エウレカ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウレカ
5261 Eureka
仮符号・別名 1990 MB
分類 小惑星
軌道の種類 火星のトロヤ群
L5
発見
発見日 1990年6月20日
発見者 D. H. レヴィ
H. E. ホルト
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 1.524 AU
近日点距離 (q) 1.425 AU
遠日点距離 (Q) 1.622 AU
離心率 (e) 0.065
公転周期 (P) 1.88 年
軌道傾斜角 (i) 20.28
近日点引数 (ω) 95.41 度
昇交点黄経 (Ω) 245.07 度
平均近点角 (M) 236.39 度
物理的性質
自転周期 6時間
スペクトル分類 Sr
絶対等級 (H) 16.1
■Project ■Template

エウレカ (5261 Eureka) は、火星の後方トロヤ点を巡る小惑星。デイヴィッド・レヴィとヘンリー・E・ホルトがパロマー天文台で発見した。

アルキメデス浮力の原理を発見した時に叫んだとされる、「見つけた!」または「わかった!」という意味のギリシア語から名付けられた。

エウレカは火星のトロヤ群としては最初に発見された小惑星である。2010年代初頭現在、火星の後方トロヤ点には (101429) 1998 VF31と (311999) 2007 NS2を含めて3個が、前方トロヤ点(L4点)には (121514) 1999 UJ7が発見されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]