クラウド アトラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウド アトラス
Cloud Atlas
監督 ラナ・ウォシャウスキー
トム・ティクヴァ
アンディ・ウォシャウスキー
脚本 ラナ・ウォシャウスキー
トム・ティクヴァ
アンディ・ウォシャウスキー
原作 デイヴィッド・ミッチェル
クラウド・アトラス
製作 グラント・ヒル
シュテファン・アルント
ラナ・ウォシャウスキー
トム・ティクヴァ
アンディ・ウォシャウスキー
製作総指揮 フィリップ・リー
ウーヴェ・ショット
ウィルソン・チウ
出演者 トム・ハンクス
ハル・ベリー
音楽 トム・ティクヴァ
ジョニー・クリメック
ラインホルト・ハイル
撮影 ジョン・トール
フランク・グリーベ
編集 アレクサンダー・バーナー
製作会社 Xフィルム・クリエイティブ・プール
アナーコス・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年10月26日
日本の旗 2013年3月15日
上映時間 172分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
香港の旗 香港
シンガポールの旗 シンガポール
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $27,108,272[2] アメリカ合衆国の旗
$130,482,868[3] 世界の旗
テンプレートを表示

クラウド アトラス』(原題:Cloud Atlas)は、2012年のSFドラマ映画。2004年に発表されたデイヴィッド・ミッチェルの小説『クラウド・アトラス』を原作とする。映画は19世紀から文明崩壊後までの異なる時代に舞台を置いた6つの物語をグランドホテル方式で描き、キャストは各エピソードに応じて複数の人物を演じるという、複雑な手法が取られる。

1849年、2144年、2321年の物語をウォシャウスキー姉弟が監督。1936年、1973年、2012年の物語をトム・ティクヴァが監督している。

なお、日本での年齢制限は劇場公開時はPG12指定だったが、Blu-ray・DVD発売時にはR15+指定となっている。

ストーリー[編集]

複数の物語が時間を越えてランダムかつシーンをシンクロさせながら進行していく。隻眼の老人ザックリー(トム・ハンクス)が自身の時空を超えた数奇な物語を語るところから始まる。

波乱に満ちた航海の物語[編集]

1849年、医師グース(ハンクス)は奴隷売買の契約を終えたユーイング(ジム・スタージェス)と共に、アメリカへの帰路の船旅に同行する。船底の船室でユーイングは、脱走し密航していた黒人奴隷オトゥア(デヴィッド・ジャーシー)に出会い、一度は運命を変えられないと断るも、説得されて助ける。その後、ユーイングは船に積まれた契約金を狙うグースに毒を盛られ、殺されかけていたところをオトゥアに救われたことで考えを改め、義理の父ハスケル(ヒューゴ・ウィーヴィング)と決別し、妻ティルダ(ペ・ドゥナ)と共に奴隷解放運動へ身を投じる。

幻の名曲の誕生秘話[編集]

1931年、ユーイングの航海日記を愛読していた音楽家フロビシャー(ベン・ウィショー)が幻の交響曲「クラウド・アトラス六重奏」を完成させる過程を描く。男娼だったフロビシャーは、往年の大作曲家エアズ(ジム・ブロードベント)の下で採譜係として雇われ、夜に自分の交響曲を作曲していた。しかし、その曲と自分の自由を奪おうとしたエアズを銃で撃ってしまったため、逃亡生活を送ることになる。曲を完成させた後、手紙を書き続けていた同性の恋人シックススミス(ジェームズ・ダーシー)に遺書を残し、銃で自殺する。

巨大企業の陰謀[編集]

その42年後、シックススミスは物理学者となっていた。原発事故を引き起こし石油企業の利権を守ろうとするフックス(ヒュー・グラント)を告発するため、偶然知り合ったジャーナリストのルイサ・レイ(ハル・ベリー)に原発の報告書を託そうとするが、殺し屋ビル(ウィービング)に射殺され、ルイサも命を狙われる。ルイサが家に帰ると、同じく殺し屋のネピア(キース・デイヴィッド)が現れるが、亡きルイサの父の戦友でもあった彼はルイサを守るために戦う。最後には陰謀が明るみに出て悪役たちは逮捕される。

ある編集者の大脱走[編集]

