愛知県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県の行政官庁
愛知県警察
Asahikage.svg
Aichi Police Headquarters.jpg
愛知県警察本部
役職
本部長 木岡保雅(警視監)
警務部長 伊藤昇一(警視長)
組織
上部組織 愛知県公安委員会
内部組織 総務部、警務部、生活安全部、地域部、刑事部、組織犯罪対策局、交通部、警備部、名古屋市警察部、警察学校
概要
所在地 名古屋市中区三の丸2丁目1番1号
前身 国家地方警察愛知県本部
ウェブサイト
愛知県警察
テンプレートを表示

愛知県警察(あいちけんけいさつ、Aichi Prefectural Police)は、愛知県公安委員会の管理の下(警察法47条2項)、愛知県が設置した警察組織。愛知県下を管轄区域とし、愛知県警と略称する。給与支払者は愛知県知事である。中部管区警察局管内。マスコットは「コノハけいぶ」(県鳥「コノハズク(声のブッポウソウ)」にちなむ)。

サファリパトカー(愛知県警自動車警ら隊)
愛知県警のパトカー

沿革[編集]

本部組織[編集]

全国有数の大規模警察本部であり、本部長は警視監

  • 総務部
    • 総務課
    • 会計課
    • 広報課
    • 情報管理課
    • 施設課
    • 装備課
    • 留置管理課
    • 聴聞官室
  • 生活安全部
    • 生活安全総務課
    • 少年課
    • 生活経済課
    • 非行集団対策課
    • 保安課
    • 生活安全特別捜査隊
  • 交通部
    • 交通総務課
    • 交通規制課
    • 交通指導課
    • 駐車対策課
    • 交通管制課(ラジオ放送等に道路交通情報を提供している。日本道路交通情報センター・名古屋センターはここから放送)
    • 運転免許課
    • 運転免許試験場(名古屋市天白区平針南三丁目605番地)
    • 東三河運転免許センター(豊川市金屋西町2丁目7番地)
    • 第一交通機動隊
    • 第二交通機動隊
    • 高速道路交通警察隊(名東区)
  • 警備部
    • 公安第一課
    • 公安第二課
    • 公安第三課
    • 警備課
    • 災害対策課
    • 外事課
    • 機動隊(小牧市)

名古屋市警察部[編集]

  • 企画調整課

愛知県警察学校[編集]

春日井市廻間町703番地

  • 総務科
  • 教務科
  • 術科教養科

データ[編集]

2012年4月現在。

警察署[編集]

警察署数は45。近年では中部空港警察署の新設で1増、名古屋水上警察署の港警察署への統合で1減となった。

名古屋市[編集]

名古屋市内の警察署数は16。全16区に1ヶ所ずつある。警察車両のナンバー地名表記は全て「名古屋」である。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
尾張 千種警察署 名古屋市 千種区覚王山通八丁目6番地 名古屋市 千種区
東警察署 東区筒井一丁目9番23号 東区
北警察署 北区田幡二丁目15番18号 北区(名古屋飛行場を除く)
西警察署 西区天神山町3番25号 西区
中村警察署 中村区椿町17番9号 中村区
中警察署 中区千代田二丁目23番18号 中区
昭和警察署 昭和区広路通五丁目11番地 昭和区
瑞穂警察署 瑞穂区瑞穂通二丁目22番地 瑞穂区
熱田警察署 熱田区横田一丁目1番20号 熱田区
中川警察署 中川区篠原橋通一丁目4番地 中川区
南警察署 南区寺部通二丁目20番地 南区
港警察署 港区入船二丁目4番16号 港区
緑警察署 緑区青山三丁目20番地 緑区
名東警察署 名東区猪高台二丁目1009番地 名東区
天白警察署 天白区植田南一丁目401番地 天白区
守山警察署 守山区脇田町401番地 守山区尾張旭市
廃止
  • 名古屋水上警察署(港区港町1番9号)- 管轄区域は港区の埋立地と名古屋港海上域。2013年3月31日で廃止となり、港警察署が引き継ぐ。

