城崎郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兵庫県城崎郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域 薄水色:後に他郡から編入の後、再び他郡に編入された区域)

城崎郡(きのさきぐん)は兵庫県但馬国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、豊岡市の一部(但東町各町・出石町各町・日高町各町・竹野町各町・奥野・市場・三宅・森尾・立石・香住・下鉢山・上鉢山・長谷・倉見を除く)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

古くは「城埼郡」とも記された。『和名抄』では「支乃佐木」と訓じている。

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 新田郷
  • 城崎郷
  • 三江郷
  • 奈佐郷
  • 田結郷
  • 余戸郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
城崎郡 21座(大1座・小20座)
物部神社 モノノヘノ 韓國神社 兵庫県豊岡市飯谷
久麻神社 クマノ 久麻神社 兵庫県豊岡市福田
穴目杵神社 アナメキノ 穴目杵神社 兵庫県豊岡市大篠岡
女代神社 メシロノ 女代神社 兵庫県豊岡市九日市上町
与佐伎神社
(與佐伎神社)
ヨサキノ 与佐伎神社 兵庫県豊岡市下鶴井
布久比神社 フクヒノ 布久比神社 兵庫県豊岡市栃江
小江神社 ヲエノ 小江神社 兵庫県豊岡市江野
久久比神社 ククヒノ 久久比神社 兵庫県豊岡市下宮
耳井神社 ミミヰノ 耳井神社 兵庫県豊岡市宮井
桃島神社
(桃嶋神社)
モモシマノ 桃島神社 兵庫県豊岡市城崎町桃島
兵主神社 兵主神社 兵庫県豊岡市赤石
深坂神社 フカサカ 深阪神社 兵庫県豊岡市三坂
兵主神社 二座 兵主神社 兵庫県豊岡市山本
気比神社
(氣比神社)
ケヒ 気比神社 兵庫県豊岡市気比
久流比神社 クルヒ 久流比神社 兵庫県豊岡市城崎町来日
重浪神社 オモナミ
シキ-
重浪神社 兵庫県豊岡市畑上
県神社
(縣神社)
アカタノ 小田井縣神社 兵庫県豊岡市小田井町 但馬五社
酒垂神社 サカタルノ 酒垂神社 兵庫県豊岡市法花寺
西刀神社 ニシトノ 西刀神社 兵庫県豊岡市瀬戸
海神社 アマノ 名神大 (論)絹巻神社 兵庫県豊岡市気比 但馬五社 [1]
(論)海神社 兵庫県豊岡市小島
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 50村 佐野村、駄坂村、木内村、大篠岡村、鎌田村、南谷村、祥雲寺村、法花寺村、馬路村、下宮村、山本村、金剛寺村、森村、赤石村、下鶴井村、飯谷村、畑上村、三原村、気比村、田結村、津居山村、瀬戸村、小島村、桃島村、楽々浦村、湯島村、今津村、戸島村、来日村、結村、簸磯村、上山村、伊賀谷村、江野村、岩熊村、新堂村、滝村、森津村、岩井村、栃江村、宮井村、庄村、吉井村、野垣村、福成寺村、大谷村、内町村、船谷村、辻村、目坂村
藩領 但馬豊岡藩 1町
27村
豊岡町[2]、九日市上町村、九日市中町村、九日市下町村、大磯村、小尾崎村、妙楽寺村、戸枚村、高屋村、上陰村、六地蔵村、今森村、塩津村[3]、江本村[4]、中谷村、河谷村、百合地村、立野村、梶原村、火撫村、船町村、宮島村、野上村、一日市村、下陰村、福田村、庄境村、正法寺村

町村制以降の沿革[編集]

