サンタマリア (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタマリア
Panorama taken by MER-B
オポチュニティが2010年12月18日に撮影したパノラマ画像
惑星 火星
地域 メリディアニ平原
座標 南緯2度10分19秒 西経5度26分42秒 / 南緯2.172度 西経5.445度 / -2.172; -5.445座標: 南緯2度10分19秒 西経5度26分42秒 / 南緯2.172度 西経5.445度 / -2.172; -5.445
直径 90メートル (295フィート)
発見 オポチュニティ
名祖 クリストファー・コロンブスが1492年の大西洋航海の際に乗っていたサンタ・マリア号

サンタマリア(Santa Maria)は、火星メリディアニ平原内の南緯2.172°西経5.445°の地点に位置する衝突クレーターである。このクレーターは、オポチュニティによって初めて訪れられた。より大きなクレーターであるエンデバーの北西にある。直径は、約80-90mである。名前は、クリストファー・コロンブスが1492年の大西洋航海の際に乗っていたサンタ・マリア号に由来する。

探索[編集]

軌道から観測したサンタマリア

オポチュニティは、2010年12月15日にこのクレーターに到着した[1]。ローバーは南東縁に到着し、何枚かの画像を撮影して、太陽のに備えて準備をした。合の前の最後の通信が行われたのは、2011年2月3日であった[2]。通信は約1週間後に再開し、ローバーは、"Luis de Torres"及び"Ruiz Garcia"と名付けられた岩に対して、いくつかのその場での実験を行った。ローバーは3月22日にクレーターを離れ、東のエンデバーを目指した。

出典[編集]