兵庫県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hyogo Prefecture.svg 兵庫県の行政官庁
兵庫県警察
Asahikage.svg
Hyogo prefectual police.jpg
兵庫県警察本部
役職
本部長 井上剛志(警視監
警務部 野井祐一(警視長
組織
上部組織 兵庫県公安委員会
内部組織 総務部警務部生活安全部地域部刑事部組織犯罪対策局交通部警備部神戸市警察部警察学校
概要
所在地 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目4-1
前身 国家地方警察兵庫県本部
ウェブサイト
兵庫県警察
テンプレートを表示
ポートタワー展望台から兵庫県警察本部を望む(中央やや左の高層ビル)
交通事故処理中の兵庫県警警察官
東日本大震災の被災地を警邏する兵庫県警のパトカー(宮城県気仙沼市で撮影)

兵庫県警察(ひょうごけんけいさつ、Hyogo Prefectural Police)は、兵庫県が設置した警察組織。兵庫県内を管轄区域とし、兵庫県警と略称する。警察白書によると、兵庫県は平成19年度の都道府県別刑法犯認知総数は全国第6位[1]である。 科学捜査では全国で唯一、大型放射光施設SPring-8の放射光を用いた鑑定を行っており、全国から依頼を受け付けている。本部の建物は、高さ110m。兵庫県公安委員会の管理を受け、給与支払者は兵庫県知事

沿革[編集]

組織[編集]

全国有数の大規模警察本部で、管内に山口組を抱えていることもあり暴力団対策に注力している。警察官約11,500人。本部長は井上剛志警視監

総務部[編集]

  • 総務課
  • 県民広報課
  • 会計課
  • 情報管理課
  • 装備課
  • 留置管理課

警務部[編集]

  • 警務課
  • 監察官室
  • 教養課
  • 厚生課

刑事部[編集]

生活安全部[編集]

  • 生活安全企画課
  • 少年育成課
  • 少年捜査課
  • 生活経済課
  • 生活環境課
  • サイバー犯罪対策課
  • 生活安全特別捜査隊

地域部[編集]

  • 地域企画課
  • 地域指導課
  • 通信指令課
  • 機動パトロール隊
  • 鉄道警察隊

交通部[編集]

警備部[編集]

  • 公安第一課
  • 公安第二課
  • 公安第三課
  • 警備課
  • 災害対策課
  • 外事課
  • 機動隊

神戸市警察部[編集]

阪神方面本部[編集]

播磨方面本部[編集]

兵庫県警察学校[編集]

  • 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町40番10号

警察署[編集]

県内に48警察署を有す。

神戸方面[編集]

警察署数は12。※警察車両のナンバー地名はすべて「神戸」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
神戸 神戸 東灘警察署 神戸市 東灘区御影中町 神戸市 東灘区(水上署管内を除く)
灘警察署 灘区水道筋 灘区(水上署管内を除く)
葺合警察署 中央区吾妻通 中央区東部(水上署管内を除く旧葺合区周辺)
生田警察署 中央区中山手通 中央区西部(水上署管内を除く旧生田区周辺)
兵庫警察署 兵庫区下沢通 兵庫区(水上署管内を除く)
長田警察署 長田区北町 長田区(水上署管内を除く)
須磨警察署 須磨区大池町 須磨区(水上署管内を除く)
垂水警察署[2] 垂水区本多聞 垂水区(水上署管内を除く)
神戸水上警察署 中央区波止場町 中央区(ポートアイランド周辺)、神戸港、臨海部一帯
神戸西警察署 西区糀台 西区 玉津警察署
神戸北警察署 北区甲栄台 北区(有馬署管内を除く)
有馬警察署 北区藤原台北町 北区(旧有馬郡周辺)

阪神・丹波方面[編集]

警察署数は12。※警察車両のナンバー地名はすべて「神戸」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
神戸 阪神 芦屋警察署 芦屋市公光町 芦屋市(神戸水上署管内を除く)
西宮警察署 西宮市津田町 西宮市(甲子園署管内を除く)
甲子園警察署 西宮市甲子園七番町 西宮市の一部(鳴尾支所管内、本庁管内・瓦木支所管内の各一部)
尼崎南警察署 尼崎市昭和通 尼崎市中部・西部 尼崎中央警察署
∟西分庁舎 尼崎市浜田町 尼崎西警察署
尼崎東警察署 尼崎市長洲本通 尼崎市東部
尼崎北警察署 尼崎市南塚口町 尼崎市北部
伊丹警察署 伊丹市千僧 伊丹市
川西警察署 川西市丸の内町 川西市川辺郡猪名川町
宝塚警察署 宝塚市旭町 宝塚市
三田警察署 三田市天神 三田市
篠山警察署 篠山市郡家 篠山市
丹波警察署 丹波市柏原町柏原 丹波市 柏原警察署

