鉄コン筋クリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鉄コン筋クリート』(てっコンきんクリート)は、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された松本大洋による漫画、またそれを元にした劇場アニメ(2006年12月23日公開)。

1993年から1994年にかけて連載された。全33話。松本大洋の出世作であり、代表作とも言われる。タイトルの由来は作者の松本が幼少期、どうしても「鉄筋コンクリート」を「鉄コン筋クリート」としか言えなかったことによる。アメリカでのタイトルは『TEKKON KINKREET BLACK & WHITE』。またこの言葉は、松本の誕生時期の1960年代中期の園山俊二の作品中で、人が落下物にぶつかったとき発する声のギャグとして使われていた言葉でもある。

あらすじ[編集]

義理人情とヤクザが蔓延る町・宝街。そこに住む<ネコ>と呼ばれる少年・クロとシロは、驚異的な身体能力で街の中を飛び回ることが出来た。

そんなある日、開発という名の地上げやヤクザ、3人組の殺し屋、蛇という名の男性が現れる。更に、実態不明の“子供の城”建設プロジェクトが立ち上げられる事になり、町は不穏な空気に包まれる。

登場人物[編集]

クロ
シロと共にホームレス同然の暮らしをしており、廃車の中で寝起きしている。カツアゲスリ強盗などの犯罪を生活手段として暮らしている。驚異的な身体能力を持っており、町中を“とぶ”。ケンカは相当強い。右目に傷痕がある。
宝町で調子に乗る人間とシロを傷つける人間は誰であろうと許さない。シロを守ることが自分の存在意義と信じ込んでいる。シロの身の回りの世話は、ほとんどクロがする。
シロ
クロ同様“とぶ”ことができる。ケンカは主にクロの手助けをするサポーターに近い。
時計を好み、襲った相手から時計を奪い両腕に何本もつけている。変わった帽子と腕時計をたくさん持っている。右目に泣きボクロがある。
純粋で正直な性格。
鈴木
通称「ネズミ」。その筋の者の間で恐れられているヤクザ。以前に藤村に執拗に追い回されたことに嫌気が差し、一度は宝町を出て行ったが戻ってくる。
宝町に強い愛着を持ち、町の開発に反発する。占いを信じ、毎週必ず占いの本を買っている。
木村
鈴木も所属する「大精神会」の舎弟頭。
高校時代、中途半端な不良だったところを鈴木に拾われ、シノギを教わる。短編集『青い春』にてそのあらすじが描かれている。
鈴木を尊敬し、慕っている。
藤村
宝署に勤務するベテラン刑事。学生時代に柔道の全国大会で3位に入る経歴の持ち主。左耳に傷がある。硬派な性格で。
鈴木とは昔からの犬猿の仲であり、鈴木が宝町を出るきっかけを作った。
沢田
藤村と同様、宝署に勤務している若手刑事。東京大学卒業という経歴を持つ。拳銃使用が目的で警察に就職した。不感症
源六
「じっちゃ」と呼ばれている隻眼のホームレス。クロとシロにとっては親代わりの存在。多彩な知識でクロとシロをやさしく見守る。大の酒好き。
チョコラ
青森県出身のチンピラ。宝町を仕切っていると自負しているが、筋者に立ち回る根性は全く無い。冷凍ミカンが大好物で、少年時代によく腹をこわしていた。
謎の組織に所属し、「子どもの城」宝町支店を取り仕切る。目的のためには手段を選ばない非道な性格。カラオケの次に、同じことを何度も繰り返す(あるいは言い直す)のが大嫌い。
朝夜兄弟
豊町で幅を利かせていた餓鬼の兄弟。宝町を手に入れようとクロとシロに勝負を仕掛ける。
イタチ
伝説の餓鬼。普段は牛の頭蓋骨の仮面を被っている。闇の力を持ち、強大な相手であっても一瞬で片付けてしまう。シロのことを「偽りの魂、偽善の代表者」と形容している。

サブタイトル[編集]

一巻
  1. 第1話、レッツ・ゴー2匹の巻
  2. 第2話、良い子への道!!の巻
  3. 第3話、猫と鼠と犬と街の巻
  4. 第4話、夜の散歩にゃ気をつけろの巻
  5. 第5話、わんぱくでもいいのか!?たくましく育っていくのか!?の巻
  6. 第6話、道徳の時間の巻
  7. 第7話、シロが泣くの巻
  8. 第8話、血の街+男の子+星の夜の巻
  9. 第9話、クロガトブの巻
  10. 第10話、ださださ木村マンの巻
  11. 第11話、宝町ワルツの巻
二巻
  1. 第12話、ネコふんじゃったの巻
  2. 第13話、牛乳飲んで骨を鍛えるのだ!の巻
  3. 第14話、対人関係にやや難有りの巻
  4. 第15話、ネズミがチューの巻
  5. 第16話、NO.3の巻
  6. 第17話、嘆きのボインの巻
  7. 第18話、シロガトブの巻
  8. 第19話、シロ隊員待機せずの巻
  9. 第20話、僕らはみんな生きている?の巻
  10. 第21話、鼓動・調和・迷走・残像・友情・回帰の巻
  11. 第22話、クロが泣くの巻
三巻
  1. 第23話、地獄変の巻
  2. 第24話、しろいろの巻
  3. 第25話、ネズミオヤジの観察記の巻
  4. 第26話、クロイロの巻
  5. 第27話、餓鬼の目に水見えずの巻
  6. 第28話、人呼んでイタチの巻
  7. 第29話、正しい死体つくり方の巻
  8. 第30話、注)良い子は絶対に真似しないでくださいの巻
  9. 第31話、まっくろけの巻
  10. 第32話、僕たち男の子だぜベイビーの巻
  11. 最終話、続・レッツゴー2匹の巻

アニメ映画[編集]

鉄コン筋クリート
監督 マイケル・アリアス
脚本 アンソニー・ワイントラープ
原作 松本大洋
製作 田中栄子
鎌形英一
豊島雅郎
植田文郎
出演者 二宮和也
蒼井優
伊勢谷友介
宮藤官九郎
田中泯
音楽 Plaid
主題歌 ASIAN KUNG-FU GENERATION
或る街の群青
編集 武宮むつみ
製作会社 「鉄コン筋クリート」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2006年12月23日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第80回アカデミー賞長編アニメーション映画賞部門ノミネート候補12作品の中に入った。アメリカではR指定を受けている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

或る街の群青
歌/演奏:ASIAN KUNG-FU GENERATION
レーベル:Ki/oon Records
作詞/作曲:後藤正文
編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

  • 工藤直子 - 松本大洋の母。作中に詩集『のはらうた』が登場する。
  • 井上三太 - 松本大洋の従兄。作中に『TOKYO TRIBE』が登場する。
  • ギャートルズ - 作中に「鉄コン筋クリート」という言葉が登場し、こちらの方が初出は古い。

外部リンク[編集]