おおかみこどもの雨と雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおかみこどもの雨と雪
監督 細田守
脚本 奥寺佐渡子
細田守
原作 細田守
製作 阿佐美弘恭
高田佳夫
齋藤佑佳
植木英則
井上伸一郎
弘中謙
平井文宏
藤本鈴子
市川南
岡田浩行
製作総指揮 城朋子
出演者 宮崎あおい
大沢たかお
音楽 高木正勝
主題歌 アン・サリー
「おかあさんの唄」
編集 西山茂
製作会社 「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年7月21日
台湾の旗 2012年8月10日
香港の旗 2012年8月23日
フランスの旗 2012年8月29日
韓国の旗 2012年9月13日
タイ王国の旗 2012年11月8日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 42.2億円[1]
テンプレートを表示

おおかみこどもの雨と雪』(おおかみこどものあめとゆき)は、2012年7月21日に公開された日本アニメーション映画

概要[編集]

細田守監督による長編オリジナル作品第2作である。細田は本作で初めて自ら脚本も手がける。テーマは「親子」であり[2]、19歳の少女が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長し自立するまでの13年間を描く。

監督・脚本の細田を始め、脚本に奥寺佐渡子、キャラクターデザインに貞本義行と、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』に関わってきたスタッフが製作を手がける。監督の細田は、この作品を製作するために新たにスタジオ地図を立ち上げた[3][4]

ヤングエース』にて2012年5月号よりによる漫画版が、『コンプティーク』にて2012年6月号より美水かがみによるスピンオフ4コマ漫画がそれぞれ連載されている(2013年12月時点)。

ストーリー[編集]

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。

女子大生の花は、教室で「おおかみおとこ」と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた姉「雪」と弟「雨」は狼に変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、男は亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住する。

蛇や猪をも恐れず活発で狼になるのが好きな雪に対し、当初は弟の雨は内気で逃避的であったが川で溺れてから変わりはじめる。雪が小学校にあがって友達ができると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人の少女としてふるまおうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになって、山に魅かれるようになっていく。

ある日、雪のクラスに草平という転校生がやってくる。雪は草平にいきなり「獣臭い」と言われて動揺し、正体の発覚を恐れて彼を避けるが、どうして自分が避けられるのか理解できない草平に執拗に追いかけられて、パニックで狼となり彼の耳を傷つけてしまう。負傷した草平は雪が責められるのを見て、狼がやったことだと取り繕った。精神的ショックで学校を欠席する雪を草平は見舞い、それをきっかけに距離の近い関係となる。雪がショックから立ち直ったころ、雨は一匹の狐を「先生」と呼んで、彼から山で生きる術を学びはじめる。

ある夜、自分は狼であるという雨と、人間だからもう狼にならないと言い放った雪は、お互いの生き方を否定しあう口論となり、白熱しすぎて雪が雨をぶったことがきっかけで、取っ組み合いの大喧嘩になり、姉の雪が弟に泣かされる事件が発生する。

大雨の日、雨は家を去ることを決行する。雨を追って山に入った花は、豪雨の中で雨を探し続けるが谷に滑落してしまう。親が迎えに来なかった雪と草平は学校で二人きりで夜をすごすこととなり、雪は草平に自分が「おおかみこども」であることを告白する。草平はずっと知っていたことを打ち明け、雪の秘密は漏らしていなし誰にも言わないからと約束する。

明け方、雨に助けられ駐車場で意識を取り戻した花は、山へ戻ろうとする雨を呼び止めるが、オオカミとなった雨は花の懇願を振り切って山奥に消える。中学校にあがった雪も花の勧めで寮に入ることになり、花はひとり山奥の家で暮らすのであった。

登場人物[編集]