東播・淡路方面[編集]

警察署数は10。※警察車両のナンバー地名は明石地域・北播地域・淡路島地域が「神戸」、加古川周辺地域・加西地域が「姫路」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
神戸 東播 明石警察署 明石市田町 明石市
三木警察署 三木市加佐 三木市
社警察署 加東市社 小野市加東市
西脇警察署 西脇市郷瀬町 西脇市多可郡多可町 中村警察署
姫路 加西警察署 加西市北条町東高室 加西市 北条警察署
加古川警察署 加古川市平岡町新在家 加古川市加古郡稲美町播磨町
高砂警察署 高砂市荒井町紙町 高砂市
神戸 淡路 洲本警察署 洲本市山手 洲本市
淡路警察署 淡路市岩屋 淡路市 岩屋警察署
津名西警察署
南あわじ警察署 南あわじ市市善光寺 南あわじ市 三原警察署

西播・但馬方面[編集]

警察署数は14。※警察車両のナンバー地名はすべて「姫路」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
姫路 西播 姫路警察署 姫路市市之郷 姫路市中心部、東部(御国野町・別所町・飾東町)、西部(余部地区・林田町周辺)、北部(夢前町・香寺町・安富町)
飾磨警察署 姫路市飾磨区中島 姫路市南部(飾磨区広畑区・白浜町・八木・糸引・的形町・大塩町・家島町の各地区)
網干警察署 姫路市網干区新在家 姫路市西南部(網干区大津区勝原区余部区の各区)
福崎警察署 神崎郡福崎町福崎新 神崎郡福崎町神河町市川町
たつの警察署 たつの市龍野町富永 たつの市揖保郡太子町 龍野警察署
相生警察署 相生市陸本町 相生市赤穂郡上郡町
赤穂警察署 赤穂市加里屋中洲 赤穂市
佐用警察署 佐用郡佐用町佐用 佐用郡佐用町
宍粟警察署 宍粟市山崎町今宿 宍粟市 山崎警察署
但馬 朝来警察署 朝来市和田山町玉置 朝来市 和田山警察署
養父警察署 養父市八鹿町下網場 養父市 八鹿警察署
豊岡南警察署 豊岡市昭和町 豊岡市南部 豊岡警察署
出石警察署
豊岡北警察署 豊岡市城崎町桃島 豊岡市北部(港・城崎・竹野の各地区) 城崎警察署
美方警察署 美方郡新温泉町戸田 美方郡香美町新温泉町 浜坂警察署
香住警察署

警察署の再編[編集]

2006年平成18年)4月、市町合併等による尼崎市内2署・淡路島内2署の統合並びに但馬地域の出石・香住両警察署の近隣署への統合による再編が行われた(出石警察署は再編前、県内最小の署員33人だった)。

  • 統合・名称変更

最近の主な事件・不祥事など[編集]

