武豊町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけとよちょう
武豊町
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
知多郡
団体コード 23447-8
面積 25.82 km²
総人口 42,684
推計人口、2014年1月1日)
人口密度 1,650人/km²
隣接自治体 碧南市半田市常滑市
知多郡美浜町
町の木 クスノキ
町の花 サザンカ
他のシンボル -
武豊町役場
所在地 470-2392
愛知県知多郡武豊町字長尾山2番地
北緯34度51分3.8秒東経136度54分53秒座標: 北緯34度51分3.8秒 東経136度54分53秒
武豊町役場
外部リンク 武豊町公式サイト

武豊町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

武豊町(たけとよちょう)は、愛知県知多郡三河湾の臨海部に位置し、重要港湾衣浦港を抱え、沿岸には工業地帯が広がっている。

地理[編集]

地区[編集]

  • 上ヶ・馬場・下門・市場・玉貫(玉東・玉西1・玉西2・六貫山)・小迎・北山・中山・緑・原田・大足・富貴・富貴市場・市原・東大高・新田の16地区。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1878年(明治11年) - 長尾村と大足村が合併して武豊村となった。村名は、双方の氏神である武雄神社・豊石神社から一字ずつ取ったものである。
  • 1891年(明治24年)2月17日 - 町制施行し(旧)武豊町となった。
  • 1954年(昭和29年)10月5日 - (旧)武豊町と富貴村が新設合併し、現在の武豊町となった。
明治22年以前 明治22年10月1日 明治22年 - 明治43年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在


長尾村 武豊村 武豊村 明治24年2月17日
町制 武豊町
武豊町 昭和30年10月5日
合併 武豊町
武豊町 武豊町
大足村
富貴村 三芳村 富貴村 富貴村 富貴村 富貴村
市原村
東大高村 東大高村

行政[編集]

  • 町長 籾山芳輝

産業[編集]

本社・事業所を置く企業[編集]

商業施設[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

地域[編集]

文化施設[編集]

スポーツ施設[編集]

博物館[編集]

人口[編集]

Demography23447.svg
武豊町と全国の年齢別人口分布(2005年) 武豊町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 武豊町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
武豊町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 25,575人
1975年 30,254人
1980年 33,924人
1985年 36,381人
1990年 38,105人
1995年 38,153人
2000年 39,993人
2005年 40,981人
2010年 42,416人
総務省統計局 国勢調査より

交通[編集]

鉄道[編集]

知多武豊駅
武豊駅
武豊パーキングエリア

中心駅はJR武豊駅と名鉄知多武豊駅。両者は多少離れている。JRは武豊駅が終点であり、知多半島のさらに奥(美浜町・南知多町)へ行くには名鉄を利用することになる。

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • 武豊ふれあい山車まつり(次回開催は2014年10月の日曜日)

武豊町の歴史・伝統を後世に伝え、地域の連帯性を深め、町の活性化をはかって、1994年に第1回を開催。 以後、5年に一度、秋季に開催。この祭礼では、武豊町に現存する11輛の山車を一堂に集める。 第三回までは町内の衣浦小学校校庭が会場であったが第四回以降は町民会館駐車場が会場となっている。 隣接する半田市のはんだ山車まつりと共に、地元では名のある催しである。 また、両催事開催年の差は、半田市の2年後に武豊町が、武豊町の3年後に半田市が、となっている。

富貴・冨貴市場、東大高、市原の旧富貴村の各地区で行われる祭礼。

八幡神社、知里付神社、縣社に山車を各二輛、一輛、一輛を曳き入れ、神楽、絡繰り人形を奉納する。

武雄神社に山車六輛を曳き入れ、三番叟・神楽・絡繰り人形を奉納。
豊石神社に山車一輛を曳き入れ、山車上から蛇ノ口花火を奉納する。
2011年12月18日に開催された武豊アニメーションフィルムフェスティバル2012をもって終了。

出身有名人[編集]

なお、JRA所属騎手武豊は出身者ではなく、武自体も武豊町には由縁が無いが、同名の縁から1989年1999年の2度武豊町に招かれ、1日町長を務めたことがある。2回目に武豊町に招かれた時に友人としてタレントの見栄晴を連れて来ていた[1]。また一時期武豊のサインがJR武豊駅の窓口に飾られたこともあった。

脚注[編集]

  1. ^ 武豊騎手特集”. 武豊町. 2009年5月24日閲覧。説明は無いが写真に見栄晴の姿も見て取れる。

外部リンク[編集]