アルカディア号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルカディア号(Arcadia)は、松本零士漫画アニメ作品『宇宙海賊キャプテンハーロック』などに登場する架空の宇宙戦艦。また、ハーロックの遠い先祖ファントム・F・ハーロックが操る複葉機及び、その息子であるドイツ空軍操縦士ファントム・F・ハーロックII世大尉の乗るメッサーシュミットBf109の名称。本項では、宇宙戦艦について記載。

艦諸元
アルカディア号
(艦首髑髏版 わが青春のアルカディア号)
分類 宇宙戦艦
(他名称 海賊戦艦、海賊旗艦、戦闘海賊船)
設計者 大山トチロー
建造地
惑星ヘビーメルダーの地下ドック
(鋭角艦首型、『宇宙海賊キャプテンハーロック』アニメ版)

旧太陽系連邦艦隊司令部地下ドック
(髑髏艦首型、『わが青春のアルカディア』)

全長 400m [1]
全幅 290m [2] (艦首髑髏版:260m)
全高 160m (艦首髑髏版:163m)
推進機関
次元振動流体重力エンジン×2
(動力源:エネルギー鉱石グラビューム3006)
粒子エネルギーエンジン×2(艦首髑髏版)[3]
武装
主砲3連装パルサーカノン
(鋭角艦首型×2 髑髏艦首型×3)
  • 次元振動砲×2門
  • 重力波ミサイル口×20門
  • 宇宙モリ砲(ハープーン)×10門
  • 魚雷発射管×16門
  • 重爆雷投下口×1門
  • 衝角×1
  • 移乗白兵戦用アンカーチューブ数基
  • コスモレーダー
    (正面側に2基、船尾に1基)

(髑髏艦首型の装備)

  • コスモソナー
  • 対敵レーダー逆探知アンテナ
  • 空間重力波探知機
  • 主砲方位測定用レーダー
  • 探査用紫外線センサー
乗員人数 正規乗員数:41名
艦長 ハーロック
主な搭載機
宇宙戦闘機SW-190 スペースウルフ
空間輸送中型高速母艦 コスモウィング
ボレット各種
  • ボレット1号
  • ボレット2号
  • ボレット3号
  • ボレット4号
  • ボレット5号
  • ボレット6号

スペーストレーラー
海中戦闘用小型艇 水中カー

その他 設計者・トチローの心が宿る艦


概要[編集]

宇宙海賊として恐れられるキャプテン・ハーロックの乗艦。理想郷アルカディアの名を冠しているように、地球を含めあらゆる束縛に反旗を翻し、自由を求めて大宇宙に己の旗を掲げる無法者ハーロックを象徴する艦である。

設計者はハーロックの生涯唯一無二の親友、トチロー。彼の死後は、中枢大コンピューターにその魂を宿している[4]。トチローの記憶と意識を保つ生きている艦で、一種のサイボーグ戦闘艦であるともいえるがこの事実は艦長ハーロックと乗員の一人・ミーメしか知らない。ハーロック以外に同志40人の海賊と1羽のトリと1匹の猫が同乗している[5]

各種ビームおよびミサイル攻撃に耐えうる堅固な重装甲と強力な火力を持ち、強大な大艦隊に単艦で挑んでも引けを取らない戦闘力を持つ。

なお『ニーベルングの指環』第三部「ジークフリート」のなかで、「7号艦まで造るつもり」と少年トチローの決意が語られ、同第一部「ラインの黄金」のなかでは歳を重ねたトチローが、アルカディア号は9号艦まであると明かしている。

デザイン・仕様など[編集]

全長400メートルという巨大な宇宙船であり、艦橋部と3連砲塔はヤマトとも共通して第二次世界大戦までの戦艦を意識したデザインだが、艦体各部は古今の兵器や機械類を随所にモチーフとしており、宇宙船ながら大気中を飛行する機会も多いため大きな主翼も備える。取り分け船体後部はあたかも大航海時代の大型帆船のような華美な船尾楼(スターンキャッスル)を有しており、独特の様式美を見せている。近年の作品においてはトチロー自身または「我が友」の指示により随時改造や改良がクルーによって行われており、宇宙中でも常に最高峰の戦闘力・防御力を保持している。