  • 1997年平成9年)2月 - 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)
  • 1999年(平成11年)11月2日から22日にかけて神戸市や兵庫県川西市、東京都世田谷区などで、クリーニング機器販売会社・アイナックスの関係者らをターゲットとした爆破事件が連続して発生したが、これらの事件の被害届供述調書など87点が全て紛失していたことが、2012年10月12日までに判明した。誤廃棄の可能性が高いと見られている[3]
  • 2001年(平成13年)7月 - 明石歩道橋事故
  • 2002年(平成14年)3月 - 神戸大学院生リンチ殺人事件で事件発生時に警察官らが被害者から通報を受けていたにもかかわらず、容疑者が暴力団だと分かると職務放棄、結果として被害者が死亡した。遺族が賠償を求め被疑者の暴力団組長と兵庫県警察を告訴。判決は職務放棄と被害者死亡の因果関係を認め賠償命令を行った初の事例となった。
  • 2004年(平成16年)6月 - 自動車警ら隊隊員による捜査書類捏造が発覚。隊員ら総勢163人が懲戒処分[4]、隊は解散・「機動パトロール隊」と改組される。
  • 2005年(平成17年)
  • 2007年(平成19年)2月 - 所轄署の警務課長が飲酒運転し事故を起こし逃走し逮捕。当初警務課長は飲酒運転を否認していたが後日認め同年3月に懲戒免職。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 巡査部長が店内で女性のスカートの中を撮影しようとして逮捕。最初は否認していたが、後に認め、さらに一年位前から何度も盗撮していたことや、わいせつ画像を入手する為のファイル交換ソフト並びに過去の事件等警察情報を私有パソコンに保管していたことが判明し、5月に懲戒免職。
    • 12月 - 県警警備部の男性巡査部長が、同月から2012年4月にかけ、別居先からの徒歩通勤であるにもかかわらず、実家から電車バスで通勤していたと嘘をついて通勤手当を不正受給していたとして、県警監察課はこの巡査部長を停職処分とした上、詐欺容疑で神戸地検書類送検[6]
  • 2009年(平成21年)
    • 3月 - 兵庫県警の警察官ら4名が職務質問している映像を撮影されYouTubeに公開された。警察官が職務質問相手に対し恫喝とも取れる発言をしていたために批判が集中されたものの、警察官個人をYouTubeに公開することに対しての批判もされた。兵庫県警は職務質問に対し「毅然に対応し、どんな場合でも冷静になること」と兵庫県警内の警察官に通告した[7]
    • 6月 - 佐用署軽犯罪法違反容疑で逮捕した被疑者が、同署の取調室内のの内部に覚醒剤を隠したが、同県警は翌年2010年4月まで、約10ヵ月間気付かず放置していた。当該の被疑者が2010年4月岡山県警に別の覚せい剤取締法違反事件で逮捕された際、「佐用署の机に覚醒剤を隠した」と供述したことで発覚した。同署は5月10日に、この被疑者を覚せい剤取締法違反容疑で改めて逮捕した[8][9]
    • 11月 - 網干警察署地域課の巡査が、公然わいせつ事件に遭遇した中学2年の女子生徒宅を事情聴取のため訪れた際、当該女生徒の下着約25点を部屋の箪笥から盗んだとして、兵庫県警捜査3課に窃盗容疑で逮捕される。巡査が女生徒宅を訪問した際に女生徒の部屋に巡査が入るのを家人に目撃されており、女生徒が入浴の際に下着が無くなっているのに気づき、母親を通じて110番に通報があり発覚した。
    • 12月 - 組織犯罪対策課の45歳の男性警部補が、公用パソコンを使って、勤務時間中に株価チェックやインターネットオークションの利用などをしていたことが判明し、同県警はこの警部補を減給10分の1の処分とした。この一連の事実は、当該のパソコンが、ウイルスに感染したことにより発覚した[10]
