劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W
監督 宮尾佳和
脚本 日野晃博
原作 レベルファイブ
製作 FCイナズマイレブンGO・プロジェクトダンボール戦機2012
出演者 寺崎裕香
久保田恵
下野紘
大原崇
斎賀みつき
花澤香菜
音楽 光田康典
亀岡夏海
近藤嶺
製作会社 OLM
配給 東宝
公開 2012年12月1日 -
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億8000万円
前作 劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン
次作 イナズマイレブン 超次元ドリームマッチ
テンプレートを表示

劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W』(げきじょうばんイナズマイレブンゴー ブイエス ダンボールせんきダブル)は、2012年12月1日より東宝系にて公開された日本アニメーション映画作品。略称は「イナダン[1]」。

概要[編集]

ゲームが同じレベルファイブ制作の作品で、テレビアニメでも繋がりを持つ『イナズマイレブンGO』と『ダンボール戦機W』のクロスオーバー作品。『イナズマイレブン』シリーズとしては3作目(続編の『イナズマイレブンGO』シリーズとしては2作目)、『ダンボール戦機』シリーズとしては初の劇場アニメ作品であり、2作が本格的なクロスオーバーを行うのは本作が初となる。前2作と違い、3Dでは上映せず、2Dのみでの上映。

尚、『イナズマイレブンGO』のキャラは、『ダンボール戦機W』のキャラに合わせてテレビシリーズより頭身が高めに描き直されており、『ダンボール戦機W』のキャラも『イナズマイレブンGO』のキャラに合わせて色味が強く描かれている。テレビシリーズとはパラレルワールドに近い関係で、「サッカー禁止令」や「ブレインジャック」といったテレビシリーズとの時系列も特に設定されていない。

同年7月14日から発売されている前売券の特典として、ゲーム『ダンボール戦機W』のLBX「イカロス雷門Z(ゼロ)」のデータパスワード付き「イナダン奇跡のVSカードセット」を全国の各劇場先着20万名にプレゼント。

入場者特典として「『イナダンテレフォン』ひみつナンバーカード」が全国先着55万名に配布される。また、「イナズマイレブンGO2 ネップウ・ライメイ」や「ダンボール戦機W」で使えるデータパスワードも配布される。

キャッチコピーは「驚天動地の闘い(バトル)!!サッカー VS LBX」「決めろ!!友情の必殺技!!」。

全国270スクリーンで公開され、2012年12月1・2日の初日2日間で興収1億7,355万750円、動員17万2,222人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[2]。最終興行収入は6億8000万円[3]

2013年6月5日にDVD・Blu-rayが発売された。

ストーリー[編集]

日本少年サッカーの最高峰・“ホーリーロード”の優勝チーム・雷門中サッカー部(イナズマイレブン)を中心としたオールスターチーム“新生イナズマジャパン”と、往年の少年サッカー世界一チーム“イナズマレジェンドジャパン”が、大勢の観客見守る中エキジビションマッチを開催。試合の興奮がクライマックスに達しようとしていたその時、一点にわかに空かき曇り、甚大な数の小さなロボット・LBXがスタジアムを覆い尽くし、襲ってくる。

松風天馬達は圧倒的な数量で攻めるLBX達に苦戦を強いられ、大混乱に陥った試合の中、再び天空から2機のLBXが飛来。しかし、そのLBX達は他の敵性LBXを瞬く間に超絶的必殺武器で倒していく。そのLBXを操る者こそ最強のLBXプレイヤー・山野バン達であった。

それは本来なら交わることなど有り得ない“超次元サッカー”“LBX”が激突し、全世界を震撼させた恐るべき事件の幕開けに過ぎなかった。

登場人物・キャスト[編集]

イナズマイレブンGO[編集]

ダンボール戦機W[編集]

(※)はepisode0のみに出演。

劇場版オリジナルキャラクター[編集]

