性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

性行為(せいこうい、: Rapport sexuel: Sexual intercourse)とは、性欲に基づいた行為[1]性器アナルの接触や性交などの行為のこと[2]

人が性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為のことであり、しばしば快楽や愛情表現を伴い、必ずしも生殖には結びつかない。主に一組(カップル)のが性交(交尾)を行うことであるが、人はそれぞれ様々な性的指向を持っており、同性愛のそれなども含めると、「性行為」が指す範囲は幅広い。

概要

性行為という表現は、性に関する行為全般を広く漠然と指しうるものであるが、文脈に応じて典型的なそれを指したり、稀なそれを指したりしている。異性間の性交は、典型的には男女のキスから始まり、互いの体を愛撫し、への指挿入、クンニリングスフェラチオなどの行為(前戯)を行って、興奮を高めたのち、性交(セックス・性器結合)に至るものであるが、特に同性間の場合などに、オーラルセックスのみで完結することもあるなど、人間の性行為は様々な形態を取りうる。従って生殖器以外(乳房乳首、尻など)を刺激する行為も含まれる。

しばしば「本来、子孫を残すために行うもの」「生殖本能によってするもの」などと言われることもある行為であるが、実際にはそればかりではなく、パートナー間のコミュニケーションの手段や、快楽を伴う行為自体を目的として行われる場合も多い。

大多数の国家では公衆の面前で性行為に及ぶのは基本的には御法度とされている。通常、人間には性行為を人目に晒すことに羞恥心を伴う。また、性行為中には外敵に対して無防備になるため、動物本能として他者の目を避け、通常は隠れて行うものである。性行為に羞恥心を覚えるのは人間のみならず、など幾種類かの動物が確認されている[要出典]

性行為についての知識の伝授はかつては公教育の場では基本的に行われていなかったが、近年では学校においても早くから性教育が行われ、そこでの概念からはじまって、オーソドックスな性行為についての概要、性行為感染症などの注意点、同感染症の予防のしかたや避妊のしかた、等についても教えられるようになっている。

性行為の範囲とパターン

様々な説明方法があるが、典型的なものから説明してゆくと、

  • 男性(オス)の勃起した性器を女性(メス)の性器に挿入することは典型的な性行為であり、性交あるいはセックスという。人間以外の動物の場合は「交尾」と言う。射精の有無は問わない。
  • 性交を行う前には前戯を行うのが一般的である。それは感情的、肉体的に性的興奮を引き起こすことを目的とする。また、精神的な融和を促す。前戯を行わず性交を行うことはしばしば女性に苦痛を与える一因となる。女性は性的興奮を感ずると意思によらず膣部より膣分泌液を分泌し、女性器は湿潤となり、それにより膣部の摩擦係数が減少し、ペニスの挿入を受容する準備となる。
  • 人間や高等哺乳類では同性間で性行為が行われることもある(同性愛)。
  • 勃起したペニスを相手方の肛門(アヌス)に挿入する性行為をアナルセックスという。相手方は男子または女子である。
  • 性行為は2人(カップル)で行うのが一般的であるが、3人以上で行われることがある。3人で行う性行為(性別の組み合わせは様々)は3P(3人プレイ)などと俗称されている。同様に4人の場合は4P(4人プレイ)などという。1Pは(ふつう性行為とはいわないが)自慰の意味に使用することがある。グループセックスは4以上の人数で行う性行為を指す。
  • 強姦は、性行為を行う意思が一方にはない性行為のことである。強要された性行為は、強要された側からすれば自身の人格の否定と感じられるものである。また生殖能力を失ってしまう場合もある。強姦は多くの国の法律で重い犯罪とされている。ただし、強姦罪となる要件は国によって違いがある。たとえば日本では、相手方(女性に限られる)が13歳以上の場合は、暴行または脅迫を手段として姦淫(女性器に男性器を挿入する行為)することが強姦罪の要件であり、女性が13歳未満の場合は、単に姦淫するだけで強姦罪が成立する。一方、現状では、男性に対する強要を伴う性行為すなわちメイル・レイプを行った者を強姦罪の処罰の対象として扱っていない国も日本をはじめとして数多い。
  • 専ら金銭を目的として行われる性行為がある。「売春は人類最古の職業」としばしば表現されているほど古くから存在しており、現代では風俗業、風俗産業、性産業などと呼ばれている。近年では援助交際アダルトビデオ出演など。これらの行為は国によって一部又は全部が犯罪となる場合がある。
  • 古くは、性行為というのは原則的に夫婦の関係にある者同士だけで行うもの、と見なされていたが、近年の日本では結婚していない恋人同士でもごく一般的に行われるようになった。最近では夫婦でも恋人でもない者同士で、金銭の授受もなく性行為を行う場合がある。この場合の相手方をセックスフレンドという。戒律などの厳しい国においても、これらの性行為の一部について犯罪とされまたは社会的制裁を受ける場合がある。
  • 適切な避妊がされない性行為においてはその行為により妊娠の可能性があるため、妊娠を望んでいないのに女性が妊娠にいたる可能性がある。
  • 両性が無防備な状況のおいて性行為に至った場合において、異性がもしくは自身が性感染症に感染している場合、性行為感染症を広げる可能性がある。
  • 性交を伴わない性行為もあり、ペッティングと呼ばれている。オーラルセックスなどはこれに含まれる。
  • パートナー無しでも行われるオナニーマスターベーション、自慰)も性行為の一種である。だが「性交」には含まれない。

