ベスト・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベスト・アルバム(best album)は、音楽アルバムのひとつの形態。ベスト盤とも。なおアメリカでは"(the) best album"とは呼ばれず、グレイテスト・ヒッツまたはアンソロジーと呼ばれることが多い。

概要[編集]

通常のアルバム(スタジオ・アルバム)は、先行発売のシングル曲を数曲程度収録することが多いが、楽曲の大半は未発表曲である。対してベスト・アルバムの場合、アーティストによってはスタジオ・アルバム収録曲のうちシングルカットされていない曲を入れたり、ボーナストラックとして未発表曲を収録することもあるが、大半は収録曲の殆どが既発のシングル曲(B面曲も含む)で占められており、基本的には過去の代表曲を集めたアルバムであった。

しかし、近年では非公式ベスト(後述)が乱発することもあり、あえて新曲や未発表曲を収録したり、初回盤などの特典をつけることで公式であることを強調することが通例となっている。また、近年ではシングルA面(つまり売れた曲)だけを網羅しただけの「シングルコレクション」という形態も増えてきている。

ただし、B面曲やスタジオ・アルバム収録曲のみで占められたベスト・アルバムも存在する(例:ゆずゆずのね 1997-2007』、L'Arc〜en〜CielThe Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』)。尚、アルバムによっては一部シングルをB面曲だけ収録する場合もある(例:Berryz工房Berryz工房 スッペシャル ベスト Vol.1』の『友情 純情 oh 青春(「ハピネス〜幸福歓迎!〜」c/w)』、PUFFYHit&Fun』の『ともだち(あたらしい日々 c/w)』、いきものがかりいきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』の『Happy Smile Again(プラネタリウム c/w)』)。

複数枚組の場合、ディスクごとに異なるサブタイトルを付けたものや(例:サザンオールスターズ海のYeah!!』)、イメージや販売形態等で収録曲を振り分けたもの(例:薬師丸ひろ子歌物語』、GReeeeNいままでのA面、B面ですと!?』)も存在する。

日本では、ヘッドフォンステレオカーオーディオが普及した1980年代前半に、カセットテープのみで発売されたカセット・ベスト・アルバムが存在した(サザンオールスターズ長渕剛など)。中でも、サザンオールスターズの『バラッド '77〜'82』はCD化もされている。

会社側のメリット[編集]

ベスト・アルバムは、テレビやラジオ等で耳慣れた楽曲ばかりが収録されているため、特定のコアなファン以外の購買意欲もそそり、一般的にスタジオ・アルバムより売上枚数は伸びる物が多い。レコード会社にとって、人気アーティストのベスト・アルバムは、新録の費用が掛からず、確実な売上が見込める商品のため、思うように会社の売上が伸びない場合に決算対策として自社の契約アーティストのベスト・アルバムを急遽リリースし、売上をカバーするといった例もしばしば見られる。

ただし「ベスト盤は売れる」という傾向は日本の音楽市場では顕著ではあるが、世界的には一般的とはいえない。世界最大の音楽市場であるアメリカの場合、新曲がほとんど収録されることのないベスト盤より、現在のヒット曲を収録しているオリジナルアルバムの方が概してセールスを伸ばすことが多く、これは特に現役でヒットを出しているアーティストほど当てはまる。

そのため海外アーティストがキャリアの途上で発売するベスト盤(既に引退したアーティスト・解散したバンド及び、移籍によってレコード会社が主導して組むベスト盤ではないもの)には大抵新曲が収録され、「現在ヒット中の新曲も収録している」ことをアピールしてプロモーションすることが多い。

ベスト盤をめぐるトラブル[編集]

アーティストの意向に反し、もしくは本人たちの知らぬ間にレコード会社や音楽プロデューサーの独断でリリースされる事もあり、本人達はディスコグラフィーに認めないなど、アーティストとレコード会社の軋轢の原因となる事もある(例:スピッツRECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、B'zFlash Back-B'z Early Special Titles-』、クリープハイプクリープハイプ名作選』)。

