鍵泥棒のメソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鍵泥棒のメソッド
監督 内田けんじ
脚本 内田けんじ
製作 深瀬和美
赤城聡
大西洋志
製作総指揮 藤本款
和田倉和利
出演者 堺雅人
香川照之
広末涼子
荒川良々
森口瑶子
音楽 田中ユウスケ
主題歌 吉井和哉点描のしくみ
撮影 佐光朗
編集 普嶋信一
製作会社 「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
配給 クロックワークス
公開 日本の旗 2012年9月15日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鍵泥棒のメソッド』(かぎどろぼうのメソッド)は、内田けんじ監督の日本映画2012年9月15日公開。2013年、第86回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画脚本賞、芸術選奨文部科学大臣賞第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞している[1]

概略[編集]

堺と香川の漫才の名コンビ+Wヒロイン広末涼子+森口瑤子とのやり取りが絶妙な痛快ピカレスクアクションコメディ。日本のテレビドラマや映画界のそうそうたる面々が総出演の小劇場っぽい大作。

監督・脚本は気鋭の演出家内田けんじ。

あらすじ[編集]

売れない貧乏役者の桜井武史は銭湯で、石鹸でツルッと滑って頭を強打して意識を失った山崎信一郎の脱衣場のロッカーの鍵を拾う。脱衣場で居合わせ、彼のロッカーを開けた桜井は、山崎の羽振りの良さを見て、山崎の全ての鍵と自分の全ての鍵とをすり替える。

桜井は山崎の金を勝手に使い、友人に借りた金を返したり新しい服を買ったりとしていた。勝手に金を使い込んだ事を申し訳なく思い、山崎の家で思い詰めて自殺を考えたり、謝罪の手紙を書いたりしたがなかなか気が進まない。仕方なく家の中を物色していると、変装道具や偽装の証明書が大量に出てくる。

そこで突然、山崎の携帯が鳴る。出ると相手は、「コンドウか?」と聞いてきた。山崎は誰も正体を知らないプロの殺し屋コンドウだった。コンドウと勘違いされた桜井は、山崎が数日前に殺した男の持って居る大金の行方を探している暴力団員の工藤純一に、男の愛人だった井上綾子を殺す様に依頼される。

一方、頭を強打した事で記憶を失った山崎は、ロッカーの中にあった桜井宛ての手紙を見て自分が「桜井武史」だと思い込み、エキストラ俳優⇒俳優として活動し出す。病院からアパートに帰ろうとした所で、偶然父親の見舞いに来ていた雑誌の編集長をしている水嶋香苗と出会う。何度か会う内に献身的に「桜井武史」=山崎に尽くす香苗に心打たれる心を通わせる山崎。

香苗はどんな事でも計画通りに進める事にしており、彼女は計画で決めた日までに結婚すべく相手を探していた。そんな中で出会った自分とそっくりな資質、性格を持つ山崎の事が気になった香苗は、山崎に逆プロポーズをする。

一方で山崎=コンドウに扮した桜井は、工藤から殺人依頼された、かつて手掛けた標的の愛人でやはり依頼されてしまった井上綾子に一目惚れをしてしまい無法松の一生の冨島松五郎の如く、彼が吉岡夫人に献身的に尽くした様に綾子に延命など、全力でバックアップする。

そんな最中にかねてから病気療養中だった香苗の父徳治が逝去する…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

受賞[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

2013年5月10日発売。発売元はクロックワークス / テレビ朝日、販売元はメディアファクトリー。

  • 鍵泥棒のメソッド(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク
      • 映像特典
        • 特報・劇場予告編
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督・脚本:内田けんじ×ムロツヨシ)
    • ディスク2:特典DVD
      • キャラ別予告
      • 劇場用マナー予告
      • TVスポット集
      • メイキング
      • キャストインタビュー
      • キャスト+監督インタビュー
      • 監督インタビュー
      • 完成披露舞台挨拶
      • 初日舞台挨拶
      • 大ヒット記念舞台挨拶
    • 初回限定特典
      • 特製スリーブケース

舞台[編集]

2014年に演劇集団キャラメルボックスが本作を舞台化、2014年5月10日~6月1日にサンシャイン劇場・同年6月5日~10日に新神戸オリエンタル劇場にて上演された。また、主要キャストはダブルキャストになっている。[3]脚本・演出は成井豊[4]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]