義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

義理(ぎり)とは、本義は物事の正しい道筋。対人関係社会関係において、守るべき道理。

概要[編集]

一般には日本の社会において、社交上、礼儀を以て旨とする行動規範を指す[1]冠婚葬祭などの場に於いては義理を欠く事の無い様、各地域に合わせた礼節に基づく義理の行為が執り行われる事が多い。これは無用なトラブルを極力避ける手法でもあり、義理をスキルとして昇華する意味を持つ。

一方、本心はやりたくないけれども、仕方なく行わざるを得ない事柄を意味する言葉でもある。義理チョコなどの語は、こうしたニュアンスが強い。

また、血縁以外の者が、婚姻(縁組)などの儀式を経て、血縁と同等の関係を結ぶこと。配偶者の父母を義父母(義理の父母)と呼ぶなどの用例が、これに当たる。 ここから転じて、ヤクザ社会における義兄弟のような用例もある。

仁義も参照。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ 日本倫理に義理ありて、西洋倫理に義務あり、義理は情的倫理にして私的なり、是に反して義務は理的倫理にして公的なり。義理は情愛に富むも不公平なり、義務は不人情の如くに見えて公平なり。義理は家族的道徳にして義務は国家的道徳なり。義務の観念に薄くして国政は永久に持続し得べきものにあらず。(内村鑑三『金と神 他』)