特に、近年アーティストがレコード会社を移籍する際には、それまで所属していたレコード会社が自らが原盤権を持つ音源を利用し、アーティストに半ば無断でベスト・アルバムを制作・発売することが恒例化している。これに反発するアーティスト側が、ホームページやファンクラブなどを通じてファンに当該アルバムの購入を控えるように呼びかけるケースも多く起こっている(例:YMO商法DREAMS COME TRUEBEST OF DREAMS COME TRUE』、UtadaUtada The Best』など)。また、こうした事情を嫌ってベスト・アルバムを出すことを拒否するアーティストもいる(例:椎名林檎。スピッツやDREAMS COME TRUEも当初はベスト・アルバムを出さない方針であったが、上述のメンバー非公認のベスト・アルバムが世に存在し続けることに対するジレンマから、後年に改めて公認のベスト・アルバムをリリースするに至っている)。

ただしベスト・アルバムを好まないアーティストのシングル作品が移籍に伴う、販売不振などの理由により廃盤となるケースも多いため新規のファンにとってベスト・アルバムは必須となる場合もある。

収録曲について[編集]

前述のように、既発のシングル曲やシングルカットされていないスタジオ・アルバム収録曲を中心に構成されるが、どのように構成されるかはアルバムにより異なる。

収録曲はアーティストやレコード会社の選定、もしくはファン投票で決定される。前者の場合シングルA面曲であっても容量制限や売上不振などの理由で収録しない場合もある。曲順は発売順となることが多いが(ファン投票の場合は人気順の場合もある)、アーティストやファンの意向で曲順を決定することもある。また複数枚組の場合、収録曲を一定の法則で振り分けることもある。

既発のシングル曲であっても、シングルバージョンとは異なるバージョンで収録される場合もある。

ベスト・アルバム・ブーム[編集]

CDが普及して以降、1992年から1993年1997年から1999年にかけてと、大きく2つの時期に相次いで著名アーティストによるベスト・アルバムのリリースが重なったことがある。

まず前者は、1992年3月25日に発売されたCHAGE and ASKAの『SUPER BEST II』が、1992年オリコン年間チャート1位を記録し、累計売上は約270万枚を達成したことの余波が波及した。当時の売れ行きであるオリジナル・アルバムやシングルと対比して非常に売れたものとしては、竹内まりやの『Impressions』がある。

後者は、1997年10月1日に発売されたGLAYのベスト・アルバム『REVIEW』が、約488万枚の大ヒットを記録。これに感化されたかのように、1998年から1999年には、B'zglobeZARDEvery Little ThingLUNA SEA松任谷由実サザンオールスターズSPEEDといった、当時の日本のヒットチャートを代表するアーティストがこぞってベスト・アルバムをリリースし、ベスト盤ブームが起こった。

かつては、12月にベスト・アルバムのリリースが集中したが、2000年前後から、日本企業の多くの決算期にあたる3月(オリコンの集計の関係で3月の最終水曜日)にJ-POPアーティストのベスト・アルバムを発売するケースが多くなっている。また、ある程度活動期間が長く、人気が維持されているミュージシャンに関しては、そのグループや個人に対して特別な日(誕生日やメジャーデビュー日など)にベスト・アルバムを発売するということも行われている。さらにグループの解散及び個人の引退を記念してのベスト・アルバムも多く、歌手やグループの(元)メンバーが死去した際には追悼盤としてベスト・アルバムがリリースされることもある。

2000年以降[編集]

2000年から2001年には、SMAPMr.Children浜崎あゆみスピッツDREAMS COME TRUEL'Arc〜en〜CielJUDY AND MARYGLAYモーニング娘。などの数多くの著名アーティストがベスト・アルバムを連発して発売した。アルバム全体の売り上げは減少傾向にあったものの、ベスト・アルバムの売り上げはまだ衰えていなかった。

2005年から2007年にかけて、再びベスト・アルバムが連続して発売されるようになった。ただ1990年代ほど売り上げが伸びず、ダブルミリオンが限界の状態が続いている。これはCDによる音楽の視聴という時代が「配信される音楽を買う」という時代へと移行したことを意味しており、わざわざ高いアルバムを買わずとも、配信で1曲150から200円前後の自分の気に入った楽曲を手に入れれば、後はレンタルなどで自分の好きなようにベスト・アルバムが作成できるという技術の進歩がもたらした皮肉とも言える。

かつて大滝詠一は、ベスト・アルバムを半年で2枚も出すのはいけないというような考えから、本来は対をなす『B-EACH TIME L-ONG』と『SNOW TIME』のうち、後者の発売を取りやめたことがある。また、同様の考え方から2枚組のアルバムとして発売する、といった配慮がなされるケースもあった。しかし近年は、価値観の変化により、2枚のベスト・アルバムを同時発売するミュージシャンや、倖田來未EXILEのように半年に1度程度のペースでベスト・アルバムを出すミュージシャンも増えている。