2012年のロンドン。作家ダーモット(ハンクス)が殺人事件を犯し、カルト的人気を得たため、彼の著書がベストセラーとなる。ダーモットの出版元であったカベンディッシュ(ブロードベント)は大儲けするが、獄中のダーモットの命令でやってきた彼の弟たちに脅され、助けを求めた兄デニー(グラント)にも騙され、老人介護施設に監禁同様に入院させられてしまう。一人での脱出に失敗した彼は、同じく入院している老人数名と計画を立て、車で門を破って逃げ出すことに成功する。そして青春時代の恋人アーシュラ(スーザン・サランドン)とも再会し、共に余生を過ごす。

伝説のクローン少女と革命[編集]

2144年の未来社会。海に沈みゆく全体主義国家ネオソウルでは、遺伝子操作で作られた合成人間(複製種)たちは人間(純血種)に支配され、労働力として酷使されている。複製種ソンミ451(ペ)はある日、革命家チャン(スタージェス)に救出され、生まれて初めて外界に足を踏み入れる。彼女は、自由を得て旅立ったと思っていた自分たちの仲間が実は殺されており、さらにソープという彼女たち自身の食事となっている実態を目の当たりにして愕然とする。ソンミ451は革命に参加することを決意し、実態を世に知らしめるため、ある施設を占拠、演説を行う。しかし同時に政府軍に踏み込まれてチャンと仲間は戦死、捕らえられたソンミ451も尋問の後、処刑されてしまう。

崩壊した地球での戦い[編集]

2321年の文明の崩壊した未来の世界。ある島では凶悪な人食い族に怯えながらも、人々は遥か昔、世界を救ったとされる女神ソンミを崇め、素朴な生活をしている。島の住民ザックリーは彼の心の闇の部分であるオールド・ジョージー(ウィービング)に悩まされ続けており、人食い種族に襲われた仲間を見殺しにしてしまう。ある日、島に「昔の人」の科学文明を維持したプレシエント族からメロニム(ベリー)という女性がやってくる。メロニムは、「悪魔の山」と呼ばれ、人々が恐れ近づかない遺跡へのガイドを探していた。ある日、過去の様々な魂の記憶を夢に見たザックリーは村のシャーマンに相談し、女神から三つの啓示を賜る。そして、最初の啓示によってメロニムと共に人喰い族との遭遇を回避する。ザックリーはカサゴの毒に犯され死にかけている姪の命を救ってもらう代りに、悪魔の山へのガイドを引き受ける。二つ目の啓示によってオールド・ジョージーの囁きに打ち勝ち、メロニムの命を救い、無事に目的地にたどり着く。メロニムは、地球が毒されて人類が住めなくなっていること、かつて他の惑星に移り住んだ人類がいること、今いる施設が宇宙へSOSを送信することのできる宇宙港であること、ソンミが実在した人間であることなどの真実を語る。SOS送信後、人喰い族の襲撃を受けていた村に戻ったザックリーは三つ目の啓示を守らなかったために窮地に陥る。メロニムの銃に助けられて共に深傷を負いながらも生き延び、隠れていて助かった姪も連れてプレシエント族の船に乗り、宇宙からの救出を待つ。

エピローグ[編集]

2346年、場面は最初の老いたザックリーに戻る。語っていた相手は沢山の子供たちで、舞台は地球から遠く離れた惑星。共に老いたザックリーとメロニムが仲睦まじく寄り添う姿で幕は閉じられる。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

  • アダム・ユーイング(演:ジム・スタージェス)- 1849年の主人公。奴隷船の公証人。胸に彗星型の痣がある。
  • ロバート・フロビシャー(演:ベン・ウィショー)- 1931年の主人公。作曲家志望の青年。背骨の辺りに彗星型の痣がある。
  • ルイサ・レイ(演:ハル・ベリー)- 1973年の主人公。女性ジャーナリスト。鎖骨の辺りに彗星型の痣がある。
  • ティモシー・カベンディッシュ(演:ジム・ブロードベント)- 2012年の主人公。老編集長。右足首の辺りに彗星型の痣がある。
  • ソンミ451(演:ペ・ドゥナ)- 2144年の主人公。労働専用のクローン人間。首の辺りに彗星型の痣がある。
  • ザックリー(演:トム・ハンクス)- 2321年の主人公。崩壊した文明の羊飼い。後頭部に彗星型の痣がある。
  • ルーファス・シックススミス(演:ジェームズ・ダーシー)- 1931年と1973年の両方の時代に登場する唯一の人物。物理学者。フロビシャーのゲイの恋人でありルイサ・レイにある情報を託す。

