揖保郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

揖保郡(いぼぐん・いいほのこおり・いいぼのこおり・いぼのこおり)は、兵庫県のである。

人口33,639人、面積22.62km²、人口密度1,490人/km²。(2014年5月1日、推計人口

以下の1町を含む。

かつては、播磨国の郡であったが、中世に揖東郡揖西郡に分割されていた。

沿革[編集]

  • 1896年(明治29年)4月1日 - 揖東郡揖西郡が合併して成立。(2町28村)
  • 1909年(明治42年)5月1日 - 平井村・桑原村・布施村が合併し、揖西村が発足。(2町26村)
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 斑鳩村が町制施行し斑鳩町となる。(3町25村)
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 新宮村が町制施行し新宮町となる。(4町24村)
  • 1939年(昭和14年)4月1日 - 西栗栖村が宍粟郡菅野村の一部を編入。
  • 1942年(昭和17年)4月1日 - 旭陽村が網干町に編入。(4町23村)
  • 1946年(昭和21年)3月1日 - 網干町・大津村勝原村余部村が姫路市・飾磨市飾磨郡広畑町白浜町と合併し、姫路市が発足、郡より離脱。(3町20村)
  • 1947年(昭和22年)12月25日 - 御津村が町制施行し御津町となる。(4町19村)
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 龍野町・小宅村が合併し、龍野町が発足。(4町18村)
  • 1951年(昭和26年)4月1日(4町4村)
    • 龍野町・揖西村・揖保村・神岡村・誉田村が合併し、龍野市が発足、郡より離脱。
    • 新宮町・西栗栖村・東栗栖村・香島村・越部村が合併し、新宮町が発足。
    • 御津町・室津村が合併し、御津町が発足。
    • 斑鳩町・太田村・石海村が合併し、太子町が発足。
    • 半田村・神部村・河内村が合併し、揖保川町が発足。
  • 1951年(昭和26年)8月10日 - 揖保川町の一部が相生市に編入。
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 太市村が姫路市に編入。(4町3村)
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 龍田村が太子町に編入。(4町2村)
  • 1955年(昭和30年)3月25日 - 林田村・伊勢村が合併し、林田町が発足。(5町)
  • 1967年(昭和42年)3月5日 - 林田町が姫路市に編入。(4町)
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 新宮町・御津町・揖保川町が龍野市と合併し、たつの市が発足、郡より離脱。(1町)

郡内自治体変遷[編集]

明治22年
以前
旧郡 明治29年4月1日 明治29年
- 昭和19年
昭和20年
- 昭和24年
昭和25年
- 昭和29年
昭和30年
- 昭和39年
昭和40年
- 昭和64年
平成1年 - 現在 現在
宍粟郡 宍粟郡
菅野村の一部
昭和14年4月1日
西栗栖村に編入
西栗栖村 昭和26年4月1日
新宮町
新宮町 新宮町 平成17年10月1日
たつの市
たつの市
揖西郡 西栗栖村 西栗栖村
東栗栖村 東栗栖村 東栗栖村
揖東郡 新宮村 昭和9年4月1日
町制 新宮町
新宮町
香島村 香島村 香島村
越部村 越部村 越部村
小宅村 小宅村 小宅村 昭和26年4月1日
龍野市
龍野市 龍野市
神岡村 神岡村 神岡村
誉田村 誉田村 誉田村
揖西郡 龍野町 龍野町 昭和23年4月1日
龍野町
揖保村 揖保村
布施村 明治42年5月1日
揖西村
揖西村
平井村
桑原村
御津村 御津村 昭和22年12月25日
町制 御津町
昭和26年4月1日
御津町
御津町 御津町
室津村 室津村 室津村
半田村 半田村 半田村 昭和26年4月1日
揖保川町
揖保川町 揖保川町
神部村 神部村 神部村
河内村 河内村 河内村
余部村 余部村 昭和21年3月1日
姫路市の一部
姫路市 姫路市 姫路市 姫路市 姫路市
揖東郡 網干町 網干町
旭陽村 昭和17年4月1日
網干町に編入
勝原村 勝原村
大津村 大津村
太市村 太市村 太市村 昭和29年7月1日
姫路市に編入
林田村 林田村 林田村 林田村 昭和30年3月25日
林田町
昭和42年3月5日
姫路市に編入
伊勢村 伊勢村 伊勢村 伊勢村
斑鳩村 昭和6年4月1日
町制 斑鳩町
斑鳩町 昭和26年4月1日
太子町
太子町 太子町 太子町 太子町
太田村 太田村 太田村
石海村 石海村 石海村
龍田村 龍田村 龍田村 龍田村 昭和30年1月1日
太子町に編入