富山幹太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富山 幹太郎(とみやま かんたろう、1954年1月22日 - )は、日本の実業家玩具メーカー・タカラトミー代表取締役社長。東京都葛飾区出身。

来歴・人物[編集]

早稲田大学理工学部中退後、イギリスハル大学社会科学部に留学[1]。卒業・帰国後の1982年7月に父・富山允就が社長を務めるトミー工業に入社する。

1970年代から1980年代前半のトミーは日本国内市場よりも輸出に重点を置いた経営方針を採っていたが、1985年プラザ合意を機に円高が急速に進み、経営状況が悪化したことから社員の4割削減と4箇所の工場を1箇所だけ残して閉鎖するリストラ案を提示し[2]、この案に反対した父・允就と対立するが最終的にはリストラ案が受け入れられ、1986年12月に勇退し会長となった允就の後継としてトミー工業の第3代社長に就任する[3]。トミー工業は1989年に販売子会社と合併し、株式会社トミーに商号変更した。

1990年代には、それまで競合事業者で業界首位のバンダイと比べて消極的であったキャラクタービジネスへの積極参加を打ち出す大胆な経営方針の転換に着手。特に「ポケットモンスター」関連の商品化権を幅広く取得したことで業績を大幅に伸ばし、1997年にはタカラを抜いて業界2位に躍進した。

2006年3月1日、トミーとタカラが合併。トミーを存続会社とした新会社・タカラトミーとなり、トミー時代より引き続いて代表取締役社長に就任する。2011年、第30回ベスト・ファーザー イエローリボン賞(政治・経済部門)を受賞した[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
富山允就
トミー社長
第3代:1986年 - 2006年
次代:
タカラと合併)
先代:
(←トミー社長)
タカラトミー社長
初代:2006年 - 現在
次代:
(現職)