神奈川県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県の行政官庁
神奈川県警察
Asahikage.svg
KANAGAWA PREFECTURAL POLICE Japan.jpg
神奈川県警察本部
役職
本部長 松本光弘(警視監
警務部 高木紳一郎(警視長
組織
上部組織 神奈川県公安委員会
内部組織 総務部警務部生活安全部地域部刑事部組織犯罪対策部本部交通部警備部情報通信部横浜市警察部川崎市警察部相模原市警察部相模方面本部警察学校警察署
概要
所在地 横浜市中区海岸通2丁目4
北緯35度26分59.7秒
東経139度38分27.7秒
座標: 北緯35度26分59.7秒 東経139度38分27.7秒
定員 17,074人(警察官15,359人、一般職員1,715人)
年間予算 2025億3600万円(当初予算)(平成21年度)
設置 1954年(昭和29年)7月1日
前身 国家地方警察神奈川県本部
ウェブサイト
神奈川県警察
テンプレートを表示

神奈川県警察(かながわけんけいさつ、Kanagawa Prefectural Police)は、神奈川県が設置した警察組織。神奈川県内を管轄区域とし、神奈川県警と略称する。給与支払者は神奈川県知事であり、神奈川県公安委員会の管理を受ける。関東管区警察局管内。本部所在地は横浜市中区海岸通2丁目4。

沿革[編集]

組織[編集]

自動車警ら隊パトカー(新デザイン)
交通機動隊パトカー

全国有数の大規模警察本部であり、本部長警視監

総務部[編集]

  • 総務課
  • 広報県民課
  • 会計課
    • 監査室
  • 情報管理課
    • 情報技術推進室
    • 照会センター
  • 留置管理課
  • 装備課
  • 施設課
    • 庁舎管理室

警務部[編集]

  • 警務課
    • 企画室
    • 被害者支援室
  • 厚生課
    • 健康管理センター
  • 教養課
    • 通訳センター
  • 監察官

生活安全部[編集]

  • 生活安全総務課
    • 生活安全対策室
    • 生活安全特別捜査隊
    • サイバー犯罪対策センター
    • ストーカー対策室
    • 子ども・女性安全対策室
  • 少年育成課
    • 少年相談・保護センター
    • 子ども安全対策室
  • 少年捜査課
  • 生活経済課
  • 生活保安課

地域部[編集]

  • 地域総務課
  • 地域指導課
  • 通信指令課
    • 通信司令室
  • 自動車警ら隊(横浜市南区中村町3丁目191番地の3、本部・中隊以下西神奈川・青葉・幸・相模原・綾瀬・平塚・小田原・横須賀の8分駐所、厚木の1連絡所)
  • 鉄道警察隊(本部以下新横浜・川崎・海老名・小田原の4分駐所、横浜駅西口の1連絡所)

刑事部[編集]

  • 刑事総務課
    • 刑事指導官室
    • 刑事特別捜査隊
    • 捜査支援室
  • 捜査第一課
  • 捜査第二課
    • 告訴センター
  • 捜査第三課
  • 鑑識課
  • 科学捜査研究所
  • 機動捜査隊(横浜市南区所在、本部・中隊以下港北・戸塚・幸・宮前・相模原・綾瀬・平塚・小田原・横須賀の9分駐所、青葉・相模原南・厚木の3連絡所)

組織犯罪対策本部[編集]

  • 組織犯罪分析課
  • 暴力団対策課
  • 薬物銃器対策課
  • 国際捜査課

交通部[編集]

  • 交通総務課
    • 交通相談センター
    • 交通事故防止対策隊
    • 交通安全センター
  • 交通指導課
    • 交通反則通告センター
    • 交通裁判所
  • 交通捜査課
  • 交通規制課
    • 都市交通対策室
    • 交通管制センター
  • 駐車対策課
    • 放置違反金センター
  • 第一交通機動隊(横浜市南区所在、本部・中隊以下幸・横須賀の2分駐所、荏田の1連絡所)
  • 第二交通機動隊(厚木市所在、本部・中隊以下相模原・小田原・茅ヶ崎の3分駐所、赤羽根・西久保・西湘の3連絡所)
  • 高速道路交通警察隊(川崎市宮前区所在、本部・中隊以下朝比奈・大黒・港北・厚木の4分駐所、19連絡所)

運転免許本部[編集]

  • 免許課
  • 試験課

警備部[編集]

情報通信部[編集]

  • 通信庶務課
  • 機動通信
  • 通信施設課
  • 情報技術解析課

横浜市警察部[編集]

川崎市警察部[編集]

相模原市警察部[編集]

相模方面本部[編集]

神奈川県警察学校[編集]

警察署[編集]

警察署数は54。

横浜市警察部の担当[編集]

第一方面[編集]

警察署数は10。※警察車両ナンバー地名は「横浜」。

警察署名称 所在地 管轄区域
横浜 加賀町警察署 横浜市 中区山下町 横浜市 中区北部
山手警察署 中区本牧宮原 中区東部・磯子区北部
磯子警察署 磯子区磯子 磯子区南部
金沢警察署 金沢区泥亀 金沢区
南警察署 南区大岡 南区
伊勢佐木警察署 中区山吹町 中区南部
港南警察署 港南区港南中央通 港南区
戸塚警察署 戸塚区戸塚町 戸塚区
栄警察署 栄区桂町 栄区
横浜水上警察署 中区海岸通 中区・神奈川区の各一部、鶴見区の一部(鶴見川の一部)、横浜港港湾部

