ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ MEWTWO SAGA』(ポケットモンスター ミュウツー! ワレハココニアリ ミュウツーサーガ)は、2000年12月30日にテレビで放送された『ポケットモンスター』の年末特番作品。オープニングアニメーションでは、タイトルロゴが表示された際に「特別企画」という文章が追加されている。CS放送キッズステーションでは「特別企画」という文章が追加されていない。

概要[編集]

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』の続編という位置づけで作られた長編作品で、映画のテーマであった「自分と言うものの存在意義」について1つの解答がなされる。脚本も劇場版と同じく首藤剛志が担当している。2001年8月29日にDVDで発売。後に『週刊ポケモン放送局』、『キッズステーション』でも3部に分けて放送された。また、アメリカでは2001年12月4日に『Pokémon: Mewtwo Returns』のタイトルでDVDが発売された。

翌年の2001年12月30日には年末特番第2弾『ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説』が放送されている。

本作の放映時は、オープニング・エンディングのアニメーションや一部シーンを除いてテレビシリーズはセル画で制作されていたが、本作は本編全てがデジタルで制作されている(後にテレビシリーズも第262話からデジタル制作となる)。

あらすじ[編集]

『ミュウツーの逆襲』にて、己の過ちを悟りコピーポケモンたちを連れて旅立ったミュウツーは、ピュアーズロックという山の頂上に居を構え、コピーポケモンたちと共に平和に暮らしていた。しかしミュウツーは未だに「自分が誰なのか」という自問自答に答えを出せずにいた。

一方、旅の途中でピュアーズロックの麓に差し掛かったサトシ一行は唯一の運行バスに乗り遅れてしまい、山の麓で宿屋を営む女性ルナに出会って彼女の宿に泊めてもらうことに。その翌日、ルナからピュアーズロックやピュアーズロックの周辺を流れるピュア川の水についてサトシたちが話を聞いていると、ピュア川の水の調査に訪れた医学博士のペニシリーナとその助手・ドミノが一晩泊めてくれないかとルナの宿屋を訪れた。

しかし川の水を調査させてほしいというペニシリーナの申し出を聞いた途端、ルナは表情を曇らせる。実は彼女は自然学者でもあり、ピュア川の水を調査する事でその近辺の自然が壊されてしまうのではないかと懸念していたのだった。

その時ロケット団がサトシたちの前に現れ、ピカチュウを連れて行ってしまう。ルナやペニシリーナたちと共にロケット団の気球を追い、何とか追いついたサトシたち。ところがそのとき、一行に同行していたドミノが突然サトシたち諸共ロケット団の気球を撃ち落し、自身は小型ロケットで飛び去ってしまう。実はドミノはロケット団の団員で、サカキの命令を受けてミュウツーの行方を捜していたのだ。そしてピュアーズロックの頂上にミュウツーの姿を発見したという知らせを受けたサカキはミュウツーとコピーポケモンたちを捕えるべく、ピュアーズロックへと向かう。

ロケット団と共にピュアーズロックの頂上へ落下したピカチュウはそこでコピーのピカチュウやミュウツーと再会するが、ミュウツーはロケット団が近づいている事を察知し、コピーポケモンたちを逃がそうとする。しかしポケモンたちを完全に逃がしきれないうちにロケット団が到着、ミュウツーは取り残されたコピーポケモンたちを盾に取られ、やむなくサカキに囚われてしまう。一方、ピュアーズロックの頂上にあるピュア川の源泉・クリア湖の小島に落下したサトシやルナたちはピュア川の水の秘密を突き止めたが、そこへドミノたちが現れ、サトシたちは小島に住むコピーポケモンたちと共に捕まってしまう。

ミュウツーを手中に収める事に成功したサカキはクリア湖の小島に目をつけ、その島にロケット団の秘密基地を建てようとする。だが、その行動によって事態は思わぬ方向へ動き出すのだった…。

登場人物・キャスト[編集]

