ぷぎゅる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぷぎゅる
漫画
作者 コンノトヒロ
出版社 講談社
掲載誌 月刊マガジンZ
発表号 2001年6月号 - 2008年5月号
巻数 全7巻
アニメ
原作 コンノトヒロ
監督 栗原ハジメ
脚本 中木啓幸
キャラクターデザイン 松本弘
音楽 光田康典
アニメーション制作 クリエーターズ・ドット・コム
製作 ぷぎゅる製作委員会
放送局 キッズステーション
放送期間 2004年4月12日 - 7月5日
話数 全13話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ぷぎゅる』は、コンノトヒロ4コマ漫画作品。講談社雑誌月刊マガジンZ」で2001年6月号から2008年5月号まで連載されていたギャグ漫画である。2004年キッズステーションにてアニメ化された。


主な登場人物[編集]

ま○○○
ツッコミ役の娘。なんだかんだで本名を名乗らせてもらえず、最終回まで判明しなかった。名前を聞こうとした人や聞いた人は、たいてい酷い目に遭っている。胸がない(貧乳)ので牛乳を飲むなど努力しているようだが、効果は認められない。ショートヘアだが、前半分が金色、後ろ半分が黒という珍しいヘアスタイル。頭頂部に黒いアホ毛がある。釣竿としても利用できる。このアホ毛をひっぱると後ろ髪すべてが跳ね上がる。瞳は青。
チェコ
メイドの里(アニメでは「メイドの国」)からやってきたメイド、というよりは不思議生物。青いショートヘア。瞳は碧色。生まれたというよりは「生えてきた」らしい。本人によると「人類が進化の果てにたどりついた最終形態」らしい。頭のヒラヒラ(ふだんは、メイドのヘッドドレスのように見える)はブーメランになったり刃物になったりティッシュペーパーになったりする。また、髪の毛と同じように伸びる。他人が装着すると自爆したり、血液を吸い取られたりする(ただし、カナト母には効かなかった)。将来の夢は相撲取りになること。頭と胴体は簡単に離れる。離れても、まったく問題はない。胴体は完全に上下左右対称の構造。普通の体格の人間が、口から体内に入れる。
ナチ子
イカ。フェイクの人の顔をつけている(通常のフェイクの他に、お出かけ用、ナンパ用、威嚇用がある)。フェイクの顔は黒いショートヘア。瞳は紫色。夏になると、スルメに転職する。
作者が描き飽きたために出番が減っていき、単行本第4巻収録分では一度も出番がなかった。最終回では少しだけ出番があった。
ミゾレ
雪女。寒いのが苦手。巨乳。薄紫色のショートヘア。前髪が長く、常に左目が隠れている(左目がない、という噂もある)。タレ目で、瞳は赤。黒のニーソックスに、すそが短めの白装束。従って絶対領域がある。普段はあたたかい性格で笑い上戸だが、コーラを飲むとそれなりに悪の“ミゾレブラック”になる。ゲップをすると元に戻る。血を吸うと赤みを帯びる。
自分の身体を削って、かき氷を作ることができる。身体が冷たいので、夏場には重宝される。しかし、よく溶けてしまう。温泉好きだが、風呂に入ると浴槽全体が凍ってしまう。地面に書いた「温泉マーク」の上に寝そべるだけで溶けてしまう。
カナト
ヤンキー格闘家。かわいいものと、釘バットが大好きな娘。チェーンソーも好き。銀色のハネっ毛。ツリ目で瞳は朱色。ややツンデレ系。趣味は人を殴ったり蹴ったりすること。背中に釘バットを数本仕込んでいる。釘バットを取り上げられると、落ち着きを失いオロオロしてしまう。必殺技でビームを出せるが、そのビームは“かっこよくない所”から出る(耳や足の裏など)。真剣白刃取りが得意。ミゾレには及ばないものの、かなりの巨乳。
保健医
女性だが、Hである(中年オヤジ風のエロ)。黒いセミロングヘア。ツリ目で瞳は濃い青。いつも白衣を着用している。しばしば、女生徒相手にセクハラに及ぶ。スリーサイズはB93/W58/H86。いろいろと謎だらけの人。気功の達人らしい。しばしば気功で女生徒のブラのホックをはずす。酒好き。
アニキ
その筋の人。組長。チェコちゃんラブ。髪は頭の後ろの方にしかない。チョビ髭を生やしている。
サブ
アニキの部下。チェコちゃんラブ。完全スキンヘッド。
レオ
アニキの娘。父親がチェコちゃんラブなのが気に入らず、チェコ殺害を企てるが、徐々になれ合い気味になっていく。黒いロングヘア。もちろんツリ目で、瞳は青紫。長らく、銃が手から離れなかったが、“殺気を捨てた”ら、簡単に離れた。しかし、多様な武器を装備して(隠し持って)いる。肩がぶつかっただけで色々な武器が落ちてしまう。
 ???
ふだんミゾレの頭に付いている、謎の生物。数種類の名前があるが、本名は不明。体全体が「目」で出来ていて、自分で行動する時は手足が生えてくる。一応食べられる。非常食らしい。
西村(にしむら)
チェコの頭に、男子学生の体が付いた状態。ま○○○とレオが惚れている。バスケが得意らしい。
ヒサメ
ミゾレの弟で雪男だが、見た目は少女。とてもかわいい。薄紫色のロングヘアを黒いリボンでツインテール風にまとめている。タレ目で、瞳は赤。雪男なので、ふさふさのしっぽがある。ただし、なぜかお金がないとしっぽがなくなる。ドーナツが大好物。雪をものすごい勢いで喰らう。ミゾレと同じく、短めの白装束を着ている。メイドになりたがっていて、チェコに弟子入りした。チェコを「ししょー」と呼ぶ。語尾に「さね」とつけてしゃべる。ミゾレとは違い、暑くても溶けることはないらしい。
先生
ごく普通の先生。しばしば射殺される。
ガブリヨル
メイド犬。メイドが大好物。目が細く、近くで見ると怖い。鳴き声はワンではなく「スン」。
カナトの母
単行本第5巻から登場したカナトの母親(姿だけは4巻の巻末に謎キャラとして出ていた)。夫とは別居状態と思われ、女手ひとつでカナトを育てている。ミゾレもかすむ位のナイスバディ(保健医と互角)で、地上最強の攻撃力を持つ。ちなみに、本気になると顔の古傷が現れる。面白い弁当を持たせる母親で、ポーカーフェイスでいろいろと凄い事をやらかす(特にカナトに対して)が、カナトには尊敬されている。ふだんは単語程度しかしゃべらないほど無口だが、タバコの煙を通じて雄弁に会話するという特異な能力を持つ。
エスペル・キングメイダーZ
終盤になって登場した、汎用自律式ご奉仕メイド型ヒューマノイド。パープルのロングヘア。瞳は青。肩から先の腕をはずし、その腕だけで仕事をすることができる。この時、本体はテレビを見るなどをして遊んでいることが多い。目から出す光線で人物をスキャンし、身体の部分を複製して自分の身体にすることができる。この機能を使って、ま○○○のアホ毛、カナトの巨乳などを手に入れたが、ヒサメの股間は「女性タイプにはない部位」だったため爆発してしまった。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