生物・生理学的分野

性交

  • 性交とは、勃起した男性器陰茎)を女性器)に挿入する行為を指す。膣壁と亀頭・陰茎が互いに摩擦し合い、男女とも快感が強まり、性的に興奮する。
  • 挿入後に陰茎、特に亀頭を前後に動かすと、膣の周りの筋肉が収縮することで互いの性器により強い官能的刺激が加わり、さらに陰茎の動かし方が早まるにつれ、快感が高まる。(ピストン運動en:pelvic thrust)性器同士のリズミカルな摩擦により、性的興奮が最高潮に達した状態をオーガズム(オルガスムス Orgasmus)といい、男性は絶頂感とともに射精し、女性も膣の収縮などの現象が起こり、エクスタシーの状態に達する。ただし男女が同時にオーガズムに達することは稀である。男性が女性器の中(膣内)に直接射精すれば、精液に含まれる精子は卵子を目指して子宮に向かい、受精し、着床すれば女性は妊娠する。(膣内射精
  • 男性は射精の直前から直後にかけて比較的簡単にオーガズムを得られるが、女性側は性交を重ねていてもオーガズムを味わえない場合がしばしば見られる。
  • 動物の性交交尾遺伝子の交配を行うための繁殖行動として行われ、一般に発情期がある(少数ながら例外もある)。一方、人間には発情期は特にない。繁殖行動として性交をすることはむしろ少なく、快楽を得る目的や、コミュニケーションの一つ等として様々な形態の性行為を楽しむ。避妊技術が進んだことで、手軽に性交を楽しむ男女が急速に増えつつある。

性交の体位

  • 人間の場合、生物学的に様々な性交体位(体位)を取ることができる。現代日本では男性が女性の上から被さる形の正常位(正しくは通常位)が一般的と考えられるが、文化によって差異がある(後述)。
  • 哺乳類のほとんどは雌の後ろから雄が覆い被さる後背位である。人間以外では、ピグミーチンパンジー(ボノボ)、オランウータンが正常位による交尾を行うことが知られている。

社会学・文化人類学的分野

言葉

「性交」「セックス」という言葉を口にすることに抵抗感を持つ人は多く、様々な言い換えが行われている。

表現例

  • 初めて性交を経験することを男女ともに初体験(はつたいけん、しょたいけん)と呼ぶ。特に断りがなくても、「初体験」という言葉だけで性交を意味する場合が多い。
  • 「やる」「する」などの代動詞、指示代名詞の「あれ」(it)が文脈上性交を意味する場合もある。
  • 「まぐわう」(“目交う”から来たという説あり)、「寝る」、「愛し合う」とも。「(異性と)寝る」と言う場合、しばしば性行為を伴うことを意味する。英語でもbedに定冠詞theをつけて“ベッドへ行こう”(普通の「もう寝よう」ではなく)と言った場合にこちらの意味になる。また"make love"も元来は「(〜に)求愛する」という意味だったが、現在では「(〜と)性交する」の意味で使われる場合がほとんどである。
  • 夫婦同士による性交は子作り夫婦の営み夫婦生活などと言われる。
  • 歌謡や文学では「朝を迎える」「夜を越える」等の遠回しな表現も多く用いられる。
  • 本来人間以外に対して使われる「交尾」を俗語として人間の性交の意味をさして使うこともある。