花(はな)
- 宮崎あおい[5]
本作の主人公。父子家庭に育つが、高校生の時に父親を亡くし天涯孤独の身となる。東京のはずれにある国立大学社会学部社会学科に進学。大学生の時に出会った「彼」(おおかみおとこ)に一目惚れし、彼の正体を知った後もその想いは変わらず、2人の「おおかみこども」雪と雨を産む。「彼」の死後、田舎へ引っ越し、2人の子供を育てる決意をする。
彼(おおかみおとこ)
声 - 大沢たかお[5]
雨と雪の父親。作中では「彼」と呼ばれ、本名は不明(運転免許証には名前が載っているが、本名かどうかは不明)。運転免許証記載の生年月日は2月12日。街で運送ドライバーとして働く一方、花の大学に忍び込んで勉強していた。実は、ニホンオオカミの末裔。花との間に2人の子供を授かるが、思わぬ形で死亡する。
雪(ゆき)
声 - 黒木華(少女期)、大野百花(幼年期)[5]
「おおかみこども」で、雨の姉。名前は、雪の日に生まれたことから名付けられた。お転婆で活発な性格だが、小学校生活の中で、自分のような女子がいないことを知り、淑やかに振る舞うようになる。小学校での生活を通じ、人間として生きることを選ぶ。
雨(あめ)
声 - 西井幸人(少年期)、加部亜門(幼年期)[5]
「おおかみこども」で、雪の弟。名前は、雨の日に生まれたことから名付けられた。赤ん坊の頃は、夜泣きが絶えなかった。ひ弱で内向的な性格だったが、ある日を境に狼の本能に目覚めていき、人間として生きたい雪と対立する。雨達が住む山一帯を治めるアカギツネを先生と慕う。先生の役割を引き継ぐため、10歳の夏に一人、山へと入って行く。
藤井草平(ふじい そうへい)
声 - 平岡拓真
転校生の少年。雪を獣臭いと言ったことから、雪に避けられるようになる。その理由を雪に詰問した際に、動揺して狼になった雪に右耳を傷つけられる。雪が狼であることに気付いたが他の人間には伝えず、怪我は「狼がやった」と説明して雪を庇った。後に、勇気を振り絞った雪から自分が狼だと打ち明けられるが、「最初から気づいてた」と、答えている。母子家庭で育ったが、母の結婚・妊娠によって、疎外感を感じている様子。
クレジット等では単に「草平」となっているが、作中ではフルネームで「ふじいそうへい」と呼ばれるシーンがあり、細田自身が執筆した原作小説でも「藤井草平」と表記されている[6]
韮崎(にらさき)
声 - 菅原文太[7]
花の近所に住む農家の老人。強面でぶっきら棒だが、花に農業の助言をしてくれる。なお、助言してくれる理由は彼の家族曰く「惚れている」からである。
韮崎のおばさん
声 - 片岡富枝
韮崎の娘。強面な父とは違い、明るく人懐っこい。何かと花の世話をしてくれる。
韮崎の旦那さん
声 - 小林隆
韮崎の婿養子。
細川
声 - 中村正
近所に住む農家の主人。花に農業のコツを教えてくれる、気の良いおじさん。
山岡
声 - 大木民夫
近所の農家の主人。細川と一緒に、花をいろいろと助けてくれる。細川とは野菜の栽培の仕方で意見の相違はあるが、実はとても仲がいい。
天童(てんどう)
声 - 井上肇
新川自然観察の森の理事長で、就職した花の上司。学校に馴染めず休みがちな雨を気に掛けてくれる。
田辺(たなべ)先生
声 - 染谷将太[7]
雪の小学校の担任教師。
草平の母
声 - 林原めぐみ
女手ひとつで草平を育てた母。草平が怪我をさせられたとして、雪に対して激怒した事もある。作中で結婚・草平の異父兄弟を妊娠した事で、草平に「新しい子供が生まれてくれば、自分が用済みになる」と感じさせてしまった。
土肥(どい)
声 - 谷村美月[7]
花の近所に暮らす主婦。仕事と育児を両立させている。花に育児の助言をする。
堀田(ほりた)
声 - 麻生久美子[7]
花の近所に暮らす主婦。当初は花を「近所付き合いをしない人」と見て警戒していたが、誤解が解けてからは親しくなる。
信乃(しの)
 雪と同じ小学校に通う親友の一人。そのまま同じ中学校に進学もしている。 
声 - 小林里乃
文子(ぶんこ)
声 - 荒川ちか
荘子(しょうこ)
声 - 春名風花
毛野(けの)
声 - 上白石萌音
以上4名は雪の親友。
ラジオ・アナウンサー
声 - 桝太一(日本テレビアナウンサー)