海賊旗を装備しており、『ハーロック』では重力風によってなびくと説明されていたが、『ニーベルングの指環』での3号艦はトチローの弁によれば、真空中でもはためくようにマストに細工を施しているとのこと。

なお、原作漫画中では数話を除いて主に艦尾の船尾楼上の掲揚柱に掲揚されることが多く「大気圏航行の間は…」の漫画中の台詞(原作第6話)のとおり大気圏内のみで掲揚することがほとんどで大気圏内外問わず旗を全く掲げていないことも多い。その場合は掲揚柱の代わりにランタンが同位置に出現する。アニメ『ハーロック』では艦中央にそびえるメインマストと船尾楼上の掲揚柱の2箇所に常に掲げられている。髑髏艦首版では登場するアニメ作品中の物は船尾楼の1旗のみ常時掲げられているが『ニーベルングの指環』にてはほとんどの場面で旗の掲揚はなく2 - 3シーンだけメインマストに高々と掲揚し船尾楼上の掲揚は一切見られず、掲揚柱自体も存在しない。

船体側面にある髑髏の目の部分から艦外に出ることも可能なほか、この髑髏の部分が左右に開くことで宇宙艇の収納も可能にしている(『ハーロック』アニメ版40話)。艦底側にエアロックがあり、着地時の乗員の乗降および、スペースウルフなどの艦載機はここから発進する[6]

なお、艦首部分については最も大きな異同がある。『ハーロック』では先端が鋭角になったサメの鼻面のような艦首を持つタイプが登場するが、のちに映画版『銀河鉄道999』でマッコウクジラの頭部のような形態に巨大な髑髏の紋章のレリーフを真正面にすえた新たなアルカディア号が登場し、以後の作品ではこちらのデザインが主流となる。『ニーベルングの指環』や『コスモウォーリアー零』など、1990年代以降の作品では以前と設定が変更され、鋭角艦首型は「デスシャドウ号」、「同 2号艦」などと呼ばれている(映画版『999』および『ハーロック』原作に登場したデスシャドウ号は、若き日のトチローがハーロックと共に建造し共に旅したもので、経緯は作品によって異なるものの惑星ヘビーメルダーの砂漠上に艦首を埋没させたまま朽ち果てている)。なお、艦体色は鋭角艦首型が青主体、髑髏艦首型が緑主体であり、ファンの間では前者を「烏賊」、後者を「鯨」と呼称する。

対ショックバランサーにより惑星への大気圏突入からそのまま一気に海中への突入という、普通の船であればバラバラになってしまうような荒業を可能としている[7]。TVアニメ『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』では、ワープを使用している。

後年の『ニーベルングの指環』によれば、「宇宙最強の剣」にして同程度の性能を持つのは宇宙戦艦ヤマト、ヤマトの姉妹艦で、原型はヤマトと同じ大和型戦艦の末妹の第4番艦(史実の111号艦に当たる)の「超時空戦艦まほろば」、そして「クイーン・エメラルダス号」しかないという。

武装[編集]