尾張地方[編集]

名古屋市外の尾張地方の警察署数は16。警察車両のナンバー地名表記は愛知海部知多地域が「名古屋」、瀬戸・春日井・犬山・小牧・稲沢市周辺地域が「尾張小牧」、一宮市が「一宮」である。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
尾張 愛知警察署 愛知郡東郷町白鳥二丁目1番地8 豊明市日進市長久手市愛知郡東郷町
瀬戸警察署 瀬戸市原山町1番地2 瀬戸市
春日井警察署 春日井市八田町二丁目43番地1 春日井市(小牧基地・名古屋飛行場の各区域を除く)
小牧警察署 小牧市小牧一丁目9番地 小牧市(名古屋飛行場を除く)、春日井市・西春日井郡豊山町の各一部(小牧基地
西枇杷島警察署 清須市西枇杷島町弁天32番地2 清須市北名古屋市西春日井郡豊山町(小牧基地を除く)、名古屋市北区・春日井市・小牧市の各一部(名古屋飛行場
江南警察署 江南市木賀町大門23番地 江南市岩倉市丹羽郡大口町
犬山警察署 犬山市松本町二丁目1番地 犬山市、丹羽郡扶桑町
一宮警察署 一宮市本町一丁目6番20号 一宮市
稲沢警察署 稲沢市朝府町15番5号 稲沢市
津島警察署 津島市西柳原町二丁目8番地 津島市愛西市あま市海部郡大治町
蟹江警察署 海部郡蟹江町富吉三丁目225番地 弥富市、海部郡蟹江町飛島村
半田警察署 半田市出口町一丁目31番地 半田市知多郡阿久比町武豊町東浦町南知多町美浜町
東海警察署 東海市横須賀町天宝新田52番地1 東海市大府市
知多警察署 知多市緑町31番地1 知多市
常滑警察署 常滑市新開町五丁目57番地 常滑市(セントレア地区を除く)
中部空港警察署 常滑市セントレア三丁目8番3号 常滑市の一部(セントレア地区:中部国際空港島内)

三河地方[編集]

三河地方の警察署数は13。警察車両のナンバー地名表記は碧海地域・西尾市・みよし市が「三河」、岡崎市・幸田町が「岡崎」、豊田市が「豊田」、東三河地域が「豊橋」である。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
西三河 刈谷警察署 刈谷市寿町一丁目302番地 刈谷市
碧南警察署 碧南市松本町26番地1 碧南市高浜市
安城警察署 安城市横山町下毛賀知117番地 安城市知立市
西尾警察署 西尾市寄住町下田14番地 西尾市
岡崎警察署 岡崎市明大寺町銭堤4番地1 岡崎市額田郡幸田町
豊田警察署 豊田市錦町一丁目59番地1 豊田市(旧東加茂郡を除く地域)、みよし市
足助警察署 豊田市岩神町仲田6番地4 豊田市の一部(旧東加茂郡足助町下山村旭町稲武町
東三河 設楽警察署 北設楽郡設楽町田口字小貝津6番地2 北設楽郡設楽町東栄町豊根村
新城警察署 新城市片山字東野畑349番地2 新城市
豊川警察署 豊川市諏訪三丁目245番地 豊川市
蒲郡警察署 蒲郡市緑町3番12号 蒲郡市
豊橋警察署 豊橋市八町通三丁目8番地 豊橋市
田原警察署 田原市加治町東天神8番地2 田原市

歴代本部長[編集]