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「おかあさんの唄」
作詞 - 細田守 / 作曲 - 高木正勝 / 唄 - アン・サリー

Blu-ray / DVD[編集]

発売・販売元はバップ。

  • おおかみこどもの雨と雪(2枚組、2013年2月20日発売)
    • ディスク1:本編ディスク
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(宮﨑あおい×大沢たかお×黒木華×西井幸人×大野百花×加部亜門×監督:細田守)
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • イベント映像集
        • ジャパンプレミア
        • ワールドプレミア in パリ
        • 主題歌披露&舞台挨拶
        • 初日舞台挨拶
        • 「花の日」大ヒット御礼舞台挨拶
      • 劇場公開時コラボ番組
        • いよいよ公開! 「おおかみこどもの雨と雪」カウントダウン(1日目〜3日目)
        • NEWS ZERO特別版 宮﨑あおい パリ〜北アルプスへ おおかみこどもを巡る旅
        • おおかみこどもの雨と雪×ZIP! 夏休みコラボスペシャル(かわいい名演技! 天才子役 / 美しい風景 モデルとなった町へ)
        • ZIP! コラボコンテンツ素材集(Part1〜5)
      • 各種プロモーション映像集
        • 細田守監督編集プロモーション映像(花Ver. / 雨と雪Ver.)
        • 2012 アヌシー国際アニメーション映画祭特別プロモ上映用映像
        • 特報・劇場予告編集
        • TVスポット集
    • 封入特典
      • ブックレット(パンフレット縮刷版)
    • 初回限定特典
      • フィルムブックマーカー(5コマ)
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様
  • おおかみこどもの雨と雪 Blu-ray+DVD ファミリーパッケージ版(2枚組、2013年2月20日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray(本編のみを収録)
    • ディスク2:本編DVD(本編のみを収録)
    • 封入特典
      • ブックレット
    • 初回限定特典
      • フィルムブックマーカー(5コマ)
    • 特製スリーブケース付きクリアーブルーレイケース仕様

公開[編集]

全国381スクリーンで公開され、公開初日と翌日の2日間で興行収入3億6514万9000円、観客動員数27万6326人を記録、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[11]。また、公開後30日間で観客動員数240万人[12]、公開後59日間で興行収入40億円を達成した[13]。さらに同年11月末までには観客動員数341万人を突破[13]、興行収入は最終的に年内で累計42.2億円[1]

日本での公開に続き2012年8月29日にはフランスでも公開された。公開に先駆けて6月25日(現地時間)には、パリワールドプレミアが行われ[14]、「細田守アートワーク展」も開催された[15]。フランスでは「ディズニーピクサー作品とは一線を画すアニメーション映画だ」とも評価されており、フランスで公開される日本映画としては北野武の『アウトレイジ ビヨンド』や、『おくりびと』と並ぶ公開規模であり[14]、世界34の国と地域での公開も決定した[11]

テレビ放映[編集]

2013年12月20日には『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送。放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された。副音声では視覚障害者用の場面説明も同時放送した。また、細田直筆のキャラクターイラスト入りサイン色紙などのプレゼント企画も実施された。視聴率は関東地区で15.4%を記録した(ビデオリサーチ調べ)。

作風[編集]

花とおおかみおとこが出会った大学のモデルとなった一橋大学附属図書館

細田が本作について、取り組みの動機のひとつが自分の周囲の人間が子育てを始めたことであり、「親になった彼らが輝いて見えた」からであるとのべている。

2013年の2月の「アニメ!アニメ!」のインタビューにおいて、細田は、子育てものであるにもかかわらず、「おおかみこども」という設定にした理由について、「子供が育っていったり子供を育てることは世間一般に当たり前のことと思われている。しかし当人たちにとっては全然当たり前ではない。その感覚を観客が共有するためには、誰もしていない経験(狼男の子どもを育てること)をみんなで共有すればいいと考えたからだ」と述べている[16]

