アンフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンフェア
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
演出 小林義則
髙橋伸之
植田泰史
根本和政
原作 秦建日子
(『推理小説』より)
脚本 佐藤嗣麻子
出演者 篠原涼子
瑛太
加藤雅也
阿部サダヲ
濱田マリ
寺島進
西島秀俊
香川照之
音声 ステレオ放送
連続ドラマ
放送時間 火曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2006年1月10日 - 3月24日(11回)
プロデューサー 吉條英希(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
エンディング 伊藤由奈Faith
外部リンク フジテレビ番組基本情報
アンフェア the special
『コード・ブレーキング〜暗号解読』
放送時間 火曜日21:00 - 23:18(138分)
放送期間 2006年10月3日(1回)
アンフェア the special
『ダブル・ミーニング 〜二重定義』
放送時間 金曜日21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2011年9月23日(1回)
外部リンク 公式サイト
『ダブル・ミーニング Yes or No?』[1]
放送時間 金曜日21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2013年3月1日(1回)
テンプレートを表示

アンフェア』(UNFAIR)は、2006年1月10日から3月21日まで毎週火曜日22:00 - 22:54[2]に、関西テレビ制作・フジテレビ系の「火曜22時枠」で放送された日本のテレビドラマ。主演は篠原涼子

および、この続編となったスペシャルドラマ、映画、スピンオフドラマなどを包括するシリーズ名。

概要[編集]

検挙率No.1でバツ1子持ちの美人刑事雪平夏見が次々と発生する3つの事件に立ち向かう姿を描く。原作秦建日子小説推理小説』だが、最初の事件のみ原作を扱って描かれており、中盤以降の2つの事件はドラマのオリジナルシナリオである。ドラマ全11話の中で、事件エピソードIからIIIまで分かれる。

放送終了後も反響が大きくファンからも続編、復活希望の要望がHPに寄せられた。これを受けて2006年10月3日にSPとしてアンフェア the special 『コード・ブレーキング〜暗号解読』として連続ドラマ版の続編が放送された。放送時間は、21:00-23:18。映画版のプロローグとして描かれており、スタッフロール終了後に新たな事件(映画版)への伏線となる場面があらかじめ挿入されていた。2011年には劇場版2作目が公開され、北乃きい主演のスピンオフドラマ『アンフェア the special〜ダブル・ミーニング 二重定義〜』が「金曜プレステージ」枠で放送された。

  • テレビシリーズ アンフェア 全11回(2006年1月10日-2006年3月21日放送)
  • テレビスペシャル アンフェア the special 『コード・ブレーキング〜暗号解読』(2006年10月3日放送)
  • 劇場版 アンフェア the movie2007年3月17日公開)
  • 劇場版 アンフェア the answer2011年9月17日公開)
  • テレビスペシャル アンフェア the special『ダブル・ミーニング 〜二重定義』(2011年9月23日放送)
  • テレビスペシャル 『ダブル・ミーニング Yes or No?』(2013年3月1日放送)[1]

登場人物[編集]

警察関係者[編集]