ハーロック曰く「戦闘海賊船」というだけあり、さまざまな武装がなされている。

三連装パルサーカノン(次元振動流体砲塔)
アルカディア号の主砲。鋭角艦首型は2基、髑髏艦首型は艦底に1基追加で3基となっている。『ハーロック』原作では専らこの武器と衝角を使用しており、スペースバスターなどは使用されていない。『999』エターナル編では名称がショックカノンになっている。なお、艦体構造上艦尾方向には砲を指向できないが、劇中で問題になったことはない。
速射砲
艦橋真下に装備された速射砲スペースバスターは、主に戦闘機の迎撃に使用される。また、「宇宙モリ」ハープーンの発射も可能。これは敵艦内部に打ち込み、冷凍ガスを放出して艦内の乗組員を一時的に凍結させるというものである。
これ以外にも艦橋中央部左右に1基ずつ、船体の左右側面に1基ずつでスペースバスターと合せ、計5基の速射砲が配置されている。
衝角
鋭角艦首型の艦首に内蔵された決戦兵器。戦闘時には下部からせり出して、海賊式体当たり戦法を行うことができる。
髑髏艦首型が登場する『SSX』本編や予告パイロットフィルムでも、同様に体当たり戦法を行っているが衝角は使用していない。2003年の『SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK』では髑髏艦首型も鋭角を内蔵している。
ミサイル発射装置
鋭角艦首型では船体の両側面(スペースバスター付近)にミサイル発射装置が配置されている。
髑髏艦首型では艦首に装備。左右に発射口が3つあり、使用時にはハッチが発射口内部にスライドする。これらのミサイルは水中でも使用可能(『ハーロック』アニメ版28話、『無限軌道SSX』15話)。
移乗白兵戦用アンカーチューブ
敵艦内部への突入時に使用。打ち込んだチューブの先端が開閉式になっているため、艦橋にも直接乗り込むことができる。チューブ先端がドリルになっているものもある(『ハーロック』アニメ版23話で使用)。敵艦に乗り込んでの白兵戦は、ハーロック曰く「海賊の伝統」。
対空ビーム砲塔
艦橋周辺部に張り巡らされている小型砲塔。主に小型飛行物体の迎撃に使われる。『ハーロック』アニメ版17話では、ブレーブス号との戦いにも使用された。艦底部にも対空小型砲塔が多数搭載されている。(『ハーロック』アニメ版39話)
対艦爆雷
原作版の2巻と、アニメ版初期で使用された宇宙爆雷。敵を引きつけてから後部艦底部より投下する。

運用[編集]

普通の船では交代勤務制だが、本艦においてはミーメ以外は全員一斉に寝ている。これはコンピューターが自動で航路を判断し、航行できるためである。そのため、40人という少ない人数でも運用が可能となっている。なお、『ハーロック』ではスペースウルフやボレットなどの艦載機で戦いに出る者も多いため、実質的にはさらに少ない人数でも運用可能。緊急の場合、中枢大コンピューターによる無人稼働も可能である[8]

操舵手は特に決まっていない。場合に応じてヤッタランや台羽正などが舵輪を握っている。『ハーロック』原作では、ハーロック自身は艦長席に腰を下ろして乗組員に指示を出していることがほとんどだが、アニメ版や後述する各アニメ作品では、ハーロック自ら蛇輪を握ることも多い。

舵輪は艦橋内に配置されているほか、髑髏艦首型では船尾楼の一番後側にも配置されている。『999』映画1作目や『無限軌道SSX』最終回では、ハーロック自ら甲板に出てこの船尾楼の上に配置されている舵輪を握り、舵取りを行っている。艦外に出るため爆風に煽られやすくなるなど危険性は増す。艦外へ出て操舵する際の生命維持装置などに関する設定は特にない。

副長のヤッタランを始め乗組員達は普段は規律も何もない怠惰な生活をしており、『ニーベルングの指環』では食堂が何年も掃除されていないなど、居住スペースの乱雑ぶりが露呈している。しかし、いざ戦闘となると一変して各自の役割を一糸乱れぬ統率でこなしている。これはハーロックの「本船は我々の家でもあり、家の中でまで畏まっていては何もできない。いざという時にやるべき事さえやればそれでいい」という考えによる。

メカデザインについて[編集]

アルカディア号全体のデザイン原案(ラフ)と船尾楼部分の発案は松本零士である[9]。またこの船尾楼部分のみの決定稿デザインも松本だが、全体のデザインの決定稿は松本のデザイン原案(ラフ)とイメージをスタジオぬえに渡し、その後松本と、ぬえがディスカッションして調整し、ぬえ側でまとめて同社宮武一貴が最終デザインを行うという形で完成された。ただし主翼を付けることに関しては原案の時点から宮武の発案である[9]。特に艦尾部分からのデザインは当時の宮武のデザインセンスから来る問題からか「角度によっては悪魔が笑っている顔 に見えてしまう」とも[10]

