篠原涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しのはら りょうこ
篠原 涼子
本名 市村 涼子 (旧姓:篠原)
(いちむら りょうこ)
生年月日 1973年8月13日(41歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県桐生市
身長 162cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
活動期間 1989年 -
配偶者 市村正親
事務所 イー・コンセプト
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
ドラマ
光とともに…
anego
アンフェア
ハケンの品格
ラスト♡シンデレラ
映画
冷静と情熱のあいだ
Jam Films けん玉』
THE 有頂天ホテル
アンフェア the movie
アンフェア the answer
CDシングル
恋しさと せつなさと 心強さと

篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優。元歌手。元東京パフォーマンスドールのメンバー。本名、市村 涼子(いちむら りょうこ)、旧姓、篠原。愛称は、涼たん涼子たん

群馬県桐生市広沢町[要出典]出身、イー・コンセプト所属。夫は俳優の市村正親

略歴[編集]

1989年『高速戦隊ターボレンジャー』(テレビ朝日系)第33話「奪え! 洋平の顔」にて、武蔵野学園の生徒役でゲスト出演した。

1990年4月、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」 (TPD) の初代メンバーとして参加し、5月21日「ジャスト・ライク・マジック」をグループ内の3人組ユニット「ゴルビーズ」名義で発売し歌手として芸能界デビュー。

1991年12月より、フジテレビのバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演し、様々なコントに挑戦する。アイドルでありながら汚れ役も嫌がらない姿勢が人気を博し、タレントとして知名度を得る。

1994年7月、小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義で「恋しさと せつなさと 心強さと」(長編アニメーション『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発表、2年越しのロングヒットで売上220万枚を超えるメガヒットとなり、その年の『NHK紅白歌合戦』に出場。

1994年9月、東京パフォーマンスドールを卒業。1995年8月発売の2ndソロアルバムを最後に小室ファミリーも離れ、ソロ歌手としての活動は続けるが、人気とともに売上げは低下し、かつてのようなヒットにはめぐまれず、タレントとしても低迷の時期を過ごしたが、2001年から本格的に女優に移行し、徐々に人気が回復。

2004年、初主演した連続ドラマ『光とともに…〜自閉症児を抱えて〜』(日本テレビ)で自閉症児の母親役を演じた。同クールにドラマ『アットホーム・ダッド』(関西テレビ)にも出演し、2作品のドラマを掛け持ちした。

2005年、ドラマ『anego』(日本テレビ)に主演。同年ドラマ『ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜』(日本テレビ)でアルコール依存症の女性役を演じ、その演技が評価され、第31回放送文化基金賞番組部門個別分野出演者賞を受賞。

2006年、ドラマ『アンフェア』(関西テレビ)に主演。ドラマ『花嫁は厄年ッ!』(TBS)ではかつてフジテレビのドラマ『マザー&ラヴァー』で共演する予定だった女優・岩下志麻と共演が実現。同年の『24時間テレビ』(日本テレビ)でチャリティパーソナリティーを務めた。

2007年、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ)に主演。3月劇場公開の映画『アンフェア the movie』で初の映画主演を務める。同年6月1日、2006年以降の活躍や演技により第44回ギャラクシー賞個人賞を受賞する。

2005年12月8日、市村正親結婚(2010年8月に結婚式を挙げた)。2007年11月、所属事務所を通して妊娠4ヶ月であることを発表、2008年5月10日に第1子である長男を出産した[1]

2009年9月、日本テレビ系ドラマ『働くゴン!』でドラマ復帰。また復帰後初のバラエティ番組として『ぐるぐるナインティナイン』の「グルメチキンレース・ゴチになります!」に出演した。2010年5月ドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』(フジテレビ)で3年振りの連続ドラマ出演。同年10月連続ドラマ『黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-』(日本テレビ)で主演をした。2011年9月劇場公開の映画『アンフェア the answer』に主演。

2011年9月、第2子の妊娠(妊娠3ヶ月)が報じられた。2012年2月22日、次男を出産したことを発表した[2]

2012年9月に東野圭吾ミステリーズ 第10話『二十年目の約束』(フジテレビ)の主演でドラマ復帰。2013年4月連続ドラマ『ラスト♡シンデレラ』(フジテレビ)に主演した。

人物[編集]

桐生第一高等学校中退[要出典]

生家の家族は父親と兄・姉。母親は篠原が2歳の頃に交通事故で亡くなっている。以来、父親の男手ひとつで兄姉とともに育てられる。篠原の得意とする料理も父親から伝授されたもの。そんな環境からか、篠原にはファザコンの一面も見られる。父は篠原の結婚式を見届けた数日後に亡くなった。

なお、結婚については、相手の市村が24歳6か月も年長であり、離婚歴もあったことから、当初父親に反対されたとのことだが、最終的には許可されたという(なお、プロポーズしたのは市村である)。

歌手中森明菜を厚く信奉する後輩タレントの一人としても知られ、デビューのきっかけとなったオーディションではその憧れの中森明菜の「スローモーション」を歌って合格した。