    • 12月 - 同県警芦屋署の21歳の巡査が、仲間の男女数人とともに、男子短大生を監禁し怪我をさせたとして、同県警東灘署により、12月26日監禁致傷容疑で逮捕された[11]
  • 2010年(平成22年)
    • 1月 - 同県警管内の警察署(署の名称は未公表)に勤務する男性巡査部長が、部下の女性巡査に、胸を触るなどのセクハラをしていたとして、1月22日に停職3ヵ月の処分となった。署の朝礼で、別の男性警察官が告発したことで発覚した[12]
    • 2月 - 姫路署の20歳の男性巡査が、携帯電話を使用しながら自動車を運転していた女性を現認しながら、当該の女性から頼まれ摘発しなかった上、当該の女性に、「いい女性がいるなら、切符無しでいい」などと、互いの携帯電話番号などを交換していた。同県警は同年5月26日に、この巡査を犯人隠避容疑で神戸地検姫路支部に書類送検し、減給10分の1の処分とした。巡査は同日依願退職[13]
    • 3月 - 西宮署巡査長が、勤務する交番に拾得物として届けられた現金約1,500円を着服したとして逮捕されたが、その後の兵庫県警の調べに対し、別の拾得物の財布からも現金を抜き取っていたと供述し、県警は同年5月12日にこの巡査長を懲戒免職の処分とした[14]
    • 10月 - 川西署の男性巡査長が、JR川西池田駅ホーム上で、当時17歳の無職少年の顔をカメラ付き携帯電話で撮影したところ、撮影された少年が謝罪を要求し、巡査長は現金と免許証などを少年に差し出し、免許証などの再発行のため虚偽の遺失物届を出した。また、その後、当該の少年から恐喝されていたにもかかわらず見逃していたことも判明し、県警はこの巡査長を書類送検した上、停職1ヶ月の懲戒処分とした[15]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月 - 兵庫県東部の警察署(署の名称は非公表)に勤務する31歳の男性警部補が、パトカー内で、同乗していた部下の女性警察官に対し、3度に亘り無理矢理キスするなどしたとして、28日に停職3ヶ月の処分となり、神戸地方検察庁尼崎支部に書類送検された。この警部補は同日付で依願退職[16]
    • 5月 - 同県警尼崎東署の警察官数名が、東日本大震災に伴い発生した福島第一原子力発電所事故での周辺警戒に当たるため、福島県に派遣されていたが、同月8日に福島市内のホテルで、21歳の男性巡査ら4人が、後輩の20歳の男性巡査を全裸にし、カメラ付き携帯電話で撮影。さらに同月10日にも、男性巡査の手足を手錠で室内のクローゼットの取っ手に繋ぎ、のような状態にして撮影した。兵庫県に帰還後、被害に遭った男性巡査が報告し一連の行為が発覚。同県警は8月23日に、首謀者の男性巡査を戒告処分とし、他の男性巡査も所属長注意に、また、上司の27歳の男性巡査部長についても、巡査らの行為を黙認していたとして、本部長訓戒とした[17]
    • 9月、明石市内の市道の一部区間で、パーキングチケットで駐車可能だったのが同月に廃止された後、明石署の男性巡査部長が駐車禁止の標識を設置したが、兵庫県公安委員会に規制を申請しないままだった。これを知らない同署員らにより、その後約2年間に亘り誤った取締りが行われていたことが、2013年10月になって明らかになり、県警は該当者約70人に対し、反則金放置違反金などを返還することになった[18]
    • 11月、尼崎事件発覚[19]。63歳女性とその親族の韓国籍男性を中心とする集団が、数家族を長期間、監禁し、暴行、虐待、虐殺[20]
  • 2012年(平成24年)