フラン - 日笠陽子
水色の長い髪、青い目の少女。天馬・バンたちの時代よりも(恐らくフェイの時代よりも)ずっと未来から、「戦い」を消すためにやってきた。
好きな花や、両親を奪った戦争を憎んでおり、「戦い」を楽しむ天馬・バンたちを敵対し、様々な手を使ってそれらを排除しようと戦いを挑む。
使用LBXはヘリオローザ。必殺技は映画では技名は出なかったが、「カオスメテオ」と言う名前であることがGOストライカーズ2013で判明している。
また、全体的なカラーが黒になる状態は、「化身アームド」状態であり、これをTCGでは「魔女アームド」と呼んでいるが、何をもって他と区別されているかは不明。
しかし他の「アームド」に比べると、ミキシマックスのように髪色などが変わったり、服装も他に比べて意匠などがシンプルであるなどの違いがある。
アスタ - 木村良平
ドレッドにした薄い金髪に、緑色のヘアバンド、赤い目の少年。フラン同様「セブンス」。他の二人に比べて血気盛ん。
自分の分身のような存在「デュプリ」の進化形態である、「ハイデュプリ」で構成された「デストラクチャーズ」を率いて、天馬たちにサッカーで勝負を挑む。
必殺技はアスタリスクロック、ディメンションストーム。映画では出さなかったが、ゲームでは化身が出せ、アームドも可能。
サン - 潘めぐみ
フランの父親に良く似た顔を持つ少年。フラン同様「セブンス」。フランのことを「姉さん」と慕っているが、血の繋がりはない。
レッドソル、ブルーノーグ、デジトアニスI&IIを従え、LBXでバンたちに勝負を挑む。
膨大な数のLBXを一度に操ることが出来、ホーリーロードスタジアムを混乱に陥れた。
フラン父 - 星野貴紀
フランの父。彼女の誕生日にカプセルに入った花をプレゼントした。顔がサンに良く似ている。
「セブンス」に目覚めたフランを能力開発研究所に預ける。
フラン母 - 渡辺明乃
フランの母。顔はフランに良く似ている。
「セブンス」に目覚めたフランを能力開発研究所に預ける。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマは「イナズマイレブン」と「ダンボール戦機」で、それぞれ主題歌を担当し続けている 「T-Pistonz+KMC」と「Little Blue boX」が本編同様にコラボし、共同で歌う。

小説版[編集]

