエフスキー[8](コーリャ)
備考:神学生である三男アレクセイ(アリョーシャ)を主人公に、少年たちとの交流を描いた作品。
カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)
監督:都築淳一(共同監督:佐藤源太村上正典
出演:市原隼人斎藤工林遣都
放送期間:2013年1月 - 3月
制作局:フジテレビジョン
備考:舞台を現代の日本に置き換え、登場人物も全て日本人名に置き換えている。登場人物の設定が大幅に変更されており、三男アレクセイ(アリョーシャ)に当たる役が、原作の修道僧から医大生に変更されている他、原作に盛り込まれてあった宗教色や革命思想が変更・割愛されている。

舞台化[編集]

演出:浅利慶太[10]
  • ミュージカル「カラマーゾフの兄弟」(2008年12月~2009年1月)宝塚歌劇団雪組公演
脚本・演出:齋藤吉正

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋保行『ギリシャ正教』146頁、講談社学術文庫 1980年 ISBN 9784061585003 (4061585002)
  2. ^ パーヴェル・エフドキーモフ著、古谷功訳『ロシア思想におけるキリスト』95頁 - 97頁(1983年12月 あかし書房)ISBN 4870138093
  3. ^ 荒畑寒村『ロシア革命運動の曙』岩波新書ISBN 978-4004130314.
  4. ^ 亀山郁夫訳「カラマーゾフの兄弟」 全5巻累計100万部突破!” (日本語). 光文社. 2009年12月26日閲覧。
  5. ^ 『週刊新潮』2008年5月22日号の記事、また木下のウェブサイトを参照。
  6. ^ 高橋保行『ギリシャ正教』222頁 - 232頁、講談社学術文庫 1980年 ISBN 9784061585003 (4061585002)
  7. ^ カラマーゾフ兄弟」との表記もある。カラマーゾフ兄弟(1920)”. KINENOTE. 2013年4月18日閲覧。
  8. ^ ドストエフスキーの玄孫少年たち「カラマーゾフの兄弟」より”. KINENOTE. 2013年4月18日閲覧。
  9. ^ 劇団四季60年の上演 作品”. 劇団四季. 2013年9月8日閲覧。:
  10. ^ 劇団四季 『カラマゾフの兄弟』 劇団四季、1971年 

外部リンク[編集]