メディアファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KADOKAWA・DWANGO > KADOKAWA > メディアファクトリー
メディアファクトリー
Media Factory logo.svg
正式名称 株式会社KADOKAWA
メディアファクトリー ブランドカンパニー
英文名称 MEDIA FACTORY
前身 株式会社メディアファクトリー
種類 KADOKAWAブランドカンパニー
設立日 2013年10月1日
代表者 ブランドカンパニー長 三坂泰二
本社郵便番号 150-0002
本社所在地 東京都渋谷区渋谷3丁目3番5号 NBF渋谷イースト
外部リンク http://mediafactory.jp/
テンプレートを表示

メディアファクトリーMEDIA FACTORY)は、日本出版社KADOKAWAブランドカンパニーの一つ。

雑誌書籍の出版のほか、トレーディングカードゲームゲームソフトなどの製作も行っている。また映像ソフトのうち、アニメを製作委員会に参加する形で多数製作しているほか、近年は往年のアニメ・子供向け教育番組をパッケージソフト化する事に力を注いでいる。

本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社メディアファクトリーについても解説する。

歴史[編集]

株式会社メディアファクトリー[編集]

1986年昭和61年)12月1日株式会社リクルートの書籍出版部門より株式会社リクルート出版として分離・独立。1991年平成3年)4月1日株式会社メディアファクトリーMEDIA FACTORY,INC.)に社名変更。

1998年(平成10年)、パイオニアLDC(現NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)と合弁でレコードレーベル「factoryorumok」を立ち上げたが、後に提携を解消している。

2011年(平成23年)、角川グループホールディングス(現在のKADOKAWA)が株式会社リクルートより80億円で買収し、11月15日付で完全子会社化した[1][2][3]。それに伴い、登記上の本店住所を、東京都中央区銀座8丁目4番17号にあるリクルート所有のビルから現在地へ移転。角川グループの出版社は、主に千代田区富士見周辺に密集しているため、渋谷にオフィスがある当社はいささか異例ともいえる。

元代表取締役社長の芳原世幸はリクルート時代にカーセンサーの創刊編集長、エイビーロードゼクシィの編集長を務めていた。

メディアファクトリー ブランドカンパニー[編集]

2013年(平成25年)10月1日、KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった[4]

映像事業およびキャラクターグッズ事業において、前者の場合は主にメディアファクトリーブランドとしてKADOKAWAが製作に関わったアニメ作品の映像ソフト(BD/DVD)の発売・販売を「KADOKAWA メディアファクトリー」名義で行っている。ただし、旧メディアファクトリーおよび現在のメディアファクトリーブランドのKADOKAWA作品のインターネット配信のうち、特にブランド別ソートを採用しているバンダイチャンネルにおける提供元の名義は、他のブランドカンパニー(角川書店アスキー・メディアワークスエンターブレインなど)が関わった作品のようにドコモ・アニメストアに一本化されておらず、メディアファクトリーのまま通している[5]。後者もKADOKAWAの子会社であるキャラアニと一部重複・競合する事業内容ではあるものの、同様に継続している。

また、製品のCMの最後に挿入されるサウンドロゴも、旧メディアファクトリー時代の物が継続して使われていたが、2014年作品からは新KADOKAWA時代の物を使用している。なお、映像・音楽関連のみCM冒頭にブランドロゴが右上に表示される。

主な雑誌・書籍[編集]

休刊・廃刊した雑誌・書籍[編集]

コンピュータゲーム[編集]

  • カルドセプトシリーズ(PlayStation版とドリームキャスト版のみ)
    • カルドセプト セプターズギルド VOL.1 (1999年)PlayStation
    • カルドセプト セプターズギルド VOL.2 (1999年)PlayStation
    • カルドセプト エキスパンション (1999年)PlayStation
    • カルドセプト セカンド (2001年)ドリームキャスト
  • サクラ大戦GB 檄・花組入隊! ゲームボーイカラー
    • ポケットサクラ (2000年)
  • ケロケロキング (2000年)PlayStation
  • 天空のレストラン (2000年)PlayStation
    • 天空のレストラン ハロープロジェクトヴァージョン (2001年)PlayStation
  • スーパーロボットピンボール ゲームボーイカラー
  • アニマスターGB(2001年)ゲームボーイカラー
  • ぞくぞくヒーローズ ゲームボーイカラー
  • DT Lords of Genomes ゲームボーイ
  • ダービースタリオン64(2001年)NINTENDO64
  • 北方謙三 三国志(2001年)PlayStation 2
  • Bビーダマン爆外伝〜ビクトリーへの道〜 (1999年) ゲームボーイカラー
    • Bビーダマン爆外伝V ファイナルメガチューン (2000年)ゲームボーイカラー
  • コラムスGB 手塚治虫キャラクターズ (1999年)ゲームボーイカラー
  • ぞくぞくヒーローズ (2000年)ゲームボーイカラー
  • スーパーロボットピンボール (2001年) ゲームボーイカラー
  • DT Lords of Genomes (2001年)ゲームボーイカラー
  • 五分後の世界 (2001年)PlayStation 2
  • 街ingメーカー (2001年)PlayStation 2
  • 霊刻 池田貴族心霊研究所 (2000年)PlayStation
  • エンエンエンジェル (2001年)PlayStation
  • どうぶつの森+カードe オフィシャルコレクションファイル (2002年)ゲーム
  • ポケモンカードゲームDP エントリーパック'08 (2007年)マルチタイプ

トレーディングカード[編集]

音楽レーベル[編集]

  • FABTONE RECORDS
  • RADTONE MUSIC
  • XTAL Records
  • GOONTRAX

所属アーティスト[編集]

アニメ[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま〜わ行

ネットラジオ[編集]

公式サイト内でネットラジオが配信されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 8巻以降はオーバーラップ文庫より刊行

出典[編集]

  1. ^ 【重要】株主の異動に関するお知らせ”. メディアファクトリー (2011年10月12日). 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ 角川、メディアファクトリーを80億円で買収=リクルートから全株取得”. 時事ドットコム (2011年10月12日). 2011年10月12日閲覧。
  3. ^ 株式会社メディアファクトリーの株式の取得(子会社化)完了のお知らせ”. 角川グループホールディングス (2011年11月15日). 2011年11月15日閲覧。
  4. ^ 【東証開示】連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF)”. 角川グループホールディングス (2013年3月28日). 2013年11月11日閲覧。
  5. ^ niconico(ニコニコアニメチャンネル)への配信作品も、2013年秋放送開始の作品までは同様だったが、同年末よりメディアファクトリーやドコモ・アニメストアも含めてほぼ全作品の提供が運営元のニワンゴに譲渡された。

外部リンク[編集]