ヒューゴ・ウィーヴィングヒュー・グラントスーザン・サランドンは全エピソードに共通して脇役、または悪役を演じている。

各配役[編集]

キャストは以下の通り[4]。太字は主人公を示す。

俳優 “波乱に満ちた航海の物語”(1849年) “幻の名曲の誕生秘話”(1931年) “巨大企業の陰謀”(1973年) “ある編集者の大脱走”(2012年) “伝説のクローン少女と革命”(2144年) “崩壊した地球での戦い”(2321年)
トム・ハンクス ドクター・ヘンリー・グース 安ホテルの支配人 アイザック・サックス ダーモット・ホギンズ 『カベンディッシュの大災難』の主演俳優 ザックリー
ハル・ベリー 農園で働くマオリ族 ジョカスタ・エアズ ルイサ・レイ 出版パーティーのインド人女性客 ソンミの首輪を外す闇医者オビッド メロニム
ジム・ブロードベント モリヌー船長 ビビアン・エアズ N/A ティモシー・カベンディッシュ 路上の二胡弾き プレシエント族
ヒューゴ・ウィーヴィング ハスケル・ムーア 指揮者ケッスルリング 殺し屋ビル・スモーク 女看護師ノークス メフィー評議員 オールド・ジョージー
ジム・スタージェス アダム・ユーイング 安ホテルを追い出される客 メーガン(シックススミスの姪)の父親(写真) スコットランド人のサッカーファン ヘジュ・チャン ザックリーの義弟アダム
ペ・ドゥナ ティルダ N/A メーガン(シックススミスの姪)の母親(写真)/違法工場のメキシコ人女性 N/A ソンミ451、ソンミ351、売春婦ソンミ N/A
ベン・ウィショー 船の給仕係 ロバート・フロビシャー レコード店店員 デニーの妻ジョージェット N/A 部族の男
ジェームズ・ダーシー N/A 若きルーファス・シックススミス 老年のルーファス・シックススミス 施設の看護師ジェイムズ 記録官 N/A
ジョウ・シュン N/A N/A 死体を発見する男性ホテル従業員 N/A ユナ939 ザックリーの妹ローズ
キース・デイヴィッド 召使いクパカ N/A ジョー・ネピア N/A アンコー・アピス将軍 プレシエント族
デヴィッド・ジャーシー オトゥア N/A ルイサの父レスター(写真) N/A N/A プレシエント族のデュオファイサイト
スーザン・サランドン ホロックスの妻 N/A N/A アーシュラ 男性科学者ユースフ・スレイマン アベス
ヒュー・グラント ホロックス牧師 高級ホテルの警備員 ロイド・フックス デニー・カベンディッシュ リー師 コナ族のチーフ

日本語吹き替え[編集]

俳優 日本語吹き替え
BD・DVD版
トム・ハンクス 井上和彦
ハル・ベリー 本田貴子
ジム・ブロードベント 石丸博也
ヒューゴ・ウィーヴィング 稲葉実
ジム・スタージェス 関智一
ペ・ドゥナ 高橋美佳子
ベン・ウィショー 前野智昭
ジェームズ・ダーシー 高橋広樹
ジョウ・シュン 岡田栄美
キース・デイヴィッド 手塚秀彰
デヴィッド・ジャーシー 伊藤健太郎
スーザン・サランドン 一城みゆ希
ヒュー・グラント 小原雅人

製作[編集]

2009年1月、ティクヴァが小説『クラウド・アトラス』の映画脚本化にウォシャウスキー姉弟とともにとりかかっていることを明らかにし[5]ナタリー・ポートマンの出演が噂された[6]。2010年6月にはポートマンのほかにハンクス、ベリー、ジェームズ・マカヴォイイアン・マッケランが出演を依頼されたと報じられた[7]。2011年4月にはハンクスの出演と姉弟の共同監督が[8]、2011年5月にはベリー、ウィーヴィング、ウィショー[9]、ブロードベント、サランドン[10]の出演が明らかになった。

