石川梨華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石川梨華
基本情報
出生名 石川 梨華
愛称 りかちゃん、チャーミー
出生日 1985年1月19日(29歳)
血液型 A型
出生・出身地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
ジャンル J-POP
職業 歌手
担当楽器
事務所 ジェイピィールーム
グループ/
ユニット等
#所属ユニットを参照
公式サイト オフィシャルWEBサイト
オフィシャルファンクラブページ
オフィシャルブログ「Happy」

石川 梨華(いしかわ りか、1985年1月19日 - )は、日本歌手アイドルモーニング娘。の元メンバー(第4期)。美勇伝の元リーダー身長156.5センチ[1]神奈川県横須賀市出身[1]ジェイピィールーム所属[2]

略歴

元々「テレビおたく」であり、日曜日以外はテレビドラマを見て、日曜日にはテレビ番組『ASAYAN』を見るという生活を送っていた[3]。また自分でもテレビに出たいという希望は持っており、安室奈美恵浜崎あゆみに憧れを抱いていた[3]。その後、推薦で高等学校に進学することが決まり、高校生活の準備をしていた時期にASAYANを見て、締め切り直前にオーディションに応募した[3]。この時の心境を石川は以下のように語っている[3]

『ASAYAN』で、メンバーを募集するっていうのを見て、なんか、"きた"んですよね。松田聖子さんの"ビビビ婚"じゃないけど(笑)、そんな感じで(中略)"これに応募しなかったら、絶対後悔するな"っていう気持ちがよぎって。

石川梨華、[3]

オーディションに応募したものの、受かる自信はほとんどなかったが、後悔することをよしとしなかった石川は全力でオーディションを受けた[3]

2000年
2001年
  • 2月15日、カントリー娘。がメジャーデビューする際に、モーニング娘。より助っ人メンバーを呼ぶことが発表され、3月6日には、そのメンバーが石川であることと、ユニット名が『カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)』となることが発表された[8]。このことは当時マネージャーであった山本茂之より石川に告げられたが、石川は話の途中でモーニング娘。を脱退するものだと勘違いし、山本に対して初めて命令を拒否した[9]。実際にはモーニング娘。を脱退するわけではなかったが、このことで石川は「わたしはモーニング娘。の一員なんだな」と自覚するようになった[9]。それまでは「なんでモーニング娘。に選ばれたんだろう」という考えが石川の中に少しあった[10]
  • 4月18日、カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)として「初めてのハッピーバースディ!」でメジャーデビュー[8]。この頃、カントリー娘。とモーニング娘。の活動のペースが違うことから、つらい気分を味わっていた。モーニング娘。は秒単位で動いているのに対し、カントリー娘。はのんびりした感じだったという[11]。また、カントリー娘。のりんねあさみとも「お互いに遠慮」するような状態となり、コミュニケーションがうまくとれていなかった[11]
  • 7月25日、モーニング娘。の12枚目のシングル「ザ☆ピ〜ス!」がリリースされた[12]。このシングルのレコーディングでは、曲のある部分のリズムがとれなかった石川に対し、プロデューサーのつんく♂は熱心に教え続けた[6]。石川はそんなつんく♂が怖かったという[6]。その後、完成した曲を聴いたところ、石川のパートが多く、また、撮影の際もセンターポジションであった[6]。石川はつんく♂が熱心に教え続けた理由が分かり、つんく♂に感謝した[6]。また、この曲でテレビ番組等に出演していた頃は、センターポジションであるという重い責任を感じており、常に緊張していたが、それらが終了した頃には、モーニング娘。の一員であるという自信が出るようになり、余裕をもってものごとに対処することができるようになった[13]。また、カントリー娘。のりんねやあさみともうまくコミュニケーションがとれるようになった[11]。石川はこの曲に対し、次のようにコメントしている。

ものすごく大切な宝物みたいな曲。(中略)この曲で、石川梨華、強くなりました(笑)。わたしを育ててくれた曲です。

石川梨華、[14]