物語の冒頭には『ミュウツーの逆襲』の映像が流用されているため、ドクトル・フジ博士、ウミオ、ソラオ、スイートが登場するが、本編には登場しない。

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
本作の主人公。過去に1度ミュウツーたちコピーポケモンに会っているが、記憶を消されたため全く覚えていない。ロケット団に狙われたコピーポケモンたちを守るためミュウツーと共闘する。
ピカチュウ
サトシの最初のポケモン。サトシ同様過去にミュウツー達コピーポケモンに会っているが、記憶を消されたためそのときのことを覚えていない。ロケット団にさらわれたことがきっかけで自分のコピーやミュウツーと再会し、その後サトシと再会した後はコピーピカチュウと共に捕えられたミュウツーを助け出した。
カスミ
ハナダシティジムの美人4姉妹の末っ子。
タケシ
世界一のポケモンブリーダーを目指す少年。
トゲピー
カスミが所持するポケモン。
ムサシ
ロケット団の一員。サトシのピカチュウを連れ去った際、ドミノに気球を撃ち落されたのがきっかけでミュウツーやコピーポケモン達と出会う。その後、サカキが島に攻め入ってきた際にコピーポケモンたちと共に捕えられてしまうが、物語の後半で密かに脱出する。本作ではコジロウやニャースと共にミュウツーに同情し、サカキたちに協力していない。
コジロウ
ロケット団の一員。
ニャース
ロケット団の一員。2足歩行して人間の言葉を喋る珍しいポケモン。本作では彼の通訳が大きな役割を担うことになる。
ムサシのポケモン
ソーナンス
サトシのポケモンたち
フシギダネ
  • 声 - 林原めぐみ
チコリータ
カスミのポケモンたち
ヒトデマン
  • 声 - 三木眞一郎
ニョロゾ
  • 声 - 三木眞一郎
トサキント
  • 声 - 大谷育江
タケシのポケモンたち
イワーク
イシツブテ
  • 声 - 三木眞一郎
ゴルバット
  • 声 - 三木眞一郎
クヌギダマ
  • 声 - 石塚運昇
ナレーション
石塚運昇

ゲストキャラクター[編集]

ドミノ
ロケット団のエリート女性団員。ロケット団のAクラスナンバー009で、身のこなしに優れ演技力も高い。「黒いチューリップ」を自称し、ポケモンの代わりに武器として黒いチューリップを携えている。かなり傲慢な性格で、同じロケット団だが下っ端のムサシたち3人組を徹底的に貶していた。ミュウツーを捕獲すべく、ペニシリーナの助手を装いピュアーズロックへと向う。
ペニシリーナ
医学博士の男性。ピュアズロックに湧く不思議な水を研究している。ピュア河の源泉であるクリア湖を調べるためピュアズロックを訪れ、事件に巻き込まれる。その後、研究を続けるためピュアズロックに残る。
ルナ・カーソン
バス停留所にある宿屋の経営者。同時に自然学者でもある。ルカ・カーソンの妹。
ルカ・カーソン
ルナ・カーソンの姉で、ピュアズロックを渡るバスの運転手を務める。

その他[編集]

ミュウツー
ミュウの遺伝子で作られたポケモン。かつては自らの存在意義に強く悩んだ果てに自分を生みだした人間への逆襲を画策しようとしたが、体を張ってそれを止めたサトシの行動を見て心境が変化し、考えを改めた。現在はコピーポケモンたちと共にクリア湖の小島でひっそりと暮らしている。以前に比べいくらか穏やかになっているが、どこか虚無的で哀しげな雰囲気は未だに健在。強大な超能力を持ち、天候や人の心を操りテレパシーで会話する。ロケット団がピュアーズロックへ現れた際、まだ残っていたコピーポケモンたちを盾に取られてやむなくサカキに捕えられるが、サトシたちに救出された。終盤でサトシやコピーポケモンたちを通じ、心に抱えていたものを全て吹っ切れたのか、コピーたちを世界に旅立たせてから自らも旅立ち、とある大都会で「謎のポケモン」という都市伝説となり語り継がれる。
サカキ
ロケット団のボス。かつてミュウツーを手中にしていたことがあり、再び彼を手に入れるべくピュアーズロックを訪れる。詳細はロケット団 (アニメポケットモンスター)#サカキの項を参照。
コピーピカチュウ
サトシのピカチュウをベースに生み出されたコピーポケモン。オリジナルより若干気性が荒い。コピーという理由で人目を避けて生活することに疑問を感じており、自由を渇望している。物語の後半でサトシのピカチュウと共闘し、囚われていたミュウツーを救出する。
コピーニャース
ロケット団のニャースをベースに生み出されたコピーポケモン。オリジナルより若干のんびりした性格で、人語も話せない。

用語[編集]

ピュアーズロック
アニメ設定のジョウト地方に存在する断崖絶壁の大渓谷。地形と気流の関係で天気が無茶苦茶なため、雨が降れば土砂降りと土砂崩れが発生し、風が吹けば風速40メートル(ほとんど台風)になり竜巻も起こる。そのため、人が訪れることは滅多にない。また、いつも雲が覆っており、晴れることも珍しい。鳥瞰すると、ドーナツのような絶壁が手つかずの大自然を囲み、その中央にクリア湖が存在する。1週間をかけて大渓谷の脇を通って行き来する連絡バスがある。
クリア湖
ピュア河の源泉である湖。生物に必要な成分がとても多く含まれている。ピュアーズロックの中央に位置し、そこから流れ出る水が地下を通ってピュア河へと流れ込んでいる。
ピュア河
ピュアーズロックの周りを流れる河。美しく美味しい水であるため、むしタイプのポケモンなど多種類のポケモンが川辺に生息する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマはフルバージョンで流された。エンディングアニメーションもテレビサイズの物に本作の映像を追加した物が使用されている。

関連項目[編集]