映画はドイツのXフィルム・クリエイティブ・プール、Aカンパニー・フィルムプロドゥクツィオンゲゼルシャフト、メディエンボルト・ベルリンブランデンブルク[11]、フィルムシュティフトゥングNRW[12]と、アメリカのアナーコス・プロダクションズ[13]、香港の寰亜綜藝集団、新原野娯楽伝媒、シンガポールのアセンション・ピクチャーズ[14]の出資を受けている。製作予算は1億米ドルに上り、ドイツの新聞『ディ・ヴェルト』は本作を「史上最高額のドイツ映画」「ドイツ製ブロックバスターという初の試み」と呼んだ[15]

撮影はドイツのバーベルスベルク撮影所で2011年9月16日に始まり[16]、12月21日に終わった[17]。撮影はスコットランドのグラスゴー[18]やスペインのマヨルカ島[19]でも行われたが、プロデューサーのシュテファン・アルントによると全体の約8割はバーベルスベルクで行われた。姉弟とティクヴァは、別々のスタッフを使って並行して撮影を行った[20]

ワーナー・ブラザーズは当初、上映時間を150分以内にするとの条件で契約を結んだ。しかし、完成した映画は164分に及び、最終的にこれを了承した[21]アメリカ映画協会は「暴力描写、言葉遣い、性的/ヌード描写および軽度の薬物使用」のために映画を「R」に指定した[22]

公開[編集]

2012年6月、ワーナー・ブラザーズは映画の北米における公開日を2012年10月26日と設定し、同時にイギリス、フランス、スペイン、オーストラリア、日本における権利を獲得、これらの地域では2013年初頭に公開すると発表した[23]

