日本レコード協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本レコード協会
団体種類 一般社団法人
設立 1942年4月30日
所在地 〒107-0061
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館9F
起源 日本蓄音機レコード文化協会
主要人物 斉藤正明(会長)
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト http://www.riaj.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人日本レコード協会(にほんレコードきょうかい、: Recording Industry Association of Japan)は、日本国内でメジャーレーベルと称されるレコード会社により構成されている一般社団法人

略称はRIAJで、「日レ協」「レコ協」と呼ばれる場合もある。協会内に、レコード制作基準倫理委員会(レコ倫)と呼ばれる倫理組織を持つ。

概要[編集]

レコード製作者の立場を代表して、「二次使用料請求権」(曲が放送された場合等)及び 「貸レコードの報酬請求権」を行使し、使用料等の徴収・分配を行っている。ダウンロード違法化に伴い、日本レコード協会に所属しているレコード会社・映像製作会社との正式な契約に基づいて配信を行っているサイトにエルマークを発行している[1]

また、業界団体として日本ゴールドディスク大賞を実施しているほか、レコードに関する様々な調査研究の一環として、レコードの生産実績調査・着うたフル有料音楽配信チャートの作成、ゴールド / ミリオン等の認定(後述)を行っている。

沿革[編集]

正会員[編集]

2013年9月現在、正会員17社[2]

ゴールド / ミリオン等認定[編集]

1989年以来、累計で一定の出荷枚数を超えた場合、ゴールドミリオン等の認定を行ってきたが、邦楽と洋楽で基準が異なる等の問題があったため、2003年7月より統一の件数基準にて認定を行うよう変更した。

  • ゴールド:10万(枚/DL)以上
  • プラチナ:25万以上
  • ダブル・プラチナ:50万以上
  • トリプル・プラチナ:75万以上
  • ミリオン:100万以上
  • 2ミリオン:200万以上(さらに3ミリオン - 8ミリオンまで実例あり)

2014年1月度からはこれまでの"着うたフル"と"インターネット配信(シングル)"を統合して"シングルトラック"として認定を行うよう変更した。その際統合したことで認定基準を満たした場合は2014年1月度付で認定される。

2003年以降で、日本レコード協会でミリオン認定された作品は下記の通り(カッコ内は認定年月)。

アルバム[編集]

シングルCD[編集]

着うた[編集]

着うたフル[編集]

インターネット配信との統合により2013年12月で終了。
※印はPC配信との統合後に2ミリオン以上達成したもの。

インターネット配信[編集]

着うたフルとの統合により2013年12月で終了。

シングルトラック[編集]

出典:[5][6][7]

主な参加組織[編集]

関係諸団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]