チェリー (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェリー
スピッツシングル
収録アルバム インディゴ地平線
B面 バニーガール
リリース 1996年4月10日
規格 CDシングル
録音 1996年1月 - 2月
ジャンル ポップ、ロック
時間 420
レーベル ポリドール
作詞・作曲 草野正宗
プロデュース 笹路正徳&スピッツ
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年4月・5月度月間3位(オリコン)
  • 1996年6月度月間9位(オリコン)
  • 1996年度年間4位(オリコン)
  • 登場回数27回(オリコン)
スピッツ シングル 年表
涙がキラリ☆
1995年
チェリー
(1996年)

(1996年)
ミュージックビデオ
「チェリー」 - YouTube
テンプレートを表示

チェリー」は、日本ロックバンドスピッツの楽曲で、通算13作目のシングル1996年4月10日ポリドールより発売。初回盤のみシール仕様。

概要[編集]

前年から行なわれたツアーの最中に作られた曲。歌詞は地に足をついてテクテク歩いていくというイメージで、新たな旅立ちを表している。これについて草野は、このツアーでたくさんの地方を行き来した経験が大きく影響していると語る。ノンタイアップながら発売から4週目に1位を獲得。ミリオンセラーを記録し、「ロビンソン」とほぼ同枚数を売り上げた。また、当初は「びわ」というタイトルだった。

タイトルの由来について、草野は「僕たちチェリーボーイズと言うことで……」と回答しており[1]、後に「(ヴァージンという意味もあるが)桜は春に咲く花、そういう意味でも何かから抜け出す、出発するようなイメージ」[2]と答えている。

最初は違ったリズムパターンでレコーディングされていたが、ミックスダウン後、草野の提案によりリズムトラックのみ録り直された。コーラスは全て草野によるものである。

一時期、ライブでは、3番「ぼくを待ってる」を「君を待ってる」や「ぼくらを待ってる」と換えて披露することがあった。

PVは短時間で撮影された。映像は室内で演奏するシンプルな形であり、室内とメンバーの服装は白や明るい鮮やかな色を中心にコーディネートされている。ただし、カット割りなしのオール1カットの計算された作品となっている。

JOYSOUNDの発表しているカラオケ年間ランキングでは、21位(2012年)、12位(2013年)、19位(2014年)にランクインしている。[3][4][5]

収録曲[編集]

  1. チェリー作詞作曲草野正宗編曲笹路正徳&スピッツ
    収録アルバム:『インディゴ地平線』、『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
  2. バニーガール(作詞、作曲/草野正宗、編曲/笹路正徳&スピッツ)
    収録アルバム:『インディゴ地平線』(別ミックスで収録)

チェリースタンプ[編集]

シングルのジャケットはメンバーの横顔の切手が並べられたものであるが、初回盤には切手型のシールが直接ジャケットに貼られている。また、7thアルバム『インディゴ地平線』の初回盤のオレンジトレーを外すと、中に入っているバックインレイにポストカードが印刷されており、その切手を貼るスペースが存在する。

限定7インチシングル[編集]

チェリー
スピッツシングル
B面 空も飛べるはず
リリース 1996年7月7日
規格 EP(7インチ 45r.p.m.)
ジャンル ポップ、ロック
レーベル ポリドール
作詞・作曲 草野正宗
スピッツ シングル 年表
ロビンソン
1995年
チェリー
(1996年)

1997年
テンプレートを表示

前年に発売されたアナログ盤「ロビンソン」(B面は「涙がキラリ☆」)に続き、ヒット曲をカップリングしたEPシリーズ“GOLDEN HIT SERIES”の二作目として、1996年7月7日に、アナログ盤(7インチシングル)として限定発売された。B面には、1994年の作品ながら、同年1月にドラマ「白線流し」に起用されチャートに急浮上し大ヒットとなった「空も飛べるはず」を収録。ジャケットは、ラムネ菓子ペッツのスピッツモデルの写真。

本作の発売日には、もともとはシングル「」が発売される予定であったが延期となった。しかし、前年の同日に発売した「涙がキラリ☆」に引き続き、七夕には何かを発売したいというメンバーの要望により、本作の発売が決定した。

収録曲[編集]

A面  チェリー
B面  空も飛べるはず

キャンペーンソング[編集]

  • 2006年3月から3ヶ月にわたり、FM802のキャンペーンソングとして起用。新しい春のスタンダードソングとして再びオンエアされた。また、スピッツのほかに多くのアーティストがカバーした音源が、FM802の放送、および着うたでのみ公開された。
  • 主なカバーアーティストは以下のとおり。
    押尾コータローKAN斎藤誠少年ナイフ、SALT & SUGAR(佐藤竹善塩谷哲によるユニット)、スキマスイッチScoobie DoSEX MACHINEGUNSCHABAつじあやの東京60WATTSBONNIE PINKPUFFYPOLYSICSaiko伴都美子(以上、順不同)
  • 2006年5月24日、この楽曲をカバーしたアーティストが集まってのオムニバス・イベント『COLORS OF CHERRY』が開催され、ゲストとしてボーカルの草野も参加した。
  • 2014年までに音源化されているものと収録作品名は以下のとおり(順不同)。押尾コータロー、少年ナイフ、スキマスイッチ、Scoobie Do、BONNIE PINK、aikoの各バージョンは正式に音源化されていない。
    • KAN - 2006年のシングル「世界でいちばん好きな人」
    • 斉藤誠 - 2007年のシングル「天気雨」
    • SALT & SUGER - 2009年のアルバム「Interactive」
    • SEX MACHINGUNS - Anchang 名義の2007年のシングル「コブラツイスト」
    • CHABA - 2006年のシングル「涙」
    • つじあやの - 2004年のアルバム「COVER GIRL」
    • 東京60WATTS - 2006年のミニアルバム「Clover」
    • PUFFY - 2002年のアルバム「THE HIT PARADE
    • POLYSICS - 2002年のアルバム「一期一会 Sweets for my SPITZ

主なカバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]