蒼井優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あおい ゆう
蒼井 優
蒼井 優
2009年の写真
本名 非公開
生年月日 1985年8月17日(29歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県春日市
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優モデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1999年 -
事務所 イトーカンパニーグループ
公式サイト YU AOI OFFICIAL WEBSITE
主な作品
テレビドラマ
14ヶ月』/『タイガー&ドラゴン
Dr.コトー診療所2006』/『おせん
龍馬伝
映画
花とアリス
ニライカナイからの手紙
ハチミツとクローバー
フラガール』/『蟲師
百万円と苦虫女』/『おとうと
洋菓子店コアンドル
るろうに剣心

蒼井 優(あおい ゆう、1985年8月17日 - )は、日本女優モデル。本名非公開。

福岡県春日市出身。イトーカンパニーグループ所属。身長160cm、血液型はA型。

来歴[編集]

福岡市立東箱崎小学校筑紫女学園中学校堀越高等学校経て、日本大学芸術学部演劇学科中退。

小学生の頃から地元のモデル事務所に所属してCMや広告(小学生時代に少女雑誌の記事で栗山千明と共演したことがある)に出演しており、1999年に約1万人の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビューした。1999年夏に、オーディション情報誌『月刊デ・ビュー』(オリコン・エンタテインメント刊)の「夏の特別オーディション」企画に掲載されていたタレント募集の中から現事務所に応募し、以来所属している。

2001年には、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』で映画に初出演する。その後、2002年に「三井のリハウス」の10代目リハウスガールに選ばれ、2003年に『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演するなど、活躍の場を広げていった。

2005年、7本の映画出演作が公開され、『ニライカナイからの手紙』で単独初主演を果たした。

2006年、第11回釜山国際映画祭にて行われたスターサミットアジア2006に参加し、これからアジアの映画を担っていく女優として市原隼人香椎由宇らと共にカーテンコールの1人に選ばれた。映画『鉄コン筋クリート』では声優に初挑戦した。以降も女優業だけでなく『ミヨリの森』や『いけちゃんとぼく』等で声優にも挑戦している。

2006年度は、映画『フラガール』などでの演技が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞した。

2008年、ドラマ『おせん』で連続ドラマ初主演を果たす。映画出演が多く続き、連続ドラマ出演はこれが2年ぶりとなった。

2010年、『龍馬伝』のヒロインの一人、役で大河ドラマに初出演した。

人物・エピソード・交友関係[編集]

母親は大阪の出身で、娘を宝塚歌劇団に入れるのが夢だったという[1]新潮社ニコラ』では本名で読者モデルオーディションを受けたが、その後すぐ現在の事務所に所属になり、蒼井優としてモデル活動を始めた。女優をはじめたきっかけは、東京に遊びに来る理由が欲しかったから。

小学生の頃、学校でイジメが流行り、本人も何かがきっかけでイジメの標的になってしまったことがある。

本人曰く「自分は個性がないところが個性だ」。絶対音感の持ち主だが、本人曰く自分は「音痴」なので、歌っていると気持ち悪いという。

クワイエットルームにようこそ』では、摂食障害の役のため、役作りで体重を7kg落としたという(松尾スズキ談)。

2004年、『花とアリス』で訪れた第9回釜山国際映画祭で、韓国での映画の熱狂ぶりと日本映画の認知度の低さに驚き、日本映画にもっと深く関わっていきたいと思うようになる。

JRAのCMで共演している小池徹平とは高校の同級生で席も隣同士だったが、高校時代は口を利いたこともなかった。後に『僕らの音楽』では小池との対談が実現し、当時のぎこちないやり取りなど思い出話を語っている。現在は打ち解けて仲も良く小池のことも「徹っちゃん」と呼んでいる。

また、小泉今日子二宮和也などともプライベートで親交がある。

年齢より若く見られることがよくある。時には中学生に間違えられることもあったとテレビ等で語っている。

チャットモンチーのファンで、携帯の機種を変更する前は『シャングリラ』をアラーム音にしていた。

愛車はトヨタ・ランドクルーザーFJ60[2]。(このためにAT限定解除)友人でもある写真家の高橋ヨーコから譲り受けたものである。→エンジンが壊れたため手放し、現在は新しい車に乗っている。

