警務部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

警務部(けいむぶ)とは、都道府県警察本部に必置の部署。人事会計などを担う管理部門である。

担当業務[編集]

主に警察職員の人事、福利厚生、教育などを担当する。一般企業で言えば人事部に近い。また、監察官が置かれ、警察職員が被疑者となっている事件の捜査も行う。一般的な県警察本部では前記の業務のほか、本部長の秘書、広報、情報管理、留置管理(留置場勾留されている被疑者の身柄取り扱い)など、警視庁や大規模警察本部総務部の業務も合わせて担当する。

組織[編集]

以下は警視庁の組織

  • 人事第一課(警視警部の人事、つまり昇任・降格・免職・退職を担当。地方警務官については、警察庁の補佐の下国家公安委員会がこれらを所掌する) 課長は警察キャリアの警視長で、警務部参事官が事務を取扱うケースが多い。
  • 人事第二課(警部補以下の人事、つまり昇任・降格・免職・退職、警察学校学生への採用選考を担当) 課長はノンキャリアの警視正で、警視庁公式サイトの採用項目に、毎年インタビューが掲載されている。
    • 採用センター
  • 訟務課(当該警察本部―実際には警察本部の管理者である都道府県―を相手取った訴訟が提起された場合、被告代理を務める。)
  • 給与課 (勤務実績に基づく給与の計算と支払いを担当)
  • 厚生課
    • 職員相談室
  • 教養課
  • 健康管理本部

※警視庁の組織については警視庁本部の課長代理の担当並びに係の名称及び分掌事務に関する規定を参考にしている。

部長[編集]

総務、人事、会計など、警察本部の中枢を担う警務部のトップである警務部長は、警察本部長に次ぐ地位であり(警視庁と大阪府警を除く)、事実上警視正以上の階級の警察官に限られることから、結果的に国家公安委員会が発令する。
キャリア警察官僚のほか、技官キャリア、警察庁の準キャリア警察官、他省庁キャリアなどが就任する。

スポーツ選手[編集]

通常各県警察本部所属のスポーツ選手は機動隊に在籍していることが多いが、射撃選手だけは教養課に籍を置いていることが多い(神奈川県警察本部の松田知幸など)。