雪平 夏見〈33〉
演 - 篠原涼子
警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査四係主任 警部補→【SP版・the movie】警視庁公安部公安総務課主任 警部補。
【sp版ダブル・ミーニング 二重定義・the answer以前】警視庁刑事部捜査一課特殊班 警部補。【the answer】北海道警西紋別警察署刑事課主任 警部補。
捜査一課に配属される前は1995年には交通課、1996年に巡査部長昇任後刑事課に、1999年に警部補昇任時に駒沢署の刑事課に配属。1997年に和夫と結婚、美央を出産した(アンフェア the movieパンフレットより)。
15年前に優秀な刑事であった父を殺した犯人を突き止めるために短期大学から警察学校を卒業後警察官になる。大酒飲みで男勝りの性格をしており、一人暮らしで"無駄に美人"。5年前に起こした「未成年射殺事件」をきっかけに夫・佐藤和夫とは離婚し、娘の美央と離れて暮らしている。ただし、事件以前から家庭を顧みなかったことも離婚原因の一つであるともいえる。女性の部屋とは思えないほど部屋が片付いておらず、その部屋でしばしば全裸で寝ている。
しかし、推理力や格闘術、射撃術には長けており(一発で犯人を仕留める事が多いが、相手の武器だけ撃つことは無い)、検挙率は捜査一課ナンバーワンを誇る。また、捜査前には殺人現場に遺された死体と同じ姿勢になって、雪平にとっての子守唄である『きらきら星』をハミングすることで、被害者が最期に見た風景を確かめるという、神聖かつ悪趣味な『儀式』を行う。
同時に、犯罪者を決して許すことのない姿勢で、たとえ犯人が少年であっても人質の身を案じて、犯人を撃つ。その事から、雪平の性格も相まって、マスコミの格好の的とされており、人権擁護団体から抗議運動を起こされている。しかし、相棒であった安藤の死により、若干心境に変化が現れたようである。
sp版のダブル・ミーニング 二重定義では公安部から刑事部に戻っていたが、異例の北海道警の所轄に飛ばされることになった。
安藤 一之〈23〉
演 - 瑛太
警視庁刑事部捜査一課刑事。→【SP版】故人・元警視庁刑事部捜査一課刑事。
捜査一課に配属された新人刑事で、雪平の相棒としてチームを組むことになった。一緒にいるうちに雪平に対して好意を持つようになる。普段の性格は温厚だが、捜査本部の体面を気にするような方針には反発する。雪平に意見した時は決まって「バカかお前は」と返される。雪平の娘の美央とも親しくなり、好感を持たれていた。ベジタリアンで、雪平の行き着けの居酒屋でも、いつもキャベツを頼んで食べている。
実は『推理小説事件』、『募金方誘拐事件』を影で操り『Xマーク連続殺人事件』実行した人物でもある。雪平が射殺したユタカとは施設で兄弟同然のように育ったが、ユタカが雪平に射殺されるのを目撃し、雪平に復讐するためXサイトを立ち上げる。瀬崎、牧村、蓮見を操って事件を起こさせていた事が発覚し、最終話で雪平と対峙後、ユタカが射殺されたパチンコ店へ向かい、店長を殺そうとしたが雪平に射殺された。後日発見されたDVDには、雪平への恋愛感情が芽生え、雪平に殺されることを選んだと語った。
警察学校ではトップの成績を残した実績を持ち、事件の黒幕となりえた知能や、ユタカに「大検を合格できるよ」とお墨付きをもらうなど、非常に優れた頭脳の持ち主である。
スペシャル版では、雪平の父に関することを調べていたことが発覚する。
三上 薫〈42〉
演 - 加藤雅也
警視庁刑事部鑑識課検視官。警視
検視官なのに捜査会議に必ず「えー、私の見解によりますと…。」と首を突っ込み、自身の見解を述べようとするため、山路や小久保に若干疎まれている。だが、高い洞察力の持ち主でもあり、雪平の捜査に協力している。褒められると調子にのる事が多い。あと、「特殊任務」と言われると何でもしてくれる。雪平とは逆に下戸で、いつでも牛乳を好んで飲む。
スペシャル版以降、実質的に雪平の相棒となっている。
小久保 祐二〈37〉
演 - 阿部サダヲ
警視庁刑事部捜査一課係長 警部。→【SP版】 警視庁刑事部捜査一課管理官 警視→警視庁捜査一課理事官 警視。【the answer以降】警視庁刑事部捜査一課長 警視正
 出世を第一に考えるキャリア志向の持ち主。
何かとソリが合わない雪平を敵視していて、自分のミスや責任を押し付けたりする。連続ドラマ版では捜査に乗じて山路の失脚を目論み、増長するようになる。スペシャル版で昇進し、ボールペンをカチカチといじるのが癖となっている。sp版のダブル・ミーニング 二重定義では理事官に昇進し階級上で同席の山路を愚弄。エンディング内で後任の警視庁捜査一課課長に内定し、山路に事件の全責任を負わせ、所轄に異動させた。
蓮見 杏奈〈33〉
演 - 濱田マリ
警視庁刑事部捜査一課情報解析係。巡査部長
雪平にとって数少ない友人で、パートナー。情報解析係としても優秀であり、公私共に雪平から全面的に信頼されている。たが、実は牧村と共謀して『募金型誘拐事件』を引き起こしていたことが判明した。その後『Xマーク連続殺人』で3番目の犠牲者になるが一命を取り留めた。スペシャル版では警察病院にて静養のため入院中であったが、雪平のために公安へのクラッキングを行った。
安本 正広〈59〉
演 - 志賀廣太郎
警視庁刑事部捜査一課 巡査部長。SP版も同じ。
今年定年退職を迎える古参の刑事。死んだ雪平の父親とは、同期で親交もあった。雪平が警察官になる前からの付き合いもあり、彼女を娘のように心配している。 雪平が敬意を持って接する数少ない先輩にして良き相談相手。スペシャル版ではY'sファイルを巡る捜査により、関連性が浮かび上がる。
山路 哲夫〈50〉
演 - 寺島進
警視庁刑事部捜査一課管理官 警視→【SP版】 警視庁刑事部捜査一課特殊班係長 警部(降格処分)→警視庁刑事部捜査一課特殊班管理官 警視。
捜査会議中ジッポのライターの蓋を開け閉めする癖を持つ。何よりも警察の面子を重視する。最終話で雪平に協力したり、スペシャル版では雪平を逃がしたりもした。蓮見と付き合っている。劇場版1作目での病院籠城事件で大切な人達を亡くした経験から失意の中にいたが、部下として配属された望月の影響から熱意を取り戻し、望月とコンビを組んで連続誘拐事件の捜査をする。この事件後、小久保の策略で所轄に飛ばされた。