    • 2月28日、福崎署刑事課の50歳の男性警部補が、姫路市内で開かれた送別会の席上で、部下の33歳の男性巡査部長の腹部を殴り軽傷を負わせた。県警は同年9月7日に、この警部補を傷害容疑で書類送検した上で、停職1ヶ月の処分とした。警部補は「挨拶のつもりだった」と主張しているのに対し、被害者の巡査部長は「前々から警部補から暴力を受けていた」と主張している[21]
    • 4月9日、尼崎北署地域2課の男性巡査長が、神戸市内で行われた歓迎会に出席し上司と共に酒を飲んだ後、阪神三宮駅から電車に乗車したが、電車を近鉄奈良線学園前駅まで乗り過ごし、その際、署から持ち出した捜査書類の入っていたを紛失した。鞄は甲子園駅で発見され、中に入っていた捜査書類は無事だった[22]
    • 5月29日、加古川市在住の当時15歳の少年が、出身中学校爆破予告電話をかけたとして加古川署に逮捕された。この少年は当初「自分のやったこと」と話していたが、その後当該の少年は、鑑別を受けていた少年鑑別所で「友人を庇って嘘の供述をした」と話し、一緒に居た少年の友人の男子高校生も容疑を認めたため、同署は当初逮捕した少年を釈放した。県警は、男子高校生を脅迫容疑で、当初逮捕した少年を犯人隠避の容疑で書類送検することとした[23]
    • 5月から6月にかけ、当時19歳の男性巡査が、警察学校内で同僚警察官のキャッシュカードを盗み、数度に亘り現金を引き出していたとして、窃盗容疑で逮捕された[24]
    • 7月、佐用署地域課の27歳の男性巡査が、太子町内でトラックに追突し、運転していた女性に軽傷を負わせながら、そのまま現場から立ち去った。この巡査はすぐ後にたつの署員に取り押さえられたが、この時も「自分は無職である」と虚偽の申告をしていたことも判明した。巡査は逃げた理由として、以前にも公用車で事故を起こし、処分を受ける可能性があったためと供述。県警はこの巡査部長を、道路交通法違反容疑で書類送検[25]
    • 8月、生田署の41歳の男性巡査長が、コンビニ百貨店などで万引きを行った男性を現行犯逮捕した際、顔などを殴る暴行を加えた疑いが強まった。県警はこの巡査長を、特別公務員職権濫用等致死傷罪で書類送検する方針である[26]
    • 8月3日、芦屋市内の阪急神戸線踏切で、芦屋署のパトカーに追跡されていた信号無視車が、遮断棒を折損し逃走した。この時、パトカーに乗務していた同署員は、阪急電鉄に連絡するよう同署地域課に連絡したが、同課の電話帳記載の電話番号が、JR西日本のものが誤記載されていて、当時居合わせた警部補は、JRに対し誤って連絡し、JRではさくら夙川-甲南山手間の踏切の安全確認を緊急実施したため、列車の運行に乱れが生じ、約2万人の乗客に影響が出る結果となった[27]
    • 9月23日、県警外事課係長の53歳の男性警部補が、神戸市東灘区内のスポーツ用品店で、スポーツウエアを試着室内で着込んで万引きしたとして、東灘署に窃盗容疑で逮捕された[28]
    • 11月18日、尼崎南署管内で発生した自転車占有離脱物横領事件で、同署の24歳の男性巡査が容疑者の女性をフィルムカメラで撮影したが、署内にカメラを置いたまま帰宅し、翌日に紛失に気付いた[29]。その後このカメラは、尼崎競艇場の同署警備本部との連絡に用いるボストンバッグ内から発見された。警備本部に駐在する署員が、間違えてボストンバッグに入れた模様である[30]
    • 12月12日、県警本部の留置場で尼崎連続変死事件の主犯格の容疑者が自殺した件で、2ヶ月程前から自殺の兆候があったにも関わらず24時間態勢での対面監視を行わなかったなど対応の不備の疑いがあり、兵庫県警本部長が陳謝した。[31]
    • 12月14日、県警警備部の56歳の男性巡査部長が、2009年から2012年にかけて、県警や外郭団体の女性職員らに対し、体を触るなどのセクハラ行為を繰り返していたとして、戒告処分となった[32]
