ASAYAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASAYAN
ジャンル バラエティ番組
放送時間 日曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1995年10月1日 - 2002年3月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
プロデューサー 川原慎(第1回 - 1996年12月)
佐藤哲也(1997年1月 - 2001年3月)
桜井卓也(2001年4月 - 最終回)
出演者 ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
永作博美
中山エミリ
ほか
音声 ステレオ放送

特記事項:
第1回から半年間は2部構成#概要・来歴を参照。
テンプレートを表示

ASAYAN(あさやん)は、テレビ東京1995年10月1日から2002年3月24日まで毎週日曜日21:00 - 21:54(JST)に放送されていたバラエティ番組である。部類はリアリティ番組になる。

「夢のオーディションバラエティー」として、小室哲哉つんく♂などのプロデュースで、鈴木亜美モーニング娘。CHEMISTRYなど数多くのアーティストやタレントを輩出した。

概要・来歴[編集]

この番組のルーツは、1992年にスタートした『浅草橋ヤング洋品店』であり、それが1995年10月1日に『ASAYAN』にリニューアルされた。前半は浅草キッドがメインMCの「浅ヤン」を、後半に小室哲哉がプロデュースし、ナインティナインらが司会を務めるオーディションコーナー「コムロギャルソン」をスタートさせた。担当ディレクターには独特なカット割りとテロップに句読点を多用するタカハタ秀太が就任した。また、電通のプロデューサーが製作現場に常駐し、テレビ東京の番組でも大きなタイアップを採れることになった。

1996年3月に伊藤輝夫(テリー伊藤)が番組の演出を降板(同時に「浅ヤン」終了、浅草キッドも降板)し、翌4月にこれまでの構成から「コムロギャルソン」の拡大と共に視聴者の夢を叶えるナインティナイン司会の「夢のオーディションバラエティー」へと変貌していった。

番組からは小室哲哉プロデュースで鈴木亜美(当時の鈴木あみ)やKABA.ちゃんもメンバーとして在籍していたdos、泣き虫デザイナーとして人気を得たごあきうえなどを生み出した。

そして、1998年シャ乱Qのつんく♂がプロデュースしたモーニング娘。が大いに話題を呼び、その後の「ハロー!プロジェクト」のプラットフォーム(基礎)を作った。また、アイドルだけでなく本格派ボーカリストも輩出しようとし、結果的にCHEMISTRYをブレイクさせることにも成功した。

松澤由美move(→m.o.v.e)のヴォーカル・yuriEXILEATSUSHINESMITHなど、この番組でのオーディションで落選した参加者が、プロダクションやレコード会社などの制作者側に才能を認められて、別口でデビューした例は多い。また、モーニング娘。の追加メンバーオーディションを倖田來未が受けていたといったエピソードもある。あるいは、FBIとしてデビューした大泉めぐみが後にshelaとして再デビューしたり、route0チェ・スヨンが後に少女時代のメンバーになったというケースもある。

一時期、2000年12月の1か月間はBSジャパンでも放送されていたが、日本音楽事業者協会音楽制作者連盟著作権肖像権問題で折り合いが付かず、打ち切りとなった。

2001年4月にタカハタ率いる制作スタッフが降板した事により、番組のタイトルロゴ・セット・ナレーターのすべてが一新され、吉本興業と読売テレビ系の番組制作会社ワイズビジョンが制作協力に加わった。

2002年3月24日に最終回を迎え、「浅草橋ヤング洋品店」時代を含めた10年間の放送に幕を閉じた。最終回ではナインティナインの岡村が「浅ヤン」時代の実験を思い出す場面もあった。

エピソード[編集]