  • 8月、初のソロ写真集『RIKA Ishikawa』を発売[5]
2002年
2003年
  • 8月、ROMANS(ロマンス)に参加。
  • 11月22日、ハロー!プロジェクト スポーツフェスティバル2003in東京ドームで行われたハロプロ選抜チーム(後のGatas Brilhantes H.P.)VS十条クラブとのフットサルの試合でチーム初得点を決めた。
2004年
2005年
2008年
  • 6月、美勇伝ライブツアー2008初夏 美勇伝説V 〜最終伝説〜を開催。最終日の29日をもって美勇伝としての活動を終了。以後ソロとして活動をする。
2009年
  • 3月、ハロー!プロジェクトを卒業。翌月より新ファンクラブM-line club』に所属。
  • 9月、2008年10月より活動している正体不明のユニットHANGRY&ANGRYの『ANGRY』の正体が石川梨華であったことが判明[17][18]
2010年
2011年
2012年
2013年
  • 11月、Vリーグ機構が石川、吉澤ひとみら3人を2013-14のVリーグアンバサダーとすることを発表した[22]

人物

名前・愛称

愛称はりかちゃん、チャーミー[1]

名前の「梨華」の由来は「誰からも愛されるリカちゃん人形のような子供に育ってほしい」[23]「チャーミー」の愛称は、『ハロー!モーニング。』の「ハロプロニュース」内で扮したニュースキャスター名の「チャーミー石川」[24]から来ている[要出典]

性格、身体

性格は生真面目でまっすぐ。コンサートのダンスも全曲全力で踊るため毎回体力の消耗が激しいが、本人はそれが全力を尽くす性格によるものだと思っておらず、自分は体力がないのが気になると語った事がある[要出典]

後輩メンバーには厳しく接するとも言われている[25]。石川が欠席した音楽ガッタスのイベントにおいて、ハロプロエッグメンバーに対して、吉澤ひとみが「いいんだよ、今日は石川梨華さんいないんで。普段は梨華ちゃんがうるさいんだよね。ダメ出しが後から。」と述べ、里田まいが「大丈夫だって、ホントに。マジで。(石川は)東京から離れてるから!」と述べるなど話のネタにされている[25]

モーニング娘。のへそファンブック」のメンバー同士のアンケートでは、理想のスタイルとして1位に選ばれている。

過去に新体操をしていたので体が柔らかく、[要出典]Y字バランスが特技である[1]。また、中学生時代はテニス部に所属しており、部長を務めていた[26]

声が高いのが特徴[27]。中学生になったころ友人に「声、作ってんの?」と尋ねられ、特徴のある声であることに気づき、モーニング娘。に加入後、テレビで自分自身の声を聴くようになり、高い声であることに気づいたという[27]

趣味・嗜好

ネイルアートが趣味[1]。よく行くショップは「Life Nail」とブログに書いている[28]。2009年の雑誌「ネイルMAX」8月号では表紙も務めている。

阪神タイガースのファンである[1]関口宏の東京フレンドパークII』に出演した際、「1990年以降、オールスターにファン投票で選ばれた阪神の選手を4人答えなさい」の問題に「新庄亀山オマリーパチョレック」と即答した[要出典]。また、サッカー観戦好きでもある[1]

好きな色がピンク[29]なので、2005年5月7日のモーニング娘。コンサートのアンコールでファンがピンクのサイリュームで卒業を祝った。ネイルアートもピンク系が多い[要出典]

通称「梨華うさ」と呼ばれるウサギの絵が好きで、度々色紙やサインの横に描いている。「梨華うさ」は石川自身のイベントにおけるオリジナルグッズ等として商品化されている[30][31]

鳥類(特にニワトリ)が大の苦手[要出典]。一方で、好きな食べ物に鳥の唐揚げを挙げている[1]

作品

映像作品

  • 梨華&美貴 素顔の17歳 〜メイキング・オブ「17才 〜旅立ちのふたり〜」〜(2003年10月21日)
  • 石川梨華・藤本美貴(モーニング娘。) 「17才 〜旅立ちのふたり〜」(2004年4月21日)
  • アロハロ! 石川梨華 DVD(2007年3月7日)
  • Rika Ishikawa MOST CRISIS! in Hawaii(2009年2月11日)
  • 舞台「東京アリス」DVD(2009年8月12日)
  • RIKA(2010年1月6日)

出演

テレビドラマ

その他テレビ番組

インターネット配信

  • ドガドガ7(youtube、ドガドガ7チャンネル、2008年6月30日 - )