第二方面[編集]

警察署数は11。※警察車両ナンバー地名は「横浜」。

警察署名称 所在地 管轄区域
横浜 戸部警察署 横浜市 西区戸部本町 横浜市 西区
神奈川警察署 神奈川区神奈川 神奈川区(一部を除く)
鶴見警察署 鶴見区鶴見中央 鶴見区(鶴見川の一部・扇島を除く)
保土ケ谷警察署 保土ケ谷区川辺町 保土ケ谷区
旭警察署 旭区本村町 旭区
港北警察署 港北区大豆戸町 港北区
緑警察署 緑区台村町 緑区
青葉警察署 青葉区市ケ尾町 青葉区
都筑警察署 都筑区茅ケ崎中央 都筑区
泉警察署 泉区和泉町 泉区
瀬谷警察署 瀬谷区二ツ橋町 瀬谷区

川崎市警察部の担当[編集]

第三方面[編集]

警察署数は8。※警察車両ナンバー地名は「川崎」。

警察署名称 所在地 管轄区域
川崎 川崎警察署 川崎市 川崎区日進町 川崎市 川崎区西部
川崎臨港警察署 川崎区池上新町 川崎区東部、横浜市鶴見区扇島
幸警察署 幸区南幸町 幸区
中原警察署 中原区小杉町 中原区
高津警察署 高津区溝口 高津区
宮前警察署 宮前区宮前平 宮前区
多摩警察署 多摩区枡形 多摩区
麻生警察署 麻生区古沢 麻生区

相模原市警察部の担当[編集]

第四方面[編集]

警察署数は4。※警察車両ナンバー地名は「相模」。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
相模 県央 相模原警察署 相模原市 中央区富士見 相模原市 中央区
相模原南警察署 南区古淵 南区
相模原北警察署 緑区西橋本 緑区東部
津久井警察署 緑区中野 緑区西部

相模方面本部の担当[編集]

第五方面[編集]

警察署数は10。※警察車両ナンバー地名は厚木・大和・座間・海老名署が「相模」、それ以外の警察署は「湘南」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
湘南 湘南 平塚警察署 平塚市西八幡 平塚市
秦野警察署 秦野市新町 秦野市
伊勢原警察署 伊勢原市田中 伊勢原市
大磯警察署 中郡大磯町国府本郷 中郡大磯町二宮町
西湘 小田原警察署 小田原市荻窪 小田原市足柄下郡箱根町真鶴町湯河原町
足柄上 松田警察署 足柄上郡松田町松田庶子 南足柄市足柄上郡中井町大井町松田町山北町開成町
相模 県央 厚木警察署 厚木市水引 厚木市愛甲郡愛川町清川村
大和警察署 大和市中央 大和市綾瀬市
座間警察署 座間市入谷 座間市
海老名警察署 海老名市大谷 海老名市

第六方面[編集]

警察署数は11。※警察車両ナンバー地名は藤沢・藤沢北・茅ヶ崎署が「湘南」、それ以外の警察署は「横浜」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
横浜 三浦半島 横須賀警察署 横須賀市小川町 横須賀市中部・西部
田浦警察署 横須賀市船越町 横須賀市北部
浦賀警察署 横須賀市浦賀 横須賀市東部
三崎警察署 三浦市三崎町六合 三浦市
葉山警察署 三浦郡葉山町一色 三浦郡葉山町
逗子警察署 逗子市桜山 逗子市
鎌倉警察署 鎌倉市由比ガ浜 鎌倉市南部
大船警察署 鎌倉市大船 鎌倉市北部
湘南 藤沢警察署 藤沢市本鵠沼 藤沢市南部
藤沢北警察署 藤沢市円行 藤沢市北部
茅ヶ崎警察署 茅ヶ崎市十間坂 茅ヶ崎市高座郡寒川町

装備[編集]

マスコットキャラクター[編集]

  • ピーガルくん

police(警察)のPとsea gullカモメ県鳥)のgullを組み合わせたものが名前の由来。神奈川県警察のマーク入り黄色ヘルメットと、カモメの羽を耳につけている。

県警ウェブサイトの説明によれば、カモメの羽をつけた耳は、県民の声と明日の夢をキャッチし、未来に向け大きく飛躍するさわやかなイメージを表現。その愛くるしい姿で「子供からお年寄りまで愛される」親しみのある神奈川県警察を表す。カラーリングは、ぬくもりを感じさせる「黄色」、カモメと海の色である「白と青」を基調とする。

1992年の新庁舎完成にあわせ、シンボル・マスコットとして決定した。ポーズには「敬礼」「バンザイ」「飛行」等、幾つかの絵柄が存在する。

機動隊部隊マーク[編集]

  • 第一機動隊、第二機動隊
    • ウイングマーク中央に各隊ごと1〜2
  • 関東管区機動隊(赤ダイヤ)
    • 丸に笹竜胆 

不祥事[編集]

備考[編集]

  • 2001年頃まではウェブサイトの句読点の表記に特徴があり、「、」「。」を使用せず半角の「,」「.」を使用していて、すべての文章で徹底されていた。これは、縦書きは「、」「。」、横書きは「,」「.」とする使い分けであり、現在でも検察官作成の捜査書類などにみられる表記である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]