「ファミ通.com」のインタビューの中で、細田は「人が子供をつくるのは、当たり前のことと簡単に思ってきた。しかし結婚してからは、都会で子供を育てるのは公的な支援など環境面で苦労があり、だからと言って田舎暮らしで楽ということもなく同世代がいないという苦労があることに気づかされるようになった。そのがんばりを映画にしたかったのだ」と述べている。(ヒトの)子育ては全くの孤立無援では成り立たず、今回オオカミという素材を選んだ理由は、「オオカミはとても家族的であって、リーダーがいて群れを統率し、全体のことを考えながら生きている律儀な動物だから」と答えている[17]

物語序盤の舞台である「東京のはずれにある国立大学」は、東京都国立市一橋大学がモデルとなっている[18]。また、移住先の田舎は富山県の里山をモデルとしている[19]。本作の背景には細田の出身地である富山県上市町と隣の立山町の景観が描かれており、上市町の伊藤尚志町長からも「町をモデルにした映画を」と、監督に打診があったことが明かされている[20]

評価[編集]

2011年10月5日の鈴木敏夫のジブリ汗まみれにおいて、細田と親交のある鈴木敏夫は、「この手の作品(家族の交流もの)はかつての日本映画が得意としたジャンルであったのだけれども、男はつらいよシリーズが終わってから、絶えて久しかったという情況があり、当作品について久しぶりである」とコメントしている。また対談の中で「サマーウォーズ完成の後に監督が母を失くしていること、細田が孝行息子ではなかったことから考えても、この作品がなくした母への贖罪の意味があったのだろう」と言及されている。また鈴木は、「幼少期にさんざん手をかけさせておいて、成長したら親孝行もなしで、山に入っていってしまった『雨』は細田本人がモデルに違いない」と述べている[21]

アニメーション監督の富野由悠季は、『「おおかみこどもの雨と雪」の衝撃』と題したコメントの中で本作について「絶賛」している。変身ものや恋愛ものといった従来の作品ジャンルを超えた作品であるとし、その描写について冷静・リアルだと指摘、「新しい時代を作った」「本作の前では、もはや過去の映画などは、ただ時代にあわせた手法をなぞっているだけのものに見えてしまうだろう」と述べている[22]

映画評論家の吉田広明は、細田のこれまでの作品、『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』第40話『どれみと魔女をやめた魔女』や、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』について、いずれも主人公たちの選択を焦点に描いてきたと述べたうえで、本作では子供らの選択よりも、むしろ母親である花がそのいずれをも受容し祝福するという「大いなる肯定」を表現しているとし、「ほぼ同世代の映画作家が人間として一回り大きくなったのを目撃したのはこれが初めてのように思う。」と結んでいる[23]

受賞[編集]

キャッチコピー[編集]

  • 「私が好きになった人は、“おおかみおとこ”でした。」
  • 「私は、この子たちと生きていく。」

出典[編集]

