網走刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正門
遠くから刑務所正門を見る。観光施設の網走監獄にも同様の門があるが、博物館の方は門の前に模型の守衛が立っているのが異なる。
天都山から施設方向を望む
木造施設だった頃の1977年撮影の空中写真。画像中央やや上部に見える漢字の「木」の字を逆さにした形に見える建物。1977年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

網走刑務所(あばしりけいむしょ)は、法務省矯正局札幌矯正管区に属する刑務所

北海道網走市に所在、犯罪傾向の進んだ者(累犯)であって、執行刑期10年以下の受刑者の処遇を目的とする刑事施設。定員1600人。国内最北端の刑務所である。

概要[編集]

かつては日本で一番脱獄が困難な刑務所だと言われ、明治の脱獄王「西川寅吉」(模範囚として過ごし仮釈放)や昭和の脱獄王「白鳥由栄」(脱獄に成功 吉村昭の『破獄』で取り上げられた天才脱獄囚)らが収監された。また、施設の劣悪さと凶悪犯が多いというイメージから、映画『網走番外地』シリーズの舞台ともなっている。他にもヤクザを扱った漫画作品などに登場することも多く、日本の刑務所の代表的存在となっている。さらに、終戦前後の時期までは、治安維持法違反などの政治犯(主に、徳田球一宮本顕治を始めとする「日本共産党スパイ査問事件日本共産党の党員など)も収監されていたことがある(ただし、宮本顕治が実際に収監されていたのは、終戦の日である8月15日をはさんだ1945年(昭和20年)6月 - 10月までの約4か月間であり、その後、GHQの人権指令で治安維持法が廃止されたことにより釈放されている)。

1984年(昭和59年)に現在の建物が建設された頃から環境の改善が進み、犯罪傾向の進んだ長期刑(執行刑期10年以上)の者を収容する施設から、犯罪傾向の進んだ者(累犯)であって、執行刑期10年以下の受刑者を収容する施設となった。 それまで数々の映画の舞台となった木造時代の施設は、刑務所から南へ2kmほど離れた網走市呼人地区の天都山麓に移築され、公益財団法人網走監獄保存財団により観光施設「博物館網走監獄」として公開されている。 なお、同財団は、網走刑務所と組織上の関係性は全くない。 映画「網走番外地」シリーズでは、所在地は網走市番外地となっているが、刑務所の所在地は、正しくは網走市三眺地区であり、登記上の住所では、網走市字三眺官有無番地となっている。

歴史[編集]

  • 1890年(明治23年) 釧路集治監網走分監、網走囚徒外役所として開設
  • 1891年(明治24年) 北見道路(網走市 - 上川町間)の道路建設に従事
  • 1903年(明治36年) 網走監獄に改名
  • 1922年(大正11年) 網走刑務所に改名
  • 1984年(昭和59年) 現在の鉄筋コンクリート建ての舎房(暖房完備)が建設される
  • 2006年(平成18年) 新居室棟が完成

所内の労働[編集]

中央道路開削殉職者慰霊碑
二見ヶ岡農場入口
  • 設立当初の集治監の当時は、刑務所というより凶悪犯と政治犯が同居する強制収容所といった趣が強く、収容者は情け容赦ない労働を強いられた。特に、160km以上に及ぶ中央道路(現在の国道333号 - 北海道道103号 - 国道39号 - 北海道道104号の一部)を8ヶ月で突貫工事で完成させた際には、分かっているだけで200名前後の収容者が死亡。1,000名以上の囚人が道路建設に関わりながら、その後行方不明になっている。道路沿いの畑から、手鎖、足鎖を付けた状態で白骨化した遺体が出土したり、荼毘に付されることもなく道ばたに埋められ土饅頭として残る墓など、厳しい労働条件を示す痕跡が現在も残る(鎖塚)。
  • 集治監が廃止され監獄となる頃には、死亡者が続出するような強制労働が無くなり、土木工事への就労は続くものの、農場の開墾と営農が行われるようになった。この際にできた農場からは第二次世界大戦後の食糧難の時代にも、大量のが生産・供出された。
  • 第二次世界大戦後の混乱期には、選抜された収容者が道内各地で道路、河川工事などに加わった。脱走などのトラブルは発生しなかったという。
  • 現在、刑務作業では農作業のほか、ニポポ人形などの小物工芸品づくりも行われ、観光客に好評を博している。窯業工場では、オリジナル製品(三眺焼)として食器、花瓶等の小物製品を中心に生産し高い人気を得ている。
  • 年中観光客が正門前に訪れているが、あくまで正門前までであり、施設内などに立ち入ることはできない。

アクセス[編集]

バス停から施設方向を望む

網走バス「刑務所前」停留所

  • 網走バスターミナルおよび網走駅より「大曲行」「常呂行」「サロマ湖栄浦行」「美幌行」「女満別空港行」「天都山行」に乗車。網走バスターミナルより所要約8分、網走駅より所要約4分。
  • 女満別空港より「網走行」に乗車。所要約24分。

有名な受刑者[編集]

政治犯も含む

関連項目[編集]

創作作品への登場[編集]

  • マル暴株式会社(主人公の宝田徳一が収監された。ニポポ人形の製作、森林伐採などの刑務作業、熊の襲撃による受刑者の死亡などが緻密に描かれた)
  • 珍遊記(4コマ版。強盗を犯した山田太郎が懲役三年の刑を受けて服役した。連載時には門の上の表札に「あばしり刑務所」と書かれていたが、単行本収録時にあばしりの部分だけホワイトで消された)
  • クレヨンしんちゃん (北海道旅行の際に婦警をナンパしたしんのすけがみさえにげんこつされた際に「このオババを網走刑務所に入れちゃってください」と言っていた)
  • キン肉マンテリーマンを狙撃したキン骨マンが収監されたが、のちに脱獄する。)

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度0分59.7秒 東経144度13分51.8秒 / 北緯44.016583度 東経144.231056度 / 44.016583; 144.231056