後にリデザインされた髑髏艦首型は、映画版『999』にハーロックがゲスト登場する企画が持ち上がった際、同号が「(惑星メーテルの)都市を頭で押しつぶしてけちらして行く」というシノプシスがシナリオやコンテ中に盛りこんであったことにより「頭に重量感を持たせて。」[9]という松本の意見と併せ、宮武いわく旧デザインがアニメ『ハーロック』中で「こちらとアニメーターの感性の違いからか、予想通りに描かれたことが少なく、映画版ではよりアニメ向きにとリメイクを敢行」「艦首を巨大に、しゃれたドクロマークを艦首に移して迫力中心にと、随分ゴツく」「これなら星のひとつやふたつは潰せそう」[11]。という理由から鋭角艦首型デザインの時と同じ手順で松本からの何案かの異なるスタイルのラフを元に最終的に再び宮武によってデザインがまとめられ現在のデザインに改変された。ただし後に、宮武自身は「デザインとしては最初の鋭角型のほうがまとまりが良かった」とも述べている。

補足[編集]

  • この宇宙戦艦にちなんで、東亜国内航空(後の日本エアシステム)では、キャンペーンとしてDC-9型機に「アルカディア号」と塗装し、「当日にならなければ行き先がわからない。行き先不明の旅。」というミステリーフライトのキャンペーンを展開していた。
  • 髑髏艦首型の艦はバンダイによって模型化されたが、初期の商品名「アルカディア号」から、のちに「キャプテンハーロック号」と変更がなされた。版権上の問題と考えられている。
  • アニメ『ハーロック』においては唯一の死角がある。ハーロックの弁によれば船尾左右8度5分。また、艦橋と船尾楼の間にドームがあり、ここが中枢大コンピューター室と思われているがこれはハーロック曰く偽装(いずれもアニメ版『ハーロック』第12話での発言)。実際はこのさらに下にあり、船体内部にある。ただし、この設定はアニメ『ハーロック』中のみのもので原作漫画中およびスタジオぬえによる公式内部図解にはこのような設定はない。
  • 諸元に関しては変更がなされることもあり、小泉和明画集「超機械絵図」の中では全長499メートル、重量215,000トンと紹介されている。『ニーベルングの指環』以降はこちらの設定を使用しているようである。ただし、『ニーベルングの指環』の第1部でトチローが髑髏艦首型を9号艦まで建造し、番号が後になるほど大型化していると語っている。

リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『アニメージュスペシャル ロマンアルバム・デラックス30号 キャプテンハーロック』(徳間書店、1980年)
  • 『わが青春のアルカディア メモリアルコレクション』(東映動画、1982年)
  • 『マイアニメ 4月創刊号』(秋田書店、1981年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ ただし『宇宙海賊キャプテンハーロック』放送当時に発売されていたプラモデルのボックスには全長420mの記述があった。
  2. ^ 全長の約4分の3という長さだが、この長さだと実際に立体化した場合、翼面積が設定画よりも大きくなってしまう。
  3. ^ ロマンアルバム『わが青春のアルカディア』では波動エンジン
  4. ^ 『宇宙海賊』アニメ版では、38話でトチローの記憶と脳細胞を移植したものと説明されている。
  5. ^ アニメ版『ハーロック』では、ロボットのロペット・ワーワーも同乗する。
  6. ^ 『わが青春のアルカディア』では、艦首髑髏版は舷側にある搭乗口からも乗組員乗降をしている。
  7. ^ 『ハーロック』原作でのトカーガ星突入時の描写より。
  8. ^ ただし、アニメ『ハーロック』版27話では、連戦による乗員達の疲労から、ハーロックは12時間交代制をやむなく採ったことがある。
  9. ^ a b c 81年発刊 マイアニメ4月創刊号での松本とぬえの座談会中の松本と宮武のコメントより。
  10. ^ アニメージュ誌付録「スタジオぬえのデザインノート」中の宮武のコメントより。この事で宮武は苦笑していたらしくコメントの最後に「(笑)」が付いている。
  11. ^ 81年発刊「スタジオぬえのデザインノート」中の宮武のコメントより。