日本特有の表現

文学表現
  • 季節を意味する「」は、色情、淫欲、売淫なども意味し(春情、売春、「春を鬻ぐ」、「春を売る」など)、転じて性行為そのものを指す場合がある[3]
  • 古くは「枕を交わす」「情を交わす」といった奥ゆかしい言葉もあった。その他「肌を合わせる」「体を重ねる」「抱く」など、性交を示す言葉はいくつか存在する。
  • 聖書」の日本語訳では「知る」という言葉が性行為を意味する。「アダムは妻エバを知った[4]。」など。
俗称・スラング
  • 日本では未婚の男女間の性行為にラブホテルが用いられることが多いため、男女が性的関係を持つことを婉曲的に「ホテルに行く」と言うことがある。
  • 主に学生の隠語で、A・B・C・D・Eという言葉があった。それぞれキスペッティングセックス妊娠妊娠中絶を意味した。
  • より抵抗感の少ない「エッチする」という言葉が使われている例がある。(エッチの語源は変態(Hentai)もしくは、破廉恥(Harenchi)の頭文字と言われる、またテレビでエッチするとはじめて使ったのは明石家さんまもしくは島田紳助と言われている)。また、単に「シよう」「ヤろう」と言う言葉でも場合によっては性交を意味する。一方で、より卑俗な表現として「ファック」が用いられることもある。
  • 性風俗店などで、フェラチオなどの性交類似行為と区別して、性交そのものを「本番」と称する。
  • 最近のインターネットスラングでは「セックス」をもじって、「セックル」「セクース」「セクロス」などと表現されることもある。その他、ベットの軋む音「ギシギシ」と女性の喘ぎ声「アンアン」を合わせ、「ギシギシアンアン」または「ギシアン」と呼ばれたりもする。

神話における性交

性行為に関わる民俗(性風俗)

日本の性風俗

  • 西日本においては、かつては夜這いという風習があった。夜間、他人の家に押し入り、未婚の女性と性交を行う行為である。複数の男と関係を持った娘が妊娠した場合、その娘は子の父親として若衆宿の好きな男性を指名し、指名された男性はそれを受け入れることが求められた。将来の夫婦(許婚)など双方の家族が暗黙の了解のもとに行っている場合もあった。この習慣により村の団結が強化された。
  • 古くは筆下ろし水揚げといって年頃になった若者に、遊郭で実地の性教育をほどこす風習があったという。13歳など一定の年齢に達した男女に対し、大人が相手をして性教育をしたとされる。当然、結婚まで処女童貞を守るという発想はなかった。ただし武士の娘は処女性が求められた。
  • 江戸時代は、男女間の性行為は厳しい規則があった。夫婦関係にない男女間の性交は、不義密通と呼ばれ、「御定書百箇条」では不倫の現場を押さえた夫が、妻と相手の男を殺しても罪にならないとされた。この場合、女性の不貞に対しては厳しい制裁が課せられたが、男性のそれには寛容であった。しかし相手が人妻の場合は別で、表沙汰にするのは外聞が悪いということで実際には金銭で片を付けることが多かった。刑罰としては数日間晒し者にされて、遠島もしくは江戸所払いなどに処せられた。

欧米圏の性風俗

  • 西欧では領主が初夜権を持っていたと言われる(結婚した女性と初めて性交するのは新郎ではなく、領主であった)。ただし、この初夜権は、ほとんどの場合、新郎が代価として金銭などを支払うことによって領主から買い取ることが通例となっていたため、実質的には新夫に対する一種の「結婚」としての性格を持っていたと言える。