16歳でデビューしてからブレイクするまでは、寿司屋でアルバイトをしていたこともある。これはTPDのプロデュースの一環として事務所からの指示であった面もある。

小室ファミリー・日本の女性歌手のシングルCDで初めてダブルミリオン(200万枚の売り上げ)を記録した歌手でもある(1994年発売の「恋しさと せつなさと 心強さと」)。

演じる役の幅が広く[3]、その演技力が評価され、ザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演女優賞を2度、主演女優賞を5度受賞。

ドラマ『ハケンの品格』でのイメージや演技が認められ、2007年・2008年明治安田生命産業能率大学がそれぞれ新入社員に対して行った「新入社員からみた女性上司の理想像」の第一位に選ばれた。

キャラクター[編集]

  • 天然ボケ
    • バラエティ番組などで天然ボケの一面を見せることがあり、共演していた中居正広が中指を複雑骨折した時、「それ、突き指?」と言うほど。『空飛ぶグータン』で、井上和香と大阪は暖かかったと話した際に「(大阪は)南の方だから(暖かかった)かな?」と言って、「西じゃないんですか?」と訂正されたり、尾崎豊の楽曲「15の夜」のサビを「すさんだバイクで走り出す〜」と思いっきり間違えて歌ったりしている(本当は「すさんだ」ではなく「盗んだ」)。『ダウンタウンのごっつええ感じ』で九九が判らないことや、「鼻」を「身」、「野球」を「屋米」(「米」になった理由は、「球」の「求」の部分を書きたかったとの事)、「芸能人」を「態人」と書くなど、漢字を知らないことも判明した。
  • 下ネタ好き
    • レギュラーを務めていた『空飛ぶグータン』では、三船美佳仲根かすみと何の恥じらいもなく「アソコってかなり敏感じゃない?」と言ったり、城之内早苗が寮の一人部屋に何故か布団が二つ敷いてあったと語ると「誰か呼び込んで『どうぞ』みたいな?」と発言している(後に城之内は河合その子と相部屋だったと語っている)。また、叶恭子が「早い時はすぐに終わる」と、男と会う時間の話をしていたら何を勘違いしたのか「早いって何が!?」と一人で大騒ぎしだしたりもした。『ダウンタウンのごっつええ感じ』にて放送されたコント「キャシィ塚本」シリーズにおいては、キャシィを演じる松本人志から過激な下ネタを浴びせられることが多々あったが、ここではその下ネタに取り合わず呆れる姿を演じている。

その他[編集]

ダウンタウンのごっつええ感じ』のレギュラーだった頃、自分のことを「オードリー涼子」と言っていた。ホンコンから罰ゲームでキスを無理やりされたり、料理番組のパロディで松本人志に頭を小突かれて涙を流したりなどしたが、歌番組が少なかった時代に芸能界における自分のキャラクターをこの番組を含めたバラエティ番組において確立していくことになった。

タモリは篠原を「しのりょう」と呼んでいる。これは人気低迷期に『笑っていいとも!』に出演した際、キムタクに引っかけたジョークでタモリが電話で「よう、しのりょう!」と呼んだことに対して本人が「私は名前で呼ばれるだけで、ニックネームがないのでうれしい」と返答したことが発端となり、出演当日に「アムラー」のように自分も「シノラー」と呼ばれてみたかったのに、そのニックネームを後発デビューの篠原ともえに先に取られてしまったことを相談した結果、タモリから新しいニックネームとして提案されたもの。TPD時代にも「しのりょう」と呼んでいたファンが多かった。

近年では『anego』や『アンフェア』、『ハケンの品格』といった主演ドラマが軒並みヒットするなど、女優としての活動が目立つ。『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した際、木梨憲武に「篠原さんの本業は何ですか?」と聞かれると、「本業は歌手です」と答えているが、事実上、歌手活動はすでに辞めている。しかし、2007年に『僕らの音楽』に登場し、伊藤由奈との対談相手として久しぶりの音楽番組出演となった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