ラジオ

CM

広告

映画

舞台

  • 「何日君再来」イツノヒカキミカエル(2007年5月4日 - 22日、日生劇場 / 5月25日 - 28日、シアター・ドラマシティ) - 美華 役(吉澤ひとみとのダブルキャスト)[注釈 1]
  • 東京アリス(2009年5月8日 - 5月17日、全労済ホール スペースゼロ) - 初主演
  • ミュージカル「オペラ・ド・マランドロ」(2009年7月25日 - 8月21日、東京芸術劇場中ホール / 中日劇場 / シアター・ドラマシティ / 電力ホール) - ルー役
  • 大人の麦茶十七杯目公演「タイガーブリージング」(2010年5月7日 - 11日、紀伊國屋ホール
  • D・Nプロデュース「夏唄日記」 (2010年7月28日 ‐ 8月1日、全労済ホール スペースゼロ / 8月14日 - 15日、広島市南区民文化センター・大ホール)
  • ケータイ刑事 銭形結 「初恋は死の香り!〜愛はかげろうのように殺人事件」(2010年12月29日 - 31日、本多劇場
  • 細雪(2012年4月7日 - 26日、御園座) - 妙子役
  • 水戸黄門(2013年3月3日 - 20日、博多座 / 3月23日 - 31日、新歌舞伎座
  • もしも国民が首相を選んだら(2013年4月24日 - 30日、全労済ホール スペースゼロ)[34]

イベント

  • ファンタ“ふるふるシェイカー”新発売記念イベント(2008年4月20日)[35][36]
  • 石川梨華写真集「Lucky☆」発売記念イベント(2011年1月19日、福家書店新宿サブナード店)[37]

MV

書籍

写真集

  1. Rika Ishikawa(2001年8月2日、竹書房、撮影:田川清美ISBN 978-4812407912
  2. 石川♡梨華(2002年6月22日、ワニブックス、撮影:松田忠雄ISBN 978-4847027178
  3. I(2003年12月24日、ワニブックス、撮影:渡辺達生ISBN 978-4847027871
  4. 華美(hana-bi)(2004年12月10日、ワニブックス、撮影:西田幸樹橋本雅司ISBN 978-4847028366
  5. 石川梨華&道重さゆみ写真集『エンジェルズ』(2005年11月16日、ワニブックス、撮影:くぼた あきひとISBN 978-4847028953
  6. Oui, mon amour(ウィ・モナムール)(2006年12月18日、ワニブックス、撮影:渡辺達生)ISBN 978-4847029813
  7. アビュー(2007年8月22日、ワニブックス、撮影:渡辺達生)ISBN 978-4847040320
  8. 風華(2008年2月20日、角川グループパブリッシング、撮影:根本好伸ISBN 978-4048950145
  9. 華恋(かれん)(2009年1月20日、ワニブックス、撮影:沢渡朔ISBN 978-4847041518
  10. 24(Twenty Four)(2009年12月24日、ワニブックス、撮影:西田幸樹、緒方秀美ISBN 978-4847042232
  11. Lucky☆(2011年1月19日、ワニブックス、撮影:根本好伸)ISBN 978-4-8470-4336-9
  12. 華心 〜hanagocoro〜(2012年1月27日、ワニブックス、撮影:渡辺達生)ISBN 978-4-8470-4431-1

その他

  • 「青春ばかちん料理塾」&「17才 〜旅立ちのふたり〜」ビジュアルブック(2003年8月8日、講談社ISBN 978-4063645231
  • フォト&エッセイ「石川梨華 幸せのあしあと ハッピー!」(2005年7月1日、光文社) ISBN 978-4334901271
  • フォト&エッセイ「国語、算数、梨華、歴史!」(2013年2月8日、エンターブレイン) ISBN 978-4047287549