性交と結婚

  • 結婚制度は性交を社会的に管理する役割を持っている。本能のままに行動していては、子の養育などの責務を果たさない者が増加する恐れがあるからである。結婚制度は、夫婦間の結びつきを強め、家族機能を保障するものである。
  • 結婚しているにもかかわらず、配偶者以外の異性と性交をすることを姦通と言い、やや遠まわしに「不倫」と言う。結婚している者が配偶者以外の異性と性交を行った場合、姦通罪に問われる国もある(例:韓国、第2次世界大戦までの日本)。 ただし、韓国の姦通罪は男女共に罰せられるが、日本の旧刑法における姦通罪の場合、罰せられるのは女性のみであった。
  • 夫婦が性交を行う頻度は当然各々違うが、国によっても差異があるようである。Durex社のGlobal Sex Surveyでは、日本人の性交回数は、諸外国と比較すると少ないとされている。近年は、性交がほとんどない夫婦をセックスレス夫婦と呼ぶことも多い。厚生労働省の調査によると、1ヶ月以上性交渉のない夫婦をセックスレスとみなした場合、日本の夫婦のうち、実に32%がセックスレス状態にあるとのことである。ただし、日本の夫婦においては精神的なつながりが希薄との統計的な資料は存在しない。

人間の性交体位

  • コンドームメーカーのDurex社の調査によれば、世界で最もよく行われる体位は騎乗位で全体の29%。続いて後背位が28%、正常位(正しくは通常位、対面男性上位)が20%となっている。
  • 現代日本では、男性が女性の上から被さる形の正常位の体位がその名の通り一般的と考えられているが、後背位が日本古来の性交の姿だったと考えられている。
  • 日本では四十八手という体位のバリエーションがある。中国でいう房中術は、単なる体位や技術ではなく、男女の「気」を高める一種の健康法という要素があるという。

性行為をめぐる諸問題

性行為感染症

  • 無症候性キャリアとの性的接触によって性行為感染症になる場合がある。
  • 2004~2007年の報告例[5]。では、男性が性的接触(複数の経路が記載されたものを除く)が1,415例(うち75%が異性間)、女性が性的接触が578例(うち86%が異性間)であったとされている。
  • 詳細は性行為感染症を参照。

性交不能症・性機能障害

勃起不全膣痙などの疾患によって性交が行なえない、または妊娠できないという問題が生じる。医学的定義では性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか一つ以上欠けるかもしくは不十分なものを指す。