雪平の家族[編集]

佐藤 和夫〈40〉
演 - 香川照之
日報新聞社・社会部デスクで、雪平の元夫。→【SP版】フリージャーナリスト
5年前に雪平が起こした「未成年射殺事件」で美央が声を失ったことを機に雪平と離婚した。
佐藤 美央〈7〉
演 - 向井地美音(現AKB48
夏見と和夫の娘。
「未成年射殺事件」が原因でいじめを受け、声が出せなくなる。『募金型誘拐事件』で牧村と共に誘拐される。母との間に溝ができていたが、最終回では安藤のおかげで親子関係が修復し、声が出るようになった。
sp版のダブル・ミーニング 二重定義ではロサンゼルスに渡る。

マスコミ関係者[編集]

久留米 隆一郎
演 - 井上順特別出演
超一流のミステリー作家。実際はゴーストライターの平井唯人が小説を書いていたが、平井が瀬崎の手で殺された後は橋野美樹がその座を引き継いだ。『Xマーク連続殺人』の5番目の犠牲者。
瀬崎 一郎〈40〉
演 - 西島秀俊
岩崎書房の編集者。
冷静な性格で常に落ち着いた態度を見せる。また潔癖な所があり、本の売り上げの為なら手段を選ばない上司の森川と対立している。雪平と意気投合する。『推理小説事件』の首謀者で、上司である森川を殺そうとしたところを雪平に見つかり射殺される。
松本 理恵子
演 - 小林麻央
雪平の幼馴染み。岩崎書房に勤める。瀬崎の部下。雪平を「雪姉(ゆきねぇ)」と慕う。瀬崎の手によって『推理小説事件』の4番目の犠牲者となった。
平井 唯人
演 - 眞島秀和
作家志望で、久留米隆一郎のゴーストライター。以前、岩崎書房でアルバイトをしていた時、自分の書いた小説を瀬崎に見せるが「リアリティがない」と酷評された。理恵子とは元恋人であり、その後橋野美樹と交際していたが瀬崎に殺害される。「か弱き者」とは平井のこと。
森川 静雄
演 - 大高洋夫
岩崎書房編集部長。瀬崎の上司。売上至上主義で、売上のためならどんなに下品な手段でも使う。『Xマーク連続殺人』の4番目の犠牲者。
橋野 美樹
演 - 有坂来瞳
岩崎書房に勤める。瀬崎の部下。
野口 耕二
演 - 入江雅人
誠文出版編集者。本の内容より、売上を重視する。かつては瀬崎とライバル。。『推理小説事件』2番目の犠牲者であり、瀬崎に殺害される。
小沢 茉莉
演 - 松永京子
久留米隆一郎の秘書。
今井 英明
演 - 榊英雄
日報新聞社・社会部記者。和夫の部下。和夫が日報新聞をやめたあと、デスクに就任した。
武田 寿男
演 - 大河内浩
日報新聞社編集長。スクープのためなら身内をも売る冷徹さを持つ。『Xマーク連続殺人』で2番目に安藤に殺害される。

その他[編集]

