ゲール (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
観測データから再現されたゲールクレーター。手前が北。中央にそびえるのがアイオリス山で、緑の点がキュリオシティの着陸点。

ゲール英語: Gale)は、火星エリシウム平原英語版の低地の端付近南緯5度12分 東経137度18分 / 南緯5.2度 東経137.3度 / -5.2; 137.3 (Gale Crater)に位置するクレーターである[1]直径は154kmで、35億年から38億年前に形成されたと考えられている[1]。このクレーターの名前は、19世紀に火星の観測を行ったアマチュア天文学者ウォルター・フレデリック・ゲイルから名づけられた[2]。クレーターの中央にある山(中央丘)は「アイオリス山」と名付けられており、クレーターの底からの高さは5,500メートルに達する。

特徴[編集]

標高により色分けされたゲールクレーター

ゲールクレーターが一般のクレーターと異なるのは、中央丘(アイオリス山)の周囲が大きく盛り上がっていることである。その高さは、北側のクレーター底から5.5km、南側では4.5kmにもなる(ゲールクレーターでは、南側の外縁部が最も標高が高い)。この丘は複数の地層から構成されており、こうした地形は20億年かけて形成されたとみられている[1]。その起源はいまだはっきりとしていないが、研究ではこれらの地層は元々は湖底に堆積していた可能性があり、一度クレーターが完全に埋まった後に堆積物の層が侵食され、その名残が丘となっているのではないかという説が提示されている[1]。しかしながら、この説についてはいまだ議論が続いている[3][4]。観測では丘の上部に風成作用英語版を示唆する斜交層理が見られている。しかし、下部についてはよく分かっていない状態である。[5]

ゲールクレーターは火星上の南緯5度12分 東経137度18分 / 南緯5.2度 東経137.3度 / -5.2; 137.3 (Gale Crater)に位置している[1]。近隣に着陸した探査機では、スピリット (MER-A) が南緯14度34分 東経175度28分 / 南緯14.57度 東経175.47度 / -14.57; 175.47 (MER Spirit Rover (USA))[6]バイキング2号の着陸機が北緯47度56分 東経133度44分 / 北緯47.93度 東経133.74度 / 47.93; 133.74 (Viking 2 Lander (USA))である[6]

探査[編集]

侵食された中央丘の側面から地層の研究が可能と考えられており[1]、ゲールクレーターはNASAの火星探査計画マーズ・サイエンス・ラボラトリー (MSL) の着陸地点として選定された[7]。同計画の探査車キュリオシティは、2012年8月6日に中央丘アイオリス山の隣にあるアイオリス・パルス[8] "Yellowknife" Quad 51に着陸した[9][10][11][12]。着陸から2ヵ月後の9月28日には、過去にこの地域に広範囲に渡って水が流れていたことを示す証拠が発見されている[13]

ゲールクレーターはMSL以前にも2003年マーズ・エクスプロレーション・ローバーで候補地として選ばれており、またESAExoMarsでも候補地の一つとして挙げられている[14]

画像[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Mars Odyssey Mission THEMIS: Feature File: Gale Crater's History Book
  2. ^ Wood, Harley (1981). “Gale, Walter Frederick (1865–1945)” (英語). Australian Dictionary of Biography. 8. Canberra: Australian National University. http://adb.anu.edu.au/biography/gale-walter-frederick-6269 2013年4月10日閲覧。. 
  3. ^ Cabrol et al. 1999. Hydrogeologic evolution of Gale Crater and its relevance in the exobiological exploration of Mars. Icarus: 139. 235-245.
  4. ^ Irwin et al. 2005. An intense terminal epoch of widespread fluvial activity on early Mars: 2. Increased runoff and palelake development. Journal of Geographical Research: 110. E12S15
  5. ^ Anderson and Bell, Geologic mapping and characterization of Gale Crater and implications for its potential as a Mars Science Laboratory landing site, Mars 5, 76-128, 2010, doi:10.1555/mars.2010.0004
  6. ^ a b Google Mars: spacecraft
  7. ^ The Associated Press (26 November 2011). “NASA Launches Sophisticated Rover on Journey to Mars”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/11/27/science/space/nasas-curiosity-rover-sets-off-for-mars-mission.html 26 November 2011閲覧。 
  8. ^ NASA Staff (6AUG2012). “NASA Lands Car-Size Rover Beside Martian Mountain”. NASA. 6AUG2012-1閲覧。
  9. ^ Curiosity's Quad - IMAGE”. NASA (2012年8月10日). 2012年8月11日閲覧。
  10. ^ NASA's Curiosity Beams Back a Color 360 of Gale Crate”. NASA (2012年8月9日). 2012年8月11日閲覧。
  11. ^ Amos, Jonathan (2012年8月9日). “Mars rover makes first colour panorama”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-19201742 2012年8月9日閲覧。 
  12. ^ Halvorson, Todd (2012年8月9日). “Quad 51: Name of Mars base evokes rich parallels on Earth”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/science/space/story/2012-08-09/mars-panorama-curiosity-quad-51/56922978/1 2012年8月12日閲覧。 
  13. ^ 火星に広範囲な水系、川床の跡を発見”. ナショナルジオグラフィック (2012年9月28日). 2013年9月19日閲覧。
  14. ^ Mars landing sites down to final four - Worldnews.com

外部リンク[編集]