日本レコード協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本レコード協会
団体種類 一般社団法人
設立 1942年4月30日
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館9F
起源 日本蓄音機レコード文化協会
主要人物 斉藤正明(会長)
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト http://www.riaj.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人日本レコード協会(にほんレコードきょうかい、: Recording Industry Association of Japan)は、日本国内のレコード会社により構成されている一般社団法人。主に記録媒体の識別番号であるISRC(国際標準レコーディングコード)を発行する団体である。

略称はRIAJで、「日レ協」「レコ協」と呼ばれる場合もある。協会内に、レコード制作基準倫理委員会(レコ倫)と呼ばれる倫理組織を持つ。

概要[編集]

レコード製作者の立場を代表して、「二次使用料請求権」(曲が放送された場合等)及び 「貸レコードの報酬請求権」を行使し、使用料等の徴収・分配を行っている。ダウンロード違法化に伴い、日本レコード協会に所属しているレコード会社・映像製作会社との正式な契約に基づいて配信を行っているサイトにエルマークを発行している[1]

また、業界団体として日本ゴールドディスク大賞を実施しているほか、レコードに関する様々な調査研究の一環として、レコードの生産実績調査・着うたフル有料音楽配信チャートの作成、ゴールド / ミリオン等の認定(後述)を行っている。

沿革[編集]

正会員[編集]

2014年8月現在、正会員17社[2]

ゴールド / ミリオン等認定[編集]

歴史と概要[編集]

日本レコード協会は、1989年に音楽作品のゴールド等の認定制度を開始した。それ以来、累計で一定の出荷枚数(正味売上枚数と称される)を超えたCDアルバムやシングルに対して、それぞれの基準に応じてゴールド、プラチナ、ミリオン等の称号が与えられている。対象とされるのは原則として、同協会に加盟するレコード会社から1989年1月21日以降に発売された商品に限られているが、それ以前に初版が発表されたものに関しても、制度導入以降の出荷分にもとづいてゴールド等が授与されている。[3]認定された商品は、2か月後に協会が月刊で発行する機関誌『THE RECORD』上に掲載される。近年ではそれに加えて、前の月の認定分を公式サイト上で毎月10日に告知しており、2003年下半期以降のほとんどの認定作品一覧が確認できる。[3] また、2014年現在、同協会は公式サイト上において1994年以降の機関誌のアーカイブをPDF化して公開しており、そこから1993年11月から2002年12月までの認定分を確認することができる。[4]

2003年の下半期からは音楽ビデオ(VHS/DVD)部門が追加され、2006年8月には有料音楽配信部門が創設された。[5]音楽配信はそれぞれのフォーマットごとに分かれていたが、2014年1月度からは“着うたフル”と“インターネット配信(シングル)”が統合され、“シングルトラック”として認定されるようになった。[6]

なお、日本レコード協会の示す“正味売上枚数”とは、オリコンサウンドスキャンなどの調査会社によって集計される“推定売上枚数”とは全く別物である。代表的な指標であるオリコンチャートと、協会認定との差異は下記の通り。

象限 オリコンチャート 日本レコード協会 注釈
カウントの対象 対象店舗での売上のみ 工場出荷枚数の全てを含む ⇒協会発表のほうが大となる要因[7]
モニター対象店舗以外の枚数 含まない 含む ⇒協会発表のほうが大となる要因
チャート200位圏外分の枚数 含まない 含む ⇒協会発表のほうが大となる要因[8]
協会非加盟(インディーズ 含む 含まない ⇒インディーズは協会発表の対象外。[9]

認定基準の変遷[編集]

「邦楽と洋楽でそれぞれ基準が異なり、わかりにくい」という理由から、2003年7月に認定基準の簡略化が施行された。[5] 2014年時点の認定基準は次のとおりであり、いかなる種別・フォーマットに対しても統一された閾値が適用されている。

  • ゴールド:10万(枚)以上
  • プラチナ:25万以上
  • ダブル・プラチナ:50万以上
  • トリプル・プラチナ:75万以上
  • ミリオン:100万以上(以下、100万枚ごとに2ミリオン、3ミリオン…を贈呈)

2003年6月度認定分までの基準は以下のとおりであった。[5]

ジャンル ゴールド プラチナ ミリオン
邦楽 20万枚 40万枚 100万枚
洋楽アルバム 10万枚 20万枚 100万枚
洋楽シングル 5万枚 10万枚 100万枚

同年の下半期にすべてのフォーマットで基準が統一化されるまでは、プラチナ・ディスクに関しては、規定枚数の倍数ごとにそれぞれダブル、トリプル、クワドラプル、クインティプル・プラチナなどの認定が授与されることもあった。なお、米英をはじめとする諸外国における類似の制度とは異なり、それ以上のマルチ・プラチナは存在せず、200万枚以上の出荷を記録した作品については、現在と同じように100万枚ごとに2ミリオン、3ミリオンなどが与えられていた。

近年のミリオン認定作品[編集]

2003年以降で、日本レコード協会でミリオン認定された作品は下記の通り(カッコ内は認定年月)。

アルバム[編集]

シングルCD[編集]

着うた[編集]

着うたフル[編集]

インターネット配信との統合により2013年12月で終了。
※印はPC配信との統合後に2ミリオン以上達成したもの。

インターネット配信[編集]

着うたフルとの統合により2013年12月で終了。

シングルトラック[編集]

出典:[12][13][14]

主な参加組織[編集]

関係諸団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エルマークについて|一般社団法人日本レコード協会
  2. ^ 日本レコード協会について”. 日本レコード協会. 2014年8月10日閲覧。
  3. ^ a b 日本レコード協会: 各種統計 > ゴールドディスク認定”. 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  4. ^ 発行物 > THE RECORD”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  5. ^ a b c RIAJ: The Record No.525 (2003年8月): ゴールド・アルバム他認定基準改定のお知らせ”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2010年12月23日閲覧。
  6. ^ 各種統計 > 有料音楽配信認定”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  7. ^ メーカーが発売と同時に大量に生産したにもかかわらず、実店舗での売れ行きが伸び悩んだ商品については、チャート上の売上枚数よりもはるかに多い枚数によって認定を得るケースがある。例:リリースされた月に協会からダブル・プラチナの認可を受けたものの、チャート上でのセールスはそのわずか3割ほどにとどまった小柳ゆきの『my all..』。また、宗教家など特殊事情によるものもある。例:協会集計で120万枚を達成した宗教家・八島義郎の『恋の大阪』など。
  8. ^ 長いスパンに渡ってじわじわと出荷枚数を伸ばした作品は、チャート上の売上枚数よりもはるかに多い枚数によって認定を得るケースがある。例:オリコン上では10万枚前後のセールスにとどまったが、2000年代にそれぞれトリプル・プラチナを獲得したニルヴァーナの『ネヴァーマインド』、ABBAの『ゴールド』など
  9. ^ レコチョク2012年間6位・2013年間1位となり、推定100万DLクラスでありながらリリース元が非会員であったために協会からいかなる称号も得ていないゴールデンボンバーの『女々しくて』など。また、メジャーであってもレコード会社側が申請しなければ、チャートより著しく低い認定のままの場合もある。マライア・キャリーデイドリーム』など。
  10. ^ 大塚愛「さくらんぼ」着うた初100万DL日刊スポーツ、2004年7月21日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  11. ^ 統合前の時点で2ミリオン
  12. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/index.html
  13. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/gold/index.html
  14. ^ http://www.riaj.or.jp/data//others/chart/w140228.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]