牧村 紀世子〈35〉
演 - 木村多江
和夫に雇われ、和夫と美央の家にやってきた家政婦
絵本作家であったが、夫と娘を交通事故で亡くして以降、絵本を描けなくなって作家活動をやめている。募金方誘拐事件で蓮見と手を組む。そのわけは夫と娘をバイクで轢いて殺害した広田と事故をもみ消すよう言われた警察に再調査させるため。しかし,再調査がかなわず広田が経営している会社に乗り込み広田を殺そうとするが雪平に説得され諦める。会社を雪平と出たとき、安藤に射殺される。
広田 祐次
演 - 伊藤洋三郎
広真建設社長。牧村の夫と娘を交通事故で死なせた人物。代議士の父親の力を利用し、事件をもみ消した。『Xマーク連続殺人』で1番目に安藤に殺害される。
斉藤 ユタカ
演 - 三浦春馬
パチンコ店店員の少年。5年前に住込みで働いていたバイト先のパチンコ店で店員及び店長を殺傷。店長を人質に取ったが、未成年であるにも関わらず、雪平によって射殺された。斉藤は安藤一之と共に施設で育ち、兄弟同然の仲であったため安藤は豊を射殺した雪平を憎み、一連の事件を通して復讐を計画するための引き金となった。

コード・ブレーキング 暗号解読[編集]

斉木 陣
演 - 江口洋介
警視庁公安部公安総務課管理官 警視。
公安部へ異動した雪平の上司にあたる。雪平と同じく、非常に優秀な成績で、公安のナンバーワンと謳われている(雪平曰くやり方の汚さもナンバーワンとのこと)。公安のルールを終わりよければ全てよしと言い放った。
下戸甘党。よく金平糖を口にしている。
小田切
演 - 大倉孝二
雪平に近づく謎の男。組織から命じられ、ストーカーのように雪平を監視していた。警察OB殺人事件の黒幕・安本の仲間ではあるが,安本を疎ましく思い殺害しようとするが,逆に安本に撃たれ死亡。
松田 敬吾
演 - 野村信次
井原 秀雄
演 - 大林丈史
元警察幹部。何者かに殺害される。
雪平 宗一郎
元警視庁刑事部捜査一課 警部。15年前に死亡。雪平 夏見の実父。
公安データベース内からクラッキングした「Y'sファイル」を暗号解読した結果、警察の上層部を排除するクーデターの首謀者である事が判明する。

スピンオフ『ダブル・ミーニング』シリーズ[編集]

北乃きい演じる新人刑事・望月陽が主人公のスピンオフシリーズ。フジテレビ系列「金曜プレステージ」枠にて2011年9月23日に『アンフェア the special〜ダブル・ミーニング 二重定義〜』、2013年3月1日に『ダブル・ミーニング Yes or No?』が放送された。加藤雅也阿部サダヲ寺島進など一部の本編レギュラー出演者も本シリーズに出演している。

ダブル・ミーニング 二重定義[編集]

望月 陽
演 - 北乃きい(幼少期:細井瑠花)
警視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査係 巡査部長。
雪平の後任として配属された。正義感が人一倍強い烈女で上司にも物怖じせずに反発する気丈さを持つ。その正義感は小学3年生のときに誘拐され、その犯人から傷めつけられた過去に起因する。尚、その時自身を救出した刑事が山路であり、山路にお見舞いの品として渡されてから、あんぱんをよく持ち歩くようになった。
元園部 恭輔
演 - 山本耕史
警視庁科学捜査研究所研究員 プロファイラー。
上層部の発案でプロファイリングの捜査導入のための講義を開いており、自身も犯罪抑止のためにボランティアで講義をしている。連続誘拐殺人事件の捜査にも参加し、当初は小久保に相手にされなかったが、次第にその実力を認められていく。純粋な正義感の持ち主であるかのように振る舞い、望月とも意見が合うように話すが、実際は事件の計画者。
松田 昇
演 - 長谷川朝晴
誘拐殺人事件の実行犯。お台場に冷蔵倉庫を持つ会社に勤務。松田昇は偽名で、15年前に起きた殺人事件の被害者の婚約者だった。会社のトラックを無断で持ち出して犯行に利用する。
岩崎 良太
演 - 石垣佑磨
警視庁捜査一課特殊班の刑事。
警視庁捜査一課の刑事
演 - 清水伸丸山敦史須田邦裕
鑑識
演 - 藤井貴規
水野 カナ
演 - 荒井萌
誘拐された水野義之の娘。望月に捜索を依頼する。
水野 義之
演 - 桜井聖
事件の被害者。システムエンジニア。事件に巻き込まれる前にカナに古いパソコンを預けていた。誘拐されたが殺されずに救出される。
テレビ局プロデューサー
演 - 駿河太郎
望月から番組への出演を頼まれるが断る。
浅沼 亮一
演 - 宇都宮晃良
事件の1人目の殺人被害者。大学病院の医師。芝公園で遺体が発見される。
倉西 純
演 - 福永直太
事件の2人目の殺人被害者。出版社勤務。台場で遺体が発見される。
田村 始
演 - 横江泰宣
事件の3人目の殺人被害者。大学の研究員。東京タワー近くに駐車された食肉輸送用トラックから遺体が発見される。
タクシーの運転手
演 - 邱太郎
池袋まで携帯電話を運ぶよう犯人に依頼される。
三上 薫
演 - 加藤雅也
小久保 祐二
演 - 阿部サダヲ
山路 哲夫
演 - 寺島進
佐藤 美央
演 - 向井地美音
雪平 夏見
演 - 篠原涼子(特別出演)
一条 道孝
演 - 佐藤浩市(特別出演)
北海道西紋別署刑事課 課長 警部。

