劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イナズマイレブン > イナズマイレブン (アニメ) > 劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来
劇場版イナズマイレブン
最強軍団オーガ襲来
監督 宮尾佳和
脚本 冨岡淳広
原作 レベルファイブ
製作 FCイナズマイレブン MOVIE 2010
出演者 竹内順子
野島裕史
吉野裕行
音楽 光田康典
亀岡夏海
三留一純
主題歌 『スーパー立ち上がリーヨ!』
撮影 吉田光伸
編集 渡辺直樹
高橋歩
三浦亜矢子
賽蔵旬也
製作会社 OLM
配給 東宝
公開 2010年12月23日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 17.7億円[1]
次作 劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆グリフォン
テンプレートを表示

劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』(げきじょうばんイナズマイレブン さいきょうぐんだんオーガしゅうらい)は、2010年12月23日より東宝系で公開の『イナズマイレブン』のアニメ劇場作品。

概要[編集]

シリーズ初の劇場作品であり2D映画と3D映画同時公開となる。ニンテンドーDSソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ』とも連動しており、ゲームでも登場するオリジナルキャラクターが登場する。また、81プロデュースの一般公開新人声優オーディション小学館賞受賞の加藤梓ほか4名がゲスト声優として特別出演している。

入場者限定特典として「フィギュア入り円堂御守」が全国先着100万名にプレゼントされた。

キャッチコピーは「今度の敵は未来からやって来る!オレたちの現在(いま)を守れ!!」。

全国229スクリーン(3Dは当初より拡大され191スクリーン、2Dは28スクリーン)で公開され、2010年12月23日初日で興収2億5,651万5,700円、動員は20万9,917人を記録し、初週土日2日間で興収2億円を突破し映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[2]。小学生を中心に親子連れなどが集客、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第6位になっている。2011年3月末現在、興収17億4,500万円、動員140万人。

2011年7月20日に本作のDVDソフト及びBlu-rayソフトが発売。

ストーリー[編集]

これは、まだ円堂守率いる雷門中サッカー部フットボールフロンティアの時の話。

雷門中サッカー部は、フットボールフロンティア決勝戦に進出。だが世宇子中との決勝戦に挑む雷門中の前に現れたのは、世宇子ではなく「王牙(オーガ)学園」と名乗る、未来から送りこまれた戦闘集団だった。

あまりの強さに叶わない雷門イレブン。そしてピンチの時、円堂カノンが未来から吹雪ヒロト達を連れてくる[3]

登場人物・キャスト[編集]

雷門イレブン
上記5名はオーガ戦にて未来からの助っ人が加わった後もベンチ入りせず、出場している。
未来からの助っ人
王牙学園/オーガ[4]
  • バダップ・スリード - 神谷浩史
  • ミストレーネ・カルス - 渡辺久美子
  • エスカ・バメル - 鈴木達央
  • ザゴメル・ザンデ - 金野潤
  • ゲボ・トランガス - 宮野真守
  • ブボ・トランガス - 梶裕貴
  • ダイッコ・ブーカ - 奈良徹
  • ジニス・ジンキンス - 加瀬康之
  • ドラッヘ・ギュンター - 峯暢也
  • イッカ・スタックス - 中村悠一
  • サンダユウ・ミシマ - 古島清孝
雷門中マネージャー、監督
オーガ関係者
カノン関係者
  • キラード博士 - 佐々木誠二
その他

ゲームとの連動[編集]

  • イナズマイレブン3 世界への挑戦!!』で、前売り券特典のトレーディングカードに書かれたパスワードを入力することで以下のデータを入手できる。
    • キャラクター - ミストレーネ・カルス、エスカ・バメル
    • 必殺技 - ゴッドキャノン
  • 公式サイトではゲーム隠しキャラ「ディノ・マルディーニ」のパスワードが入手できるクイズラリーが実施。
  • 入場者限定特典御守のヒントから、映画を観る事でわかる『ジ・オーガ専用修練場』に入ることができるパスワードを入手することができる。ゲーム中、ライオコット島の修練場で「スーパー経験値アップコース」パスワードを入力することで専用修練場に入ることができる。

プロモーション[編集]

  • TV本編では公開日である12月23日をアイキャッチで告知している。また『怪盗グルーの月泥棒3D』とのコラボCMも製作された。富士通3D動画サイト『FMV 3D park』では3D映像による予告編も配信。
  • 10月16日から12月4日にかけ、Jリーグの各試合会場において、小学生以下の来場者に「劇場版イナズマイレブン公開記念! Jリーグオリジナルプロモカード」が配布された[5]
  • 2010年12月17日以降福島テレビほかで映画公開記念特番『映画イナズマイレブン公開直前SP ~イナズマイレブンの魅力 爆熱大公開~』が放送された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「スーパー立ち上がリーヨ!
作詞・作曲 - 山崎徹&KMC / 編曲 - 菊谷知樹 / ブラスアレンジ - 竹上良成 / 歌 - T-Pistonz+KMC
エンディングテーマ「最強で最高」
作詞・作曲 - 山崎徹&KMC / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - T-Pistonz+KMC

小説版[編集]

2010年12月に小学館ジュニアシネマ文庫から発行。執筆者は映画脚本を務めた冨岡淳広。ストーリー原案は日野晃博。

劇場版との違いや追加点など
雷門サッカー部
円堂の入学式の話や、部員の小学校時代、また1年時に風丸がたまにサッカー部のランニングに付き合っていたことが描写されている。
80年後の世界
世界の再編が行われ、東京を含む日本であった地域は再編国家の中でも大国と呼ばれる部類に入る国に成長している。目立った戦争はないものの各地での地域紛争が絶えない。戦争に疲れ果てた人々は「戦い」から目をそらし、奇妙に明るいムードを漂わせながら生きている。これを憂いたヒビキ提督が設立したのが王牙学園。
チーム・オーガ
バダップ、エスカバ、ミストレの家族構成や生い立ち、またバダップとエスカバによるデイベートでの論争、バダップとミストレの決闘など、キャラクターの掘り下げが行われている。また、チームオーガが結成されるまでの話や、序盤にあったバダップが一蹴のみで多勢を散らすシーンについて、それが行われた経緯などが詳しく書かれている。
オーガ対雷門の試合中の描写
オーガのメンバーが試合開始時点で9人しか見えないことに対し「9人しか居ないけれどいいのか」と円堂が突っ込むシーンが入っている。また、ザゴメルからの長距離パス→エスカバの「デスレイン」が、帝国との練習試合であった円堂からの長距離パス→豪炎寺の「ファイアトルネード」を踏襲していることが明かされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  2. ^ 東映作品1年ぶりの首位から2週連続!『相棒-劇場版II』早くも興収7億円突破!シネマトゥデイ 2010年12月29日
  3. ^ なお、アニメ版における一期時点での物語であるため、彼らとはまだ知り合っていない。
  4. ^ バダップ、ミストレ、エスカバ以外のオーガ選手の声優はイナズマイレブン ストライカーズより
  5. ^ Jリーグ全37クラブ ホームゲームスタジアムにて 「劇場版イナズマイレブン公開記念! Jリーグオリジナルプロモカード」を小学生以下の来場者へプレゼント!

外部リンク[編集]