ボンネビル (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンネビル
Spirit tracks.png
マーズ・グローバル・サーベイヤーが2004年12月20日に撮影した画像。マーズ・グローバル・サーベイヤーのスピリットローバー、パラシュート、熱シールド投棄跡、後部シェル、ローバーの通った跡が写っている
惑星 火星
地域 グセフクレーター
座標 南緯14度36分 東経175度30分 / 南緯14.6度 東経175.5度 / -14.6; 175.5座標: 南緯14度36分 東経175度30分 / 南緯14.6度 東経175.5度 / -14.6; 175.5
直径 210 m
深さ 14 m
発見 スピリットローバー
名祖 ボンネビル湖

ボンネビル(Bonneville)は、火星の衝突クレーターである。より大きなクレーターであるグセフの内部に位置する。スピリットは、2004年にグセフの底面を探索した際、ボンネビルを訪れた。またボンネビルは、スピリットが着陸する際に、熱シールドを投棄した場所でもある。スピリットがクレーターを撮影した際には、反対側の壁に熱シールドが写っていた。直径は約210m、深さは約14mで、縁は周囲よりも6.4m高い[1]

ボンネビルという名称は、アメリカ陸軍ベンジャミン・ボンネビルユタ州ボンネビル湖に由来している。

形成と地質[編集]

ボンネビルが形成された地層は、緩い塵の総であると考えられている。岩盤は露出していない。このクレーターは比較的原始的で、特に水による浸食の影響を受けていない[1][2]

深さと直径の比から、ボンネビルは二次クレーターである可能性が高いと考えられている[1]

ボンネビルのパノラマ画像。右にコロンビア・ヒルズが見え、地平線上には投棄された熱シールドが見える。

出典[編集]

  1. ^ a b c Squyres, et al.; Arvidson, R; Bell Jf, 3rd; Cabrol, NA; Carr, MH; Christensen, P; Crumpler, L; Des Marais, DJ et al. (2004). “Surficial Deposits at Gusev Crater Along Spirit Rover Traverses”. Science 305 (5685): 807-810. Bibcode 2004Sci...305..807G. doi:10.1126/science.1099849. PMID 15297659. 
  2. ^ Golombek, et al.. “Surfical geology of the Spirit rover traverse in Gusev Crater: dry and desiccating since the Hesperian”. 2008年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]