こういった、ダウンロード販売によるベスト・アルバムの売上減少は顕著になっているが、代わって2002年に発売された山下達郎の『RARITIES』のヒットを皮切りに、今度は『裏ベスト・ブーム』ともいえる現象が発生し、ミリオンこそほとんど無いものの、ベスト・アルバムが既に完成されてしまったミュージシャンによる「アルバム未収録曲の補完」を目的とした作品が増加することになった。2000年代以降のヒットとしてはB'zの『B'z The "Mixture"』やMr.Childrenの『B-SIDE』、YUIの『MY SHORT STORIES』などが挙げられる。

これらに収録される作品は、近年シングルチャートで作品の移り変わりが急激に加速する中で、過去に8cmシングルやシングルレコードのみに収録され、アルバムに収録されなかったために入手が困難となり、楽曲を入手できなかった、あるいは数曲のためにシングルを買わなければならないというファンのために好意的に行われることが多い。こういったアルバム未収録曲はダウンロード配信されにくいことも、裏ベスト需要の増加の一因といえる。

2006年にはコブクロの『ALL SINGLES BEST』がヒットし、男性アーティストとしては21世紀になってから初のトリプルミリオンを記録している。

代表的なベスト・アルバム(売上枚数上位5作品)[編集]

世界で歴代最高売上のベスト・アルバムは、イーグルスの『グレイテスト・ヒッツ1971-1975』であり、約4,100万枚(歴代最高売上のオリジナル・アルバムはマイケル・ジャクソンの『スリラー』で約1億400万枚)(2007年現在)。

日本において歴代最高売上のベスト・アルバムは、B'zの『B'z The Best "Pleasure"』であり、約580万枚(歴代最高売上のオリジナル・アルバムは宇多田ヒカルの『First Love』で約765万枚)(2007年現在)。

(『作品名』/アーティスト/売上枚・組数)

日本[編集]

1枚もの[編集]

  1. B'zB'z The Best "Pleasure"』 - 約514万枚
  2. GLAYREVIEW-BEST OF GLAY』 - 約488万枚
  3. B'z 『B'z The Best "Treasure"』 - 約444万枚
  4. 浜崎あゆみA BEST』- 約429万枚
  5. 竹内まりやImpressions』- 約307万枚

2枚組以上[編集]

  1. サザンオールスターズ海のYeah!!』 - 約347万枚
  2. 松任谷由実Neue Musik』 - 約325万枚
  3. コブクロALL SINGLES BEST』 - 約300万枚
  4. サザンオールスターズ 『バラッド3 〜the album of LOVE〜』 - 約290万枚
  5. GLAY 『DRIVE-GLAY complete BEST』 - 約264万枚

洋楽[編集]

  1. マライア・キャリーThe Ones』 - 約281万枚
  2. カーペンターズ 『青春の輝き〜ベスト・オブ・カーペンターズ』※ - 約234万枚
  3. ビートルズザ・ビートルズ1』 - 約197万枚
  4. クイーンジュエルズ』 - 約135万枚
  5. セリーヌ・ディオンザ・ベリー・ベスト』 - 約125万枚

(※は、2枚組)

売上枚・組数は、すべてオリコン調べ

全世界[編集]

  1. イーグルスグレイテスト・ヒッツ 1971-1975』 - 約4,100万枚
  2. ビートルズザ・ビートルズ1』 - 約3,000万枚
  3. ABBAABBA GOLD-GREATEST HITS』 - 約2,300万枚
  4. マドンナウルトラ・マドンナ〜グレイテスト・ヒッツ』 - 約2,000万枚
  5. クイーングレイテスト・ヒッツ』 - 約1,900万枚

その他[編集]

  • 演歌歌手のベスト・アルバムでよく見られる販売手法として全曲集があるが、当該歌手の発表曲すべてを網羅したものではない。
  • コンセプト・アルバムプログレッシブ・ロックに代表される、アルバム全体の構成や連続性、インタールードや間を含めた芸術性を尊ぶ見地からは、ベストアルバムのような「作ったものをただ並べた」と思しき作風に対しては一段下に見る傾向があり、音楽芸術としての批評の対象からは外される事が多い。

関連項目[編集]