氏名 在任期間 前職 後職
小倉謙
- 1955年(昭和30年)10月15日
警視庁警務部長
江口俊男 1955年(昭和30年)10月15日
-1958年(昭和33年)8月1日
静岡県警察本部長 警察庁警備局長
長岡篤 1958年(昭和33年)8月1日
-1961年(昭和36年)4月1日
静岡県警察本部長 中国管区警察局長
松本省吾 1961年(昭和36年)4月1日
-1962年(昭和37年)8月10日
関東管区警察学校長 中部管区警察局長
本多武雄 1962年(昭和37年)8月10日
-1963年(昭和38年)8月2日
警察庁警備局参事官 皇宮警察本部長
内海倫 1963年(昭和38年)8月2日
-1966年(昭和41年)3月5日
警視庁交通部長 警察庁交通局長
根本祐彦 1966年(昭和41年)3月5日
-1968年(昭和43年)9月10日
内閣官房内閣調査室内閣調査官 中部管区警察局長
門司良弼 1968年(昭和43年)9月10日
-1969年(昭和44年)8月30日
皇宮警察本部長 中部管区警察局長
重光武徳 1969年(昭和44年)8月30日
-1971年(昭和46年)1月26日
宮城県警察本部長 皇宮警察本部長
渡部正郎 1971年(昭和46年)1月26日
-
警察庁警備局参事官
関沢元弘
- 1975年(昭和50年)2月21日
近畿管区警察局長
寺田馨 1975年(昭和50年)2月21日
-
警察大学校副校長
寺尾繁 1977年(昭和52年)2月18日
-1978年(昭和53年)8月4日
新潟県警察本部長 関東管区警察局長
中平和水 1978年(昭和53年)8月4日
-1979年(昭和54年)8月18日
警視庁総務部長 警察庁刑事局長
丸谷定弘 1979年(昭和54年)8月18日
-1981年(昭和56年)2月21日
中部管区警察局総務部長 退職
山中茂 1981年(昭和56年)2月21日
-1982年(昭和57年)8月23日
内閣調査官
→警察庁警務局付
退職
四方修 1982年(昭和57年)8月23日
-1984年(昭和59年)2月17日
警察庁交通局審議官 大阪府警察本部長
佐藤政善 1984年(昭和59年)2月17日
-1985年(昭和60年)8月7日
茨城県警察本部長 退職
於久昭臣 1985年(昭和60年)8月7日
-1988年(昭和63年)2月5日
警察庁刑事局審議官 関東管区警察局長
水町治 1988年(昭和63年)2月5日
-1989年(平成元年)8月18日
警視庁刑事部長 警察大学校長
赤木孝志 1989年(平成元年)8月18日
-1991年(平成3年)7月19日
警察庁警務局付 警察庁警務局付
→公安調査庁調査第一部長
徳宿恭男 1991年(平成3年)7月19日
-
総務庁長官官房交通安全対策室長
→警察庁警務局付
伊藤一実 1992年(平成4年)9月10日
-1994年(平成6年)7月27日
警察庁警務局付 警察大学校長
吉田正弘 1994年(平成6年)7月27日
-1996年(平成8年)8月20日
福島県警察本部長 警察大学校長
漆間巌 1996年(平成8年)8月20日
-
警察庁長官官房審議官(交通局担当)
古賀光彦 1999年(平成11年)1月8日
-2001年(平成13年)4月6日
千葉県警察本部長 警察大学校長
近石康宏 2001年(平成13年)4月6日
-2002年(平成14年)8月23日
警視庁警備部長 警察庁刑事局暴力団対策部長
和田康敬 2002年(平成14年)8月23日
-2004年(平成16年)5月14日
警視庁警備部長 警察大学校特別捜査幹部研修所長
兼警察庁長官官房審議官(刑事局担当)
宮本和夫 2004年(平成16年)5月14日
- 2005年(平成17年)10月24日
警視庁組織犯罪対策部長 警察庁長官官房首席監察官
山本博司 2005年(平成17年)10月24日
-2007年(平成19年)8月24日
警察共済組合本部理事
→警察庁長官官房付
四国管区警察局長
松尾庄一 2007年(平成19年)8月24日
-2008年(平成20年)8月21日
警察庁長官官房政策評価審議官 近畿管区警察局長
神山憲一 2008年(平成20年)8月21日
-2010年(平成22年)1月18日
警察共済組合本部事務局長 警察大学校副校長兼警察庁長官官房審議官(刑事局担当)
河辺有二 2010年(平成22年)1月18日
-2012年(平成24年)8月7日
内閣官房内閣参事官・内閣情報調査室 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
沖田芳樹 2012年(平成24年)8月7日
-2014年(平成26年)1月22日
警察庁長官官房審議官(警備局担当)  警察庁長官官房総括審議官
木岡保雅 2014年(平成26年)1月22日
-
自動車安全運転センター理事
→警察庁長官官房付 