ダブル・ミーニング Yes or No?[編集]

望月 陽
演 - 北乃きい(幼少期:細井瑠花)
風見 憲吾
演 - 高嶋政伸
捜査一課特殊犯管理官。警察のルールを何よりも重んじるタイプ。
大曾根 学
演 - 山本裕典
プロファイラー。
岩崎 良太
演 - 石垣佑磨
警視庁捜査一課特殊班の刑事。
町田 渉
演 - 綾野剛
人質。3問目の出題時に射殺される。
如月 クミ
演 - 山下リオ[3]
元人気アイドル歌手。10年前に青酸化合物で服毒自殺したとされている。
富市 耕平
演 - 橋本じゅん
テレビリポーター。今回の事件で娘を人質にとられる。
オタク男
演 - 忍成修吾
プロデューサー
演 - 駿河太郎
事件のクイズを生中継することになるさくらテレビのプロデューサー。
宅間 修
演 - 福士誠治
前法務副大臣の息子。選挙に出馬予定。
和泉 進一
演 - 浅野和之
宅間の対立候補。
マスク男
(声) - 三石琴乃[4]
事件の首謀者。ツインテールのアニメの美少女キャラクターのマスクをかぶり、人質を前にどちらの正義が正しいかというクイズを出す。その様子をリアルタイムでネット配信し、視聴者にYesかNoか回答させ、答えが間違いならその場で人質を射殺する。
 ?
演 - 和田正人
富市 まりあ
演 - 渡邉このみ
富市耕平の娘。
三上 薫
演 - 加藤雅也
小久保 祐二
演 - 阿部サダヲ
山路 哲夫
演 - 寺島進

スタッフ[編集]

  • 原作 - 秦建日子「推理小説」(河出書房新社
  • 脚本 - 佐藤嗣麻子、秦隼人、大久保ともみ
  • 音楽 - 住友紀人
  • 演出 - 小林義則髙橋伸之植田泰史、根本和政
  • 主題歌 - 伊藤由奈Faith」(STUDIOSEVEN Recordings
  • 挿入歌
  • 技術プロデューサー - 友部節子
  • TD - 白田龍夫
  • 撮影 - 大石弘宜(1-最終話)、白田龍夫(スペシャル)
  • 照明 - 花岡正光、三上日出志(スペシャル)
  • 映像 - 山根晋
  • 音声 - 渡部満裕(1-最終話)、山成正己(最終話)、吉田登(最終話)、菊間正嗣(スペシャル)
  • VTR - 宇野知之(1-2話、スペシャル)、小野寺慎一(3-4話)、桜庭武志(5話)、吉川博文(6話)、岡村亮(7-11話)
  • 選曲 - 泉清二
  • 音響効果 - 大橋史枝、白石めぐみ(最終話のみ)
  • 編集 - 平川正治
  • ライン編集 - 浅沼美奈子
  • MA - 古跡奈歩(1-最終話)、水戸レイ子(最終話、スペシャル)
  • スタジオカメラ - 島村宏明、篠田忠史、土田豪介、舟橋正成
  • 撮影助手 - 髙野学、大鋸恵太、富永健二、浅香康介
  • 照明助手 - 鈴木敏雄、杉本周士、山田和弥
  • 音声助手 - 黒田啓介、香川祥資、富永健二、浅香康介
  • 撮影助手 - 髙野学、大鋸恵太、富永健二、浅香康介
  • 編集助手 - 安部華子
  • ライン編集助手 - 西山貴文
  • 美術プロデューサー - 津留啓亮
  • デザイン - 柳川和央
  • 美術進行 - 森田智弘(1-最終話)、山下雅紀(スペシャル)
  • 大道具 - 大地研之、中村大輔(1-最終話)、黒川健一(最終話)、杉山龍男(スペシャル)
  • 装飾 - 髙島寿生、横山和也(最終話)、山富祥司(スペシャル)
  • 持道具 - 長尾実由紀
  • 衣装 - 上條栄子(1-最終話)、中野晴海(最終話、スペシャル)
  • スタイリスト - 黒澤彰乃、島津由行 、小久江泰子(最終話)
  • ヘアメイク - 斉藤睦(1-最終話)、田代芙友子(最終話)、小林藍子(スペシャル)、喜舎場志乃(スペシャル)
  • アクリル装飾 - 中村哲治
  • 建具 - 阿久津正巳
  • 電飾 - 中園誠四郎、鈴木順子(最終話)
  • 植木担当 - 後藤健
  • 音楽制作協力 - フィルソン
  • 警察監修 - 杢尾尭
  • 編成 - 笠置高弘
  • 広報 - 日下俊彦(1-最終話)、金谷卓也(スペシャル)
  • ホームページ - 山本真央美(1-最終話)、横尾博臣(スペシャル)
  • タイトルバック - 三谷晋平
  • スチール - チャールズ村上
  • 車両 - ファン
  • ガンエフェクト - 大宮敏明
  • スタンドコーディネーター - 釼持誠
  • スケジュール - 吉田使憲
  • 演出補 - 根本和政(1-4、8-10話、スペシャル)、倉木義典(5話-スペシャル)、西浦茜(11話)
  • 制作担当 - 梶原富治(1-最終話)、幡野英二(スペシャル)
  • 制作主任 - 百々勲(1-最終話)、田村豊(1-最終話)、河添太(スペシャル)
  • 記録 - 外川恵美子(1-3、6-7、9-11話)、田中小鈴(2-4話)、巻口恵美(5、8、10話)、島田伸子(スペシャル)
  • プロデューサー - 吉條英希関西テレビ)、稲田秀樹共同テレビ
  • プロデューサー補 - 渡辺直美
  • 制作 - 関西テレビ・共同テレビ