詳しくは性機能障害を参照。

開始年齢と若年の性行為

  • コンドームメーカーのDurex社は主要国の初体験の統計を発表している。2005年の報告では全世界平均が17.3歳、一番高いインドが19.8歳、日本が17.2歳、アメリカが16.9歳、最も低いアイスランドが15.6歳であった[1]
  • 婚前交渉が一般化した近年、初体験を済ませる年代が低年齢化しているとも言われるが、この主張は正しくないとされる。なぜならば、上述のように、過去において筆下ろしといった形で早い時期に性体験が行われていた事実があるからである。赤松啓介など一部の民俗学者が、この点を指摘している。正しくは、性体験における性別や階層による差が縮小しただけと考えたほうが良いであろう。妊娠、性行為感染症などに関する知識も不十分なまま、好奇心あるいは金銭を得る目的で、性行為を行うことは将来に悪影響を残しかねないが、学校での性教育も、こうした事態にうまく対処できていないのが実情である。
  • 低年齢の性交は生殖器が思春期前は発達前、思春期でも発達中であることから、思春期を過ぎた成人に比べて性感染症へのリスクが高く、片方もしくは両方が未熟な生殖器である場合、性交や低年齢での妊娠によって生殖器を損傷するなど生殖器に悪影響が出る場合がある。
  • 女性は思春期での妊娠・出産が、母子ともに悪影響を及ぼすと共に最初の性行為が早いほど高校中退したり、大学進学しなかったりする確率が高くなるとして、脳科学者の澤口俊之は「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と唱えている。[6]
  • 早期の性行動に関しては様々な調査があるが、2005年の木原雅子が分析を担当した全国高等学校PTA連合会による約1万人を対象にした調査では、高校3年の男子30%、女子39%が経験済みと答えている[7]。また、2002年の東京都内の生徒約3000人の性調査によれば、高校3年の男子の37.3%、女子の45.6%がセックスを経験済みと答えている[8]。これを理由に、性の低年齢化が都会を中心に進んでいるとの主張があるが、これも正しくない。もともと性行動に関しては地域差が見られ、地方は初体験年齢が都会に比べ低いと指摘される。宮台真司は、青森市のテレクラでハントを試みた際、少女に特別の付加価値が付かなかったことを『まぼろしの郊外』で述べている。また、青森市出身の畑山隆則はこの件に関し、「寒いから外ですることがない。結果、屋内でそういうことになる」と述べている。データでも、群馬県のぐんま思春期研究会が2000年に行った約6000人を対象にした調査では、高校3年の男子46.1%、女子42.2%が経験済み[9]、2000年の秋田県性教育委員会の男子197名、女子264名を対象とした調査では高校3年で男子47%、女子50%が経験済みと出ており、また旭川医科大学の公衆衛生学教室による2004年の発表では性感染症を発症していない1年から3年の高校生3200人に対し質問と尿に対する遺伝子検査によって調査を行ったが、それによれば性体験の経験率は男子は35.8%、女子は47.3%であり、うちクラミジアの感染率が男子が7.3%、女子が13.9%であったという報告もある[10]
  • 初体験をより早く済ませることを同年代の者に誇り、そうでないものを見下したり、コンプレックスを感じさせたりするような風潮が問題視されることもある。キンゼイ報告によれば、性体験の早さと学歴・所得の間には明らかな反比例の関係がある。もっとも、キンゼイ報告自体、調査方法に問題があったとの指摘もあり、また、1940年代、50年代のアメリカだからこそ、そのような反比例関係が存在したのであって、現代においては必ずしも学力には比例しない。それよりも、内陸部か西海岸かといった地域による差が大きいといわれる。
  • 幼児のうちから異性のプライベートゾーンを見る者もいる。日本では、家庭で両親が異性の子と一緒に入浴や着替えを行うことは一般的であるし、異性の兄弟姉妹がいる場合は、彼らのプライベートゾーンを見ることもある。また、家庭以外でも保育所幼稚園などでの着替えや健康診断などで異性のプライベートゾーンを見ることがある。これらはプライベートゾーンを習得することで、異性のプライベートゾーンを見る機会も次第に減少する。

低年齢と性被害との関連

  • 性的同意年齢に満たない13歳未満の女性と性交すると合意の有無に関わらず強姦罪に問われるほか、成人と18歳未満の児童との性交を取り締まるいわゆる「淫行条例」(例:東京都青少年の健全な育成に関する条例)が、各都道府県で制定されている。余りに低年齢の性のモラルが乱れているとして、例えば竹花豊副知事就任後の東京都では、条例を改正し規制をさらに強化しようとする動きが起こっている。また、女子中学生の間で、いわゆる「ヤオイ系漫画」「801系漫画」という男性同性愛を描いた漫画が流行しており、アナルセックスやフェラチオといった性描写が女子中学生の初体験年齢を早めていると指摘されることがある。しかし、男性同性愛漫画であることから現在のところそれらへの規制は弱い。さらに、18歳未満の児童同士の性交も同様に取り締まるべきという意見もあり、実際奈良県では2006年に「奈良県少年補導に関する条例」が制定され、18歳未満の性交は補導の対象になっている。だが本来個人のプライバシーの領域である性に、行政が干渉することを批判する意見もある(石原慎太郎など)。また、18歳未満の児童に成人を誘わせて性交させた後、淫行条例での被害届を示唆して金銭を喝取する事例もある。
  • 沖縄県などでは望まざる初体験が少なくないことも指摘される。沖縄タイムスが1998年に行った調査では、沖縄県の大学生の性被害率は、強姦・強姦未遂に絞っても女性の15.3%、男性の2.7%という結果になっている。また、沖縄県では沖縄米兵少女暴行事件など、米兵等による強姦が行われていることも報道されている。1972年の本土復帰以降、米兵による強姦の発生は明るみに出ているだけでも120件以上に上る。