声の出演[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

写真集[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 恋はシャンソン 作詞・作曲:N.Scornik・J.P.Bourtayre、日本語詞・編曲:inVoice (1991年1月21日
    c/w カメレオン・カフェ(TIRAMISU MIX) 作詞・作曲:Angelo La Bionda・Carmelo La Bionda、日本語詞:神野々子、編曲:T.Tashiro-MST
  2. スコール 作詞:石嶋由美子・小林徹、作曲・編曲:ゴンザレス三上(1992年7月22日
    c/w バード 作詞:小林徹、作曲・編曲:ゴンザレス三上
  3. Sincerely 作詞:松井五郎、作曲・編曲:中崎英也(1994年2月2日
    c/w moonlight call 作詞:松井五郎、作曲・編曲:中崎英也
  4. 恋しさと せつなさと 心強さと 作詞・作曲・編曲:小室哲哉 (1994年7月21日)篠原涼子 with t.komuro
    c/w GooD-LucK 作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    東映ストリートファイターII MOVIE』主題歌
    200万枚を超える大ヒット
    ここまでCha-DANCEレーベル
  5. もっと もっと… 作詞・作曲:小室哲哉、編曲:小室哲哉・久保こーじ(1995年2月8日)篠原涼子 with t.komuro
    マンダム CMソング
    c/w 夏の日 作詞:小室哲哉、作曲・編曲:久保こーじ
  6. Lady Generation 作詞・作曲・編曲:小室哲哉 (1995年8月2日
    ファミリーマートCMソング ※小室哲哉プロデュースはこの作品で終了
    c/w Lady Generation(Club Mix)
  7. ダメ! 作詞・作曲:井上陽水、編曲:CHOKKAKU(1995年11月22日
    c/w Happy Hour 作詞:真間稜、作曲:村松邦男、編曲:松本晃彦 ※CD購入特典として抽選で「ダメ!」の8cmシングルCDジャケットをプリントしたトランプが存在していた。
  8. 平凡なハッピーじゃ物足りない 作詞・作曲:広瀬香美、編曲:CHOKKAKU(1996年5月22日
    ファミリーマートCMソング
    c/w 黄色いシグナル 作詞:川咲そら、作曲:広瀬香美、編曲:田辺恵二
  9. しあわせはそばにある 作詞:秋元康、作曲:寺田一郎、編曲:CHOKKAKU(1996年8月21日
    c/w 愛が痛いよ 作詞:藤原ようこ、作曲:寺田一郎、編曲:EBBY
  10. パーティーをぬけだそう! 忌野清志郎と篠原涼子 作詞・作曲・編曲:忌野清志郎(1996年11月25日
    c/w クリスマス・モーニング 作詞:忌野清志郎・篠原涼子、作曲・編曲:忌野清志郎
    c/w つらい恋とカプチーノ 作詞・作曲:忌野清志郎・篠原涼子、編曲:忌野清志郎
  11. Goodbye Baby 作詞:松井五郎、作曲・編曲:小森田実(1997年7月1日
    c/w Destiny 作詞・作曲:篠原涼子、編曲:朝本浩文、コーラスアレンジ:佐々木久美
  12. BLOW UP 作詞:KOHEY・松井五郎、作曲・編曲:KOHEY (1998年4月22日
    グンゼ BODY WILD CMソング
    c/w Talk to myself 作詞:篠原涼子、作曲・編曲:朝本浩文
  13. a place in the sun 作詞:前田たかひろ、作曲:上田知華、編曲:水島康貴(1998年10月1日
    映画『ベル・エポック』主題歌
    c/w a place in the sun(Movie Version)
    ここまでエピックレーベル
  14. リズムとルール 作詞:鈴木祥子、作曲:L.SOUL、編曲:村山晋一郎・村田陽一(2000年3月8日
    テレビ朝日ドラマ『おばあちゃま、壊れちゃったの?』主題歌
    c/w 夜空に隠して 作詞:篠原涼子、作曲・編曲:キハラ龍太郎
  15. someday somewhere 作詞:篠原涼子、作曲: 日下賢司、編曲:中野定博(2001年8月22日
    テレビ朝日ドラマ『早乙女タイフーン』挿入歌
    c/w i love b 作詞:H.U.B.、作曲: 日下賢司、編曲:大川達之
    c/w someday somewhere (ultra bossa mix)
  16. Time of GOLD椎名純平 with 篠原涼子(2003年5月21日
    カナダドライ ジンジャーエール CMソング

アルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン 備考
1993年1月15日 RYOKO from Tokyo Performance Doll 63 初回盤シースルートレイ仕様・全10曲
1995年8月21日 Lady Generation 〜淑女の世代〜 1 ヒットシングル3曲を含む全12曲
1997年11月1日 Sweets-Best of Ryoko Shinohara- 20 初回限定ピクチャーレーベル仕様・全14曲
※1996年10月頃にオリジナルアルバムの発売予定[5]があったが、結局発売されなかった。

VHS[編集]

  1. Lady Generation Video(1995年10月1日)- 2003年にDVDでリリースされた。
  2. Lady Generation Live(1996年1月21日)
  3. Piece of Sweets(1998年5月30日)

プレイステーション[編集]

ガボールスクリーン(1996年12月6日 - アンティノスレコード)

小室哲哉がプロデュースしたプレイステーション用ソフト。未CD化の楽曲「waiting for...」が収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「篠原涼子が男児出産」サンケイスポーツ 2008年5月11日閲覧
  2. ^ “篠原涼子が第2子出産「元気な男の子」”. サンケイスポーツ. (2012年2月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/120222/gnb1202222335002-n1.htm 
  3. ^ 『日経エンタテインメント』2004年12月号 テレビ証券より
  4. ^ 映画『ONE PIECE FILM Z』ゲスト声優発表、セクシーな女科学者に篠原涼子!”. マイコミジャーナル. 2012年8月3日閲覧。
  5. ^ 雑誌『GiRLPOP vol.21/1996』(ソニー・マガジンズ発行)インタビューより。

外部リンク[編集]