碧南市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
へきなんし
碧南市
Flag of Hekinan (Aichi).svg
碧南市旗
Symbol of Hekinan Aichi.svg
碧南市章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
団体コード 23209-2
面積 35.86km²
総人口 70,759
推計人口、2014年5月1日)
人口密度 1,970人/km²
隣接自治体 安城市高浜市西尾市半田市
知多郡武豊町
市の木 カシ
市の花 ハナショウブ
他のシンボル -
碧南市役所
所在地 447-8601
愛知県碧南市松本町28番地
北緯34度53分4.9秒東経136度59分36.3秒座標: 北緯34度53分4.9秒 東経136度59分36.3秒
Hekinan city office.JPG
外部リンク 碧南市

碧南市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
妙福寺(志貴の毘沙門天)
碧南市中心部周辺の空中写真。市街地の西に衣浦港。画像右下部に矢作川
1987年撮影の12枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

碧南市(へきなんし)は、愛知県である。

概要[編集]

三河地方に属する。碧南の名は、碧海郡の南部にあったことから。

三河鉄道(現・名鉄三河線)の本社があったこともあり、比較的早くから発展。戦後直後の1948年(昭和23年)3町1村が合併し、碧海郡域で初、西三河でも岡崎市に次ぐ市制施行を果たした。
かつては、兵庫県須磨海岸と比せられた砂浜海岸は、高度経済成長期に工業地帯と変貌し、平成に入り火力発電所を誘致することで経済的な発展に成功している。衣浦臨海工業地域の中核都市。

市域の大半が埋立地からなるため、居住地は中心部に集中している。臨海は、農業・工業・港湾で占める。

地理[編集]

海抜6.9m、 愛知県中南部矢作川河口に位置する。西と南は海(衣浦港および三河湾)、東は河川と湖沼(矢作川および油ヶ淵)であり、水に囲まれている。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

市制施行前[編集]

古くは、西は遠浅の海で砂浜が広がり、南は権現崎を先端としてとがったような形をしていた。東は海で入り江を形成していた。矢作川は現在の流路を取らず、油ヶ淵は最も大きな入り江となっていた。大浜港(大浜湊)は古くから栄え、江戸時代には沼津藩陣屋も置かれていた。鷲塚も港町であり、江戸時代初期に矢作川が流入するようになると、運ばれてきた砂により浅瀬となり、新田開発によって伏見屋新田および前浜新田が形成された。

廃藩置県以前、大浜村、棚尾村、平七村、鷲塚村は沼津藩(5万石)(江戸開城後は菊間藩に転封)の領地であり、西端村は西端藩西端陣屋(1万石)、前浜新田は天領であった。

  • 1605年(慶長10年) 米津の開削により矢作川が現在の流路に変わる。
  • 1803年(享和3年) 6月7日(旧暦4月18日) 伊能忠敬らの測量隊が鷲塚村・棚尾村などを測量し、大浜村に滞在する。
  • 1871年(明治4年) 鷲塚で神仏分離政策に反対する騒動(大浜騒動)が起こる。

市制施行後[編集]

明治22年以前 明治22年10月1日 明治23年 - 明治45年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在


大浜村 大浜町 大浜町 大浜町 昭和23年4月5日
合併・市制 碧南市
碧南市 碧南市
北大浜村 北大浜村 明治24年8月8日
町制・改称 新川町
新川町
北棚尾村
棚尾村 棚尾村 棚尾村 大正13年1月1日
町制 棚尾町
鷲塚村 鷲塚村 鷲塚村 明治39年5月1日
合併 旭村
旭村
平七村 志貴崎村 志貴崎村
前浜新田
伏見屋外新田
伏見屋新田 明治25年8月1日
分立 伏見屋村
西端村 西端村 西端村 明治39年5月1日
合併 明治村(一部)
明治村(一部) 明治村(一部) 昭和30年4月1日
碧南市に編入

行政[編集]

市長[編集]

禰宜田政信(2008年4月29日~ 2期目)

市政[編集]

平成17年度の財政力指数は1.72で、全国1位である。 これは世界でも最大級の出力410万kWの火力発電所を市内に有しており、その税収によるところが大きい。

市議会[編集]