また劇中の推理小説型予告殺人事件で登場した推理小説の執筆は脚本家の半澤律子が担当し、原作に登場する推理小説の内容にアレンジを加えている。

エピソードリスト[編集]

連続ドラマ[編集]

話数 エピソードタイトル
事件名
初回放送日 演出 視聴率
I 敏腕女刑事vs予告殺人
推理小説型予告殺人事件
2006年1月10日 小林義則 15.7%
検挙率No.1でバツ1、警視庁トップの美人刑事・雪平夏見(篠原涼子)と、相棒で新米の刑事・安藤一之(瑛太)。かつて未成年者を射殺したことから、雪平はマスコミに追い回され、家族とも別居を強いられていた。ある日、雪平のもとに何者かから小説が届き、小説に書いてあるとおりに予告殺人が起こる。現場に残された「アンフェアなのは誰か」という謎のメッセージ。その事件は、ある小説の内容に沿って殺人が進行していく、前代未聞の『推理小説予告型殺人』であり、事件が起こるたびに必ず「次の殺人予告」がされていく。さらに犯人は、予告小説に入札するようマスコミに要求するのであった。破天荒な敏腕女刑事と、劇場型犯罪を楽しむ犯人の戦いが、いま始まる……。
II 殺人予告を3千万で落札せよ!
推理小説型予告殺人事件
2006年1月17日 小林義則 14.7%
第1話から第4話までひとつのエピソード。
III 女刑事と容疑者! 危険な愛の行方
推理小説型予告殺人事件
2006年1月24日 植田泰史 15.1%
第1話から第4話までひとつのエピソード。
IV 真犯人現る! すべてのナゾが今…
推理小説型予告殺人事件
2006年1月31日 小林義則 16.0%
第1話から第4話までひとつのエピソード。
V 愛娘が消えた! 衝撃の募金型誘拐
募金型誘拐事件
2006年2月7日 髙橋伸之 15.5%
予告殺人の犯人が特定され、安堵した束の間、雪平の娘が誘拐される。その身代金として、全国の大衆に対して「1人10円ずつの募金を迫り、総額12億円を集めるよう指示する「募金型誘拐事件」であった。娘を助けようとする雪平に犯人は、集まった募金を株式投資により、指定した企業を買い上げて株価を吊り上げるよう指示する。
VI 衝撃の誘拐犯の正体! ナゾの要求
募金型誘拐事件
2006年2月14日 小林義則 14.9%
第5話から第8話までひとつのエピソード。
VII 急転!恐怖の銃弾が刑事を襲う!
募金型誘拐事件
2006年2月21日 根本和政 14.0%
第5話から第8話までひとつのエピソード。
VIII 女たちの執念! 悲しき犯人の最期
募金型誘拐事件
2006年2月28日 髙橋伸之 16.1%
第5話から第8話までひとつのエピソード。
IX 新章! 忍びよる黒幕と禁断のキス
×マーク連続殺人事件
2006年3月7日 小林義則 16.5%
これまでの上記の二つの事件の関係者らが、次々に掌に「×」のマークをつけられた上で殺害される。
X 絶望の涙! 黒幕と運命の対決へ…
×マーク連続殺人事件
2006年3月14日 髙橋伸之 15.0%
第9話から最終話までひとつのエピソード。
FINAL 今夜すべての真相が!?
×マーク連続殺人事件
2006年3月21日 小林義則 15.8%
第9話から最終話までひとつのエピソード。
平均視聴率 15.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スペシャル[編集]