    • 12月17日、違法な性風俗店の経営者に捜索情報を流したとして、県警は犯人隠避と地方公務員法違反容疑で、県警本部生活環境課の元警部補を書類送検した。また、容疑者に捜索情報を漏洩したとして同法違反(守秘義務)容疑で同課の現職警部補と巡査部長、巡査長計3人も書類送検した。[33]
  • 2013年(平成25年)
    • 1月11日、県警は、警察学校の生徒の寝具代や互助会費などとして納められた現金計約360万円を、2010年から12年までの間に着服したとして、2012年に自殺した県警の元職員の男性を、被疑者死亡のまま業務上横領の容疑で書類送検した[34]
    • 1月12日、東灘署が、2011年10月に同署管内で交通死亡事故を起こしたとして、同市内の男性を自動車運転過失致死容疑で逮捕し、神戸地検が起訴したが、事故の証拠とされた、男性の車についていた傷が、同署に保管されていた間に付いたものであることが判明した。この事態が発覚した後、地検は論告を訂正しており、神戸地裁の判決も延期となっている[35]
    • 1月13日、社署の現職の警部補と巡査部長の2名が、覚醒剤事件の供述調書を偽造したとして、公文書偽造の容疑で逮捕された。この2名の警察官は、県内の不動産仲介業者らから接待を受け、自動車の登録情報などを漏洩していたことも明らかになっている[36]
    • 4月中旬から7月上旬にかけ、豊岡北署の巡査長が、同僚である巡査部長の財布から、累計で約20万円の現金を盗んでいたことが明らかになった。現金が無くなるのを不審に感じた巡査部長が、スマートフォンで物色の様子を動画撮影していたことが決め手となった。県警は巡査長を処分する方針[37]
    • 5月、姫路署地域課の男性巡査部長ら署員3人が、バイクに2人乗りし制止させようとした警察官にぶつけた少年2人を、道路交通法(定員外乗車)違反容疑で現行犯逮捕。しかしこのバイクが、2人乗り可能なタイプだったため、一旦釈放の上、公務執行妨害容疑で改めて逮捕した。ところが巡査部長らはこの際、作成した捜査書類に、道路交通法違反での逮捕の事実を記載せず、当初から公務執行妨害で逮捕した内容の虚偽記載を行なった。県警は8月30日に、この巡査部長らを虚偽有印公文書作成容疑で書類送検し、当時の同署の副署長の男性警視も警務部長訓戒の処分とした[38]
    • 6月10日、相生署地域課の44歳の男性巡査部長が、たつの市内で車を駐車させていた女性に職務質問を行ったが、この時に知った女性の諸事情などを記した上で名誉毀損を行うことを示唆する手紙を当該の女性に送り付け、現金を脅し取ろうとした。この巡査部長は7月14日に、恐喝未遂容疑で逮捕された[39]
    • 7月中旬、尼崎南署地域課の49歳の男性巡査部長が、勤務する交番内で部下の男性巡査らに対し、実弾入りの拳銃を向ける事件があった。この巡査部長は銃刀法違反容疑で11月1日に書類送検され、停職1ヶ月の処分となった。「部下の態度が横柄だったため」と供述している模様[40]
    • 9月13日、尼崎東署地域課の男性巡査が、阪神本線西宮駅構内のエスカレーターに於いて、前にいた女性のスカートの下にスマートフォンを入れて動画盗撮を行った。周囲にいた他の客が気付いて注意を促したところ、この巡査はスマホを現場に残したまま逃走し、県警がスマホを調べたところ身元が判明。県警はこの巡査を、兵庫県迷惑防止時条例違反容疑で書類送検した上、減給10分の1の処分とした[41]
  • 2014年(平成26年)
    • 1月6日、県警本部の地下駐車場に停めてあった捜査車両10台のタイヤ計16本が、穴を開けられパンクさせられているのが発見された[42]。その後同年5月22日に、同県警警備課の元巡査部長の男性が、建造物侵入罪器物損壊容疑で逮捕された。この元巡査部長は、前年の2013年にわいせつ事件を起こして懲戒免職処分となっている[43]