近親者との性行為

  • 人類学的には、インセスト・タブーは全人類普遍的であることが報告されている。また、イスラエルキブツの研究、あるいは台湾シンプアの研究から、例え兄弟でなくても幼い時期に社会的接触の多かった男女同士は、成長すると互いに距離をとるようになるため、彼らの間に恋愛感情は生まれにくいという事実が判明している(ウェスターマーク効果)。ただし親族をどのようなメカニズムによって避けているのかに関しては諸論があり、短期間の性行為が起こる可能性までは否定できないという意見もある。キブツを調査していたメルフォード・スパイロは、思春期に教育の影響で強く感情が抑圧されるとウェスターマーク効果のような現象が起こりうることを指摘している。
  • 性的経験・性的虐待に関する調査結果においては近親姦の発生率も調べたものがあるが、それらは比較的高い発生率を示唆している。アメリカのキンゼイ報告では、近親者による性虐待を受けた経験がある女性は、全体の5.5%(うち実父・継父が1.0%)とされた。キンゼイ報告については保守的な時代に作られた報告書で、女性が性に対する調査に正直に回答すること自体が白眼視される時代であるため、アンケート対象が赤裸々な報告をする「特殊な層」に偏っている可能性があり、必然的に様々な質問に回答をするパーセンテージも高くなっている可能性もあるとの指摘もあった。フェミニストのダイアナ・ラッセルが1978年に行った、サンフランシスコの女性930人を対象にした調査では、18歳までに女性の16%が近親者による性虐待を報告しているとされる。また、社会学者デイビッド・フィンケラーが1978年に行った、大学生を対象にした調査によれば、男性の10%、女性の15%が兄弟姉妹との性的行為を体験しているなど、様々な調査報告がある。日本のデータはアメリカに比べると少ないが、五島勉の『近親相愛』(1972年)では、女性1229人中4.7%に近親姦あるいは未遂の関係があったと述べられている。
  • 近親姦が必ずしも虐待的とは限らない可能性もあり、フィンケラーによる兄弟姉妹間の近親姦調査では、虐待的なのは4分の1程度だとされる。その行為が性的自尊心に対しどのような影響を与えるかに関しては、近親姦の体験年齢に左右される面があるとしている。9歳以降ならば性的自尊心は強くなることが多いが、9歳以下の場合、性的自尊心が低くなってしまうことが多い[2]
  • アメリカでは1970年代に、近親愛を認めるべきという思想から、刑法典における近親相姦罪の規定の撤廃が訴えられたこともあったが、子供への性虐待の可能性に目が向けられたため、そのような発言は反発を受けていた。この問題は現在でもしばしば話題にされる。

集団生活における性行動

  • 男女が一緒に集団生活をする場合、一般に性行為は禁止される。これは、異性を取り合うことにより集団間に葛藤が生じるのを防ぐためである。遠洋航海を行う艦船内や、南極観測越冬基地内などでは、一般に男女の恋愛が起きないように指導されている。

高齢者の性

  • 高齢化社会を迎え、高齢者の性も注目されている。高齢者同士でも、男女が互いに性的魅力を感じることや、性行為を行うことは、決して珍しいことではなくなっている。閉経後は妊娠の心配がなくなるせいか、女性の性欲の強さは増加する傾向が認められている。高齢者の場合、性交までいかなくても、抱き合うことやクンニリングスやフェラチオで性的な満足が得られる。高齢者の性交では勃起障害や膣の分泌液(愛液)の不足などが問題になることが多い。人生の質を高めるためには、これらの問題をタブー視せず、治療や改善の工夫を行うとよい。

その他

着衣の有無

  • 現代では、性行為全般で全または、性交以外の性行為では衣類の全部または一部を着用したまま行うことがあっても性交を行う時は全裸になるの二通りが一般的となり、衣類の全部または一部を着衣したままでで性交を行うことを特に着衣セックスと称して区別することもある。