2012年12月に上下巻が発行された。上巻は村松哲次と冨岡淳広、下巻は冨岡淳広が担当。

劇場版との違いや追加点など
新生イナズマジャパンの合宿
映画のストーリーが始まる前であり、選ばれた新生イナズマジャパンのメンバーが雷門中サッカー棟にて一週間の合宿を行う追加エピソード。
ここで、彼らにレジェンドジャパンとのエキシビジョンマッチの話を持ってきたのが響木であることがわかる。
フランたちの基地
映画中では明かされなかったが、「フラウ・ア・ノートリアス」と言う名前がついている。
フランが幼い頃に父から誕生日プレゼントにもらった花が変化したという設定で、作中では「(フランの)希望」「心の鎧」であるとされている。
フランたちの世界
天馬達の時代から問題になっていた砂漠化は決定的な打開策のないままに時が過ぎ、そして大国の思惑がからんだ地域紛争の激化から世界戦争勃発へと繋がっていき、世界中の人々の生活が戦争を中心として回り始め、人類史上最悪の時代の幕開けとなってしまう。戦争を止めようと奔走する人々の声は、国家の勝利という甘い言葉に踊らされた人々によってかき消されてしまい、戦火は止むどころか世界にまで及ぶ。
そのせいで、非力な人々だけではなく、荒廃の一途を辿るばかりだった世界中の植物も犠牲となり砂漠化が加速するようになるが、花を思う気持ちのない為政者達によってさらに追い討ちをかけられるように、野に咲く花は戦争に邪魔の物として刈り取られてしまい、花畑は本土決戦を想定した装甲版や城塞に変わった挙句に、新兵器の開発と投入に血道をあげる時代が続き、花はさらに邪魔物扱いされて自生する植物は急激に減少してしまい、環境は崩壊し、大気は汚れ、生花などの自然のままの植物はとても希少なものになっている。その失われてしまった花を惜しむ人間は人工で生成してみるも自然に咲く花の美しさや香りまでは再現しきれなかった。
最終局面ではぎりぎり抑制されていた大量殺戮兵器が投入され、地上は戦火にまみれてしまい、そんな中で人間は、現実に耐え、これからの環境に適応すべく「変化」していき、フランたちの世代からはそれが超能力などの目に見えるものとして現れた。それが超人的な能力を持つ子供たちであるセブンスである。
各国はセブンスを出口の見えない戦いに対する次代の兵器として研究していたのだが、しかし為政者達はセブンスの投入が待てず全ての世界が無事ではすまないことを承知して禁断の反物質爆弾を使用して世界諸共戦争を終わらせてしまった。
セブンス
ある時期を境に世界規模で生まれた、人の新たな能力ことシックスセンス(超能力)を超える力を持つ者と言う意味でつけられた、次世代の子どもたちの総称。
手を使わずに物を動かしたり、自分の体重の数百倍もの物体を持ち上げるなどの念動力や透視能力や他人の心を読むなどの一般的な超能力の力の他にも水中で生活する者がいるなどがいる。
長い戦争とそれに伴う環境の変化が進化をもたらしたと考えられており、実際恐怖心や強い生存本能で力は高められる。
セブンスは子供だけで成人の報告はなく、それ故に力をうまくコントロール出来ずに、車の暴走・家の倒壊・そして自分の親を意図せず殺してしまったなどの事件を起こすために、セブンスの子供達の多くは親からも化け物として恐れられて能力開発研究所にある意味捨てられるように預けられているが、その研究所でも兵器として扱われている。
フランは特にその中でも強い力を持っており、研究者達は彼女を兵器として利用するために過酷な実験を強いた。
研究所
映画中では特に名前は語られなかったが正式名称は「能力開発研究所」である。セブンス達といった特殊能力を持つ子供達を集め研究する国がつくった施設であり、科学者が「一種の学校のようなものにもなっている」と発言していたことから教育機関も兼ね備えている模様。
表向きは、セブンス達が力をコントロール出来ずに起こす事件の悲劇を起こさない為に、セブンスの子供たちを預かって力を正しくコントロール出来て新人類としての自覚を持って生きていけるように教育するとのことだが、実際はセブンスの子供達を終わらない戦争に対する兵器に仕立て上げようと目論んでおり、兵器として教育をするために、過酷な実験を強いている。なお、科学者達はセブンスの子供達がセブンスのレッテルがある以上普通の生活が送れず、親も我が子を化け物と思っているから研究所に預けたということを口実に、子供達を兵器として道具扱いすることを正当化している。
フランの過去や心境
フランがセブンスの力に目覚めたのは5歳を過ぎた辺りで、彼女を能力者の1人と診断した医者を通じて研究所を紹介されたことになっている。両親が自身を研究所に預けた会話を聞いて捨てられたりと感じたり、自分達(セブンス達)を化け物呼ばわりして道具としか見ない身勝手な研究員達に怒りを覚えるなどのフランの細かな精神描写が見られる。
その他
カズの外見の変わりようについてバンからの突っ込みが入る、新生イナズマジャパンがデストラクチャーズにゴールを決められる回数が映画に比べて多いなどの細かい変更点や追加点がある。

関連項目[編集]

映画イナダン episode0[編集]

2012年11月21日『イナダン秋の爆熱合体スペシャル!!』で放送の映画直前のエピソードとなる特別編。ダンボール戦機の世界で謎の敵に襲撃されるエピソード。

劇場版イナダン×豆しば[編集]

劇場版と豆しばのコラボレーションCM[4]。イナズマイレブンGO編から「天豆しば」、ダンボール戦機W編から「豆しバン」「イカロスしば・ゼロ」が登場する。イカロスしば・ゼロの必殺ファンクションは「放屁」。

イナダンニュース[編集]

テレビ東京系6局ネットで放送された映画特集番組。キャスターは繁田美貴、ゲストコメンテーターはハライチ。第1回は2012年9月17日、第2回は10月8日、第3回は11月23日、第4回は12月24日放送。

イナダンテレフォン[編集]

2012年11月16日より期間限定公開の、電話て参加するミニストーリー。音声認識機能によりストーリーの途中で特定のキーワードを叫ぶことでストーリーに関わることが出来る。公式サイトでは体験版が公開された他、限定入場者特典のひみつナンバーカードの番号で「イナダンテレフォン(バトル版) 電話でバトル!必殺技を叫べ!」と「イナダンテレフォン(ともだち版) 電話しようぜ!ともだち大作戦!」を公開[5][6]