2012年7月26日には、約6分に及ぶ予告編と、3人の監督による映画の解説の映像が公開された[24]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Amy, Kaufman (2012年10月25日). “'Silent Hill' sequel likely to lead lackluster weekend at box office”. ロサンゼルス・タイムズ. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/cotown/la-et-ct-box-office-cloud-atlas-mavericks-silent-hill-20121025,0,5144803.story 2012年10月25日閲覧。 
  2. ^ “Cloud Atlas (2012)”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=cloudatlas.htm 2012年12月27日閲覧。 
  3. ^ “Cloud Atlas (2012)”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=cloudatlas.htm 2012年12月27日閲覧。 
  4. ^ Billington, Alex (2012年8月3日). “Explore the Many Different Faces of the 'Cloud Atlas' Cast Over Time”. FirstShowing.net. http://www.firstshowing.net/2012/explore-the-many-different-faces-of-the-cloud-atlas-cast-over-time/ 2012年8月21日閲覧。 
  5. ^ Billington, Alex (2009年1月29日). “Tom Tykwer Adapting Cloud Atlas with Wachowski Brothers”. FirstShowing.net. http://www.firstshowing.net/2009/tom-tykwer-adapting-cloud-atlas-with-wachowski-brothers/ 2012年8月21日閲覧。 
  6. ^ Sciretta, Peter (2009年1月29日). “Tom Tykwer Adapting Cloud Atlas for the Wachowskis; Is Natalie Portman Involved?”. /Film. http://www.slashfilm.com/tom-tykwer-adapting-cloud-atlas-for-the-wachowskis-is-natalie-portman-involved/ 2012年8月21日閲覧。 
  7. ^ Lyttelton, Oli (2010年6月16日). “Tom Hanks, Halle Berry, James McAvoy, Ian McKellen & Natalie Portman All Offered Roles In Tom Tykwer's 'Cloud Atlas'”. The Playlist. http://theplaylist.blogspot.jp/2010/06/tom-hanks-halle-berry-james-mcavoy-ian.html 2012年8月21日閲覧。 
  8. ^ Kroll, Justin (2011年4月12日). “'Cloud Atlas' gathers with Tom Hanks”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118035354 2012年8月21日閲覧。 
  9. ^ Roxborough, Scott; Kit, Borys (2011年5月11日). “Hugo Weaving, Ben Whishaw Join 'Cloud Atlas' (Cannes Exclusive)”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/hugo-weaving-ben-whishaw-join-187412 2012年8月21日閲覧。 
  10. ^ Lodderhose, Diana; Meza, Ed (2011年5月12日). “Sarandon, Broadbent circle 'Atlas'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118036870 2012年8月21日閲覧。 
  11. ^ Meza, Ed (2011年5月10日). “Wachowski siblings secure coin for 'Cloud'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118036688 2012年8月21日閲覧。 
  12. ^ Roxborough, Scott (2011年7月11日). “Wachowskis, Tykwer Get 'Cloud Atlas' Cash From NRW”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/wachowskis-tykwer-get-cloud-atlas-209645 2012年8月21日閲覧。 
  13. ^ Roxborough, Scott (2011年12月22日). “Wachowskis and Tom Tykwer Wrap Shooting on ‘Cloud Atlas’”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/wachowskis-tom-tykwer-wrap-shooting-276024 2012年8月21日閲覧。 
  14. ^ Frater, Patrick (2011年9月15日). “Asian backers integral to Cloud Atlas”. Film Business Asia. http://www.filmbiz.asia/news/asian-backers-integral-to-cloud-atlas 2012年8月21日閲覧。 
  15. ^ Rodek, Von Hanns-Georg (2011年6月22日). “Der 100.000.000 Dollar Film” (ドイツ語). ディ・ヴェルト. http://www.welt.de/channels-extern/ipad_2/kultur_ipad_2/article13443685/Der-100-000-000-Dollar-Film.html 2012年8月21日閲覧。 
  16. ^ “Cameras to Roll on the Wachowski-Tykwer Directed “CLOUD ATLAS””. Bussiness Wire. (2011年9月13日). http://www.businesswire.com/news/home/20110913005794/en/Cameras-Roll-Wachowski-Tykwer-Directed-%E2%80%9CCLOUD-ATLAS%E2%80%9D 2012年8月21日閲覧。 
  17. ^ Semlyen, Phil de (2011年12月21日). “Cloud Atlas Behind The Scenes Picture”. Empire (Bauer Consumer Media). http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=32746 2012年8月21日閲覧。 
  18. ^ “Tom Hanks and Halle Berry set to film new movie in Glasgow”. STV. (2011年9月1日). http://local.stv.tv/glasgow/268538-tom-hanks-and-halle-berry-set-to-film-new-movie-in-glasgow/ 2012年8月21日閲覧。 
  19. ^ “The shooting of 'Cloud Atlas' was postponed to November because of the injury of Halle Berry”. Mallorca Film Commission. (2011年9月27日). http://mallorcafilmcommission.com/index.php/en/press-room/mfc-in-media/223-the-shooting-of-cloud-atlas-was-postponed-to-november-because-of-the-injury-of-halle-berry 2012年8月21日閲覧。 
  20. ^ Roxborough, Scott (2011年8月22日). “Wachowskis, Tom Tykwer Set for 'Cloud Atlas' Shoot Mid-September”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/cloud-atlas-wachowski-brothers-tom-tykwer-225835 2012年8月21日閲覧。 
  21. ^ Thompson, Anne; Lange, Maggie (2012年5月17日). “Cannes Market: Wachowskis' 'Cloud Atlas' Screens for Buyers; Butler, Worthington and McConaughey Get Funded for 'Thunder Run'”. Thompson on Hollywood (Indiewire). http://blogs.indiewire.com/thompsononhollywood/cannes-market-gerard-butler-sam-worthington-matthew-mcconaugheys-thunder-run-funded 2012年8月21日閲覧。 
  22. ^ Brevet, Brad (2012年6月5日). “'Cloud Atlas,' 'Cosmopolis' and More in Today's Latest MPAA Ratings”. Rope of Silicon. http://www.ropeofsilicon.com/cloud-atlas-cosmopolis-and-more-in-todays-latest-mpaa-ratings/ 2012年8月21日閲覧。 
  23. ^ “Warner Bros. Pictures Sets October 26, 2012 for Domestic Release of “Cloud Atlas””. Bussiness Wire. (2012年6月19日). http://www.businesswire.com/news/home/20120619007089/en/Warner-Bros.-Pictures-Sets-October-26-2012 2012年8月21日閲覧。 
  24. ^ Fischer, Russ (2012年7月26日). “‘Cloud Atlas’ Six Minute Trailer: A Quick Guide to the Genre-Hopping Epic From Tom Tykwer and the Wachowskis”. /Film. http://www.slashfilm.com/quick-guide-tykwer-wachowski-genre-hopping-epic-cloud-atlas-trailer/ 2012年8月21日閲覧。 

外部リンク[編集]