ダイモス (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイモス
Deimos
Deimos-MRO.jpg
仮符号・別名 Mars II, M 2
発見
発見日 1877年8月12日
発見者 アサフ・ホール
発見方法 反射望遠鏡による観測
軌道要素と性質
平均公転半径 23,459 km
離心率 (e) 0.00052
公転周期 (P) 1日 6時間 17.9分
(1.263 日)
軌道傾斜角 (i) 1.82°
火星の衛星
物理的性質
三軸径 15.0 × 12.0
× 11.0 km
質量 1.8 ×1015 kg
火星との相対質量 2.8 ×10−9
平均密度 1.7 g/cm3
表面重力 0.0039 m/s2
(3.9mm/s2)
脱出速度 0.0069 km/s
(6.9m/s)
自転周期 1日 6時間 17.9分
(公転と同期)
アルベド(反射能) 0.07
赤道傾斜角
表面温度 ≈233K
大気圧 0kPa
■Project ■Template
ダイモスの命名された2つのクレーター

ダイモス(Mars II Deimos)は、火星の第2衛星。火星のもう1つの衛星フォボスより小さく、外側を公転する。

1877年8月12日アサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神デイモスにちなんで命名された。

ダイモスは、フォボスと共に火星の重力に捕捉された小惑星だと考えられている。実際、両者はC型小惑星同様に炭素化合物に富んでいるが、密度が非常に小さいことから、氷と岩石の混合物だと考えられている。

地形[編集]

ダイモスに2つ存在するクレーターは、それぞれジョナサン・スウィフトヴォルテールにちなんで「スウィフト」「ヴォルテール」と名付けられている。2人とも、火星の衛星が実際に発見される前に「火星の2つの月」について著作で言及している。なお、火星に2個の衛星がある事を最初に予想したのはヨハネス・ケプラーであり、両者ともケプラーの予想を引用したと考えられる。

地形一覧[編集]

クレーター[編集]

ダイモスのクレーターの名は、実際に発見される前に衛星があるを予想した作家に由来する。

地名 由来
スウィフト (Swift) ジョナサン・スウィフト
ヴォルテール (Voltaire) ヴォルテール

関連項目[編集]