話数 エピソードタイトル 初回放送日 脚本 演出 視聴率
1 コード・ブレーキング―暗号解読
警察OB連続殺人のナゾ! ついに父の死の真相が明らかに!

2006年10月3日 佐藤嗣麻子 植田泰史 18.3%
「after X comes Y」-Xの後には、Yが来る-
雪平の相棒である安藤の死から9ヶ月後、警察OBが高級スイートルームで自殺しているのが発見された。捜査一課は証拠不十分なために事件性が無いと考えられたが、これ以前に4人の警察OBが自殺している状況に疑問を覚え、雪平は他殺の線を疑い始める。その頃、雪平は一人飲み屋で飲んでいた所を、警視庁公安部の捜査が入り、警察に拘束されてしまう。雪平は、公安部へと異動となり、「公安内部の情報」を捜査一課にスパイする事を命じられる。

ダブル・ミーニング[編集]

話数 エピソードタイトル 初回放送日 脚本 演出 視聴率
1 ダブル・ミーニング―二重定義
2011年9月23日 大久保ともみ 根本和政 14.4%
雪平の異動命令直後から北海道へ旅立つまでの間のストーリー。特殊班に4人もの人質を誘拐したという電話が入る。犯人の要求は「東京タワーを夏にしろ」。特殊班は悪戯として取り合わなかったが、雪平の後任として特殊班に配属された望月陽は、人質の中に自身が捜索を依頼された失踪者がいたのを知り、一人奔走する。しかし人質の一人が遺体となって発見されたことで本格的な捜査が開始される。犯人は「俺を東京で一番有名にしろ」と要求し、以降も警察に挑戦的な問題を残していく。心に傷を抱えた熱血刑事と熱意を無くした上司のコンビと誘拐犯との頭脳戦が始まる。
2 ダブル・ミーニング-Yes or No?[1]
2013年3月1日 大久保ともみ 根本和政 11.4%

備考[編集]