1.豊岡町 2.八条村 3.新田村 4.三江村 5.田鶴野村 6.五荘村 7.奈佐村 8.内川村 9.湯島村 10.港村 11.奥竹野村 12.中竹野村 13.竹野村 14.奥佐津村 15.口佐津村 16.香住村 17.長井村 18.余部村 21.中筋村 22.国府村 23.八代村 24.日高村 25.三方村 26.西気村・清滝村 27.三椒村(紫:豊岡市 赤:美方郡香美町 橙:美方郡新温泉町)
  • 明治22年(1889年) - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・豊岡市。(1町9村)
    • 豊岡町(豊岡町[5]が単独町制)
    • 八条村 ← 佐野村、九日市上町村、九日市中町村、妙楽寺村、九日市下町村、小尾崎村、大磯村
    • 新田村 ← 塩津村、江本村、今森村、駄坂村、木内村、大篠岡村、中谷村、河谷村、百合地村、立野村
    • 三江村 ← 法花寺村、祥雲寺村、南谷村、馬路村、鎌田村、下宮村、庄境村、梶原村、火撫村、六地蔵村
    • 田鶴野村 ← 船町村、山本村、金剛寺村、森村、宮島村、野上村、下鶴井村、赤石村、一日市村
    • 五荘村 ← 正法寺村、戸牧村、高屋村、上陰村、中陰村、下陰村、福田村、栃江村、森津村、滝村、新堂村、岩熊村、江野村、伊賀谷村
    • 奈佐村 ← 宮井村、岩井村、庄村、吉井村、野垣村、福成寺村、大谷村、内町村、辻村、目坂村、船谷村
    • 内川村 ← 上山村、来日村、結村、戸島村、楽々浦村、飯谷村
    • 湯島村 ← 今津村、湯島村、桃島村
    • 港村 ← 小島村、瀬戸村、津居山村、気比村、田結村、畑上村、三原村
  • 明治28年(1895年3月15日 - 湯島村が町制施行・改称して城崎町となる。(2町8村)
  • 明治29年(1896年
  • 大正元年(1912年) - 長井村の一部(久斗山村)が美方郡大庭村に編入。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 大正14年(1925年
  • 昭和8年(1933年)4月1日 - 八条村および新田村の一部(立野)が豊岡町に編入。(4町21村)
  • 昭和18年(1943年
    • 4月1日 - 田鶴野村が豊岡町に編入。(4町20村)
    • 8月1日 - 三江村が豊岡町に編入。(4町19村)
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 豊岡町・五荘村・新田村・中筋村が合併して豊岡市が発足し、郡より離脱。(3町16村)
  • 昭和30年(1955年
    • 2月1日
      • 日高町が養父郡宿南村の一部(赤崎・朝倉)を編入。
      • 城崎町・内川村が合併し、改めて城崎町が発足。(3町15村)
    • 3月3日 - 三椒村・竹野村・中竹野村・奥竹野村が合併し、改めて竹野村が発足。(3町12村)
    • 3月25日
      • 国府村・八代村・日高町・三方村・西気村・清滝村が合併し、改めて日高町が発足。(3町3村)
      • 奥佐津村・口佐津村・香住町・長井村・余部村が合併し、改めて香住町が発足。(3町8村)
    • 4月1日 - 奈佐村・港村が豊岡市に編入。(3町1村)
  • 昭和32年(1957年)4月1日 - 竹野村が町制施行して竹野町となる。(4町)
  • 昭和33年(1958年1月1日 - 日高町の一部(上佐野)が豊岡市に編入。
  • 昭和51年(1976年9月1日 - 日高町の一部(西芝字大向野の一部)が豊岡市に編入。
  • 平成17年(2005年)4月1日

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は但馬国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書11 旧高旧領取調帳 近畿編」(近藤出版社、1975年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  2. ^ 豊岡町・新屋敷村に分かれて記載。豊岡町は「旧高旧領取調帳データベース」では空欄(幕府領)となっているが、本項では「角川」によった。
  3. ^ 記載は「今森村枝郷・塩津村」。
  4. ^ 記載は「今森村枝郷・江本村」。
  5. ^ この時点では豊岡京口町、豊岡新町、豊岡小尾崎町、豊岡豊田町、豊岡南本町、豊岡本町、豊岡宵田町、豊岡中町、豊岡滋茂町、豊岡竹屋町、豊岡新屋敷町、豊岡小田井町、豊岡久保町、豊岡寺町、豊岡永井町、永井分が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]