硬式野球部[編集]

2011年春に採用された新人を中心に選手16名・スタッフ7名で2011年4月に発足[44]。警視庁硬式野球部(2009年)に次いで警察組織で2番目の硬式野球部。チーム名は「県警桃太郎」(既存の軟式野球部も同名)。日本野球連盟に加盟予定で2012年より公式戦出場予定。警察官という立場である為、野次はチーム内規則で禁止されている。

滝川高校いじめ自殺事件の加害者グループに所属していた元少年が立命館大学卒業後、県警に採用され野球部に入部した、との情報がインターネット上に流れた。

警察署・交番等[編集]

関連項目[編集]

自治体警察[編集]

旧警察法時代に存在した自治体警察

広報番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^  平成20年度警察白書 統計資料 - 都道府県別刑法犯の認知件数、検挙件数、検挙人員(平成19年) (PDF)”. 警察庁. www.npa.go.jp. 2011年10月11日閲覧。 “表の欄「刑法犯総数(交通業過を除く。) 認知件数」を参照。1位東京(228,805)、2位大阪(216,303)、3位愛知(143,948)、4位埼玉(126,453)、5位神奈川(112,529)、6位兵庫(107,378)。”
  2. ^ 神戸市警当時の旧垂水警察署庁舎が篠山市の「お菓子の里丹波」に「ミオール館」として保存されている。
  3. ^ 兵庫県警、連続爆発事件の捜査資料87点紛失 読売新聞 2012年10月12日
  4. ^ 兵庫県警 捜査書類ねつ造神戸新聞
  5. ^ 元高速隊員3人、マイカー通勤で高速不正通行 読売新聞 2012年3月29日
  6. ^ 兵庫県警:巡査部長が交通費130万円不正受給 毎日新聞 2013年4月6日
  7. ^ 警官の「職質動画」YouTubeに投稿で物議 - ITmedia News 2009年3月13日
  8. ^ 取調室の机に覚せい剤隠す…10か月そのまま 読売新聞 2010年5月10日
  9. ^ 取調室に覚せい剤隠される 署員ら気づかず10カ月放置 朝日新聞 2010年5月11日
  10. ^ 兵庫県警警部補、職場でネットオークション 読売新聞 2009年12月25日
  11. ^ 警官ら学生監禁容疑、4日間食事与えず暴行 読売新聞 2009年12月27日
  12. ^ 署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分 読売新聞 2010年1月22日
  13. ^ いい子紹介なら切符なしでも…巡査、違反見逃し 読売新聞 2010年5月26日
  14. ^ 1500円着服逮捕の警官、別のネコババ供述…懲戒免職 読売新聞 2010年5月12日
  15. ^ 巡査長、ウソ重ねて少年とのトラブルを隠した疑い 朝日新聞 2010年10月8日
  16. ^ 女性警官に3回キスして停職6か月 読売新聞 2011年1月28日
  17. ^ 後輩巡査を手錠かけ全裸撮影…原発事故派遣中に 読売新聞 2011年8月23日
  18. ^ 駐車違反と誤り、70人取り締まり…兵庫県警 読売新聞 2013年10月11日
  19. ^ 母親殴り殺した男女3人 指示した隣人63歳女への「恐怖心」産経新聞、2012年2月25日
  20. ^ 週刊文春、2012年11月1日号、pp.26-37
  21. ^ 「あいさつのつもり」で同僚を蹴った警部補 読売新聞 2012年9月7日
  22. ^ 朝日新聞 2012年4月9日
  23. ^ 爆破予告:逮捕の少年「友達かばった」と供述、釈放 兵庫 毎日新聞 2012年6月2日
  24. ^ 窃盗:19歳警官を逮捕 警察学校寮で同僚のカード盗む 毎日新聞 2012年6月10日
  25. ^ 女性ひき逃げ警官、「無職」と申告…春にも事故 読売新聞 2012年9月1日
  26. ^ 兵庫県警:巡査長、逮捕した男に暴行の疑い 毎日新聞 2012年12月7日
  27. ^ 「阪急」なのに、警察が連絡したのは「JR」 読売新聞 2012年8月4日
  28. ^ 試着室で服の中に4点着込み、万引きした警部補 読売新聞 2012年9月23日
  29. ^ 事件関係者の写ったフィルムカメラ紛失 尼崎南署 産経新聞 2012年11月23日
  30. ^ 紛失したフィルムカメラ発見 尼崎南署、間違えてバッグに入れる? 産経新聞 2012年11月28日
  31. ^ 兵庫県警本部長が陳謝 容疑者自殺で 朝日新聞 2012年12月17日
  32. ^ 「あいさつのつもり」と女性職員触る56歳警官 読売新聞 2012年12月14日
  33. ^ [http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121218/crm12121810040002-n1.htm 「安く性風俗を利用」…警官、発覚恐れ中国エステ店に情報流す 兵庫県警が書類送検 ] 産経新聞 2012年12月18日
  34. ^ 兵庫県警:自殺の元職員、横領容疑で書類送検 毎日新聞 2013年1月11日
  35. ^ 事故の証拠、実は警察保管中の傷…論告やり直し 読売新聞 2013年1月12日
  36. ^ 警部補ら調書偽造容疑…接待受け情報漏えいも? 読売新聞 2013年1月13日
  37. ^ 窃盗:巡査長、同僚の現金盗む 動画が決め手に 兵庫県警 毎日新聞 2013年8月30日
  38. ^ 「逮捕やり直し」捜査書類に記載せず 容疑の巡査部長ら3人書類送検 兵庫県警 産経新聞 2013年8月30日
  39. ^ 職質の女性に金要求する脅迫文…警察官逮捕 読売新聞 2013年7月14日
  40. ^ 「生意気な口を」部下2人に銃向けた巡査部長 読売新聞 2013年11月1日
  41. ^ 「スリル味わいたかった」 兵庫県警巡査、盗撮の疑い 朝日新聞 2013年11月8日
  42. ^ 兵庫県警の捜査車両10台パンクさせられる 読売新聞 2013年1月6日
  43. ^ 捜査車両パンク:元巡査部長を逮捕 兵庫県警 毎日新聞 2014年5月23日
  44. ^ 県警硬式野球部「県警桃太郎」設立

参考文献[編集]

  • 伏流 -兵庫事件風俗史- 兵庫県警察本部編纂 神戸サンケイ新聞社発行 1978年

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分24秒 東経135度11分02秒 / 北緯34.69000度 東経135.18389度 / 34.69000; 135.18389