  1. ^ a b 2012年(平成24年) 全国映画概況 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. p. 2 (2013年1月). 2013年1月30日閲覧。
  2. ^ “ジブリの好敵手になるか? 細田守監督最新作『おおかみこどもの雨と雪』2012年7月公開決定”. ORICON STYLE. (2011年12月13日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2004667/ 2011年12月13日閲覧。 
  3. ^ http://www.studio-chizu.jp/index.html
  4. ^ 「手書きで表現 心のひだ――おおかみこどもの雨と雪 細田監督」『朝日新聞』2012年7月20日付夕刊、第3版、第3面。
  5. ^ a b c d 宮崎あおい&大沢たかおが『おおかみこどもの雨と雪』の声優で初共演!”. ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。
  6. ^ 細田守『おおかみこどもの雨と雪』、142頁。
  7. ^ a b c d 細田守新作「おおかみこどもの雨と雪」 声優出演に菅原文太、麻生久美子、谷村美月、染谷将太”. アニメ!アニメ! (2012年5月30日). 2012年6月6日閲覧。
  8. ^ 細田守 待望の最新作「おおかみこどもの雨と雪」 高木正勝 初となる長編映画全編の音楽制作 - HITSPAPER、2012年5月30日
  9. ^ 高木正勝、細田守映画「おおかみこどもの雨と雪」劇伴を担当 - ナタリー、2012年5月30日
  10. ^ 専門のスタイリストである伊賀がキャラクターに合わせた実物の衣装をスタイリングし、それをアニメ化するという珍しい手法が取られている。伊賀のプロフィール、コラムを参照。映画「おおかみこどもの雨と雪」- スタッフ、2012年7月22日参照。
  11. ^ a b 『海猿』V2で早くも動員200万人突破!『おおかみこども』ピクサー新作超えて2位初登場!”. シネマトゥデイ (2012年7月24日). 2012年7月24日閲覧。
  12. ^ おおかみこどもの雨と雪 : 公開30日で観客動員数が240万人を突破まんたんウェブ
  13. ^ a b おおかみこどもの雨と雪:興収40億円突破 オリジナルアニメとしては異例の大ヒット - MANTANWEB(まんたんウェブ)”. 毎日新聞デジタル (2012年9月18日). 2012年10月3日閲覧。
  14. ^ a b 宮崎あおい&細田守監督、パリで開催の『おおかみこどもの雨と雪』ワールドプレミアに登場”. Walkerplus (2012年6月29日). 2012年7月2日閲覧。
  15. ^ 「おおかみこどもの雨と雪」早くもフランス公開決定 今夏日本と同時期に”. アニメ!アニメ! (2012年5月30日). 2012年6月6日閲覧。
  16. ^ 映画『おおかみこどもの雨と雪』細田守(監督・脚本・原作)インタビュー 前編(アニメ!アニメ!)
  17. ^ 細田守監督最新作『おおかみこどもの雨と雪』監督直撃インタビュー(ファミ通.com)
  18. ^ 映画「おおかみこどもの雨と雪」【国立も舞台のモデルに】
  19. ^ 2012年7月19日付中日新聞夕刊8面(映画欄)「シネマガイド」より。
  20. ^ 2012年8月20日付中日新聞10面「芸能風向計」より
  21. ^ 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ『おおかみこどもの雨と雪、ポスト宮崎駿の誕生か?』,2012年10月5日配信
  22. ^ 富野由悠季 : 「おおかみこどもの雨と雪」を異例の大絶賛”. MANTANWEB(毎日新聞デジタル) (2012年7月20日). 2012年8月24日閲覧。
  23. ^ 吉田広明「読む、映画『おおかみこどもの雨と雪』」、『キネマ旬報』第1619号(通巻2433号)、キネマ旬報社、2012年8月、 85頁。
  24. ^ Sitges 2012 has its first winners”. Sitges Film Festival (2012年10月12日). 2012年10月14日閲覧。
  25. ^ 第34回ヨコハマ映画祭2012年日本映画個人賞
  26. ^ 第3回ロケーションジャパン大賞に「おおかみこどもの雨と雪」が! - 富山県ロケーションオフィス - 富山県観光・地域振興局観光課
  27. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年2月7日閲覧。
  28. ^ 日本アカデミー賞公式サイト - 第36回日本アカデミー賞優秀作品
  29. ^ “「ワーナーマイカル映画館大賞2012」は1位『おおかみこども』2位『ヱヴァ』”. マイナビニュース. (2013年1月30日). http://news.mynavi.jp/news/2013/01/30/270/ 2013年12月23日閲覧。 
  30. ^ 日本インターネット映画大賞 - 第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果
  31. ^ 東京国際アニメフェア2013 - 第12回コンペティション受賞者・第9回功労者顕彰者
  32. ^ 一般社団法人デジタルメディア協会>AMDアワード
  33. ^ “金爆がAMDアワード受賞「2ちゃんねらーなのでうれしい」”. ナタリー. (2013年3月19日). http://natalie.mu/music/news/86997 2013年12月20日閲覧。 
  34. ^ 日本シアタースタッフ映画祭公式サイト - 第4回日本シアター映画祭映in成城
  35. ^ 日本プロフェッショナル大賞公式サイト - 第22回日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10

関連項目[編集]

外部リンク[編集]