クイーン・エメラルダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クイーン・エメラルダス』 (QUEEN EMERALDAS) は、松本零士による漫画である。これを原作としたラジオドラマアニメも製作された。

解説[編集]

秋田書店発行の『月刊プリンセス1975年5月号に掲載された読切短編『エメラルダス』が最初である。その後講談社発行の『週刊少年マガジン』創刊1000号にあたる1978年2号より『QUEENエメラルダス』のタイトルで連載開始。連載第1話は30ページオールカラーであった。講談社から『月刊プリンセス』掲載の読切短編も収録した全4巻の単行本が刊行された。また、連載終了後も番外編が3作発表されたり、他の作品にエメラルダスがゲスト出演するなど、松本零士の主要作品との位置付けとなっている。

『少年マガジン』1979年5月25日増刊号に掲載された番外編と、1980年2・3合併号に掲載された読切は単行本未収録となっていたが、2009年11月11日講談社コミッククリエイトから発売された文庫本『新装完全版クイーン・エメラルダス』の1巻と2巻に収録された。なお、この未収録だった作品は原稿の所在が不明だったため、掲載された当時の『少年マガジン』をコピーし、コンピュータ処理ののち、最終的に作者の松本零士が当時の筆勢のままに再現したものである。

本作品の内容は、『宇宙海賊キャプテンハーロック』と同じように宇宙を旅する女の物語である。文化放送の『セイヤング』で『スペースファンタジーエメラルダス』としてラジオドラマ化され、のちにLPレコードとしても発売された。エメラルダスという名前は宝石のエメラルドが由来である。幼い頃の松本零士はエメラルドは「赤い宝石」だと間違った認識をしており、彼女のデザインを故意に赤基調としたのは大人になってもその赤いイメージを払拭することができなかったためだとしている[1]

主人公のエメラルダスは『銀河鉄道999』や『わが青春のアルカディア』などのアニメ作品にゲストキャラクターとして登場しているが、本作のアニメ化は同時期に連載していた『999』や『ハーロック』よりもずっと後となった。最初にアニメ化の企画が出たのは1982年ごろで、『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』『1000年女王』『わが青春の‐』と、当時松本零士原作アニメを路線として敷いていた東映動画(現・東映アニメーション)により、1983年夏公開の劇場アニメ映画として企画される[2]。だが『わが青春の‐』の興行収入の不振やその続編となるテレビシリーズ『無限軌道SSX』が放映される頃には松本アニメブームが終息していたこともあり、この企画は実現しなかった。それから16年後となる1998年にOVAとしてアニメ化が実現した。

あらすじ[編集]

「大宇宙の魔女」と呼ばれ、飛行船型の宇宙船「クイーン・エメラルダス号」に乗って宇宙を駆ける女海賊エメラルダス。彼女がなぜ宇宙を旅しているのかは誰も知らない。手製の宇宙船で宇宙に飛び出した少年・海野広は火星の衛星・ダイモスのアルギューレ北方の峡谷に墜落してしまう。広は重傷を負い病院に運ばれるがそこを抜け出し、戻ってきた墜落現場でエメラルダスと出会うところから物語は始まる。

ラジオドラマ[編集]

スペースファンタジー エメラルダス
1978年12月1日、『セイヤング』(文化放送)で放送。エメラルダスが別れた男を追って宇宙を旅するもので、ほぼ原作に近い内容となっている。
  • 演出:林安ニ
  • 脚色:久間兼輔
  • 出演:田島令子、宗像智子、ささきいさお、石丸博也、塩谷翼
  • 挿入歌:「エメラルダスのテーマ」(川島かず子)、「枯木霊歌」(ささきいさお)、「星の旅人」(ささきいさお)、「エメラルダスの歌」(ささきいさお)
交響詩 エメラルダス II
1978年3月24日、『セイヤング』で放送。エメラルダスが沈没直前のアトランティス大陸を訪れるという異色作。本編放送前に竹内宏教授がアトランティスサントリーニ島大噴火説についての解説を行うというおまけまであった。
  • プロデュース:林安二
  • 脚色:佐々木清隆
  • 出演:田島令子、田中信夫、富山敬、ささきいさお、伊武雅之、麻上洋子、加藤早紀子
  • 挿入歌:「男たちのバラード」(町田義人)、「美しい人…エメラルダス」(町田義人)

OVA[編集]

