新温泉町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しんおんせんちょう
新温泉町
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
美方郡
団体コード 28586-2
面積 241.00 km²
総人口 15,126
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 62.8人/km²
隣接自治体 美方郡香美町
鳥取県鳥取市
岩美郡岩美町八頭郡若桜町
新温泉町役場
所在地 669-6792
兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
北緯35度37分24.5秒東経134度26分56.2秒
Shinonsen town office.jpg
外部リンク 新温泉町

新温泉町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

日本 > 兵庫県 > 美方郡 > 新温泉町

新温泉町(しんおんせんちょう)は、兵庫県美方郡但馬県民局管轄地域。2005年10月1日浜坂町温泉町が合併して発足した。

地理[編集]

新温泉町は、兵庫県及び近畿地方の最北西端に位置する町である。西は鳥取県に接し、北は日本海に面している。海岸は山陰海岸国立公園に指定されているほか、国の名勝天然記念物「但馬御火浦」に指定されている。また、南部の山岳地帯は氷ノ山後山那岐山国定公園及び但馬山岳県立自然公園に指定されており、景勝地が多い。集落は海岸および岸田川水系の河川を中心に広がり、南部の山間部には湯村温泉がある。

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、8.32%減の16,014人であり、増減率は県下41市町村中、49行政区域中ともに最下位。

Demography28586.svg
新温泉町と全国の年齢別人口分布(2005年) 新温泉町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 新温泉町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
新温泉町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 22,961人
1975年 21,876人
1980年 21,514人
1985年 21,011人
1990年 20,226人
1995年 19,629人
2000年 18,601人
2005年 17,467人
2010年 16,014人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

  • 慶長10年(1605年)、宮城頼久二方郡一円を与えられ旧芦屋城の麓に芦屋陣屋を構える。
  • 寛永4年(1627年)、頼久の子である宮城豊嗣が将軍家より加増され1万3千石となり陣屋を清富に移し清富藩を興す。
  • 2005年10月1日、美方郡浜坂町、温泉町が合併して誕生。

行政[編集]

  • 町長 岡本英樹(2009年11月13日 - )
  • 町議会:議員定数16名

公共機関[編集]

警察[編集]

  • 美方警察署(旧・浜坂警察署)

交番・駐在所[編集]

  • 浜坂駅前交番
  • 久谷駐在所
  • 栃谷駐在所
  • 諸寄駐在所
  • 居組駐在所
  • 井土駐在所
  • 湯交番
  • 桐岡駐在所
  • 千谷駐在所

消防[編集]

  • 美方広域消防事務組合消防本部

司法[編集]

経済[編集]

産業[編集]

報道機関[編集]

金融機関[編集]

町内に窓口があるもののみ掲載。

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

空港[編集]

近隣に鳥取空港但馬空港がある。町内に湯村温泉ヘリポートがあるが、現在は定期便が廃止されている。

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

観光[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

但馬御火浦 龍宮洞門
居組海岸
湯村温泉

祭事・催事[編集]

その他施設[編集]

地域放送[編集]

  • ケーブルテレビ
    • 新温泉町ケーブルテレビ夢ネット - 合併前の温泉町が設立したもので、旧・温泉町地域のみが放送エリアである。
    • 新温泉町全域をサービスエリアとする構想があった。これに対して対象地域住民の反対署名75パーセント。これをうけ町議会は条例改正を否決。県に提出した補助金交付の申請は受理されず構想は頓挫した。[2]

出身有名人[編集]

名称問題[編集]

町名については、合併後に検討される予定となっており、変更される可能性があったが、以下のとおり変更しないこととなった。

浜坂町温泉町では、2005年4月1日の合併を目指して協議を重ね、概ねスムーズに進展していた。しかし、新町名を巡り、旧町名の除外を求める浜坂町と、旧町名を含めて検討すべきと主張する温泉町で対立、協議会での議論は平行線をたどり、2004年6月16日、事態打開のために町長・議長会に一任し、温泉町側の意見を全面採用して町名を「温泉町」にすることが決まった。

しかし、浜坂町議会はそれに反発し、合併関連予算の否決、町議会議長の辞職など混乱に陥った。温泉町側は決定事項として再考には応じず、10月2日に調印が行われたが、浜坂町では10月18日に議会が廃置分合(合併)議案を否決するなど混乱はさらに拡大、2005年4月1日の合併は不可能となり、11月15日、当時の中村浜坂町長が辞職した。12月26日投開票された浜坂町長選挙では町名再考を訴えた陰山町長が当選、しかし浜坂町側の動きに温泉町側は態度を硬化させ、その後も議論は平行線をたどった。

ただし、財政面や地方自治についての長期的な将来展望の観点などから、現実的に見て将来的な自治体合併は不可避であるという認識はあり、その事から双方が譲歩を見せ、旧合併特例法期限の直前の2005年3月19日に「名称は新温泉町とする。ただし合併後検討する」とすることを合併協議会で合意、3月26日に両町議会が関連議案を可決、3月29日県への申請を行い、合併が成立に至っている。

2012年1月17日、岡本英樹町長は現町名「新温泉」の維持を表明した。これにより、合併協定書にある「名称は、新温泉町とする。ただし、合併後検討する」というただし書きをめぐる問題は、この表明をもって終結した。[3][4]

行政[編集]

産業団体[編集]

観光団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡県筑紫野市にも同名の温泉がある。詳しくは二日市温泉 (筑紫野市)を参照の事。
  2. ^ 日本海新聞但馬版 2008年10月4日より。
  3. ^ 「現町名維持を決定 新温泉町の町名変更問題」(日本海新聞 2012年1月18日付)
  4. ^ 「町民の皆さまへ 町名は現行のままとします」(広報しんおんせん 2012年2月号)

外部リンク[編集]