しかし、古くは江戸時代の春画にも見られるように、プライバシーの保てない住宅事情や室内保温が十分ではない住宅環境等のため、第2次世界大戦前は一般に裸になる方が珍しかったという。日本では夫婦が子供を挟んで川の字になって寝ることが多く、子供が目を覚まさないように気を付けながら性行為を行った。このため、子供が目を覚ましたとき明らかに両親の性行為が分かるような行動を避けたものと思われる。また、時間のないときや第三者に見つかるおそれを伴う場合は、下半身のみ出した状態などで行うことがある。この点着物は都合の良い服装であった。

  • また、服装への偏愛などからコスプレなどの衣装を身にまとい性行為を楽しむ場合もある。この場合も性交を行う場合は全裸の場合と着衣セックスの場合がある。

性行為の時間(長さ)

  • 全世界で26%のシェアを持つコンドームメーカーのDurex社は主要国のセックス時間の統計を毎年発表しているが、その調査報告によれば、アメリカ19.7分、ドイツ22.2分、スペイン21.7分、イタリア20.1分、最長はイギリスの22.5分で、最短はタイの11.5分であり、全世界平均は19.7分であり、日本は19.5分である[11]。ただし、この統計はペニスを挿入してからフィニッシュまでの時間である。アメリカなど世界的には時間をかけて丹念に前戯を行った後のセックスであるため、実際にはこの統計より長いセックス時間となっていると推測されているのだが、日本では前戯が短く、すぐにペニスを挿入するためそのままの時間である可能性が高い。

人前での性行為

通常、性行為は自分とパートナー以外の第三者に見つからない場所で行われるが、第三者に見つかるおそれのある場所や、あえて第三者の前で行われる場合もある。一般には変態性欲の現れとみなされるし、露出狂などと揶揄される場合もある。公然での性行為は、法的には犯罪である。刑法 第23章 第174条 公然猥褻罪参照。

  • 第三者に見つかるおそれのある状況として、自動車内(カーセックス)、公園、山奥、海岸、路上などの野外(青姦)、カラオケボックス、混浴の温泉、会社の倉庫や非常階段などで行う場合が考えられる。この他に自宅であっても第三者が家の内にいる場合も含まれる。
  • あえて第三者の前で行われる状況としては、何らかの金銭目的の場合や、同好の士が集団で行う場合などが考えられる。
  • ストリップ劇場で「白黒ショー」と称して、男女の出演者(プロ)が性交の様子を見せることがある。あくまでショーであるため、男性は射精をしないという暗黙のルールがある。また「生板ショー」と称し、希望する観客と踊り子に舞台上で性交を行わせることがある。生板の場合、客は避妊具着用のうえで射精してもよい(1972年 - 1985年迄はよく見られたが、1985年の新風営法施行により取締りが厳しくなり、現在は都会の劇場では、ほとんど行われていない)。
  • アダルトビデオの撮影はカメラ・監督・照明・メイクなど数人のスタッフの元で行われる。慣れない男優の場合、うまく勃たないこともある。また、電車の中や公道上など野外で撮影されたアダルトビデオがある。現行犯逮捕された事例もある。
  • まれに社会に対する抵抗・抗議などを示すため、公共の場所で行う者もある。
  • 同好の者が集まって、大人数で性行為を行うことがある(グループセックスを参照)。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑 第五版 p.1465【性行為】
  2. ^ 大辞泉【性行為】
  3. ^ 三省堂例解新国語辞典「春」の項
  4. ^ 新共同訳聖書 創世記4章1節
  5. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症
  6. ^ 「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と脳科学者2013年1月11日 NEWSポストセブン)
  7. ^ 性感染症の早期予防教育を”. 東奥日報社 (2005年3月11日). 2011年10月14日閲覧。
  8. ^ 思春期の性の危機
  9. ^ 家庭・家族の意味を再考する
  10. ^ 山口県医師会報 第1737号 (PDF)”. 山口県医師会 (2005年5月). 2011年10月14日閲覧。 447ページ(ファイルの69ページ目)を参照のこと。
  11. ^ 『性技の達人』(森岡 詩朗、2004年) 12・13ページ ISBN 4-522-47568-3

参考文献

関連書籍

関連項目