好きなブランドはコム・デ・ギャルソンミナ・ペルホネンなど。写真集「トラベル・サンド」「ダンデライオン」ではコム・デ・ギャルソンの私服を着用している。

大のかき氷好きである。10代のころ台湾で食べたかき氷をきっかけにはまり、自宅には業務用かき氷機がある。2009年にはCasa BRUTUSにてかき氷の食べ歩きの連載を開始、『今日もかき氷』として書籍化もされた。

2012年7月、俳優の鈴木浩介との交際をお互いの公式サイトで発表するも、2013年6月14日に交際を解消していたとお互いの公式サイトで発表した。離婚ではなく、交際解消を発表するのは異例で、蒼井は「今年の3月に交際を解消致しました。気にかけてくださった方に対しましては、報告が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。今後は、いただいたお仕事をひとつひとつ丁寧に積み重ねて行きます」と発表した[3][4]

黒髪のストレートのロングヘアがトレードマークであったが、2012年、ベリーショートになった。しかしその後再び髪を伸ばし始めている。

苦手な食べ物を食べるとすぐに顔や態度に現れてしまう。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「新・食わず嫌い王決定戦」では、そのあまりのわかりやすさから、同じく同コーナーを苦手としている大竹しのぶに次ぐ「新・最弱王」と呼ばれるに至っている[5]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

アニメーション・吹替[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 情熱大陸(2006年9月10日、TBS)
  • 天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜(2008年12月22日、テレビ朝日)
  • 龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜(2010年3月6日、NHK)
  • 旅のチカラ 破壊せよ、“役者”という殻を 香川照之北京(2012年4月5日、NHKBSプレミアム)- 語り
  • NHKスペシャル 金メダルへの挑戦「小さな大ジャンパー 高梨沙羅17歳」(2014年2月1日、NHK)- 語り
  • ザ・ノンフィクション 男、四代目市川猿之助新作『スーパー歌舞伎II』の舞台裏と秘密(2014年3月16日、フジテレビ)- 語り

その他テレビ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

写真集(単独)[編集]

写真集(複数)[編集]

  • きもののたび(2003年、ワイレア出版)
  • ナキガオ(2004年、近代映画社)
  • 花とアリス寫眞館(2004年、扶桑社) - 鈴木杏と共演
  • A girl like you 君になりたい。(2005年、マガジンハウス)
  • ビジョメガネ(2005年、ソニーマガジンズ)
  • CHANEL「The Little Black Jacket」(2012年、Steidl)

ガイドブック[編集]

エッセイ[編集]

  • From 優(2003年、講談社)

雑誌[編集]

カレンダー[編集]

  • 蒼井優カレンダー 2003(2002年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2008(2007年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2009(2008年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2010(2009年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2011(2010年、ハゴロモ)

カタログ[編集]

  • BEAMS BOY(2008年9月、2009年9月)
  • JOURNAL STANDARD(2010年11月、2011年4月) - コラボレーションプロジェクト「sun sand sound」

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『徹子の部屋』(2010年10月11日放送)
  2. ^ 『BRUTUS』2012年12月1日号 有名人&芸能人の愛車データベース 2013年4月22日閲覧
  3. ^ [蒼井優と鈴木浩介、破局していた それぞれの公式サイトで発表 - MSN産経ニュース 蒼井優と鈴木浩介、破局していた それぞれの公式サイトで発表 - MSN産経ニュース]
  4. ^ 蒼井優、鈴木浩介との交際解消を報告 破局で発表は異例 : J-CASTテレビウォッチ
  5. ^ ゆでたまごを食べて号泣! 女優・蒼井優の可愛いすぎる天然っぷり - メンズサイゾー・2014年9月12日
  6. ^ “映画『キャプテンハーロック』三浦春馬が声優初挑戦、ハーロック役は小栗旬”. マイコミジャーナル. (2012年5月8日). http://news.mynavi.jp/news/2013/05/08/006/index.html 2013年5月8日閲覧。 
  7. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]