扶桑町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふそうちょう
扶桑町
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
丹羽郡
団体コード 23362-5
面積 11.18 km²
総人口 33,836
推計人口、2014年1月1日)
人口密度 3,030人/km²
隣接自治体 犬山市江南市丹羽郡大口町
岐阜県各務原市
町の木 カシ
町の花 ヒマワリ
扶桑町役場
所在地 480-0102
愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330番地
北緯35度21分32.7秒東経136度54分47.6秒
Fusocho yakuba.JPG
外部リンク 扶桑町

扶桑町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
イオンモール扶桑

扶桑町(ふそうちょう)は、愛知県北部のである。町名は、かつて養蚕業が主産業で桑畑が多く、「によって扶養される町」であることから付けられた。飼育者の数は少なくなったが、今でも養蚕は行われている。近年は名古屋市のベッドタウンとして人口が増加傾向にある。名鉄犬山線が町のほぼ中央を通っており、町の玄関駅である扶桑駅のそばに扶桑町役場がある。最近は、国道41号沿いに企業を誘致している。東洋水産の物流センターが国道41号沿いに完成したが、これは扶桑町が誘致したものである。

地理[編集]

河川[編集]

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography23362.svg
扶桑町と全国の年齢別人口分布(2005年) 扶桑町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 扶桑町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
扶桑町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 21,317人
1975年 25,296人
1980年 27,254人
1985年 27,822人
1990年 29,210人
1995年 30,254人
2000年 31,728人
2005年 32,535人
2010年 33,560人
総務省統計局 国勢調査より

地域[編集]

扶桑町は以下の地区(大字)で構成されている。

  • 高雄(たかお)
  • 柏森(かしわもり)
  • 山那 (やな)
  • 南山名(みなみやな)
  • 小淵(おぶち)
  • 斎藤(さいとう)
  • 高木(たかぎ)

区は、柏森区、斎藤区、高雄区、高木区、山那区。5つの区。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1906年(明治39年)10月1日 - 高雄、山名、柏森、豊国、4村が合併し扶桑村が誕生。
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 町に昇格

行政[編集]

  • 町長:江戸満(2004年~)

産業[編集]

本社を置く企業[編集]

町内に工場を置く企業[編集]

教育[編集]

丹羽高校

高等学校[編集]

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立

小中学校の聴講制度[編集]

2002年度より、町立の小中学校に聴講生制度を導入している。希望すれば一般の人が小中学校の授業を受講できる制度である。小中学校に導入したのは扶桑町が全国初である。この制度は他の自治体にも注目され、視察も受けている。  

交通[編集]

扶桑駅

鉄道路線[編集]

役場へは扶桑駅が最寄り。しかし町西部にある柏森駅の方が快速特急・特急も停車し本数が多い。

バス[編集]

柏森駅に大口町コミュニティバスが乗り入れている。柏森駅とイオンモール扶桑を結ぶ路線バスが一時期運行されていたが、廃止されている。

道路[編集]

一般国道

主要地方道

一般県道

名所・旧跡・観光スポット[編集]

扶桑町出身の有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]