  • 番組開始初期に「コムロギャルソン」のスタジオ(東京メディアシティ・K1スタジオ)で浅草キッドが登場して「浅ヤン」を放送し、観客や当時のナレーターだった川平慈英は騒然だった。
  • 「浅ヤン」の企画「畠山みどり借金返済」にて、畠山みどりが「コムロギャルソン」のオーディションに応募するといった展開があったが、この一部始終は「浅ヤン」の方でしか放送されなかった。
  • 1998年1月下旬は関東地方に大雪が降ったため、観客の安全確保により、観客なし・MC3人は椅子に座りハンドマイク(マイクキャップの形はフジテレビなどと同じキャップ)を持ちながら収録された。この日は「ヴォーカリストオーディションファイナル」の1次電話投票があった。なお、マイクキャップは丸型のキャップだった時期もあったが、MCがマイクキャップ付きのマイクを持ったのは「コムロギャルソン」後期と永作中期まで続いた。
  • 1999年12月5日のモーニング娘。石黒脱退では、通常のスタジオではなく別のスタジオで観客なしで収録した。また、この日の深夜の「TXNニュース」のラストでも紹介された。
  • 1999年には収録中にナインティナイン岡村隆史が収録中に(「太陽とシスコムーン」新展開発表前)肩に止まったハエを追い払おうとしたところ右肩から転落し、右肩を骨折した事件もあった。その後、岡村復帰までマルチは岡村の顔アップ画像を写した。
  • モーニング娘。が絶頂期を迎えた頃、2000年4月2日から9月10日までは、『ハロー!モーニング。』の後にこの番組の再放送(1週遅れ)が行われていた。また、10月1日から終了まではこの番組の後に『期間限定!ピカピカ天王洲LIVE』→『MUSIX!』が放送されていた(期間中でも『MUSIX!』は特番を組んで本番組を休止したり、2001年8月26日には『モーニング娘。LOVEオーディション21』という特別番組を放送させ本番組と『MUSIX!』を休止した事がある。)。
  • 開運!なんでも鑑定団TVチャンピオンクイズ赤恥青恥ポケットモンスターなどと並ぶ、90年代後半を代表するテレビ東京の看板番組であり、放送日が国政選挙当日であっても時間を変更して通常通り放送された。
  • 川平慈英のこの番組におけるナレーションでの決まり文句「いいんです!」は兄のジョン・カビラ都並敏史とのやり取りの中で使っていたのを川平が拝借したものである。ちなみに、都並は読売ユース時代のチームメイト。
  • 後にも先にも最もギャラの良かった仕事だったと岡村が述べている[1]
  • 2014年3月2日放送の『50年のモヤモヤ映像大放出!』にて、初代モーニング娘。の出演映像が取り上げられた。

MC[編集]

※永作降板から中山就任の間、及び岡村の入院療養時は当時のモーニング娘。のメンバーがMCを務めた(永作降板から中山就任までは安倍なつみ福田明日香矢口真里中澤裕子[2]が岡村入院療養時は中澤裕子市井紗耶香が担当)。

ナレーター[編集]

番組で活躍したアーティスト・タレント[編集]

大リーガーオーディション[編集]

Jリーガーオーディション[編集]

コムロギャルソン[編集]

CM美少女/美女オーディション[編集]

乱発オーディション[編集]

  • マックス松浦
    • 合格者
    • 最終候補者
      • yuri(1月度落選〔合格者なし〕。その後木村貴志に見い出され、moveでデビュー)
      • 松村由美(2月度〔3人目〕落選。その後別のオーディションを経て、mju:→myu:でデビュー)
      • 藤原岬(2月度〔3人目〕落選。その後ソロ活動を経て、アカシアオルケスタでメジャーデビュー)
      • 守永初美(3月度〔4人目〕落選。その後デビュー)
    • スタジオオーディション出演者

男子高校生オーディション[編集]

モデルオーディション[編集]

男性ヴォーカリストオーディション[編集]

再起に懸ける芸能人オーディション[編集]

女性ロックヴォーカリストオーディション[編集]

ヴォーカリストオーディションファイナル[編集]

芸能人新ユニットオーディション[編集]

パシフィック・ドリーム・ポップシンガーコンテスト[編集]

小室哲哉オーディション1999[編集]

世界に羽ばたくファッションデザイナーオーディション[編集]

世界標準[編集]

男子ヴォーカリストオーディション[編集]

敗者復活オーディション[編集]

ラッパー[編集]

超歌姫[編集]

日韓アイドル[編集]

浜崎あゆみダンサー[編集]

ViVi専属モデル[編集]

映画俳優[編集]

女流カメラマン[編集]

  • 柳明菜(グランプリ・当時高校在学中)

グラビアアイドル[編集]

番組ネット局[編集]

同時ネット局[編集]

※は独立UHF局

遅れネット局(途中打ち切り及び途中から番組開始の局あり)[編集]

TBS系列、■フジテレビ系列、▲日本テレビ系列

主なスタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『なるみ・岡村の過ぎるTV』2013/11/24放送
  2. ^ 中澤は3人ともコンビを組んだが矢口は中澤とだけコンビを組んだ

外部リンク[編集]

  • asayan.com公式サイト(放送終了後=2002年4月以降のコンテンツは番組とは無関係)
テレビ東京 日曜21:00台
前番組 番組名 次番組
浅草橋ヤング洋品店
(1992年10月 - 1995年9月)
ASAYAN
(1995年10月 - 2002年3月)
ハマラジャ
(2002年4月 - 9月)