1998年から1999年にかけて全4話でOVA化される。第1話・第2話はオー・エル・エム、第3話・第4話はマルチ・アクセス・カンパニー(M.A.C)がアニメーション制作を担当しているため、スタッフが一部を除き大きく入れ替わっている。VHSとLDは1巻につき1話収録の全4巻でリリースされた。当初は2巻までのリリースを予定し、後に全8巻のリリース予定と発表されるも最終的に全4巻となった。DVDは全3巻となっており、第1巻は第1話と第2話を1枚に収録している。2001年には全4話を収録した3枚組DVD-BOXも発売された。発売元はマクザム(MAXAM)。

原作を基にはしているものの、ストーリーはオリジナルとなっている。また、原作に登場しないオリジナルキャラクターが多数登場しているほか、第1話ラストでエメラルダスがメーテルを自分の妹であると言及しているシーンや、サイレンの女神族のエピソードを基にした第4話に登場するサイレンが『999』エターナル編に登場する新種族・メタノイドとなっているなど、1990年代からの新設定を踏まえたものとなっている。

サブタイトル
  • 第1話「無限への旅発ち」〜DEPARTURE〜
  • 第2話「不滅の紋章」〜ETERNAL EMBLEM〜
  • 第3話「宿命の絆」〜FRIENDSHIP〜
  • 第4話「サイレンの女神」〜SIREN〜
キャスト
1-2巻で登場
3-4巻で登場


スタッフ
  • 原作・総設定:松本零士
  • 製作:菊池笛人、円谷粲、木村純(3)
  • 企画(3、4のみ):今井朝幸、酒井俊治、加計晃
  • 監督:浅田裕二(1、2)、影山楙倫(3、4)
  • 脚本:神尾麦
  • キャラクターデザイン・総作画監督:増永計介(1、2)、柳野龍男(3、4)
  • メカニックデザイン:板橋克己
  • メカ作画監督:沢田正人(1、2)、才木康寛(3、4)
  • 美術監督:工藤ただし(1、2)、脇威志(3、4)
  • 色彩設計:大関たつ枝(1、2)、村上智美(3、4)
  • 撮影監督:白井久男(1、2)、斉藤豊(3、4)
  • 音響監督:渡辺淳(1、2)、小林克良(3、4)
  • 音楽:大島ミチル
  • 編集:辺見俊夫(1、2)、木田伴子(3、4)
  • プロデューサー:今井朝幸、酒井俊治、真木透、神田修吉(1、2)、岡川晃基、本田浩司(3、4)
  • アニメーションプロデューサー(3、4のみ):大黒幸雄、勝又裕司
  • アニメーション制作:OLM TEAM WASAKI(1、2) 、マルチ・アクセス・カンパニー(3、4)
  • 制作:フォーサム
  • 製作:クイーンエメラルダス製作委員会(マクザム円谷映像
主題歌・挿入歌

4曲いずれも作詞は冬杜花代子。オープニング(OP)、エンディング(ED)は松本圭未が、挿入歌はりりィがそれぞれ歌を担当。

  • OP「クイーンエメラルダス」
作曲:田辺智沙、編曲:戸塚修
  • ED(第1~3話)「SILENT SONG」
作曲・編曲:大内義昭 
  • 挿入歌(第3話)、ED(第4話)「ひとりでも ひとりではない」
作曲:りりィ、編曲:斉藤洋士 
  • 挿入歌(第4話)「A Sense of Revenge」
作曲:都志見隆、編曲:京田誠一 


他の松本作品での登場[編集]

『999』、『ハーロック』などにエメラルダスが登場しているほか、テレビ特番やゲームなどにも登場している。

新竹取物語1000年女王 松本零士の世界
1980年11月11日の火曜日にフジテレビで放送された、『新竹取物語 1000年女王』を紹介・宣伝する特別番組。松本ブームが最高潮だったため、『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』など多くの松本アニメに登場するキャラクターと実写パートを組み合わせて製作された、凝った形態の作品。エメラルダスも劇場版『999』の出演者として、同番組に比較的多く登場している。
松本零士999 〜Story of Galaxy Express 999〜
『999』をベースに製作されたプレイステーション用ゲーム。エメラルダスに加え、海野広も登場。星野鉄郎の乗る999号と海野広の乗る宇宙船が衝突したことで、2人はそれぞれ修理用の部品を手に入れるため火星で協力し、友情を結ぶ。広の声は田中真弓が担当。

関連商品[編集]

  • 松本零士ロマンコレクション vol.2 「クイーンエメラルダス」
    コナミより、2002年3月25日にフィギュア付きラムネ菓子として発売される。フィギュアの種類は全8種で、キャラクターのコスチュームやカラーリングはOVA版準拠。

脚注[編集]

  1. ^ 文庫版および愛蔵版のあとがきより。
  2. ^ アニメージュ』1982年10月号、p.66