所属ユニット

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当初は辻希美とのダブルキャストの予定だったが、辻が降板したため、吉澤が代役を務めた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 石川梨華プロフィール”. J.P room. 2013年12月4日閲覧。
  2. ^ 【ジェイピィールーム株式会社】”. 2013年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 能地2002 p.68
  4. ^ 能地2002 p.159
  5. ^ a b 『新訂 現代日本人名録2002 1 あ〜かと』 日外アソシエーツ2002年、535頁。ISBN 4-8169-1695-4
  6. ^ a b c d e 能地2002 p.74
  7. ^ 能地2002 p.197
  8. ^ a b 能地2002 p.198
  9. ^ a b 能地2002 p.72
  10. ^ 能地2002 p.69
  11. ^ a b c 能地2002 p.73
  12. ^ 能地2002 p.199
  13. ^ 能地2002 pp.73-74
  14. ^ 能地2002 p.76
  15. ^ 能地2002 p.201
  16. ^ a b 石川梨華が新ユニット「美勇伝」結成、9月デビュー(SANSPO.COM)” (2004年8月10日). 2005年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月17日閲覧。
  17. ^ 驚天動地、HANGRY & ANGRYの正体は吉澤ひとみと石川梨華だった(BARKS)”. アイティメディア (2009年9月30日). 2011年8月7日閲覧。
  18. ^ キュートでクールなヴィジュアル系ユニット、HANGRY & ANGRYを知ってる?(Yahoo!ミュージック)” (2009年11月18日). 2011年8月7日閲覧。
  19. ^ 祝25歳!石川梨華がモバゲー日記スタート(ナタリー)”. 株式会社ナターシャ (2010年1月19日). 2011年8月7日閲覧。
  20. ^ 「LOVEマシーン」現象再び、元モーニング娘。メンバーによる夢の“ドリーム モーニング娘。”(BARKS)”. アイティメディア (2011年1月31日). 2011年8月7日閲覧。
  21. ^ 石川梨華 (2011年11月9日). “はじめまして!”. サイバーエージェント. 2011年11月11日閲覧。
  22. ^ Vリーグ機構ツイッター. “排球大使(アンバサダー)を発表しました!”. 2013年11月19日閲覧。
  23. ^ ありがとうの日”. 石川梨華オフィシャルブログ「Happy」Powered by Ameba (2012年1月19日). 2013年12月4日閲覧。
  24. ^ 2000年度に放送の「チャレモニ」でも同じ名称を使用していた。
  25. ^ a b 石川梨華、実は後輩にキビシイ? 吉澤&里田がポロッと暴露!? 音楽ガッタス初握手会(後編)”. BARKS. アイティメディア (2007年9月17日). 2011年12月14日閲覧。
  26. ^ ASAYAN : モ娘。” (2000年4月9日). 2013年12月5日閲覧。
  27. ^ a b 能地2002 p.75
  28. ^ おにゅ~☆”. 石川梨華オフィシャルブログ「Happy」Powered by Ameba (2011年12月13日). 2013年12月4日閲覧。
  29. ^ いよいよ”. 石川梨華オフィシャルブログ「Happy」Powered by Ameba (2012年2月23日). 2013年12月4日閲覧。
  30. ^ 石川梨華ファンクラブイベント~梨華コラ。~ オリジナルグッズ”. ハロー!プロジェクトオフィシャルファンクラブ. 2013年12月4日閲覧。
  31. ^ しょっぱいね☆”. 石川梨華オフィシャルブログ「Happy」Powered by Ameba (2012年9月9日). 2013年12月4日閲覧。
  32. ^ 石川梨華さん、柳屋本店とイメージキャラクター契約”. 柳屋本店 (2012年2月27日). 2012年9月19日閲覧。
  33. ^ つんく♂プロデュース映画『篤姫ナンバー1』制作発表会、石川梨華は歴史の匂いに思わずクンクン(BARKS)”. アイティメディア (2011年6月21日). 2011年12月14日閲覧。
  34. ^ 全労済ホール / スペース・ゼロ提携公演「もしも国民が首相を選んだら」”. ハロー! プロジェクト オフィシャルサイト (イベント). 2013年2月26日閲覧。
  35. ^ 石川梨華、「ファンタ“ふるふるシェイカー”新発売記念イベント」にますだおかださん、スピードワゴンさんと1日限定ダンスユニットを結成して出演!!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2008年4月21日). 2011年8月7日閲覧。
  36. ^ 井戸田潤「育児放棄してないわ」 ファンタ新製品イベント(毎日jp)”. 毎日新聞 (2008年4月20日). 2008年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月7日閲覧。
  37. ^ 石川梨華が26歳の誕生日「王子様はまだ現れません(笑)」(Web De-View)”. オリコン・エンタテインメント (2011年1月19日). 2011年8月7日閲覧。

参考文献

外部リンク

先代:
飯田圭織
タンポポリーダー
2002年9月23日 -
次代:
-