漫画版[編集]

別冊コロコロコミックSpecial2012年12月号掲載の吉田正紀による読切コミカライズ版。映画公式サイトでも冒頭ページを配信。

あたりまえ体操[編集]

『あたりまえ体操 劇場版イナダンバージョン』は映画公式サイトで配信されたイナダン応援団就任のCOWCOWによるコント動画[7]

公開収録[編集]

2012年9月29日の味の素スタジアムJ1リーグ第27節FC東京vsジュビロ磐田戦で、劇中の歓声や試合中の応援などの音声収録が行われた。

イナダンギャグ外伝[編集]

映画記念コラボまんが イナ×ダン萬屋GAG劇場
コロコロコミック』2012年11・12月号掲載の萬屋不死身之介による短期集中連載の映画記念コラボ漫画[8]
映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝
映画公開を記念し2012年9月12日より『ダンボール戦機W』と『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』の最後に挿入される萬屋不死身之介原案のショートギャグアニメ。両アニメ同じ内容のものが放送される。
登場キャラクター
松風天馬
主人公。かなり口が悪い。天馬の持つボールにはちっちゃいおっさんが入っている。120円でペガサスアークがバンに寝返ったことも。
西園信助
登場するものの台詞はない。
剣城京介
夏休みに海に行って肌が黒くなったがランスロットは錆びてしまった。
神童拓人
化身を進化させようとして顔だけバッハになった。
フェイ・ルーン
ティラノザウルスとミキシマックスした。
クラーク・ワンダバット
ミキシマックスで天馬とラクダを融合させてしまう。
山野バン
主人公。ギョーザ好き。ディテクターの一味だと勘違いして天馬に勝負を挑むも、飛び降りて足を挫いたりLBXを犬に取られるなどちょっとドジ。
山野博士
イカロス・ゼロを与えるフリをして藁人形を贈ったりとおちゃめ。
イカロス・ゼロ
博士にブリーフ姿にされたり、洗濯物の中に忘れられたり、醤油入れにされたり、犬に咥えられ持って行かれたり、シャンプーのキャップにされたりと扱いが悪い。
大空ヒロ
バンに助けを求められるもゲームで忙しく断る。
アスタ
松風天馬に挑むも、胸のマークが視力検査だと思われた。サンやフランからは髪の毛を見てパスタを連想された。
サン
バンにイカロス・ゼロの頭がないことを指摘する。
フラン
天馬とバンに勝負を挑む。
各話リスト
話数 タイトル ダンボール
話数
イナズマ
話数
放送日
1 映画みようぜ!!イナズマGOギャグ外伝 第1話 34話 20話 2012年
9月12日
2 映画みようぜ!!ダンボール戦機Wギャグ外伝 第1話 35話 21話 9月19日
3 映画みようぜ!!イナズマGOギャグ外伝 第2話 36話 22話 10月3日
4 映画みようぜ!!ダンボール戦機Wギャグ外伝 第2話 37話 23話 10月10日
5 映画みようぜ!!イナズマGOギャグ外伝 第3話 38話 24話 10月17日
6 映画みようぜ!!ダンボール戦機Wギャグ外伝 第3話 39話 25話 10月24日
7 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 第1話 40話 26話 10月31日
8 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 第2話 41話 27話 11月7日
9 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 第3話 - 29話 11月14日
10 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 - 42話 30話 11月21日
11 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 アスタエジプト編
12 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 宿題なくす編 究極の絆 グリフォン 前編 11月24日
13 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 視力検査編 43話 31話 11月28日
14 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 イカロス頭編 44話 32話 12月5日
15 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 仲間割れ編 究極の絆 グリフォン 後編 12月8日
16 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 ヒロ忙しい編 45話 33話 12月12日
17 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 うどんパスタ編 46話 34話 12月19日
18 映画みようぜ!!イナダンギャグ外伝 フラン般若編 47話 - 12月26日

出典[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 火曜7:30枠
前番組 番組名 次番組
イナダンベストセレクション
(2012年10月2日 - 12月25日)