講談社よりマガジンZKCとして刊行されている。

  1. 2004年3月23日発行 ISBN 4-06-349141-2
  2. 2004年5月21日発行 ISBN 4-06-349174-9
  3. 2005年2月23日発行 ISBN 4-06-349197-8
  4. 2006年1月23日発行 ISBN 4-06-349233-8
  5. 2006年10月23日発行 ISBN 4-06-349263-X
  6. 2007年8月23日発行 ISBN 978-4-06-349303-0
  7. 2008年6月23日発行 ISBN 978-4-06-349364-1

第3巻を除き、巻末におまけがある。また、各巻ともカバーを外した本体表紙におまけがある。

アニメ[編集]

2004年4月12日よりキッズステーションアニメぱらだいす!枠内にて放送された。全13話。

各話とも、原作のエピソードを2 - 4本ずつアニメ化している。エンディングも毎回違い、これも原作のエピソードから作られている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - コンノトヒロ
  • 監督 - 栗原ハジメ
  • 脚本 - 中木啓幸
  • キャラクターデザイン - 松本弘
  • 音響監督 - 吉田知弘
  • 音楽 - 光田康典
  • プロデューサー - 長谷川雄介、野村幹雄、竹内誉人、染谷正陽
  • エグゼクティブプロデューサー - 黒川文雄、指吸孝一、添田弘幸、安田正樹
  • アニメーション制作 - クリエーターズ・ドット・コム
  • 製作 - ぷぎゅる製作委員会(デックスエンタテインメント、講談社、キッズステーション、ムービック

キャスト[編集]

主題歌[編集]

テーマソング「ローリング・メイドさんだー」
作詞 - コンノトヒロ / 作曲・編曲 - 光田康典 / 歌 - ま○○○&チェコ

各話タイトル[編集]

話数 タイトル
1 チェコちゃんと新生活
2 チェコちゃんと怖い人たち
3 チェコちゃんとミゾレ
4 チェコちゃんとナチ子
5 ま○○○と転校生たち
6 チェコちゃんとカナト
7 保健のせんせいとみんな
8 ミゾレとバイト
9 イカ‥いや、ナチ子という名です。
10 チェコちゃんと謎のボタン
11 カナトと学生生活
12 メイドとチェコちゃん
13 チェコちゃんと実験

DVD[編集]

2005年2月25日に発売された。全13話と特典映像を収録している。

初回限定版には、特典として24ページのブックレット「ぷぎゅる秘宝館」が封入されている。これには、キャラクター紹介、各話の簡単な紹介のほか、描き下ろしの出張版マンガ16ページ、幻の宣伝4コマ(カラー版)が収録されている。

外部リンク[編集]