装備品等[編集]

  • 白黒パトカー 約600台
  • 白バイ 約170台
  • 警備艇 7隻
  • ヘリコプター 4機
  • 直轄警察犬13頭

広報活動[編集]

話題になったTVCMの放送をはじめとする広報活動が行われている。

CM[編集]

  • 2002年に都道府県警察としては日本で初めて、テレビコマーシャルを制作した。
  • 2002年には飲酒運転撲滅を狙って、愛知県出身の俳優の渡辺哲居酒屋店主に見立て、居酒屋の雰囲気をバックに「一杯でも30万円!!」(飲酒運転の当時の罰金額)と大見出しの載ったポスターを制作し大きな反響を呼んだ。

広報番組[編集]

現在

以下は全てラジオ放送。この他、不定期ではあるが、在名民放テレビ各局で愛知県警が協力する番組が放送される事がある。

△=愛知県警職員(担当職員は不定期で交代する)が登場する。
  • △ 愛知県警だより(CBCラジオとくモリ!内で毎週月・水・金の12時7分頃~約1分30秒程度)
  • △ 県警インフォメーション(東海ラジオ。○○県警便り同様に、近隣の岐阜県警三重県警の情報を伝えている。放送番組の移り変わり:2COOL![1]→かにタク言ったもん勝ち[2]
  • △ セーフティーメッセージ(東海ラジオ。広報番組扱いではないが、上記2つに出演する職員とは異なる愛知県警職員が交通安全に関する啓発メッセージや、愛知県警が関連するイベントの告知を行っている。現在は安蒜豊三 夕焼けナビの16時台・17時台に放送)
  • Save the Safety Life[3]
過去

イベント・その他[編集]

  • ふれ愛フェスタ
オアシス21で開催。

その他[編集]

不祥事[編集]

  • 2012年7月、交通部運転免許課の50歳の巡査部長が、名古屋第2環状道路を自分ので走行中に、並走していた車に対して、運転者にモデルガンを突き付け、また車内に拳銃を隠し持っていたなどとして逮捕された。またその際、車内からは偽札も発見され、この巡査部長は2004年頃にも、県警宿舎の自室で偽札11枚を作成していたとして、通貨偽造罪で再逮捕された[5]
  • 2013年9月19日、県警捜査1課課長補佐の警部が風俗店経営者や弘道会関係者に捜査情報を漏えいした容疑で逮捕された[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京からの放送を除く(2006年は月、2007年は水)。放送日の18時55分頃~。2006年・2007年に放送。
  2. ^ 第1・3・5週の木曜日10時30分頃~約2分間。
  3. ^ 在名民放ラジオ局5社(CBCラジオ東海ラジオFM AICHI 807ZIP-FMRADIO-i 2011年からはRADIO-iの閉局に伴い4社)と実施している統一キャンペーンに関連する番組。年間を通じての広報活動ではなく、不定期に長期間実施する。
  4. ^ 月~木12時45分頃~。2005年頃まで
  5. ^ 偽1万円札作成:愛知県警の元警官を容疑で逮捕 毎日新聞 2012年11月22日
  6. ^ 情報漏洩容疑の警部「組関係者と一緒に飲食」 - サンスポ(2013年9月21日閲覧)

外部リンク[編集]