一命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一命
HARA-KIRI : Death of a Samurai
監督 三池崇史
脚本 山岸きくみ
原作 滝口康彦
『異聞浪人記』
製作 中沢敏明
ジェレミー・トーマス
音楽 坂本龍一
撮影 北信康
編集 山下健治
製作会社 セディックインターナショナル
配給 松竹
公開 フランスの旗 2011年5月19日[1]カンヌ国際映画祭
日本の旗 2011年10月15日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

一命』(いちめい、Harakiri : death of a samurai)は、三池崇史監督による2011年日本映画である。第1回パロアルト国際映画祭、PAIFF&Dolby3D賞(3D技術賞)受賞[2]

概要[編集]

滝口康彦の小説『異聞浪人記』を原作としており、小林正樹監督の『切腹』以来2度目の映画化である。時代劇初の3D映画山日YBSグループ創立140周年記念作。音楽は坂本龍一が担当。主演は時代劇映画初出演となる市川海老蔵

第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された[1]が、無冠に終わった[3]

キャッチコピーは「いのちを懸けて、問う―― なぜ男は、切腹を願い出たのか――。世界を圧倒した衝撃の超大作。」。

全国460スクリーンで公開され、2011年10月15、16日の初日2日間で興収8,702万4,700円、動員7万2,858人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[4]

ストーリー[編集]

太平の世の江戸時代、庭先に押しかけ自ら切腹を迫り金銭を強請る「狂言切腹」が流行っていた。そんな時期、名門井伊家に切腹を願い出た侍、津雲半四郎が現れる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ソフト化[編集]

2012年4月13日発売。発売元はセディックインターナショナル / 講談社、販売元はアミューズソフトエンタテインメント。

  • 一命 DVDスタンダード・エディション(1枚組)
  • 一命 DVDスペシャル・エディション(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD(スタンダード・エディションと同様)
    • ディスク2:特典DVD
  • 一命 ブルーレイ プレミアム・エディション(本編Blu-ray 3D+特典DVDの2枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray 3D(3D版本編を収録・2D再生にも対応)
    • ディスク2:特典DVD(DVDスペシャル・エディションと同様)

出典[編集]

外部リンク[編集]