碧南市議会の議員定数は以前まで26人であった、人口7万人の都市としては多いが、財政が豊かなため議員定数削減は行われていなかった。平成19年に条例改正を行い、現在は22人である。また、全国で一番高い交通費を支給していたとしてテレビで報道されたこともある。

会派名
22
新政クラブ 6
みらい市民クラブ 6
日本共産党碧南市会議員団 3
市民協働クラブ 3
公明党 2

広域行政[編集]

経済[編集]

衣浦臨海工業地域を中心として、工業が発達している。自動車、金属、食品など様々な業種の企業がある。

事業所数(従業員4人以上)は537であり、製造品出荷額は5923億6700万円である。市民所得は、総生産3331億1600万円、家計所得2467億9900万円である(2001年・愛知県調べ)。

産業[編集]

伝統的な産業として、瓦(三州瓦)、鋳物、醸造(みりん白醤油)などがある。

市域の約4分の1が田や畑であり、農業はさかんである。主要作物としてニンジンタマネギサツマイモイチジク、観賞用植物などがある。

主な企業[編集]

愛知県中央信用組合本店

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市
青年友好都市
文化・スポーツ友好都市

地域[編集]

人口[編集]

Demography23209.svg
碧南市と全国の年齢別人口分布(2005年) 碧南市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 碧南市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
碧南市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 56,933人
1975年 60,680人
1980年 62,021人
1985年 63,778人
1990年 65,899人
1995年 66,956人
2000年 67,814人
2005年 71,408人
2010年 72,020人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 碧南市立大浜小学校
  • 碧南市立新川小学校
  • 碧南市立棚尾小学校
  • 碧南市立中央小学校
  • 碧南市立西端小学校
  • 碧南市立日進小学校
  • 碧南市立鷲塚小学校

生活[編集]

医療機関として、碧南市民病院を設けている。

家庭ゴミの分別収集では、日本3位の分別(26種類)が行われている都市として知られており、他の自治体からの見学者が多く訪れる。

交通[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

鉄道[編集]

碧南駅

名鉄三河線刈谷市知立市方面と碧南駅を結んでいる。かつては、碧南駅から吉良吉田駅に向けて路線があり市内に3駅が設置されていたが、2004年に廃止された。市の中心駅は碧南中央駅。

バス路線[編集]

市が市内を巡回する「くるくるバス」を運行しているほか、西尾市と共同で2004年に廃止された名鉄三河線の碧南~吉良吉田間にかわって「ふれんどバス」を碧南駅~吉良高校間で運行している。

また、中部国際空港西尾駅を結ぶバス(知多乗合が運行)が碧南中央駅前に停車していたが、2009年3月31日で廃止された。

港湾[編集]

観光[編集]

マスコット・キャラクター[編集]

  • しょうぶー - 碧南市観光協会マスコットキャラクター。誕生日は平成23年4月1日で出身地は油ヶ渕遊園地、モチーフは市の花「花しょうぶ」と、ぶた。お花モチーフで、かわいらしいが男の子である。
  • クリンピー - 碧南市環境課所属、平成8年から毎年春と秋の年2回「クリンピーときれいな街づくり」と名付けた、市民一斉清掃活動のマスコットキャラクターです。

みまわりさん - 碧南市防災安全課所属、明るいイメージのひまわりをモチーフに、名前はおまわりさんが由来です。

  • ギョッピー - 碧南市下水道PRマスコット。きれいな水に住む幸せ(ハッピー)な魚。平成8年4月1日に供用開始した下水道の普及促進のためデザインと愛称公募41点の中から選ばれた。
  • てらまち小僧 - 大浜てらまちのご当地キャラクター。大浜小学校児童から募集し、集まった260点の作品を投票で絞り込んだ作品たちから誕生。

祭事・催事[編集]

二地区で山車を曳く祭礼がある。共に半田市亀崎の旧車とされ、共に知多型の山車である。

  • 大浜中区祭礼(10月第2土日)
稲荷社に山車二輛を曳き入れ、三番叟・神楽・絡繰り人形を奉納。一輛は亀崎田中組神楽車の旧車とされる。
  • 鶴ヶ崎区祭礼(10月第2土日)
山神社・浅間社に山車一輛を曳き入れ、三番叟・神楽を奉納。亀崎東組宮本車の旧車とされる。

出身有名人[編集]

ゆかりのある人物[編集]

外部リンク[編集]