  • 番組冒頭のナレーション朗読者がドラマ出演者ごとに各話ごとに変化している。
  • 世の中にはフェアな事なんて何も無い。目には目を。復讐には復讐を。アンフェアには、アンフェアを。
  • 原作者の秦建日子は一切ドラマには関わっていない。会議にも参加せず、脚本も読んでいない。原作者のブログ2006年3月16日参照[1]。また、原作は第4話の時点で終わっている。
  • 劇中で使用された空撮映像は、押井守監修、松宏彰監督の短編映画東京スキャナー」のものを使用している。
  • ドラマ放映中に販売されていた原作の小説の中には劇中に使われていたものと酷似している栞が挟まっており、表には「アンフェアなのは誰か?」というおなじみのフレーズ、そして裏には「2006年夏、雪平夏見再び」といったことが書かれている。そして、文庫版では「雪平を再び登場させます」とのあとがきが加えられ、実際にその言葉通り原作者の秦建日子はドラマ原作『推理小説』の続編『アンフェアな月』を執筆し9月末に発売している。原作者はドラマの進行とは別に刑事・雪平夏見シリーズを今後も続けていく意向があるようである。
  • 出演者、関係者のほとんどが、収録の途中まで一連の事件の黒幕を知らなかったらしいが最終章の犯人は最初から知らされていた。
  • 雪平が使用している拳銃S&W M3913のカスタムであるレディスミス。他の刑事はノーマルのM3913を使用している。M3913は実際に日本警察で採用されて配備されているが、レディスミスは採用されていない。
  • TVスペシャル「コード・ブレーキング〜暗号解読」において雪平が後半使用した拳銃はSIG P230であり、これも日本警察に実際に配備されている拳銃である。日本の警察はニューナンブM60を制式拳銃としていたが、1960年より配備されたニューナンブM60は既に老朽化しており、数年前より3種類の拳銃に置き換えがされている。ただし一部の道府県警察では、少数ながら現在でもニューナンブM60を配備している所もある。3種類の拳銃とは、S&W M37、S&W M3913、P230の3種類であり、M37は主に一般の制服や私服警官、M3913は暴力団が広く使用するトカレフマカロフといった強力な拳銃に対抗する必要があるための暴対(捜査4課)や銃器対策部隊SIT、P230は初動捜査で銃器を保持している犯人と遭遇する可能性が高いが故に日本の刑事の中では唯一常時拳銃を携行している機動捜査隊にそれぞれ優先的に配備がされていると言われている。しかし実際の所は、制服、私服の区別や所属とは無関係にそれぞれ配備されているのが実情である。
  • 劇場版による公開に先立ち、関西テレビでは2度目のドラマ再放送。(1度目はスペシャルのために再放送)ドラマに続くアンフェア the special 『コード・ブレーキング〜暗号解読』も続けて関西初再放送した。ここでは通常2時間18分の放送枠を、各1時間の区切り枠に編集し「I」・「II」・「III」と分けて放送した。ドラマ全体の内容は変わらないが、「I」の冒頭にはスペシャルにないオリジナル編集による全11話放送したドラマの回想シーン、「II」・「III」の冒頭はその前の放送を振り返る。(「II」は「I」の放送シーン、「III」は「II」の放送シーン)また「I」・「II」・「III」の放送でナレーション朗読者は、スペシャルと同様の篠原涼子が担当している。
    • 仙台放送でも劇場版公開に先立ち、関西テレビと同様に、全11話+3話に分割した『コード・ブレーキング〜暗号解読』が再放送された(-2007.3.16)。また、劇場版第二作の公開直前にも、ドラマとthe specialの再放送を実施しているが、3分割したスペシャルは、劇場版第二作の予告とPR特番を交えた独自編成に変わっている。(2011.8.30-2011.9.16)
    • 東海テレビでは、映画公開前日16日から全11話+the special『コード・ブレーキング〜暗号解読』「I」-「III」の再放送が始まり、1日2話ずつまとめて(VIIの後には30分の映画PR番組、VIIIは1話のみ、FINALはthe special「I」と一緒に、special「II」と「III」は続けて)放送された(-2007.3.28)。
  • 関西テレビではFINALが放送された3月21日の昼に、森三中主演のドラマ最終回予告スペシャル「アンフェアな森三中」が放送された。森三中が起用されたのは次のクールに「ブスの瞳に恋してる」が放送されるため。
  • 劇中で使用された関西テレビ携帯サイトにて、ドラマで使用された雪平の携帯着信音が公開された。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 熱血刑事・北乃きい、35センチ髪バッサリ-芸能社会-SANSPO.COM(サンスポ)(2013年1月18日閲覧) - 2013年1月20日時点のアーカイブ
  2. ^ 初回は22:10 - 23:14。最終回は22:15 - 23:24。
  3. ^ “アンフェア:謎のアイドル・如月クミの“正体”明らかに YoutubeでMV公開中”. 毎日.jp. (2013年2月22日). http://mainichi.jp/mantan/news/20130221dyo00m200060000c.html 2013年5月6日閲覧。 
  4. ^ “三石琴乃 :「アンフェア」最新SPでテレビドラマ初挑戦 事件の首謀者「マスク男」に”. MANTANWEB. (2013年2月24日). http://mantan-web.jp/2013/02/24/20130223dog00m200017000c.html 2013年5月6日閲覧。 

外部リンク[編集]

フジテレビ系(関西テレビ制作) 火曜22時枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
鬼嫁日記
(2005.10.11 - 2005.12.20)
アンフェア
(2006.1.10 - 2006.3.21)
ブスの瞳に恋してる
(2006.4.11 - 2006.6.27)
フジテレビ系 金曜プレステージ
浅見光彦シリーズ
『佐渡伝説殺人事件』
(2011.9.16)
アンフェア the special
『ダブル・ミーニング 〜二重定義』
(2011.9.23)
鬼平犯科帳スペシャル
『盗賊婚礼』
(2011.9.30)